YAE MAEDAÁ°ÅÄȬ½Å¡¡äÛ¡¦¤«¤º¤é¤Î¥Ð¥Ã¥°&¥¢¡¼¥È

HomeInformationGalleryMail FormLinkBlogProfilehttp://www.yae-maeda.com/
Blog

2018年11月15日(木曜日)

Autumn in 山陰

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時20分25秒

ちょっと小旅行に。
晴天に恵まれて紅葉を楽しんだ。

旅行で温泉旅館に泊まる際はサービスにお金を払っているのだが、
求めるものとは程遠い結果に終わるものです。


2018年11月3日(土曜日)

偏愛

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時16分21秒

洋服デザイナーのイヴ・サンローランのミューズはカトリーヌ・ドヌーブだったと言われている、彼女から受けるイメージを膨らませて洋服のデザインをしていたのだ。

前回書いた引退表明したダニエル・デイ・ルイスの最後の映画「ファントム・スレッド」で彼はデザイナー役で、そのデザイナーにもミューズが居る設定で、この映画では最後は結婚するのだが、理解不能な方向に進んでしまう。

憑依型の俳優なのでテーラーで勉強したらしく、仮縫いの仕方、ドレスピンの打ち方、ハサミの使い方など細部にわたり自然だったので、洋服時代に自分が居たアトリエを彷彿とさせる。

仕事のペースを乱されたくない男性と自分に向いてほしい女性、私は男性目線で映画を観ていたので女性の存在が疎ましくて仕方ないのだが、それでは映画にならない。。。。

この映画、今も不消化のままだが自分の感じ方が笑えてならない。

☆D・ルイスは「存在の耐えられない軽さ」の役とは対極にある役柄で、神経質な性格のデザイナーになりきっていた。  
  姉役のレスリー・マンヴィルが良かったが、ミューズ役の新人女優がイマイチ。


2018年10月26日(金曜日)

決断

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時23分05秒

先月、新聞で仏のシャンソン歌手 シャルル・アズナブールの死亡記事を見た。
今年日本の春の叙勲で旭日小綬章を受賞して、もう94歳だった、時代の流れを感じる。

私の学生時代はビートルズやグループサウンドが流行っていた、TVでもレコードでも観たり聴いたりしながら、NHKのFMで「ヨーロッパと中南米の音楽」という芦原英領が司会の番組でシャンソンやボサノバを聴いていて、、アズナブールは大好きな歌手だった。
あのしゃがれ声が素敵で、「愛のために死す」「帰り来ぬ青春」「ラ・ボエーム」などが特に好きだった、このころからフランス映画は大量に封切られ、ほとんど観に行った。
あとは、俳優としても素敵だったイブ・モンタン、ジルベール・ベコーの「そして、今は」は好きな歌で彼のLIVEにも行った。
女性では、エディット・ピアフ、ミレイユ・マチユなどを聴いていた。

そこが原点? カラオケではシャンソンを歌っているくらいなので、影響を受けている。

あの頃美しかったアラン・ドロンが先日引退表明したが、残念ながら奇麗な歳のとり方でなくて82歳、演技より外見が売りだったアイドルみたいなものだと思っているので、もっと早く引退すべきだったのではと言いたい。
ドタキャンで話題になり、ツアー数の多さに驚いた沢田研二も、もう引き時ではあるまいか?
芸能人と呼ばれる人間には見場も大切だし、、まず声が出ていない!

イギリスの名優、ダニエル・デイ・ルイスは今秋封切の「ファントム・スレッド」で引退する。
未だ61歳、デザイナーを演じた映画なので楽しみに待っているが、彼にはもう少し頑張ってほしかったので残念でならない。

引き際の大切さを、考えさせられた。


2018年10月21日(日曜日)

耳福

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時56分06秒

数年前、エリザベト音楽大学の小ホールでウィーンフィルのコンサート・マスター、シュトイデさんのソロ演奏を聴き、繊細でありながら厚みのある豊かな音に魅了された。
素人の私でさえ音が違うと感じ、いつかまた彼の演奏を聴きたいと心待ちにしていた・・・

昨日は願いが叶い、音響の良い呉市民ホールでシュトイデさん率いる弦楽四重奏団の演奏を楽しんだが、
心洗われる想いだった。

とにかく、素晴らしい!


2018年10月19日(金曜日)

良いため息

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時27分16秒

来年に向け新しい模様に挑戦して、ほぼ1か月。

芯の太さとデザインが噛み合わないものもあるので試行錯誤はいつものことで、数回の編み直しと様々な方法を試みている。
レッスンでは生徒さんに「今日はため息が多いですね・・」と指摘されたり、寝ても覚めてもというか、夢にまで見るのでストレスが溜まる・・・葛や籐を編んでいるから、葛藤の日々を送っているのではないのにと、シャレておこうか?!

創り手としては良いストレスなのだが、これを繰り返してるので「肥れるわけがないな」と、一人納得するが、年毎の体力低下は否めないし、好きな仕事をいつまでできるのかとつい考えてしまうが、体力と気力を維持するのは自分の覚悟あるのみ。

結果を出すまでのプロセスが、創る仕事では一番の醍醐味だから、今を楽しんでいることに繋がっている。

その新しい模様、試作1つ完成後、次作の改善点を思考中。


2018年10月8日(月曜日)

スリム化

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時05分33秒

20数年前から籐やかずらの材料を入れるために鋼板仕様の物置をベランダに置いていた。
2m×8mくらいの広さのベランダはマンションにしては広いので、片隅に設置していたのだが、最近の豪雨や台風の多さは異常なのと、周囲が駐車場なので風雨は避けられないので不安もあったし、少し前から雨漏りで丸芯にカビが生えたり倉庫の役割を果たさなくなっていた。
持ち主同様、耐用年数切れになっていたところに先週の台風25号の風で、とうとう片方の引き戸が引きちぎられた状態になってしまった。

私の力ではとても無理なので友人に頼んで撤去作業をしてもらったが、当初の目論見と違って大変な作業になってしまい、とてもありがたかった。

今回の撤去作業は殆ど手伝ってないが、数年前から自分で動けるうちに色々なことを断捨離しようとしていたことの1つなった。


2018年10月4日(木曜日)

ワンクッション

カテゴリー: - 前田八重 @ 21時16分47秒

新作に悩んでいて、もう10日位足踏み状態。
ストレスの溜まる日々で気分転換に劇場に出かけた。

レバノンを舞台に、レバノン人男性とパレスチナ難民の男性の「謝る」「謝らない」から発生した事件の裁判が、本人たちの預かり知らぬ方向に発展し、国中を巻き込む問題に発展する。
中東の歴史が根底にあるのだが、根本的には何処にでも生じそうな問題で、人種や宗教などの違いを認めつつ、相手を一人の人間として受け入れるという難しい問題を提起した映画です。

こんなマイナーな「映画オタク」が好みそうな映画なので、字幕スーパーが終わり館内が明るくなるまで誰も立ち上がらない・・・・マナーの良い観客で満足だが、
投げかけられた問題の根が深くて観客の腰が重くなったとも考えられる。

ただ、ラストシーンで主人公の二人が交わす目線に救われた。


2018年9月30日(日曜日)

SUIT

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時04分39秒

アメリカのTVドラマの「スーツ」は弁護士事務所が舞台ですが、あの英国王室の次男に嫁いだメーガン・マークルさんが弁護士役で出演していたことでも有名でしたが、男性俳優達が着用していたブランドのスーツが売り切れてしまったというエピソード付きの人気ドラマでした。
私もwowowで観ましたが、韓国でもリメイクされ主演はチャン・ドンゴン、秋からは日本でもリメイク版が始まると番宣で見たけど、どうも織田裕二が主演かと、、、ほかに役者はいないのか!

ドラマの中では、「弁護士にとっては、スーツは闘う鎧なんだ」という台詞もあるが、さすがに仕立の良いスーツを久々に見せてもらったし、奇麗に整髪し髭もきちんと剃っていて、加齢臭などしそうにもないというか、まず清潔感が漂う。
最近の街では折り目の無いパンツに、Yシャツの第一ボタンは外し、ゆるネクタイの男性が多くて、げっそり。
高いブランドものを着ろと言っているのではない、清潔感ある佇まいを求めているだけ。
きちんとし給え、男性諸氏!

着物に慣れた日本では、襟周りが大きくて袖ぐりも大きなものを好んでいて、Yシャツの首周りも大き過ぎる、
洋服を学んだ者としてはいつも不満だったが、このドラマではさすがに見事なもので、彼らの着ているものを見るのも毎回の楽しみだった。

販売する方にも責任がある、お客を育てていかないといけないと思うけど、世の中は安易な方へ流れている。。


2018年9月9日(日曜日)

紺白・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時53分10秒

「紺屋の白袴」とはよく言ったもので、私も自分の物は余り作らないというか作る暇がないので、新作の習作や失敗作を自分のものとして完成させたbagを持っていることが多い。

時々あることだが、最近レッスンが心身共にheavy、
気分転換に時間がかかる面倒なテクニックで自分用のbagを作ってみた。

お陰で指は攣るし肩こりの毎日だが、今のうちでないと、、、、

明日のことはわからない。

しかしながら、自分の物を作るのなら楽しくて早くできると思われるかもしれないが、やる気に欠けるというか、仕事が捗らないのはなぜだろう?


2018年8月15日(水曜日)

mission

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時27分01秒

平成最後の敗戦記念日です。

被爆二世の私は兄も姉も既に亡くなり、勿論両親も亡くなっているので残されたのは私だけ、代々書き継いできた写真の系譜帖に書き込むのは私の役目なのだが、今迄の書き込みが毛筆使いの達筆で書いてあるので尻込みしていた。

今年こそは、両親、兄、姉、母の妹のことを書き込むことと、
国立原爆被爆者慰霊祈念館にも被爆者で亡くなった家族や親族8〜9名の登録も済ませておこうと思っているが、原爆の時に家が焼けて写真も無くて当時の様子すら判らない人もいるので、
供養にと思って持ち帰った祈念館への登録用書類は、ほぼ10年くらい本棚にしまったままになっている。


2018年8月3日(金曜日)

「宮下奈緒」効果

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時28分15秒

本を読むのはいつも呉教室の往復の電車の中だが、豪雨災害以来は呉教室に行けていないので、このところ余り進んでいないが、最近は恩田陸の世界に嵌っている、芯の太さと斬新な表現を気に入っている。

少し前に読んだ宮下奈緒の「羊と鋼の森」という本屋大賞を受賞した本は、ピアノの調律師が成長する様を優しい目線で描いた作品で、音楽好きにはとても興味深い内容だった。

その中に広島出身の作家、原民喜の小説の中の一文が引用されていた。
「沙漠の花」という短編で原民喜が憧れている文体のことを「夢のように美しいが、現実のように確かな文体」と書かれていて、それが「羊と鋼の森」には何度も引用されていたので、どうしても読んでみたくなった。
彼の被爆体験をつづった「夏の花」も読んだが、突然の喪失感を冷静で簡潔な描写にしていて、ちょっと驚きながら引き込まれた。
戦争や殺戮に対しても冷静だった人間が、鉄道自殺で人生を終わらせている。。。。
昔、友人から彼の小説を勧められていたのに、被爆作家と言われていたことに心を閉ざして読めずにいたのを、今回やっと読むことができた。

8.6も近いが歳を取るごとに色々考えさせられ、何かを知るは貴重。


2018年7月23日(月曜日)

夏の陣からの解放

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時06分56秒

個展でお受けした10個の注文品の製作が全て終わった。
どんなに遅くてもお盆までには、お届けしないといけないと思っているので、暑いなんて言っていられない状況だったが、昨年も今年も注文数は違うのに・・7月の第四日曜日で終了した。
急ぎの仕事で肩こりと腰痛・頭痛の毎日だった。

当分ゆっくりしたいが、、、

新聞社のカルチャー教室が1つ増えたのとアトリエ教室も入れると、生徒数はほぼ倍になったので、
材料を染める作業には追われることになりそう。
朝刊掲載効果とでも言っておこう!
本音を言うと個展用の作品を創る時間をできるだけ多く確保するのが、私にはベストなのだが、
生徒さんが少なくても多くても2時間は2時間なので、レッスン時間に関しては有効に使えることではある。
しかも、籐の利点を多くの方に知っていただけるのは、願ってもない機会で、
生徒さんには作る時間を楽しんで、どんどん良いものを作ってもらいたいと思っている。


2018年7月15日(日曜日)

政治家とボランティア

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時47分37秒

電車の停留所に貼ってあった各地の交通系ICプリペイドカード一覧ですが、呼び名を見ると各地の特色が出ていて面白い。

こんなカードなんか使ったこともない自民党国会議員の先生方の飲み会の写真がSNSにUPされた。
平時なら何の問題もないが、先週の6日金曜日に気象庁が異例の記者会見で大雨被害と早めの避難を呼びかけた夜なので、直ぐに非難の声があがるのは誰でもわかるのに、どうやらSNSにUPしたのは官房副長官?らしい。
余りの危機感・責任感のない姿に落胆してしまう。
参加者の中には広島選出の岸田氏の姿があった。
(余談だが岸田氏の隣が安倍首相で、彼らの前には安倍さんがオバマさんと寿司屋で飲んでブームになった「金粉入り賀茂鶴」の4合瓶が鎮座してたいたのを、飲んべーの私は気付いてしまった・・・)

こんな政治家ばかりの日本国。選んだ我々にも責任はあるのだが、チコちゃんに叱ってもらいたい、あの番組、気に入っている。
「ぼーっと、生きてんじゃないよ」か?

TVではこの炎天下に被災地で活動している自衛隊や消防・警察・ボランティアの一般人の姿を伝えていて、、
頭が下がる想い。
何もできない体力のない者には、義援金しかない。。


2018年7月8日(日曜日)

幻のコンサート

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時02分43秒

市内のビルに住んでいるので、今回の大雨も心配はなかったが、最近の豪雨による被害には驚かされるばかりで、時間の経過につれて大きくなる被害を知り、今までの尺度で災害を考えたら命を脅かされることになるが、災害列島日本はもっと迅速に対応できるような対策をしないといけない時代になっているのに、毎回の被害を知るに少しも改善されているようには感じない、自然の前には人間は無力なのは解ってはいるが、ずっと、この惨事が繰り返されるのか、
「水を治める者は国を治める」と、古代からいわれていませんでしたかね!?

週末はレッスンも交通機関の停止で休講にしたが、楽しみにしていたコンサートも中止になってしまった。
チェロの「宮田大とプラハ放送交響楽団」のコンサートのチケットを手に入れたのは2月、前から3列目という席をgetして楽しみに7月6日を待っていたのに、豪雨の影響で中止になってしまい、それも知ったのは開演2時間前にネット検索で知った。
演奏者も広島入りができていなかったので、どうにもならないけれど・・・
この組み合わせの演奏会はもう実現できないに違いないので、残念で仕方ない。


2018年7月1日(日曜日)

機能的なグッズ

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時24分29秒

ヒノキでいい香りの針山、手首に通して仮縫いなどにも使えるし首から下げることも可能で、カワイイ!
以前針山から縫い針が20〜30本出てきたことがあり、大きい鉢山だと針が潜ってしまうことが多いが、こんなに小さいと針も潜らないので、使い勝手が非常に良い。
機能的と言えます。

今も毎回ストレスなのは、ミシンの糸を切る噛み合わせが良くて切れ味の良い小さなハサミが見つからなくて、今までに何本もお蔵入りしている。
ミシンを使わない人には理解できないと思うけど、ミシン糸など細いほど切れにくいものなので、本当に困っている。
裁ちハサミで切ればよく切れるけど、ミシンに置くには大き過ぎる。
探している時には会えないものです。


2018年6月24日(日曜日)

駆け込み寺

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時21分10秒

今週も新聞社のカルチャースクールの生徒募集が朝刊に載り、私の記事も掲載されたので更に体験講習や入会希望者が増え、キャンセル待ちの方もおられる事態になり、カルチャーセンター側から急遽「朝教室をもう1つ増やして下さい」という要望で、お受けすることになりました。
こんなに反響があるなんて考えてなかったので、驚いています。
籐の皮作品の良さが今以上に世の中に広まるかもしれない機会なので、本当にありがたい事です。

個展でいただいた注文の製作も頑張っていますが、ガチガチに疲れて固まった身体をリフレシュしたくて、久々に整体の施術を受けました。
整体師の方に驚かれる程の凝りで自分自身もかなり痛かったのですが、数週間後の予約をお願いして帰り、少し身体が軽くなったような・・・
疲れを溜めない生活が一番良いのですが、それはなかなか難しい。
今からは私の駆け込み寺になりそうです。


2018年6月18日(月曜日)

元々の取材記事

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時27分52秒

朝刊に載った記事は、この「ちゅーピー カレッジ通信」の記事を転用したもので、これが元々の取材記事です。

朝刊掲載は個展前の私にはありがたい掲載になり、体験講習の応募者が多数です。
カルチャーセンターとしては体験講習を機に入会していただくのが目的ですが、、最近は地道に学ぼうとする人が減っているので、その1回で終わりの方も多いのが現実です、成果が上がれば良いのですが、
どうでしょう。。。


2018年6月9日(土曜日)

終わってない私

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時03分34秒

6日水曜日に個展が無事終了しました。
皆様に感謝です。

完売するのは夢のまた夢で、残った作品や持って行った全ての物を元の場所に片付ける作業には疲れた灰色の脳細胞と身体が動きが悪くて、なかなか捗りませんでしたが、昨日位からは徐々に仕事を始めています。
もう頭の中では来年は何を創るかを考えながらの仕事になっています。

有難い事に今回は注文品が多くて、嬉しいような悲しいような、、まだまだ休めません、追い込まれて夢に見そう。

毎年、曜日による来客のパターンも違えば、色の好みも偏ったりするのですが、今年もwhat’s newのイチオシ作品に目がいくのは毎年どなたも同じで、今年は黒いbagに人気が集中。

とにかく早くお渡しできるように、頑張るのみ!

好きなお酒も飲んでる場合じゃない。


2018年6月1日(金曜日)

明日から個展

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時12分25秒

ギャラリーに作品を搬入してきました。

今年は、色々な形や雰囲気の違うbagの競演をお見せするつもりで創ってきましたが、皆様に喜んでいただけるかどうか、、、ドキドキです。

籐の花器には山野草が似合うのですが、田舎に移住した友人のバケツいっぱいのお花が華やかに会場を盛り上げてくれ、いつものお手伝いの生徒さん達も来て下さり、搬入は一人では難しい。
ありがたいことです。

あすから5日間いい天気に恵まれ、いい出会いのあることを期待して・・・


2018年5月29日(火曜日)

本日付の中国新聞

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時38分58秒

カルチャースクールで配布されるカレッジ通信の7月号の取材を受けたのは4月の初めでしたが、その取材の一部が本誌に掲載される、しかも今日とは考えてなくて、早朝に友人からのLINEで知らされ新聞を取りに行って確認したような状態で・・・

しかし、個展前に嬉しい、ありがたいことです。

この取材はフリーの記者とプロのカメラマンに受けましたが、お2人とは2回目の仕事で、写真はレフ板を当てられての撮影、いつもこの写真みたいに優雅に笑っていたいけど、、、、


2018年5月11日(金曜日)

探せないお茶

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時36分53秒

夏も近いが水分摂取をうまく行うのは、なかなか難しい。

しかも最近は身体の水分量を測れる体重計などの機械が充実して、水分不足を直ぐに指摘される。。
歳を取って水分不足と言われると、私などヤセは身体の中はスカスカに干からびているということ?って、悲しくなりそう。
理想的な水分摂取の方法は少しずつを多頻度で摂取する・・・って、なかなか難しい。
仕事に乗っていたり忙しい時は3時のティータイムさえ忘れている。

できるだけ暖かい物を飲むようにしているが、少し前に某デパートのアジアのホテル名のブランドでお気に入りのジャスミンティーがあったのだが、いつの間にか閉店、、ネットで探して注文すればよいと思うだけでそのままにしている。
そういえばお気に入りのウーロン茶も紅茶も、そろそろ在庫が底をつきそうなまま過ごしているなと、、、、
今お茶を飲みながら、反省しながら、ブログを書いている。

ジャスミンティーは父が中国に出征していた時に飲んでいたらしく、いい思い出はなかっただろが・・・・彼が飲んでいたのを貰って私も飲んだことはあるが、その頃の物はジャスミンの配合が強すぎと感じて好きではなかった。
自分が大人になったからか?好みのジャスミン茶にめぐりあえたのか?  あのブランドのジャスミン茶をいつか探そう。。。

まっ、個展前の今は仕事が先だな〜〜


2018年5月5日(土曜日)

チョイスする生き方

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時16分18秒

今からしばらくは、ブローチなどの小物の製作をする。
細かい仕事は気の短い私には得意な分野ではないが、これは全ての考え方の基礎になるテクニックだし、感性を磨く為にもないがしろにはできないと思っている。

朝起きて仕事机に座ったら、夜中の2時くらいまでは仕事をしている(だから腰痛になる)・・・
これが私の仕事のスタイルだったのを最近は改めた。

昨年秋、久々の海外旅行で自分が少々の疲れでなく疲弊していることに驚いた、それからは自分なりの「働き方改革」を試みている。
元々夜型なので、つい仕事に乗ると頑張ってしまうが、全てにおいてクオリティーを高めることが目標。

仕事のやり方だけでなく、自分にとってストレスだと感じることや人付き合いは避ける。

好きな仕事を少しでも長くしていきたいためのチョイスだと思っている
   


2018年4月29日(日曜日)

快適な目覚め

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時36分20秒

最近、職業病の腰痛・肩こりの改善を願って、bedのマットと枕を買い替えた。

頭や腰が沈まないか、寝返りはうちやすいか、夏は暑くないか、衛生的かを・・・
日にちを掛けて各デパートの寝具売り場で試し寝をした。
人それぞれ体重も体型も違えば感じ方も違うはずなので、納得のいくものを選ぼうと思って、かなり本気で探した。
(本当は1週間くらいお試しの貸し出しがあれば理想的なのだが、それは無理なので。)

その結果、私にはエアファイバーが合っているという結論を出し、使い始めてほぼ2週間、
とても心地よい目覚めが訪れている。
前は朝起きから腰痛がしていたことを考えれば、雲泥の差。

エアウィーヴは、特にマットが素晴らしいが、よく研究されている。


2018年4月22日(日曜日)

好きな仕事

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時28分34秒

レッスンのない休みが6日続いているのを利用して、DMの第二弾の準備をしている。

毎回1000枚のDMは3回に分けて発送している。
第一弾は、2か月くらい前に雑誌などに発送する。
そして第二弾は新聞社や放送局と店舗などに置いてもらう方々への発送で、
最後は残りの500枚程度を2週間〜10日前にお客様や知人・友人に郵送する。
年賀状の宛名も手書きしているが、こちらの勝手でお出しするDMの宛名が手書きなのは当たり前の決まり事。

仕事をしながらその合間に宛名書きをするのであたふたするが、個展は今年で19回目、ありがたい。

「自営業は生涯現役」なので、アンテナを高くして好奇心を失わず生きる。

虚弱体質と言われながらもなんとか元気なのは、好きな仕事をしているからかも。。。


2018年4月15日(日曜日)

タイムリーな作品

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時46分51秒

花粉症の人間には今年はとても辛い日が多いのだが、通院している病院前の小学校のツツジが満開、今年は早い。
しかも寒暖差が大きくて、身体がついていかない。

今年2本目の劇場で観た映画は「ペンタゴン・ペーパーズ」で、ベトナム戦争に関わるアメリカ政府の機密文書を圧力に屈せず報道し、言論の自由を貫いた新聞社の攻防を描いた映画だった。
今、アメリカではトランプ大統領が自分に批判的マスメディアをフェイクニュースと批判し、日本では森友や加計問題で行政不信を招き政府を揺るがす事態になっている中で、報道の自由を問うた社会派映画はタイムリー。

スティーブン・スピルバーグ監督、メリル・ストリープ、トム・ハンクス主演の作品なのに、映画としてはイマイチの作品だった。

現実の世界では、イマイチにならないように願いたい。


2018年4月8日(日曜日)

今週は、

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時38分52秒

今週の初めに新聞社のカルチャーセンター教室で7月に出る冊子の取材を受けた。
夏の号なので夏物を着て行ったが、このところの暖かさで寒くはなかったのに、その後から季節が逆戻りしていて寒い。
洋服業界に居た若い頃を思い出すと、オシャレの為なら暑さ寒さを我慢しても颯爽としていたのに・・・
歳と共にオシャレ心が失せてくるのか、我慢ができなくなる。
何処かのおばさんにならぬようにと、気を付けねば・・


個展に向けては全てのbagが完成したが、色目が偏っているのでbagを1つだけ創り始め、籐の皮で作った眼鏡入れを友人が毎年違う色で3個も買ってくれて、とても使い良いと言ってくれたが、私は使ったことがない・・・紺屋の白袴とでもいうか?自分のものまで手がまわらなかったので、今年は作ってみようと思っている。
それが終わったら、インテリア物を創る段取りだけど、DMはとっくに届いている。

頑張るべし!


2018年3月31日(土曜日)

花盛り

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時38分46秒

ドアを開けたら、春色の洋服の生徒さんが立っておられて、
我がアトリエにも春の風が吹いたみたい。
私の冬色ウエアーが恥ずかしい!
今年も春が無くて一気に夏になるのかな?

あっという間に桜が満開、散り始めの桜も・・・

もう少しゆっくり楽しみたかったのに。。


2018年3月25日(日曜日)

人並に・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時21分52秒

ネットでは欲しいものが直ぐ届く時代なのに、洋裁材料や小物を扱っている店がある程度の注文量になるまで注文をしない、最低限の運賃で済むような注文の仕方をいているらしく、bagに使う裏地やファスナーなど、今使う・今必要なものが店頭に並んでいない。
例えば、定番の黒や茶のファスナーでさえ5本を超えて注文すると店に在庫がない。
この店とは洋服の学校以来の長い長いお付き合いで、早くに注文を出していても予定を超えて待たされることなどいつものことで、たまには電話口で厳しく言うのだが・・・ある程度諦め気味の近頃。

こんなことを繰り返しているので、在庫が在る時には多目に買っておく破目に陥り、私には在庫とストレスが溜まる図式となる。

最後の5本のファスナー入荷を待っていて、bagは後5個の中裏を付ければ全て終わる。


2018年3月22日(木曜日)

音のクリエーター

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時09分43秒

数年前から年に1度くらいのペースで、斎藤徹氏のコントラバスのLIVEを楽しみにしている。
今回はソロでの開催だった。
昨年は彼がガンの治療で来広できず、もう二度とLIVEは開催できないのかと思っていたが、神に見放されることなくて安堵した。

1人の演奏家というより、音を追及する芸術家とでも言えばいいのか、毎回 Tetsu’s warld に引き込まれる。
勿論、弓で弾くだけではないので音が変幻自在に変化して、言葉では言い表せない世界が展開する。

今回初めて彼のCDを買った、

聴きほれて日常を忘れる。。。


2018年3月11日(日曜日)

品格

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時21分26秒

NHK交響楽団のコンサートでラフマニノフのピアノ協奏曲3番(2番ならあの有名なフレーズがあるのだが・・・)と、
ドヴォルザークの交響曲8番(アダージヨは有名)を音響には定評のある呉文化ホールで聴いた。
広響も頑張っているけどレベルが違う、とにかく巧いの一言。
ピアノは上原彩子、指揮はステファン・ブルニエ。
呉の文化ホールは東京大学の演奏会以来だけど、このホールも素晴らしい。

本物は素晴らしいって当たり前だけど、今週は伝統工芸展で品格の高い作品も鑑賞したし、とても満足な気分で、これこそ癒される瞬間と言える。


2018年3月4日(日曜日)

小さな春

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時02分30秒

  春のおつまみ、ウドを酢の物とキンピラに。

少し春めいてコートともお別れ。

いつも泥縄の帳簿付けは1月に出来上がっていたのに、やっと今週確定申告を済ませた。

DM用の作品も出来上がり、後は上手く写真を撮り、どんどん作品を完成させるのみだが、少し暖かくなっただけで動きやすくなってありがたい。

固まった筋肉もほぐれそうな勢い!


2018年2月25日(日曜日)

そだねーJAPAN

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時03分47秒

問題満載の平昌オリンピックだったけど、時差がないので色々な競技を見られて、
とても楽しませてもらった。
カーリングも始めて観戦したし、知らなかった競技も沢山あった。
東京オリンピックの7〜8月開催は暑くて、こちらも一体どんな五輪になるのだろう。
IOCもスポンサーには頭が上がらないし、立候補する国も大変な財政負担になるので、立候補したくても、できない国もあるだろう、、
凡人が思うに、せめて夏のオリンピックは毎回ギリシヤで開催すれば、かの国の経済も潤うと思うが・・・
無理か。。。。

bagの中裏を縫って持ち手を付け完成させる作業を中断して、インテリア物を先に創作したので、やっとミシン仕事に入っている。

1年ぶりのミシンとアイロンの縫製仕事なので、編むこととはモードが違い、
慣れるまで能率が上がらなくて気が散る。

集中力が低下していると認めざるを得ないが、それもこれも呑み込んで、
カーリング女子の笑顔には足元にも及ばないけど、好きな仕事ができる幸せはいつも感じている。


2018年2月20日(火曜日)

心も体もフレキシブル?

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時15分55秒

広島市現代美術館で3.4まで「交わるいと」展を開催している。
今は寒いからとサボっている散歩コースの美術館まで、久々に「ゼーゼー」言いながら辿り着いた。

糸や布と向き合うことで生み出された作品、伝統工芸から現代美術までモーラされた展示になっている。

私などカゴ屋とは違う観点からカゴを製作されている関島寿子氏の作品も展示されていて、
以前彼女の著書も読ませていただいていて、今回は2日間のワークショップに応募したのに選に漏れてしまい、地方在住の者にこんな機会は滅多にないだけに残念で仕方なかった。

九州で染めをしている友人から彼女のワークショップの内容を聞いた時には、
ものつくりの人間より素人の方が面白いものを創っていたという・・・・
理解できる。

長年やっていると中からしかモノを見なくなっていると感じることがあるから危険、素人の言葉からヒントを得ることもあるので、いつも脳をフレキシブルに保ちたいのだが、スムーズに人様の名前すら出てこない灰色の脳細胞では、
どうしたらよいのか?

課題である。


2018年2月15日(木曜日)

お気に入り

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時52分03秒

最近の家飲みのお酒はコレ↓

福島県喜多方市の酒蔵のお酒で、魚でも肉でもOKのお酒!
最近は東北のお酒しか飲まない。

この日は「西郷どん」も愛していた、骨付き肉の煮込みと….


2018年2月11日(日曜日)

オススメの

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時40分01秒

フランシス・マクドーマンドが主役の映画と聞けば観ずにはいられない・・・・
マーチン・マクドナー監督・脚本・製作の「スリー・ビルボード」、この監督は今まで知らなかったけど、観た後は妙にすっきりした感じで、不思議な感覚だった。

演技派のF・マクドーマンドを先に抜擢して、彼女に合うように当て書きしたと思われる脚本だったし、全編に散りばめられたブラック・ユーモアも楽しみながらの時間はあっという間だった。
アメリカ人を茶化している、ハッキリ言えばバカにしている。

この映画はアカデミー賞で、どの賞か獲るに違いない、複数のオスカーかも・・・

ところで、この映画はミズリー州の田舎町が舞台で、間抜けな保安官が登場するのだが、以前ワイキキの端のポリスBOXで、地図を広げ住所書きを見せて叔母の引越先を聞いたら、判らないと言われ、自分は日本に行ったことあると話題を変えられ胡麻化された。
日本の警察なら、すぐにでも答えてもらえるのに、、、、
アメリカの警察は、こんなものかと驚いたことを思い出した。


2018年2月4日(日曜日)

サイレン音

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時57分04秒

我がアトリエは広島では交通量の多い交差点の側なので、サイレンの音には慣れてしまい余り気にしてない。
今週は朝の出勤時間にバス同士の衝突事故があり、その日の夜には電車とTAXIの接触事故があった、(しかし、あんな見通しのいい交差点でプロの運転手が何で事故る?と思うのだが・・・)翌朝も100mくらい先で火事が起きたが、サイレンの音で近いなとは思ったが、焦げ臭くなるまで窓さえ開けなかったので、外に煙が充満していたのも知らずにいた。

せめて朝は静かに過ごしたい。

個展まで4か月で私の仕事にもサイレンが鳴りだし、DMに載せる作品は先に完成させなければならないし、逆算して仕事の進み具合をチェックできる時期となる。
1個ずつ完成させるような非能率的なやり方はしないので、数十個のbagの胴体部分が編みあがったら、材料の在庫点検も兼ねてbagの持ち手と裏地の色と仕様を重ならないように一気に決める。
作品が映えるかどうかは、ここで決まるので仕事的にはヤマ場とも言える。

そのあとは昨年から頼まれている数点のbagを製作したら編む作業は終わりで、bagの中裏を付ける作業を始める。


2018年1月27日(土曜日)

一番の期待

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時29分49秒

5年ぶりに大学病院の眼科外来で緑内障の診察を受けたが、診察棟が奇麗になっていたし、合理的なシステムにも驚いた。
かかりつけの眼科医には結果によっては手術も在り得ると言われ、嫌々ドキドキで行ったのだが、心配することはないと言われた。
正常眼圧緑内障なので、眼圧は12〜10くらいの間で推移している、いくら眼圧を下げても1ケタにはならないとは思うのだが・・・・
判断基準の問題かと思うが、結果6時間カンズメ状態だった。

大学病院だから患者は多くて当たり前だが、生後6ヶ月位の赤ちゃんも居て、なんと病気に苦しむ人の多いことか。

広大は再生医療に取り組んで「MSC細胞」に着目していると、昨夜NHKの番組で見たし、あらゆる方面の医学の進歩に期待したいが、
ボケない薬の開発を一番に期待している。


2018年1月14日(日曜日)

ワイキキにワープ・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時05分07秒

ヤセの私はこのところの寒さは身に沁み過ぎて食材の買い物さえ出かけたくない。

こんなに寒い時期にハワイ在住の同級生が帰国した、皮下脂肪だけでは耐えられないよとMAILしたが、さほど堪えている様子もなかった。

彼女は元々明るい性格でゴルフが趣味、こよなく白ワインを愛している。
もう1人の後輩を交え3名の女性で大いに盛り上がり、話は尽きなかったがシンデレラタイムで解散となった。

寒さの中出かける価値ある楽しい飲み会だった。

本当に寒い!
この寒さから逃れて、ワイキキの浜にでもワープしたい!


2018年1月2日(火曜日)

2018に・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時09分13秒

あっという間に2017も終わり、今年もなんとか元気で仕事をしていくのみだが、昨年の秋には個人的に久々のイベントを行い、年齢的に余り無理はできないと痛感したので「量でなくクオリティーの高い作品を創る」にシフトしなければならない。

取りあえずは、6月の個展に向けて頑張る。。。

今年は5日間だけの開催です。


2017年12月24日(日曜日)

裏の苦労

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時59分27秒

先日知人夫妻がソシアルダンスの教室の発表会に出場された。
ほとんどの生徒さんが先生とペアを組んで踊り、ご夫妻共に背筋がピンと伸びていてカッコ良かった。

TBS系の「スマスマ」でも芸能人が世界大会にまで出場したりで、ソシアルダンスは静かなブームになっているのだが、
若い世代では経済的に難しく、ある程度の年齢にならないと習うこと自体も難しいから、生徒さんの年令層が高い。

そうなると憶えられない、身体が動かない等々問題が生じるが先生は生徒さんにケガをさせてはならないから大変、
生徒さんは80歳を超えていると思しき方もおられて、しかも体重のある方だと支えるだけでも・・・私にはできない。
私が生徒さんが憶えなくて頭を悩ましても、未だ楽だと感じる。

凛とした背筋の方は美しく見えるし良いイメージを与える、背中が丸くならないように精々気を付けよう!!


2017年12月22日(金曜日)

絶妙なネーミング

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時31分56秒

今年の劇場での映画の見納めは、女性ロビイストが主人公の「女神の見えざる手」でした。
主人公役は演技力に定評ある「ゼロ ダーク サーティー」のジェシカ・チャスティン。

一度も笑わない主人公の冷徹な仕事ぶりは男性的で圧倒される。

原題は「MISS SLOANE」、アメリカではこの題名で上映しているが、日本の「女神の見えざる手」が題名なら内容まで彷彿とさせる巧いネーミングで、唸ってしまう。

複雑な内容で観ている方も真剣勝負みたいな映画だけど、
アメリカで銃規制ができない理由がよく解り、期待を裏切らない内容だった。


2017年12月17日(日曜日)

サヴァ

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時41分30秒

数年前に友人が「缶詰バー」が広島市内に開店したと言っていたが、その頃からジワジワ話題にはなっていたのが、最近ではだし巻き卵や輸入缶まで店頭に並び、普通にスーパーでも「おつまみシリーズの缶詰」はたくさん売っている。

この「サヴァ缶」は、鯖をハーブ入りのオリーブOIL漬けにしていて生臭さも無く値段的には多少高めだけど、野菜サラダのトッピングにしたら白ワインととても良い組み合わせでした。

先日「マツコの知らない世界」でも取り上げられたけど、何の缶詰にしても、
なにか一品足りない時や、忙しい現代にはとてもいいアイテムだと思う。

買い物の度に缶詰を探すのも楽しい。


2017年12月14日(木曜日)

My right hand

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時26分09秒

今年もよく働いてくれた私の商売道具の手。

酷使しているのに腱鞘炎にも耐え、小泉総理じゃないけど「痛みに耐えながら、よく頑張った」と、表彰状を渡したいくらい。

それにしても、年賀状書き(未だ年賀ハガキを買ってない)や大掃除が控えている、同じ手を使うなら仕事をしている方が楽しい!


2017年11月23日(木曜日)

ケミストリー

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時42分19秒

籐や籐の皮を色染する時は、生成りの材料を科学染料で煮染めするが、人間のすることなので例えメーカーさんでも時には色が何時もと違ってしまうことがある。
私の場合は籐の皮の一部だけを頼んで染めてもらっているが、気に入らない時には再度自分で染め直したりしているし、籐の丸芯は全て自分で染めている。
要は自分の嫌いな色目ではイメージも広がらない、編んでいて楽しくないと良い仕事もできないから、ものつくりにおいて色目というのは大きなカギを握っています。

この写真のように同じ「赤」の染料で染めた丸芯でもメーカーが違えば、こんなに差が出る。

右はピンクぽい赤色で、左はもっと赤い色に染まりました。
会社による違いもあれば、量や染め時間にもよる微妙な化学反応が起きます。

良い色目に出会って新しい化学反応を起こして、どんどんいい作品を生み出していきたい。


2017年11月14日(火曜日)

側の蕎麦屋

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時10分29秒

京橋川の河岸や平和公園周辺には、「水辺のレストラン」が数件あるが、
一度行ったら次はもう行くことはない程度の味のレストランで、
テラス席の好きな外国人が座っているのを見かけるくらいで、いつも暇そう。

先日、京橋の袂に蕎麦屋が開店した。
そば好きとしては、見逃せない。
週末のレッスン後に生徒さんと行ってみた。

市内にも、もう1軒あるお店の支店で要はチェーン店だから、
うち立てそばではなく、出汁も濃くて醤油辛い、そば自体がイマイチ。
先例に漏れず、二回目に行くことはない。

景色も良くて我が家からは直ぐだが、残念な結果でした。


2017年10月31日(火曜日)

膨らむ妄想

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時46分24秒

このところ仕事が停滞していたことで、ちょっと焦っていて、前回書いたようにラジオの音さえ耳障りになる日も多かった。
相当ストレスが溜まったとみえ、いつもは低目の血圧が上がり気味になっていたのを、整形外科でストレッチ体操前のチェックで指摘された。
身体は正直なもので、ちょっとショック!

少し製作仕事から離れてゆったりしようかと・・・・
今日は新聞社のカルチャーセンター教室が休みだし、美術館か映画にでも行こうか悩んだ末、

リドリー・スコット監督の「ブレードランナー」の続編「ブレードランナー2049」先週の金曜日に封切られたばかりの映画をセレクトした。
前の映画の内容を忘れていることもあるけど、35年前はSFものとして目新しかったが、今や、、、という感じは否めないし、2時間43分は長すぎる。
映画オタクとしては気分転換のつもりだったのに、ちょっと疲れた。

それにしても、ハリソン・フォードは歳を取ったなと、自分を棚に上げて図々しい。

要らぬお世話だが彼も血圧高いのかとか、続編には出ないと言っていたのにとか・・・ 
H・フォードの役はレプリカントのブレードランナーだったはずなのに生きていて、その辺は曖昧にして作ったのか?・・・・・・・妄想は膨らむ。


2017年10月29日(日曜日)

プロの真価

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時33分12秒

仕事上の色々問題だったことは、やっと解決した。
気付いたら10月も終わる。
かなり前に衣替えはしたと言っても秋冬物を出しはしたが、雨が多くてクリーニング屋に行くのさえ億劫・・・・
最近は仕事が手いっぱいで家事には目を瞑ってきたが、そろそろやらねば。。。婆やは居ない!

雨の中、趣味でドラムを叩いている甥がトラで参加しているビッグバンドのLIVEに。
その日は疲れでラジオの音さえ消していたから楽しめるか心配だったのに、、大音響のブラスサウンドが、いい気分転換になった。
プロのサックス奏者がゲストで参加。
中でピアノ、ドラム、サックス、ギターだけのジャズセッションもあり、
素人楽団が締まるというか、まとまるというか、違うものになる。
さすがだった!


2017年10月15日(日曜日)

目にはさやかに・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時50分20秒

この数日で急に涼しくなって、「去年は何を着てたってけ?」と、毎年この時期には思ってしまう。

以前書いたことがあるけど、この花には想い出があるので毎年気にかけているのに、
いつの間にか、この花の時期が終わっていた。

既に編み上げていたものが、どうしても気になって、仕事が停滞気味。
籐の皮を解き直すと、インスタント・ラーメンみたいな編み癖が付いている、水に浸すと多少は伸びるが、
試作段階以外は、解き直した籐の皮を再度使ったりしないので、気に入らなければ捨てる。
よく「捨てる時には言ってくれ、拾いにいくから」と、言われる。
人には見せられない失敗作だから切って捨てている。

このデザインに問題あるのか? 編み方が問題なのか?検討中。


2017年10月9日(月曜日)

指物師の技

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時18分18秒

大正か昭和の初めに作られた裁縫箱というか、和裁のくけ台と呼ばれていた道具箱です。

母が使っていた物で、今はハサミや糸を入れる道具箱として使っています。
箱の中は桐で、指物家具です。

「絎ける」(くける)とは、縫い合わせたり、着物の裾などを纏る(まつる)ことですが、
この小さな箱には右横の後側に、物差し状の薄い板切れが内蔵されていて、その板が抜けないでちゃんと止まるようになっていて、その先にブリキで作った洗濯ばさみの様な器具を付けて、布を挟んで真っすぐにした状態にして縫うのです。(今は、その板切れも、ブリキの器具もないのですが…)
着物など長い距離を手縫いするものは、布が引っ張られて真っすぐになっていれば、とても縫いやすいのです。

お宝鑑定団じゃないけど、「いい仕事のもの」はこうして長く残っていくのですが、本当に緻密にでき上っています。

隠し引き出しが付いているのには、驚きました。


2017年10月5日(木曜日)

カズオ・イシグロ

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時03分13秒

毎年毎年、各ノーベル賞のオッズが発表される。
今年も、文学賞の候補には村上春樹の名前が載り、今回は2位だった。

以前ハリウッド映画に出演した松田優作のガン死の前か?後か?忘れたが、迫真の演技などといってアカデミー賞の演技賞にノミネートされるかもと日本のマスコミか報道していた。
「ハリウッドはそんなに甘くないよ」と、日本のマスコミのいい加減さ、、視聴率の具にするなんて彼の死に失礼だと憤慨した!!

それと同じだろう、毎年、村上春樹を推す日本のマスコミの取材。

ノーベル・ウィークの今日、数時間前に今年のノーベル文学賞が、カズオ・イシグロが受賞したと知り、映画オタクの私はとても嬉しかった。
彼を知らない人は多いのかも・・?
ブッカー賞を受賞した小説「日の名残り」は、1993年、ジェームス・アイボリー監督、アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン、あと、スーパーマン役で有名になったクリストファー・リーブ、未だ若手だったヒュー・グラント、渋いジェームス・フォックスで映画化されました。
この監督でキャストがこの顔ぶれだったら、映画好きなら避けて通れない映画でしょう? そうなんです!!
その映画を観て・・・感情表現が巧みで原作を読みたくなって読んだ。
その後、彼が脚本を担当した映画「上海の伯爵夫人」も観た。
上海を舞台にしたこの映画には東洋人の感性が見える、その後何度もノーベル賞のオッズに彼は登場していた、
5歳まで長崎で育った彼が今も日本語を喋れるのかどうかも知らないし、彼の国籍は日本ではないが、

勝手に喜ばしくて、PC前に座りました。


2017年9月25日(月曜日)

腰痛のお返し・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時21分28秒

模様替えは趣味と言っていいくらい好きで、ものを動かした後に掃除するのも気持ちいい。
腰を悪くしてからは控えていたし、誰かに手伝ってもらうのも遠慮だし誰かを待つのもイライラが募る。

色々な制約があって、流し台の横に長年置いていた食器棚を流しの前に移したら便利に違いないので、
その制約を無視すると決め込み、腰痛防止のベルトを巻き、食器棚周辺・ワインセラー・自分の寝室の一部も、ほぼ朝から夕方までかかって、模様替えを終えた。

昔は我が家で飲み会が多かったけど、最近は誰も呼ばないので料理のレパートリーも減り、何とかして簡素な調理で済ませるかが課題なので、器などは最低限の数でいいのに、沢山在り過ぎ・・・

中でも驚いたのはグラス類で、プレゼントされたバカラのグラスやチェコのカットグラス、作家物の吹きグラス、ワイングラス、ブランデーグラス、会社名の入ったビールグラスやプレゼントされたまま箱から出していないものも含めると、ほぼ50個あった、ここは、お店か!?
さすが飲兵衛。。。

数年前から少しずつ、押し入れの中や洋服、使わないアクセサリーまで断捨離を進めている。

片付けるとは捨てることなり。


2017年9月24日(日曜日)

フレシュな2人

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時48分37秒

久々の結婚式。
美男・美女のカップル、新婦と彼女の弟は小学校に上がる前から知っている。

商売家なので子育てするのは大変だと側で感じていたけど、姉弟とも優しくて他人に気を遣える大人に育ってよかった。

暖かい結婚式だった。


2017年9月18日(月曜日)

元気の源

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時35分27秒

先日洋服時代の友人と会った。
友人と言っても私より9歳上で、某デパートのオーダー女性服のデザイナーを定年退職して、
今はアトリエを構えてオーダーのお店をされている。

ほぼ2年ぶりだったけど楽しい食事会になった。
後で聞いたら彼女も前日あった嫌な事を忘れられたと・・・・

洋服時代の知り合いで未だに現役なのは、ほんの2〜3人だけで、その中で一番年上な彼女だけど、
スマホも使いこなして、話題も世間からずれていないし、
「85歳まで仕事をする」と言われて、とても嬉しくて、元気も貰った。

高校の先輩で洋服時代の恩師の87歳の先生も未だにフランス語を学んでおられるし、
元気な女性が周りにいてくれて、励まされるし心強い。

 散歩道


2017年9月10日(日曜日)

雨の日の美術館

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時11分16秒

レオナルド・ダ・ビンチから絵画が変わり、彼の発明品などが多くのものに影響を与えているのを
強く印象付けた展示でした。

そして、いつものように図書館での数時間は貴重な時間でした。


2017年9月5日(火曜日)

小さな秋

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時56分28秒

朝晩は涼しくなりましたが、このまま涼しくなるのかは?ですね。

レッスン帰りにデパートの前で、湯来町の障害者支援施設の方々が配っておられました。

「ささやかな秋のプレゼントです」と言われましたが、

ありがたく秋をいただいてきました。


2017年8月18日(金曜日)

50年ぶりの再会

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時51分54秒

先日フランスのゴルフ場を描いた絵画が届きました。
作者はクラブチャンピオンにもなったし、4回のホールインワンとか、最近では69でエイジシュートを達成したゴルフ大好き人間だけど、その方の優しさが滲む画風ですね。

盆休みの間に久々に学生時代の友人の集まりがあり、その中の1人とはほぼ50年ぶりで、声を聞くまで彼女とは分からなかった。
50年の歳月を感じるばかりで、何処かですれ違っても気付かないと思う。

久々に大勢で、あの頃のように大笑いの時間が過ごせた。


2017年8月16日(水曜日)

蓮華

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時31分54秒

墓参りに行ったら今年も「ハスの花」が美しく咲いていました。

つい最近に判ったことですが、このお寺で咲いていたのは、私の知り合いの方が自分の家で栽培した地下茎をお寺に寄付されていたもので、全然そんなことは知らないで毎年観ていたのです。
しかも、この方があちこちのお寺でハスの花を咲かせておられるようです。

我が家の前のお寺のハスの花もそうだったのですが、今年の暑さは特別だったので途中で枯れたり、鉢の中の魚が死ぬほどの温度になって大変だったようですが、何度も手入れに通われていたのを知りました。

手間がかかっている分、奇麗な花が咲いていました。

感謝です。


2017年8月4日(金曜日)

夏の賜りもの

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時48分31秒

屋上の給水塔の水がヒナタ水みたいに暖かい、湯の蛇口をひねったのかと思うほど・・・
台風も来ているが、暑い・熱い日の連続!

こんな時は暑さに負けない食事だけど、調理意欲に欠ける。
そこに友人の作った野菜が届き、ありがたくいただいている。

完熟で採った野菜は、スーパーの野菜とは一味違う。


2017年7月30日(日曜日)

暑苦しい夏

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時39分09秒

映画「ヨー・ヨー・マと旅するシルクロード」の中で初めてケマンチェという弦楽器の演奏を聴き、友人のマンドリンの演奏会やサックスとパーカッションの即興演奏のLIVEとか・・・
音楽と縁のある6〜7月でした。

先日、この春に行った遺作展で好きだった絵画を頂きました。
広い美術館で観た時はさほど大きく感じなかったのに、我が家には大きくて、壁に掛けるのを断念して置くことにしました、「宇品港の船溜まり」を描いた作品です。沢山の病気と闘ってこられた作家の人柄を偲ばせます。

音楽や絵画に癒される毎日を過ごしたいのに、この暑い夏は次から次のニュースに世の中の流れは早くて、
気ぜわしく益々体感温度は高くなり、心は熱中症。


2017年7月23日(日曜日)

夏の陣からの解放

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時31分49秒

個展で注文された作品が全て終了した。

 最後の作品

個展が終了後には気になる来年用の試作品も創作したし、あの手間のかかるテクニックの作品もあったにしては、予定よりかなり早く終わったことになる。
全てがお盆を超えてはいけないと決めていたので、個展前よりもプレシャーがかかってグチもこぼし、
腱鞘炎も発症したけど、意外な結果で自分でも驚いている。

気が抜けて疲れが出るのも困るので、来年用の作品のリストアップとデザインを始めている・・・
       
    ・・・回遊魚生活とはオサラバできないらしい。


2017年7月14日(金曜日)

守破離

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時32分12秒

先日、中国新聞文化センターで取材を受けた記事が夕刊にあたる「中国新聞SELECT」に昨日に掲載されました。
(TOPページに掲載しています)
生徒さんも私も来週の火曜日朝のクレド教室で「セレクト」はいただけるのですが、一足早く見たかったので昨日コンビニに走りましたが朝刊しか無くて、、、結局新聞販売店さんのご好意で今朝いただきました。

クレド教室は朝・夜2つの教室を担当していますが、今回は朝の教室の取材を受けました。
籐を始めて今年で40年になり、新聞社のカルチャースクールは35年も務めさせていただいています、アトリエ教室や1回講習会などのを含めると、すでに1000人くらいの方にレッスンをさせていただいたことになります。
教室を始めて20年くらい経って、やっと自分独自の作品をお見せできるほどに創れるようになったと、、自分の力をある程度認めて、
その頃から個展を始めました。そこからも紆余曲折を繰り返しましたが・・・・
元々洋服のデザインやパターンを仕事にしていたので、もの創りには拘りがあり過ぎて厄介なのかもしれませんが。。

私には弟子は居ませんが、今までにお教えした生徒さんの中で既に作品を作って売っておられる方がどうやら数人おられるようです。
私から習ったものを土台に独自の世界に辿り着いて、早く私を超えてほしいと願っています。

ものつくりの世界の楽しさと辛さを知り、この仕事を生業にし、もっと深い世界があるのを知っていただきたいと エールを送ります。


2017年7月9日(日曜日)

M的仕事

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時32分38秒

個展でいただいた注文品の持ち手を皮革作家にお願いしていたのが入荷して、一気に数個のbagが完成した。
肩の荷が少しだけ下りて・・・あの葛藤を思うにつけて、ものつくりはMだと、いつもながら思う。
だけど、完成した時の喜びは何物にも代え難い。。。

後はこの写真のBAGを完成させるのみだけど、この作品は1列を完成するのに軽く2時間かかる。
個展後の注文も数個あって、この作品が終わってもまだ休めそうにない。

Mです、Mです。


2017年7月5日(水曜日)

お知らせ

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時35分33秒

クレドビル(SOGO新館)の10F、中国新聞文化センターのエレベター前の展示スペースに、7月〜9月まで私の作品が展示されています。

多くの方に籐の皮の可能性をお知らせする良い機会になります。


2017年7月2日(日曜日)

元気色

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時22分50秒

日ごろ余り果物を食べない。
皮をむく必要のある果物で1つを全部食べられない時は、気付いたら残りが冷蔵庫の隅で悲しそうな状態になっていたりする、・・・誰か皮をむいて出したくれたら食べるのに、要は果物が余り好きでないらしい。

食べたいと思って買うのは、サクランボ、ブドウ、ラ・フランスくらい。
今年もサクランボの季節がきた、1年が早い!


2017年6月25日(日曜日)

♪ あああ〜憧れの・・・・・♪

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時20分58秒

ハワイの友人からLINEで虹のかかったゴルフ場?の写真が届いた。
ハワイ独特の爽やかな空気感が伝わる映像、写真なのに癒される気がする・・・・

この風景を誰かに送りたくて、クラブチャンピオンになるほどのゴルフ名人の友人にmailを送た。
「仕事を投げ出して、ハワイに行きたい!」と書いたら
「忙しい時は幸せ、仕事を趣味と思って、ファイティン!」と返事。

趣味ならこんなに頑張らないけど、忙しいはありがたい・・「その通リ」と思い直して今週も頑張ってるけど、個展終了から3週間なのに、未だ注文品の1個もできあがってない。
持ち手の届くのを待っている作品もあり、出来上がる時は一度に数個できあがるのだけど・・・・・

たまには弱音も吐かねば、もたないけどね、

ハワイ、いいな・・・・・

PS:友人がこの記事を読んで、「クラブチャンピオンになるほどの・・・」を
  「クラブチャンピオンになったほどの・・・」に変えてくれと、、、
  過去の出来事で、「もう2度となれないのかい?」と、返しておいた。


2017年6月18日(日曜日)

組み合わせの限界

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時14分58秒

何事も、人間も、組み合わせには限界がある。
個展での注文品に来年を見据えて、ある提案をしたのが上手くいかなくて、今朝は起き上がってすぐに作業机に座り、朝食も抜きで仕事をしているが、どうもその例かもしれない。

よくある質問「このbagは何日位で完成するのですか?」とか「生徒さんは何人おられるのですか?」

先の質問だが、籐皮を自分で染める場合もあるし、メーカーで染め上がった色目が気に入らなくて再度自分で染める場合もあるし、胴体が出来上がっても直ぐには縁止めはできない。
籐皮は湿らせて編むが乾くと痩せるので、そのままでは隙間ができてしまう、等々色々な条件があるので並行して編んでいることが多い、レッスンがあれば何日もできないこともあり、胴体ができあがっても数十個溜まるまで待って持ち手や裏布が偏らないように一気に決めるシステムにしているので、そんなことを考えたことがない。それに毎年意図しなくても、編める数は大体同じになるので計算したことがない。
レッスンもしなくて、インテリア物も創らなければもっと編めるかも。
この質問の度にいいかげんな返事をしてきたが、年間30数個のbagしか編めないから、平均すると10日〜12日と答えようかと結論に至った、
ああ、めんどくさい!!

個展では他にも面食らうような質問が、、「これ皆、手つくりですか?」足で編めるわけでもないし、機械でも編めない、変な言葉の使い方が横行している、

「私が手で何日もかけて編みました、今日も編んでいます」って答えは、どうだろう?!


2017年6月12日(月曜日)

個展の展示終わる

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時51分39秒

先週、無事に個展を終了することができました。
私の作品を毎年観に来ていただいている多くの方々や、お手伝いしていただいた皆様に感謝です。

搬出後2日目の朝からレッスンが始まるので、翌日には荷物を解かねばならなくて、、色々なものを元の場所に戻す作業があり、疲れをとる暇はほとんどないままで、やっとPC前に座っている状況。
今回もbagの注文を数個いただき、その中にbagの高さ1段を編むのに1.5〜2Hかかる作品があるので、昨日あたりから既に製作に入っていています。

今週は夜の教室も始まるので、回遊魚生活に逆戻り。

最後の作品をお渡しした時が今年の作品展の終了時ですから、まだまだ気は抜けない感じで、
個展期間中いい加減だった食生活も元に戻さなければ頑張れないが、籐の皮を編んでいると爪が削れて伸びないのに、ほぼ1か月ほど籐の皮を編んでないので、久々に爪が伸びてネイルが奇麗に塗れるのだけは嬉しいが、直ぐにそんなことを言ってはいられなくなる。


2017年6月4日(日曜日)

個展初日

カテゴリー: - 前田八重 @ 08時18分45秒

来廊者の山谷の波がありながら、私のランチは4時過ぎで忙しかったらしく、ブログにUPするギャラリー全体の写真を撮り忘れてしまいました。
あっという間に初日は終わりました。

何十年振りかに新聞社のカルチャースクールの大昔の生徒さんが、お着物で訪ねて下さり驚きました。
1年に1度個展の時にしか会わない友人や元生徒さんなどにも駆けつけてもらって、嬉しいことです。

 籐皮の花かご

座り放しで1日に10時間以上仕事していた人間が、個展中は8時間ほとんど座ることなく立っているので、足はパンパンで2日目あたりからは痛みも出てくるのは毎年のことで、たまには酷い腰痛も伴う、少しでも軽くなるように毎日靴を替えたりしているが、今年はスニーカーを履くこともあるかも・・・

やっと、慣れた頃には個展は終わるのだけど、1年間個展の為に努力している「このために生きている」と言っても過言ではないのだから、頑張るのみ。


2017年6月2日(金曜日)

搬入完了

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時36分09秒

 看板

明日からの18回目の個展の搬入・展示を済ませました。
3名の生徒さんにお手伝いしていたたき2時間で終了しましたが、毎日手直ししながらディスプレイを変化させていくのも楽しい事です。

今年は2色使いのBAGがメインです。
時代と共にBAGは大きくなっています、A4が入る大きさを好まれる傾向ですが、一般に昔より皆さんの荷物が増えているのも事実です。

新しい良い出会いとお天気を期待しています。


2017年5月30日(火曜日)

平和を考える

カテゴリー: - 前田八重 @ 20時57分13秒


月に4〜5回は近くで教室をしているのに、寒い冬は嫌だ、レッスン帰りの荷物の多い日は嫌だとか思いつつ、今まで行きたくても行けなかった「おりづるタワー」へ・・・・

原爆ドームを上から見るのは初めてだし、ガラスの入っていない最上階の展望台の美しいパノラマの景色に、ヨレロレの私も清々しい気持ちになった。

入場料金は少し高いけど、その分至れり尽くせり的なアテンドをしてくれて、私はそこまで要らないと思うけど、これが「日本のおもてなし」的なコンセプトなのか・・・・・

観光客だけでなく広島人にも、一度は行ってもらいたいスポットではあります。
平和のありがたさを考える機会に如何でしょう。

ヨレヨレの私にも、チョットだけ水を遣れたかな?


2017年5月28日(日曜日)

あと・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時20分56秒

来週の土曜日には個展の初日を迎えるけど、前日には搬入・展示を行うのでジタバタしても、あと4日しかないのに未だ仕事をしていて、放っておいたら前の晩まで仕事しそうなのは、ものつくりの人間の習性なのかと思う。

毎年最後にする仕事は、籐の皮を使ったブローチやイヤリング・ペンダント・ブレスレッドなどだが、特にブローチは軽いので人気が高い。
細かい仕事は年ごとに心身に堪えるし、元々細かい仕事は得意ではないのも事実。

既に作品の梱包作業も始めているので、このカオス状態のアトリエを何とかして、敷物や展示に必要な品物や筆記用具などの用意をしないといけないけど、、、

何より、ヨレヨレの自分に水を遣らねばなりません。


2017年5月22日(月曜日)

Winkの掲載記事

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時09分57秒

6月号のWinkに個展の案内を載せていただきました。
小さな記事ですが、広告費もお支払いせずに・・・ありがたいことです。

個展まで10日余りとなりましたが、籐の皮のバッグは本体だけで200g未満、持ち手や裏を付けて400g位で軽くて1年中使用できて修理も可能であることや、籐皮のブローチなどは軽いので服に負担をかけないなどの利点がお伝えできれば、個展を開催する価値があると思っています。

未だ籐の皮の存在さえご存じない方にも、おいでいただけることを期待しています。


2017年5月5日(金曜日)

籐のこいのぼり

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時15分11秒

籐の丸芯1.5mmで作った「こいのぼり」ですが、細かすぎて作りたいと言う生徒さんが居ません。

来年あたりは、ベテラン組に作ってもらおうかと考えています。


2017年5月4日(木曜日)

共生か従属か

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時05分17秒

 吉和の八重桜

個展のDM1000枚は3月半ばから4回に分けて発送するが、最後の個人向けDMのあて名書きが終わり、ほっと一息、
吉和のウッドワン美術館に、、

新緑の美しい季節になりました。

 キンラン

榎の木の周りにしか自生しない絶滅危惧種の「キンラン」、ちょっと見は菜の花みたいだが、らんは数千種類もあるとか、
キンランは榎が無くては生きていけない「らん」で、人工栽培などは不可能で榎の持つ菌根に依存しているらしい、教えてくださった方は羨ましい良い関係と言われた。

植物や動物の世界には多い共生関係か・・・・・・


2017年4月29日(土曜日)

GWですね〜

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時39分52秒

20170429 花結びのインテリアかご

外は暖かいけど、家の中はいつまでも寒い。

私は自分のペースで生きてるから関係ないけど、世の中、休みが多過ぎるとも思うけど、、
今年のGWは木曜日から12連休、毎年GWは関係なく仕事するのみ。
誰も来ないし営業の電話も無いから仕事の頑張り時で、
ご飯を作ってくれる物言わぬ婆やが居たら、もっと仕事が捗るのに。。。。


2017年4月16日(日曜日)

花散らしの雨

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時07分22秒

2017041501

    世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし
         在原業平


2017年4月8日(土曜日)

桜と桜鯛

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時21分48秒

2017040702 満開🌸

かかりつけ医は「前田さんは虚弱体質だから無理しないで下さい」が口癖で「回遊魚生活はだめです」と言われているが、仕事をしないのもストレスが溜まるのも事実。
だけどbagが一段落したら自分で凄く疲れていると感じたところに、久々にばったり会った友人に「又、痩せた?」と言われて、今週は夜の製作仕事を早めに切り上げて睡眠誘導剤で深く眠ったら、少し元気を取り戻した感じがする?!

私は肉好き人間なので家で食べる魚は鮭くらいだけど、久々に天然鯛のアラを売っていたので、骨蒸しをして自家製ポン酢・通称「八重ポン」で、鯛の鯛が姿を現すほどきれいに食べ尽くした。 鯛の鯛がどこにあるのかを、ご存じない方も多いいけど・・・
骨蒸しは天然鯛でないと美味しくない、鯛の鯛が8cくらいの大きさなので、鯛自体は5〜6kgあったのではあるまいか?

2017040701 鯛の鯛

眠ること、食べることが課題。


2017年4月3日(月曜日)

暖かな陽射し

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時58分29秒

いつの間にか花が咲いていたのに気付かなかった。

20170403

花の名前を思い出せない。。

PS:4/4 生徒さんから情報、
岩ヤツデorタンチョウソウ

  思い出した、、、葉がヤツデの葉に似ている。20170405


2017年3月31日(金曜日)

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時08分39秒

ミシンを踏む時は、いつも機械音を注意深く聞いている。
職業用ミシンなので持ち手の皮革も自分で縫えるので重宝しているが、糸の調子は目で確かめるより、まず音が知らせてくれる。

油切れの時は瀕死の声をあげるし、機械の音を聞くのが大切にしているということだと思っている。

40数年前に親に買ってもらったこのミシンも、数年前に足踏みの台はそのままでボディ部分だけを交換した。
あくまでも足踏みに拘りたかったので、交換したボディは中古品だったけど快調に動いていて有難い。
40数年間で物価は大きく変動しているのに、ミシンの値段はほとんど変わっていない。

最後まで大切に使っていきたい、大切な仕事仲間だと思っている。

20170331

本年の個展用のDMは3月半ばには出来上がっていて、Bagの中裏付け作業もほとんど終わり、爪が削れて血が滲んで痛かった部分も籐の皮を1か月も編んでないので完治した。
4月からはインテリアものの創作に取り掛かるが、あっという間の3月だった。


2017年3月28日(火曜日)

目の下くま子

カテゴリー: - 前田八重 @ 20時44分23秒

今が一番忙しい時期、今朝は身体が重くて起き上がれない。
疲れが顔に出ているから今日は休みと決め、家に居ると仕事をしてしまうので映画に行くことに。

映画オタクの私が、最近は観たい映画がなくて、今年初めて劇場に行く。。
やはり、若手のイチ押し俳優ライアン・ゴズリングの「ラ・ラ・ランド」しかない・・・

ミュージカル映画は好きではないと言いながら「シカゴ」「バーレスク」「レ ミゼラブル」と、結構観ている。
「ラ・ラ・ランド」は他のミュージカル映画と比べると派手さはないが、さすがハリウッドはミュージカル映画に慣れているから、スタイリッシュな創り方の巧さを感じた。
その分、キャストのスキルを上げるレッスンは大変だったと思うけど、、、、

久々の映画、気分転換できたかな・・・

こんなメジャーな映画の時はマナーの悪い観客が必ず居るが、やはり今回も。

映画好きが足を運ぶような、良い映画を心待ちにしよう。


2017年3月23日(木曜日)

忙中🎶;あり

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時50分27秒

呉の文化ホールは音響が良いと言われているホールですが、そのホールで学生の楽団の中では評判の高い東京大学の管弦楽団のスプリング コンサートが行われると知り、演目の中のワグナー作曲「トリスタンとイゾルデ」は大好きな曲だったので、大いに期待して出かけました。

20170323000

練習量を感じさせられる几帳面な演奏で、特に弦楽器の音色は素晴らしかった。
最後は「ブラボー」という声が何度もかかるほど満足の演奏会で、良い時間を過ごせました。

東大生だと思うからか、皆さん賢そうに見えるから不思議。

ps:生徒さんからツッコミ、賢そうでなく、賢いのです。 確かに!
  しかも、偏差値の高い学校は上手なのですと・・・・・
   

  


2017年3月13日(月曜日)

心の隙

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時28分12秒

毎年の個展作品の製作過程は長年のうちに一定のリズムができていて、だいたい同じようなペースで進められるようになった。
先週はDMの写真撮影・発注が済み、いつもより早いペースなのは、創りたいものがあるので、ミシンと手仕事作業を早く済ませてそれを編もうと思っているからで。。。

20170313

1年で一番忙しい時期なのに、映画オタクの私が毎年LIVEで見る「アカデミー賞授賞式」を今年は忘れて病院の予約を入れてしまい中心部分は録画で見たが、最初と作品賞を間違った最後のあたりはLIVEで見ていた。
賞の投票数の取りまとめ(今時、まだ手仕事らしいが・・)と秘密保持を受けあっていた会計事務所は、アカデミー協会とは83年のお付き合い、、安心しきっていた心の隙なのでしょうが、先に間違って作品賞を受賞した「ララ ランド」の関係者の「Oh my god!」の口の動きをカメラは捉えていて、お粗末な結果になりました。

こんなことのないようにと思いながら、忙しい時にはミスが出るものです。

敢えて書きませんが、何事も慎重にと自分を戒めているところです。


2017年3月6日(月曜日)

春の陽射し

カテゴリー: - 前田八重 @ 23時19分51秒

(One Driveから写真のUP テスト)

まだまだ寒いけど、もう直ぐ春が・・・・


2017年3月5日(日曜日)

今週は・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時17分06秒

すったもんだの申告も済んで、やっと落ち着いた。
毎年E-Taxで申告するけど、1年に1度だから去年のことは忘れていて、じっとり汗!  

アトリエでは、一番の楽しみであり苦しみでもある数十個の持ち手と裏合わせが済み、bagの中裏付け作業をしている、ミシンと手縫い仕事に入っていて、益々の肩こりと腰痛に苦しみながら、一つ一つ仕上げているところで、付属品を揃えるのに外出も増えているのは悩みの種。
この時期はベッドやトイレの床にまで糸クズが落ちている、どこか服に付いて入り込むのだけど、、暫くはこれが続く。

盛り沢山の1週間だったけど、一つ一つ作品が出来上がるのを見るのは、やはりものつくりの人間にしか解らない喜びで、又来年に向かっての改善点も見えてくる。

03jpg

こんな忙しい中で、親戚の遺作展に安芸高田市八千代町の八千代の丘美術館に絵画を観に。。。 遠かった!
あんな田舎に建てた美術館、主ギャラリーの奥に小さな15棟の建物が並んでいて、この1棟1棟が各々の作家の展示ギャラリーになっている。
作家の仕事場・アトリエかと期待したのだが、、、1年間、作家個人の作品を見てもらうギャラリーになっていて、新しい試みといえる。


2017年2月26日(日曜日)

今週のドタバタ

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時18分33秒

もう2月も終わる。

申告の準備も進み・・・・と思っていたら、USBからデータが取り出せなくなった。
PCをどんなに探っても見つけられなかった。

どうやらUSBはよく壊れると聞いたが、何もしてないのに・・・?
1年分を1度に記入するなんて横着を決め込んでいたことを猛省しても、帳簿を手書きと電卓で付けたら、一体どれくらいかかるのかと考えただけで、
気を失いそう。
ダウンロードできる帳簿なども検索したが、使いにくいし、複雑な帳簿は要らないし・・・・・
このことで製作仕事に遅れが出るのは必定!

こんな出口のない状態だったところに助っ人が登場。

復旧して今後のための手当もしてくれた。

昨晩は久々に枕を高くして眠れたが、アナログ人間の悲哀を感じるばかり・・・


2017年2月21日(火曜日)

小休止

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時09分41秒

秋口の新作製作後から量産の時期もそろそろ終わりだけど、籐の皮ばかり編んでいると、左手の親指以外は爪が削れて深爪状態になり血が滲んだり、痛くて仕事が上手く捗らない、いつもこんな状態になるので爪は切ったことがない。

「少し休めよ」という暗示と思い、毎年この頃には申告の準備を始める。
地質調査会社にお勤めだった生徒さんが、そのスキルを活かしてPCに簡易収支帳簿を作ってくださったので、いまだにこの帳簿を利用していて、今年も1年分を1度に記入していくのだけど、毎年面倒な事です。

花粉の季節ですが、私はいつもより早く1月には反応が起きてしまったけど、クシャミ・鼻水には最近はsoftで肌を傷めない優れもののティッシュが発売されて重宝しています。
「Kleenexの至高」は3枚重ねで保湿力に優れていてオススメです、これが発売されるまでは「エリエールの贅沢保湿 ローションティシュー」を使用していましたが、格段の差です。


2017年2月12日(日曜日)

絶句な出来事

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時15分10秒

先日、洋服時代の同級生Sから突然の電話、かなり慌てている。

直ぐにNHKの「のど自慢」を見てと言うのである。
早速スイッチを入れて、、時間が止まった。
あの頃3人組だったもう一人の友人Kにそっくりの若い女性が画面に、
しかもショートカットで、若い頃の彼女かと思うくらいに似ている。
彼女は独身だが、娘と言ってもいいくらいだった・・・・隠し子?

本当に感心しながら驚きながら、元気で居たらおもしろい事あるかもと電話を切った。

世の中には3人のそっくりさんが居るというけど、本当に驚いた。

後で、写真を撮ればよかったと思ったけど・・・・残念、そんな余裕はなかった。


2017年1月29日(日曜日)

久々の女子会

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時18分44秒

20170122

土曜日レッスンの方々と女子会。
皆さんが顔を赤くすることもなく、日本酒を結構飲まれることに驚いた。

釣りが趣味のマスターから玄界灘での釣果のお刺身をサービスでいただき、A5のサーロインのシャブシャブで皆さん大満足。

生徒さん歴、今年で 21年・19年・18年・15年・5年、長いお付き合い、感謝です。


2017年1月15日(日曜日)

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時56分59秒

先日夢で見たか現で考えたかのテクニックを縁止めに試してみたが、やはり強度に欠けるとの結論に至り、そこから更に新しいテクニックに辿り着き、結果既に編んでいた数個に及第点を付けることができなくなって、今3個目の縁止めを解いて直している最中で、この先もっと増えるかも知れない。
短気な私でも捨てようとは思わない直せる箇所で良かった。

失敗から学ぶのは、ものつくりの基本だけど、洋服の学校で実習時間には「解きの八重」と呼ばれていたのを思い出す。
先生から「これで良し」と言われても納得しなければ何度も直して、呆れられていたあの頃から変わっていないと、

駐車場の雪に残った轍を見ながら思い出した寒い朝です。

CIMG0258.jpg


2017年1月9日(月曜日)

夢のお告げ?

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時32分32秒

CIM0225.JPG

bagの製作途中です。
底が出来上がり、今から立ち上がるところですが、この後あるテクニックで角を作って直角に立ち上がって4〜5cの高さ編むまでは気を抜けません。
これは飛行機の離陸に似てると思う、、離着陸はどちらも大変なのでしょうが・・・どちらが大変か?同級生のパイロット君に聞いておけばよかったけど・・・模様編みをしながら安定するまでは緊張状態が続くので、元気がない時は明日に回そうと思うので正直なものです。
今までに700個以上のbagを編んでいるのに、底から高さを編み出す時はプレシャーがかかります。

だからこそ、達成感も味わえるのですが、何年経ってもなかなか厳しい!!

今は又新しいテクニックを試そうかと考えているところです、今朝がた夢に見てしまって・・・
それで、今朝は早くに目覚めたのかも。。。


2017年1月2日(月曜日)

今年も

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時10分01秒

2017の年明けです。

年末年始は明日まで11日のレッスンのない休みがありましたが、年末の雑事で予定していた創作仕事はほとんどできませんでした。
なぜだか年末は出かける機会が増えることで落ち着かなくて、仕事が捗らない。
どうやら私には、仕事ができないのはストレスになるらしい。

元旦は幼馴染のEさん宅にお年賀に行き、いつもとは違うお正月を過ごしました。
もう4日朝からはレッスンが始まります。

今年も忙しい毎日を送ることになりそう。


2016年12月30日(金曜日)

2016に・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時23分14秒

今年の仕事を顧みれば、、、
今年の個展は今までで最高の盛況で終了しました、皆様に感謝です。
初めてのギャラリーで開催する・・・昨年までのギャラリーの廃業が決定し日程が二転三転したというプレシャーのかかる中で、その不安が嘘みたいに払拭される内容で終わることができました。

秋には創作過程で数個の問題が発生したことで、仕事が停滞したり、作品を捨てたり、編み直したり・・・・
大変でしたが、自分のポリシーを通すことができたので、次に繋がるステップアップの機会になったと思っていますが、そのせいなのか? 秋が短かったような。。。。

12月は大掃除や年賀状書きで何日か仕事ができない日があって、やっと今週から仕事が通常に戻り、やはり創る仕事が一番楽しくて、嬉しい!

趣味が仕事になったのは幸せだけど、それ故に辛い局面もあるけど、これからも楽しく作品を創りたい・・・それは人にも伝わると思っているので、来年にも繋げていきたい。

20161230


2016年12月25日(日曜日)

タイムスリップ

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時48分32秒

20161225

久々にカスミ草を見た、長く見たことがなかったのも意外だった。
知り合いの方が、クリスマス・プレゼントか?大きな花束を貰われたのをお裾分けしてくださった。

やはり、お花が家の中にあるのは良い。

昔、かすみ草が大好きな友人がいたのだが、その人のことを思い出して、ちょっとだけタイムスリップしていた。

懐かしい香りが漂った。


2016年12月24日(土曜日)

クリスマス

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時42分44秒

2016122401

昨夜は市内の私立・広島女学院で行われた、クリスマス・コンサート「メサイヤ演奏会」に行き、TVのクラシック番組で一部は聴いたことがあるが、初めてほとんど全曲(全53曲中47曲構成)を聴きました。
合唱・独唱・オーケストラでキリストを歌い上げた作品で、「ハレルヤ、ハレルヤ・・・」って曲なら、どなたも聴いたことがあるだろう、あの曲も入っています。
メサイヤは、3部構成で、旧・新約聖書から取られた作品になっています。
イエスの誕生から始まり、人々の罪を背負って十字架の死に至り、その後黄泉の世界からイエスが復活し栄光の座に着くまでを表し、最後は神への賛美で締めくられています。

舞台の左上に設けられたスクリーンに英語と日本語訳が表示されて、とても分かり易かったし、厳かな雰囲気で、
こんな機会がなかったら全曲は聴かないと思うので、誘っていただいたことに感謝でした。


2016年12月18日(日曜日)

猩々たちの宴

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時01分41秒

2016120002

猩々会の3人で沖縄料理の店に、、大好きな島ラッキョウと35度の泡盛「残波」のロックで飲み収め?
ライヴあり、飲んで踊って楽しかったので、二日酔いも無し!

久々に楽しい会、こんな飲み会ばかりだといいけど・・・・ね。

揚げたてサーターアンダギーは格別でした。


2016年12月11日(日曜日)

羨ましい趣味

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時57分10秒

20161211

いつも日曜日は仕事三昧で終わるのだが、今日は久々のJAZZライブ。
DJCという趣味のメンバーで結成されたビッグバンドに甥がドラムで参加、トラで参加したLIVEに。

このバンドはプロでなく趣味で楽しんでいる人たち、中には玄人はだしの人もいるのでしょうが、好きな事なのでプロとは違う感じで、楽しく演奏しているのが伝わってくる。

なかなか聴きごたえのあるLIVEになっていた。

甥は先日検査入院していた人とは思えない力強い演奏で、もう40代後半、ドラムはしんどかろうと・・・・
要らぬ世話だけど「ずっと楽しんでほしい」と勝手に応援している。


2016年12月8日(木曜日)

冬の陣を考える。

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時04分48秒

今年も広島SOGO新館前の広場に、クリスマスツリーが点灯した。

人工のグリーンの葉が付いたロープ状のガーランドを、金属でできた三角錐の枠にクレーンで積み上げた後、各種オーナメントを取り付けて完成させる。

SOGOがオープンして2年くらいは県北から本物のモミの木を根の付いたまま運んで、オーナメントを付けてツリーを完成させていたのが、最近は経費が掛からない方法をとっている。

私には年に二度の大きなイベントがあって、夏の陣は言うまでもなく個展で、冬の陣はクリスマス・正月ものをデザインして生徒さん用の見本を創ること。
冬の陣の時は必要なオーナメントや材料を探し、無ければ更にデザインを変える、材料探しに日にちをかけて大変な思いをして、やっと生徒さんが作る段階になるが、最近は若い生徒さんが少なくてクリスマスものを喜んで作らないし、正月飾りは今までのものが沢山溜まっているので、今年は作らないと言われることが多い。
結果私が忙しい日々を送っただけで終わり、ストレスだけが溜まるだけか!?

来年からは冬の陣は止めて、自分の年賀状に載せる作品だけを創ろうかとも考え始めている。
数百枚の年賀状を書くのも辛くなっているのも事実だが・・・
これも時代か・・・・


2016年11月27日(日曜日)

変貌する街

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時03分46秒

20161127

広島駅南側の52偕のこの複合高層ビルも完成したが、駅の周辺はどんどん変化している。

駅前大通リ周辺はビルの建設ラッシュで、数年後にはこの通リを電車が走るので、我が家の直ぐ側のシャッター通リだった京橋通リもマンションや食べ物の店が増えて、昔の賑わいを取り戻すのではないかと期待している。

数年前から、ネットで有名な中華の店や駅前にあった愛友市場から引っ越しした魚屋や飲み屋がオープンしている、最近は怪しい中国マッサージの店までできたが、必ず駅周辺にはこいう店ができるらしい。

食べ物屋はもっと増えれば嬉しい、夜間レッスン帰りの欠食女の強い味方になっている。


2016年11月24日(木曜日)

耐用年数切れ

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時28分58秒

CIMG0243.JPG

もう紅葉の見頃は終わってしまったのに、、どうしても三段峡に行きたいという知人と三段峡の黒淵まで歩きました。
20数年前の記憶では黒淵まではもっと近かった印象なのですが、意外にアップダウンのある距離があって、ちょっとしんどかったのすが、
結果6km位歩いてしまって、今日の寒さも加わっているのか〜今年の春に痛めた膝が痛い、
なんて情けない・・・・

昨日からぐっと気温が下がっていますが、、黒淵の渡し船の船頭さんの予想どうり、昨夜から三段峡は雪かもしれません。


2016年11月19日(土曜日)

試行錯誤の・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 21時07分18秒

CIMG0242.JPG

この2週間くらい生徒さん用の見本を数点製作していました。

個展向けには籐の皮ばかりを使っているので、たまに籐の丸芯を編むのは楽しいけれど、生徒さんが作りやすいことも考えなければならないし、結果的には数点の試行錯誤の末に、やっと1個完成できるものなので、そんなに楽な作業でもありません。

特に羊は、ひつじ(未)の年に作ればよかったけれど。。。
いざ作ろうとしたら、、特に顔のバランスが分からなくて、ネットから写真を探し出し、それを参考に作りましたが、便利な世の中になったものだと今更ながら思ったしだいです。


2016年11月5日(土曜日)

ミーハー的楽しさ

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時53分51秒

20161105

土曜日レッスンの生徒さん達とカープの優勝パレードに行きました。
一人では行く気になれないけど、数人だと楽しかろうと・・・・
あの監督で、しかも黒田投手が引退して、二度とこんな機会はないと考えたから出掛ける気になりました。

32万人弱の人出で、人の頭と上に掲げて写真を撮る携帯電話を見に行ったみたいで、目当ての黒田投手はオープンカーに乗っていて見えませんでしたが、二階建てバスの選手は確認でき、一度も球場に行ったことのない私には、この熱気はなかなか味わうことのないものでした。

この経験は楽しかった。


2016年10月31日(月曜日)

前向きな後退

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時21分34秒

問題発生で、既に編んだものも含め、試行錯誤5個、
どうにも自信を持てる作品にならなくて、ボツにする、切って捨てることに決定。
昨夜の疲れた灰色の脳細胞では判断を下せなくて・・・・というか時間と材料のことを考えると、
何とか1つでも助けたかったけど。

ショックなのは、時間は取り戻せないこと。
こうして学んでいくことですが、
まだまだ未熟。

☆ カープも前向きな後退だと信じよう!


2016年10月29日(土曜日)

赤い願い

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時00分15秒

野球の日本シリーズが始まってストレスが溜まる。
どうして勝てない!!
今日から日本シリーズは広島ですが、優勝して市民球団から発足した球団へのファンの夢と願いを叶えてほしい。
私はスポーツ観戦が好きでもないし、特に野球も好きではないけど、やはり広島人だと感じたこのシーズンです。

私が行くシャブシャブ屋に黒田が大リーグ時代から通っていたのは知っていたけど、この写真のボトルへのサインはCSの優勝を決めた翌日、、引退会見の前夜に来店してサインしたのものです。

中国醸造発売の本数限定「焼酎 黒田博樹」のボトルへのサインです。
ボトルに巻いてある赤い皮革は、黒田のグローブ用の皮革だとか。。。

20160828

今日は、勝てるのかな???


2016年10月21日(金曜日)

Wow!

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時06分08秒

3年前に個展で買っていただいたbagの持ち手が折れたので、修理に帰ってきました。

ビックリ!ですが、持ち手が折れたのはこれで3例目で、大抵は踏んで折ってしまわれるようです。

どうしてこうなったかは??ですが、きっと忙しくされている方なのでしょう。。。

20161021

持ち手自体を取り換えることになります、勿体ない!

急ぎ直さねばなりませんが・・・・


2016年10月18日(火曜日)

ものつくりの姿勢

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時12分17秒

20161009

「復興五輪だから、ボート・カヌーは長沼に・・」とか話題伯仲ですが、震災の後はできるだけ東北のお酒を呑んで復興の一助になろうとした呑兵衛が多かったけど、やはり東北のお酒は美味しいので人気ですね。

この写真はお酒大好き人が集まるお店での1枚、私の一番のお気に入り三重県の「而今」、
この人気の酒蔵は三重県サミットの時のお酒選定にも手を挙げず自分の酒つくりを貫きました〜小さな酒蔵なので造れる量は決まっているし、一般に有名になり出荷の為にお酒の品質を落とすことはできないと〜
あの山口県の「獺祭」みたいに売れる時に売りまくる儲け主義の会社とは違う姿勢を世の中に示し、益々好きになりましたが、最近は滅多に手に入りません。

サッカーの中田が「十四代」をヨーロッパに紹介して、値段がどんどん上がって、、話題になったものを飲みたいは人の常ですが、どうなんでしょう。

獺祭の経営方針にも文句がいっぱいあるけど、今日はやめておきましょう、、、今や美味しくない酒になり下がっています!

☆ 而今=じこん
     道元禅師によると、「ただ、今、この一瞬」の意味。
     「他は是我にあらず」=あてにできるか、どうかわからない他人
     「さらにいずれの時をか待たん」=来るかどうかわからない未来
   故に、確信の持てるのは「今、自分が生きているこの一瞬だけ」であるとか。
     


2016年10月9日(日曜日)

スポ−ツの感動

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時54分33秒

先日リオ五輪のメダリストのパレードが行われ、沿道には80万人の人出だったと、ニュースで見た。
また、あの時の感動が蘇る、スポーツからもらう感動って素晴らしい。

インタビューを受けた体操の内村航平が「スーパースターになった気がした」と言っていて、、
いえいえ貴方こそスーパースターですよと言ってあげたい。なんて謙虚なんだろう。
世界の頂点に立ち続けるのも大変だけど、彼くらいのレベルになると、人と比べるのではなく自分との闘いで、
努力を怠らない人間はこうなんだな・・・と。

20161009

買い物ついでに撮ってきたセリーグの優勝トロフィー写真↑、
ティファニー製で10kgあるとか・・・・
11月5日は平和大通リでのカープ優勝パレードの予定だが、この時に日本一になっていれば喜びも倍増だが、果たしてどうなるのか、
プロとしての気概と覚悟を見せてもらいたい。  


2016年10月6日(木曜日)

15年ぶりの再会

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時11分49秒

先日、近くにある皮革のお店から、「bagの修理を頼まれたが、どうやら籐のbagらしい、中裏のポケットのYae MaedaのネームからHPを探したが、修理を引き継いでほしい」旨のmailがHPのメールボックスへ届いた。

依頼者は、お母さんの遺品なので、このbagの素材が籐の皮だとはご存じなかったようでした。

カルテを作っているので調べたら2001年の個展で買っていただいたもので、買ってくださったのは、私の中学の時の国語のA先生でした。
その後2〜3年のうちに先生は急逝されたのは知っていたけど、そのbagを娘さんに大事に使っていただいていたなんて・・・・なんてご縁なのでしょうか、驚きました。
修理部分は持ち手が外れているだけで、大事にされていたのが、一目で判る状態で嬉しかった。

ただ、その時のベストの技で創ったけれど、あれから15年も経っているので、作者としては今はもっと良いテクニックに辿り着いた部分もあるので恥ずかしいくらいではあったが、それだけ進歩したわけで、頼まれた部分以外にも目立たぬ程度には手を入れておいた、自分で創ったものは愛おしいものです。

無事修理を済ませてお渡しし、まだまだ使っていただけることが嬉しい。

自分に恥じない仕事をしなければならないと強く思った、いい経験になりました。


2016年9月24日(土曜日)

私の豊洲問題

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時42分10秒

前回のブログで書いた、超絶技巧の作品は葛藤の後、
やっと修正でき、続きを編んでいる。

豊洲と同じく底に問題ありだったので、編んでしまっている高さ部分をどう直せば大変な事にならず、短時間で作品を傷めず修正できるか??だった。

気の短い私が作品を捨てることにならず、今までの苦い失敗経験で乗り切ったともいえるが、
「こんな問題が発生しないように慎重に」・・・・
要は急いでいたと推測できる。

きっと、豊洲問題は専門家によって何とか落としどころを見つけるのでしょうが、原因をどこまで追及できるのか、深刻ですね。。。。


2016年9月18日(日曜日)

不思議なシンクロ

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時00分59秒

友人が参加している素人クラッシク楽団の第27回コンサートに。
私は5回目かな?
毎年の成長に驚かされる。
今年はピアノソロだけ外部からプロを招いて、超絶技巧の「ラフマニノフ ピアノ協奏曲」が演目でした。 良かった!

私も今、超絶技巧の連続の編み方の作品を編んでいるが、、、灰色の脳細胞が美しい旋律で動き出したのか?
どうやら気になっていたことが頭をもたげたに違いない、どうしてあのテクニックを使わなかったのか?
この曲を聴きながら思い付いたというか・・・・不思議。
この辺りからは、頭の中は行ったり戻ったりで、どっと疲れた!

高さの半分まで編んでいるけど、、、どうしてここまで進んだのか?
そんなに焦っていたのか???
スルーはできない。

話題の豊洲問題に似ているが、何とかしなければ・・・
この作品に20日位費やしたが修正できなければ、ハサミで切って捨てる。。
私は気が短い。

原点に戻ろう。


2016年9月4日(日曜日)

鶴首?

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時50分38秒

来年の確定申告でマイナンバーカードが必要なのだが、それどころではなく忙しくて、ろくに書類も読んでいなかった。
いつ送られてきたのか? 

やっと写真を撮り、手続きした。
数年前につくった住基ネットの写真と比べて、「顔って変わるな」と思った。
良くなったか? 悪くなったか?は、自分ではよくわからない。

それで思い出したことがある、私は子供の頃から母に「貴女は首が長いね」とよく言われていた。
褒めていたのか? くさしていたのか分からないけど、勿論未だに痩せて首が長いし撫で肩なので、このせいで人よりも頑固な肩凝りに悩まされているんだと、思ってきた、、、

でも、首が短い人が肩凝りしないのかどうかは調べたことはないけど。
頭を支えているだけでも大変なのに、長時間の下を向いての細かい仕事だから肩が凝らないわけがないか?

本当に頑固な肩凝りで、頭痛は起きるは、たまには吐き気すらする。

なにか特効薬はないものか??


2016年8月28日(日曜日)

今週は・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時24分10秒

先日トップページとギャラリーページをリニューアルいたしました。

長枡網代を1つ編んだら来年用の新作に取り掛かっているはずが、以前よりgoodなテクニックを再度試したくて、2個目を編んでいます。
編めば編むほどテクニックを磨いていくのだと、今更ながら思い知らされています。

そして今週も、ビジネス・ランチやら久々の友人との食事などありで、あっという間の1週間でした。

20160828

ランチコースMENUの1つ「かぶのブラマンジェ・ズワイ蟹のサラダ添え」
なかなかgoodでした。


2016年8月21日(日曜日)

緩み

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時04分58秒

生徒さんで月4回講習の方は現在何を編んでいるかを忘れる人はまずおられませんが、月2回となればレッスン間隔が2〜3週間空くこともあり「私、何を作っていたのかしら?」って方は多いので、しつこく材料と作品には名札を付けることをお願いしている。
以前、他人の作品を編み上げた人がおられて、、

先日のレッスンで名札無しの作品で間違いが起こり、レッスンの終わりの頃になって間違いが判明。
もう少しでお持ち帰りになるところでした。
名札無しの作品は他の時間帯の生徒さんのものだったのを、レッスン始めに私が勘違いしてお渡ししたので、生徒さんは自分のもと信じ込まれた、私に責任があります。
もっと名札を付けるのを徹底しないといけないなと。

その日は他の方にも私の教え違いが、、、頼りない先生です。

長年やっていても、長年だからか? 落とし穴です。


2016年8月16日(火曜日)

伝統的な編み方

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時19分09秒

竹では網代編みは、一番の伝統的で王道的な編み方です。
京都迎賓館の天井も網代編みでしたね。

籐の皮では色々な編み方ができるので、余り網代編みには拘っていない。
籐の皮bagでは、普通の網代編みでなくて長枡網代編みをすることが多いのですが、網代編み自体が編む段階で籐の皮芯が左右に広がり目を傷つけたり、顔を弾いたりケガをしやすいので余り好きではありません、、、なんて思って編んでいるから今回も早速に籐の皮で目を突いてしまった。
長枡網代編みの柄合わせのところでは、久しぶりで少し冷や汗ものでしたが・・・
この編み方は誰かに習ったわけではなく、自分で試行錯誤の末に習得したので、ちゃんと手が動いて安心したけど、2重になっているので手間がかかる編み方です。

手間のかかるものから来年に向けての仕事を始めています。
この後は新作の試行錯誤、ちょっと楽しみ.


2016年8月14日(日曜日)

このところ・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時42分26秒

最近観たもう1本の劇場封切映画は「ニュースの真相」、米ニュース番組アンカーマン、ダン・ラザー引退の引き金になった、ジョージ・ブッシュ軍歴詐称問題の真相を追ったジャーナリストたちが圧力に屈せず矜持と信念を示した実話の映画で、ケイト・ブランシェット、ロバート・レッドフォード主演の映画でした。
少し年上の役柄ではありましたが、大スターのレッドフォード自身、円熟味が増して〜と言われる歳なのですが、「華麗なるギャツビー」などで一番美しい時代を観ていた者には、ちょっとショックですが歳を取るのは誰も同じ、ファンは勝手なものです。

スペインのサクラダファミリアで主任彫刻家をされている外尾悦郎さんの講演会にも出かけましたが、建築や彫刻の話というより、精神論を論じる場面が多かった講演会でした。柔らかい語り口の穏やかな方というのが印象です。
寡黙にノミを振られているのでしょう、想像できます。
原爆の日のレクエイムの時と同じ世界平和記念聖堂で行われた講演会でしたが、エアコンが無いのは暑くて、暑くて・・・

このところの暑さで睡眠不足になっていて、熱中症も怖いけど、できるだけ暖かい物を飲食するようにしていますが、
最近は暖かいハーブティーを楽しんでいます。
ちょっとしたマイ・ブーム。


2016年8月10日(水曜日)

AMYのグルーブ感

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時09分21秒

2011年に急逝した天才歌手エイミー・ワインハウス、彼女のファンだったので、毎度のスキャンダルばかりの報道を悲しい想いで聞いていましたが、死亡報道はとてもショックでした。

映画「EMY」は、本年度のアカデミー長編ドキメンタリー賞を受賞したので、劇場公開をずっと待っていました。

ロバート・ジョンソン、ブライアン・ジョーンズ、ジミー・ヘンドリクス、ジャニス・ジョプリン、カート・コバーン、ジム・モリスン、そしてエイミー、全て27歳で亡くなった才能豊かなミュージシャンですが、何の因縁か・・・?

彼女は23歳でグラミー賞で5冠を受賞、若くして栄光を掴んだ多くが陥る孤独感に苦しみ、家庭環境と恋愛問題から薬や酒に溺れ転落の道をひた走る。

「ただ、歌いたかかった・・・」はずの、孤独で豊かな才能を秘めた彼女を誰か救えなかったのかと・・・・・

素晴らしいグルーブ感のある天才的な彼女の熱唱を、また聴きたい!

映画冒頭の「ムーンリバー」やトニー・ベネットとのデュエット曲も素敵です。

意外に入場者が多くて、驚いた。


2016年8月7日(日曜日)

鎮魂のミサ

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時01分24秒

昨日の原爆記念日に私は被爆2世でもあるので、歩いて5分の平和記念聖堂で行われたフォーレのレクエイムを聴きに行きました。
71年も前のことですが、年毎に深い想いを持つようになりました。
今年はアメリカ大統領が広島を訪れた記念すべき年にもなり、世界中が平和を考え平和であることを願った機会にもなりました。
正面入り口近くでオバマ大統領にハグされた被爆者の方が、インタビューを受けておられました。

平和記念聖堂は教会ですから、冷房もなく外ではセミが鳴き、背中にもじんわり汗をかき、扇子の離せない状態ではありましたが、穢れのない空気と時間に満たされた気持ちでした。


2016年7月29日(金曜日)

夏の陣終了

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時59分39秒

今回の個展でいただいた数個の製作も、今編んでいる注文品を最後に一応終了。
一応が付いているのは、もうひとつ注文品があるけど、発注者が忙しくて私との予定がかみ合わずデザインの詰めができない、盆明け〜9月になりそうな気配なので、ここで一旦気持ちを変えよう、もう来年度作品に取り掛かるつもり。

今年の個展は初めての場所で、しかもギャラリーと名は付いていても普段は貸しスペースで貸し教室、1偕を通過する人にこのビルの2偕にギャラリーがあるなんて認識されていない場所だったので、胃がキリキリするぐらい不安だった。
結果はTVの影響力もあったけど、以前買ってくださった方々からの口コミで広がっているのも事実で、本当にありがたい結果になり、皆さまに感謝です。

少し自由にしたいけど、教室用の見本創作や染色の作業もあるし、、、家に居る限りは仕事をしてしまうので、完全に休みにはできそうにない。

まあ、8月に入ったら観たい映画が2本あるので、その日がお休みかな〜


2016年7月24日(日曜日)

琥珀色の液体

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時38分15秒

個展から2か月経つが、未だ注文品の製作に追われている。
毎年個展後には、すべきことが山積みになっている。
先週は籐の材料を染めている待ち時間に山積み事項の一つ、キッチンまわりの整理をした。

奥から30数年前に漬けた梅酒が出てきた。
見た目には琥珀色で濃度も濃い感じで、底には澱が溜まっている。
家庭で漬けたのは市販のものより甘いので、何となくそのままになっていた。

年数が経ちすぎているので、ちょっと心配だった、ワインの瓶の底に溜まる酒石酸?は避けた方が良いと聞いたような・・・・だったらこれは安全でない?
かもだが、、ちょっと飲んでみたら美味しい!!

安全か否か心配だけど、のんべえの血が騒ぎ〜きっと飲んでしまうことになりそう。。。。


2016年7月3日(日曜日)

MANAbista

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時22分52秒

個展直前に中国新聞文化センターの教室紹介のミニミニコミ誌「MANAbista」の取材を受けたのが7月号として発行されました。

写真の左側が表紙で籐の皮のbagを直ぐに作れると思われては困るけど、担当者の「夢がないと楽しくないですから」の一言で表紙に決定。
写真右側が取材記事です。

私としては個展の前の5月〜6月号に載せてもらうのが理想的だったけど、、、
こうして折に触れ取材をしていただき、ありがたい。


2016年6月26日(日曜日)

足を考える

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時00分16秒

最近の女性靴売り場には、23.5c EEとかEEE表示の靴ばかり、

どうやら最近は外反母趾の人も多くて大きな靴を履く傾向もあるので日本ではEが中心になっている。
靴を履くようになって150年にも満たないから、下駄・足袋に慣れた日本人は元々足が幅広だとは思うけど・・・・適した長さと幅での履き方を知らない人も多い。

足囲には、A B C D E EE EEE EEEE の8種があり、
私の足は甲が低く幅も狭い、Eなんかとんでもない、とある文献によるとA〜Cの間、自分で測ってAではないかと思っているが、いつも靴の中で足が泳いでいる感じでとても疲れる。販売員泣かせの足で、ピッタリ合う靴には巡り合えない。
一度シューフィッターに測ってもらいたいと思っているけど、、、
昔はお気に入りの外国製のヒール靴を履いていたのでなんとかなったけど、そのメーカー品が輸入されなくなったのか製造を止めたのか靴売り場になくなってしまい、それ以来疲れる靴で我慢している。

昨年、日本のメーカーで割とフィットするものを見つけたが、今年廃業してしまい、廃業前に3足大人買いをしたけど・・・・本当に困っている。
スニーカーはナイキが足型が細いので、最近はナイキでなんとかしている。

洋服を学んだ者としては、男性のYシャツの首回りやアームの大きさも気になる。
日本人は靴同様に洋服の歴史が浅いせいか大きな首周りのシャツや首回りが緩くアームホールの大きいジャケットを選んでいる人が多い。
着物の影響を受けていると思われる。
とにかく骨格や習慣の違いで好みも変わる。

そろそろ靴箱を整理して、少しくらい高価でも合った靴をGETしようと考えているところだが、
健康にも悪いし、とにかく疲れる靴はどうにかしよう。


2016年6月12日(日曜日)

1年のゴール

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時26分48秒

6日間の個展、無事終了しました。

今回は初めてのギャラリーで、しかも2偕、とても心配を抱えての開催でしたが「案ずるより・・・・」で、
多くの方々にご来廊いただき、ギャラリーの方もご親切で気持ち良く使わせていただきました。

1年に1度しか会えない方々にもお会いでき、お手伝いしていただいた生徒さんや皆さまに感謝です。

疲れが溜まっていて直ぐには回復を望めない歳になっているので、少しの間休みたいけど、そうもいかず、、
レッスンやいただいた注文品に取り掛かっているところですが、

しんどいの一言です。


2016年6月4日(土曜日)

個展開催初日

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時21分58秒

個展初日を迎えました。
今日1日が長かったような、短かったような・・・
午後からは雨でしたが、沢山の方々がご来廊くださって、無事初日を終わることができました。

初めてのギャラリーで不安でしたが、落ち着いた雰囲気がありがたい。。
表装屋さんの展示に使うようになっている日本式の造りが醸し出すものかと・・・・
オーナーの方も良心的な方で、とても安心感が生まれてきます。

とはいえ疲れましたが、明日からも
良い出会いがありますように・・・・


2016年6月1日(水曜日)

もう直ぐ・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時36分46秒

先日のフジTV系TSSの「満点ママ」、昨日の中国新聞カルチャーセンターの生徒さん用のミニコミ誌のマナビスタ7月号の取材と続き、
今日は昨年秋に出演させていただいたTBS系RCCラジオの「おひるーな」の二度目の出演が終わり、一安心しました。

どの取材もありがたくて、個展のコマーシャルになります。

もう今週末から個展です。。。

それにしても、この写真の私、疲れています。


2016年5月24日(火曜日)

忙中有閑

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時26分55秒

クレドビルからの眺望
もう10年以上新聞社のカルチャースクールでクレドビルに通っているのに、初めて9Fにビル外に出られる広い素敵なテラスがあるのを知りました。(6Fには子供が遊べるスペースがあるのは知っていたのですが・・・・)
そこからの眺めは素晴らしくて、、写真の左端に広島城、下に見える丸い建物がひろしま美術館、緑多い都会に見えます。

その ひろしま美術館の「ヴェネツィア展」に行きました。
私はヨーロッパではムラーノと呼ばれ、技術の流失を恐れ職人を隔離したムラノ島のヴェネツィアグラスが好きですが、ティツィア−ノやロットの宗教画、ベッリ−ニの人物画やモネの描いたヴェネツィアも素敵でした。
三宅一生のプリーツを連想する1930年代のドレスや高底靴など、さすがに芸術と文化の中心地だったのを再認識しました。

あの時代にあのプリーツ、どうやって作ったのか?つい洋服時代に戻ってしまう。


2016年5月21日(土曜日)

今週は・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時22分02秒

今週1週間は製作より個展の準備で過ぎて行き、外出続きの毎日でしたので、あっという間でした。
このあたりからは、切れぎれの時間なので細々した仕事しかできず落ち着きません。
昨日は3回目になりますがギャラリーを見に行き、どのようなディスプレイにするかを・・・
表装屋さんのギャラリーなので、床の間が3つもある、「どうしたもんじゃろの??」 難題ですね。。。。

火曜日に放映された「満点ママ」は視聴率が高いらしく、沢山の方から見たと言われて、マスコミの力を再認識いたしました。
長い時間をかけて収録しましたが、カット・カットで「男前ですね・・・」発言もカットされ予想とは違う編集で安堵しましたが、今回どこから収録し始めたかが分からないくらいスムースな収録でしたので、その感じが画面に出ていたと思います。
籐の皮の可能性を沢山の方に見ていただきたいと願い、良い出会いを期待しましょう。。。

昨夜はウイーンのオーケストラのコンサートに行きました。
灰色の脳細胞が活性化したかは分かりませんが、良い息抜きになりました。


2016年5月12日(木曜日)

TVの取材

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時20分31秒

昨日、レッスン中とレッスン後にTSSの朝のワイドショウ「満点ママ」の取材を受けました。
放映は17日(火曜)TSSテレビ 9:50〜「満点ママ」の「街あそびウォーク」というコーナーで。

稲荷町エリアを散策する・・・ディレクターがネットで我が教室を見つけてくださっての〜〜
レポーターは、井上恵津子さん通称えっちゃん、細くて小さくてカワイイ女性です。

個展の告知もしていただけそうで、助かりまする。

余所行き状態で猫を被ってやり過ごそうと思ったけど、隠せないこの性格・・・
笑ってしまう内容になっているでしょう。

これまでも何度もあちこちの局で取材をしてもらっているけど、撮影終了後には広島は狭いので違う局でも知り合いが多くて、スタッフの方々と話が盛り上がりました。

☆  ラジオは6月1日 RCCラジオ 「おひる〜な」 13:00〜  ほんの少しの時間。


2016年5月8日(日曜日)

個展まで 1か月

カテゴリー: - 前田八重 @ 00時19分09秒


17回目の個展まで後1か月です。
1年間を大体同じペースで仕事をするようになりましたが、今年は日程とギャラリー変更で大きくペースを乱されました。

今年も、籐の皮を使ったbag・インテリア品・アクセサリー等を中心に展示します。
今年は、チェック・ストライブ・波柄を中心に創作しましたので、
そのあたりを見ていただきたいと思っています。

初めてのギャラリーなのが心配ですが、ギリギリまで力を尽くします。

今年はTVの取材とラジオ出演があります。
後日、日にちをアップいたします。


2016年4月28日(木曜日)

連休始まる。。。。。

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時29分42秒

先週劇場公開された「レヴェナント」、凄い映画です。
−20℃のロケ先に自然光撮り、レオ様はスタント無し、どうやって撮ったのかと思う場面の連続。
こんなタフな人間が居るだろうか?とも思うが、実話を基にした執念と赦しの物語で、あの監督とあの撮影監督、そしてレオ様、劇場で観るべき映画ですね。
坂本龍一の音楽も重厚で繊細でした。

今日から9日まで12連休、この間一度だけレッスンをすることになり、ちょと救われる。
毎年個展を前にしてゴールデンウィークなんて関係なく製作するのみなので、ワンクッションになります。

オリンピックのエンブレム、願いどうり藍色の組み市松模様が選ばれて嬉しい。
コンピューターで変化させると、2つのエンブレムは同じ数のピースで組まれているようです、素晴らしいデザインですね。


2016年3月27日(日曜日)

8の1

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時14分51秒

先週末から今週にかけてDMの校正が終わった。
毎回、作品の写真の撮り直しが生じる、腕が無い。
何でも一人でやるは根気の要る作業、だけど他人に頼むと何度もダメ出しができなくて、ストレスが溜まるのが現実だし・・

順調にbagを完成させているが、今日は朝から仕事に手を付けられない。
疲れが出ている・・・・

土曜のレッスンで文字通り「1歩進んで2歩下がる」状態の生徒さんが居られたが、教える方からは嬉しかった。
編んでいるカゴの途中が反っている、私は編み直しなさいとは言わなかったけど、10c位の高さまでのものを下まで解いて編み直された・・・生徒の鏡!
数回に亘って指摘しても直さない人もいる。
以前先生は完全主義者と揶揄されたこともあるが、これが私の教室のやり方。
急いで編む必要はないのだから趣味といえども少しでも上を目指せばいいのに、面倒なものは嫌だとか、特に編み直すのを嫌がる人は成長しない。
他人にものを教えるのは疲れる、しかも相手は大人だし、頑固な男性はもっと大変。

好い加減なところでレッスン仕事は止めたいと思ってしまう瞬間です。


2016年3月20日(日曜日)

6の4

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時55分24秒

レッスン休みが火曜日まで6日続く、、だから今日は4日目。
縫製仕事が捗るはずが、今回の個展は初めてのギャラリーなので、ロゴや地図をgetしに出かけたり、DM発注のための写真撮影とか・・・・
色々な雑事をこなす、何でも1人で決める・実行するは、人任せにできない性格だし、一人しか居ないのだから仕方ないけど、今回のギャラリー変更、日程変更を決める時は力尽きた。

来年に向けては、もっとショックなこともあり、昨日は頭がクラクラした。

嘆いても仕方ない、仕事するしかないのが現実。

そんな中、昨日は12〜3年ぶりに同級生と会って楽しい時間を過ごした。
何も変わらないけど、気分は少しだけ救われた、ありがたかった


2016年3月13日(日曜日)

波乱の1週間

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時44分39秒

急用での新幹線の中で、ぼーっと景色を見ながら「遠くに行きたい」と妄想していたけど、悲しいかな・・直ぐに現実に引き戻された。

今週は、2週間遅れでbagの持ち手と中裏合わせが済んで、縫製作業に入っていたのだが、、
週半ばに個展を予約したギャラリーの工事遅延で日程どうりに開催できなくなったとの知らせを受けた。
この漏電工事の影響で既に一度日程変更していたので、こうなるのを恐れていた。。
ギャラリー探しをせねばならないが、もともと広島には中心部で1偕、便利で分かり易いギャラリーが少ない中から、やっと今のギャラリーをgetできていたのに(オーナーの人柄も良くて、気持ち良く使えて・・・・)  今から探す??
すごく、堕ち込んだ。

連絡を受けた時に貸しギャラリーを紹介してくださったので、直ぐに見に行った・・・・
元は表装屋さんだった店で、1偕は理容院、2偕は貸しスペースになっていて、この日も奥で作業をされていた。

散々悩んだ挙句、ここに決めたが日程は勿論変更せざるを得なくなって、しかも1か月も前倒しになった。準備は間に合うのか?
(日程など、TOPページに記入いたしましたので、ご覧ください)

そして翌日には新聞社とカルチャーセンターに後援申請やレッスン日の変更などを願い出て、、

今回は一人で決めるのが辛くて、友人に背中を押してもらって、とても助かった。

試練の1週間でした。


2016年3月6日(日曜日)

遠くに行きたい

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時48分08秒

2月の最後の週にはbagの持ち手と中裏を決めて、ミシンや縫製の作業に進む予定が・・・まだ取り掛かれていない。
注文した持ち手や裏地が届くのが遅れている。。。

流通網がこんなに発達しているのに不況の成せる功罪というか、メーカーさんが在庫を極力抱えないようになって、発文品が直ぐに揃わない、どうやら小売り店〜中卸店は注文がきた段階で足りないものを製造元に発注して取り寄せる、、、そこで欠品があれば暫く出荷できない。
それで発注品をgetできず、未だ縫製作業に入れない。
だから末端の消費者の私は次回の発注が不安で多目に発注しなければならなくなり、
在庫がどんどん増える・・・・・有る時にgetする癖になり在庫がスゴい!

なんて図式なんでしょうか?!

こちらのレッドストックを回しましょうかってことになりそう。

こんなに時間がかかるのも珍しく、イライラが募る!!


2016年3月1日(火曜日)

アカデミー賞授賞式

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時41分46秒

今年も朝からLIVEでアカデミーショーを下手な同時通訳で。
黒人などのマイノリティーが賞から除外されていると出席をボイコットした有名監督も出て論議を巻き起こしましたが、今回の司会がクリス・ロックだったので、どう持っていくのか受賞者のコメントも このことをどう織り込むのかが注目でした。(MR.クリス・ロックはスタンドアップ・コメディアンで、黒人です

オープニングのトークはブラックユーモア炸裂、スレスレ。
昨年はwowow以外でも再放送していましたから、是非見ていただきたい!!

マッド・マックスが6部門も受賞して・・・・観たのはシリーズ1か2だけ、アル中でDVのメル・ギブソンの作品だけで、最近のマッドマックスは観たい作品ではないけど、監督・技術スタッフの力なのでしょうか。

私としては一番の注目、無冠の帝王・レオ様の受賞が何より嬉しくて・・・特にファンではないけど、子役だった「ギルバート ブレイク」を観て以来彼の演技力を評価していたので、思わずガッツポーズでした。初ノミネートから20数年、主演男優賞にノミネートされること5度目、、、 やっとgetしたのです〜
アカデミー協会はマイノリティーや女性に対する差別だけでなく、美男には高い壁を設けているように思えてならない、アカデミー協会のみならず、アメリカの社会も閉鎖的なのです。

環境問題への取り組みに力を入れている彼らしいスピ−チはマイノリーティーへの配慮も忘れず、、毎年受賞者のスピーチは話題になりますが、主なカテゴリーの受賞者がこのことに触れていて、社会に大きな影響を与える立場なのです。
日本とは意識の高さが違う〜それもショーを観る楽しみでもあります。

レオ様主演、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の「レヴェナント」は4月22日公開です。


2016年2月28日(日曜日)

今月は・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時41分44秒

あっという間の2月。
確定申告も終わり「伝統工芸展」にも行きました、さすがに品格の高い作品ばかりです。
この数年は招待状をいただいていますが、そうでなくてもチケットを買って見に行くに違いないけど、毎年寒い時期に足を運ぶ。
毎回美術館に行った時は図書室で美術書を見るのも愉しみの1つで2〜3時間居座るのはいつものことです。


2016年2月21日(日曜日)

孤軍奮闘

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時08分05秒

今週は1年分の帳簿を記入をしながら、今日は日曜日だけど朝からカンズメになりながら製作仕事。

幸運にも捗っているけど、最近は指だけでなく手の平が攣る。
手は酷使してきたので腱鞘炎には何度もなっているけど、大きな事にはなってない。
筋力の弱い中年以後の女性が罹りやすい関節炎や神経痛にはならなくて幸せ、そうなったとしても仕事をしないわけにはいかない、その覚悟が病気を遠ざけていると思う・・・と思いながら今日もbagを編んでいる。

 (現在進行中・・・・編んでいます)


来週内には30個余りのbagの持ち手と裏合わせをして、中裏作業に進みます。

持ち手と中裏を決める作業で、bagが死んだり・生きたりするので、一番の楽しみであり一番大変な作業です。
元気が要る、肉でも食べようかって感じ。

楽しみ!

 


2016年2月9日(火曜日)

苦難の長旅

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時27分17秒

今日は休みと決めたけど、家にいる限りは仕事をしてしまうので出かけることにして、美容院と映画に。
映画オタクとしては、夕方の客の少ない時間帯に観ると決めているのだが、、、、

内容より何より、最悪の席だった。
隣の20代後半の男性、上映中に5〜6回も携帯のメールを打っているのか?光が目に入る、座席指定の劇場だが席を移れば私が他人に迷惑を掛けるので、じっと我慢・・・・・集中できない。
こんなマナーの悪い奴は、エンディングも最後まで座っていないに違いないと思ったら、案の定、エンドロールの途中に席を立って出て行く。
こんなメジャーな映画の時は、マナーの悪い客が居るものだけど、最悪な展開に。

2時間を超える映画で主人公同様に苦難の長旅でした・・・・


2016年1月31日(日曜日)

猿の反省

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時13分31秒

正月にほとんどお酒も飲まなかったのは、年末の深酒の影響を消すためだったけど、この1か月、年明けとともに新年会が続き体調も良くない。
こういう時に限ってオフィシャルの会や断れない会が続く。

通ってる病院では虚弱体質と言われているけど、血液検査はいつもクリアで、まあまあ元気で好きな酒も飲めるのは、きちんとバランスのとれた食生活のお陰だと自負している。聞けば専業主婦でも惣菜を買って帰る世の中に、たった1人前を律儀に作る。
ところがこのところ飲み会が多いので、とたんにペースが乱れ、楽な方へ流れようとしている。
料理が面倒になるし、買い物に行っても一体何を作ろうとした買い物か??チグハグな食材を買っていたり、美味しいものが作れなくなってしまう。

健康と経済を考えれば外食は避けるべきで、10年前位までは、私が料理をして友人たちが集まっての食事&飲み会が頻繁だったのでレパートリもどんどん増えたけど、今はそんな意欲もないし、食卓も華やがない。
後で知ったけど、あの頃はよく他人に一升瓶やワインをぶら下げて帰る姿を目撃されていたらしい・・・・まるで徳利を持った狸!
だけど個展を毎年するようになって、どんどん忙しくなって家に人を呼ぶなんて、とてもできない。

日ごろは夕食後〜夜中2時くらいまでは仕事をする。勿論仕事をする日は晩酌はしない。
仕事後に録り溜めた映画をすこしだけ楽しんでから寝る、朝7:30には目覚めるけど出勤するわけではないので寝坊もOK、長年のこのペースが乱れると体調も崩れる。

明日から2月、仕事のペースも元に戻しましょう・・・

 


2016年1月28日(木曜日)

びっくりポン!

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時06分01秒

50年近くのお付き合いの洋裁材料が開催する手作りフェアの初回に(2年前)一度だけ参加したのですが、その手作りフェアは今も存続していて、そのメンバーでの新年会があり参加させていただきました。
ほとんどの方は趣味でやっているようで、意外にプロが少ない。

いまどきらしく、レンタルスペースで開催されました。
キッチンが付いたスペースで主催者が呼んだ料理人が料理を作り、その場所に参加者が来るというもの。

今後の為に知っておきたかったので後かたずけを手伝ってみたら、このレンタルルームのオーナーは厳しい人で、しかもチェックに来ている、キッチン部分やフロアは勿論、トイレ掃除までしないといけない、そこまで要求するのかという確認事項までもクリアしないと帰れない。

今まで個展で、5軒の貸ギャラリーを利用してきたけど、これには「びっくりポン!」でした。

 

 


2016年1月24日(日曜日)

抜け感

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時38分10秒

買い溜めをしようというほどの大寒波がきていると予報が出ているが、 広島では「全国男子駅伝」が開催されて、宮島付近では雪の中で〜先ほど我が社から見える駅前通りも通過して〜〜
愛知県が優勝、広島は2位でしたね・・・・毎年TVで何となく見ている。
特に興味はないけど、いいランナーは無駄のないキレイな走りをする。
斉藤悠基の走りはうっとりする。 どれだけの努力をしているのかと想像するけど、あの抜け感がいい!!
表情も変えず・・・・力を温存して。
あの走りが見られて満足。

 (ただ今、製作中)

先日「今夜は夕食後に仕事をしない」と決めて晩酌をした。

ふと気付いたら仕事をしていた・・・・・

習慣は恐ろしい!  

苦笑いするしかなかった。  


2016年1月21日(木曜日)

支配と服従

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時24分21秒

日本中を巻き込んだsmapの騒動は何とか落ち着いたけど、割り切れないものが残る。

ジャニーズ事務所は厳しくタレントを管理しているのは一般人でも知っているけど、売れなかったsmapをあそこまで大きな存在にしたマネージャーは、会社にとっての功労者に違いないと思うけど、完全に潰されてしまって気の毒。
この業界では生きていけない。

ハリウッドでは大きなエージエント会社はあるけど、日本のシステムとは違うと聞いていた。
俳優組合もあり、資格を満たせば怪我の時や労働時間などがしっかり保障されている。

タレントは個人事業主で日本のようなエージエント会社とマネジメント会社が一緒になったような事務所所属はなく、オーディションに受かれば、エージェントと個人契約を結んで出演や金額の契約をマネジメントしてもらい、マネージメント会社のマネージャーがスケジュール管理を行う。
大物になれば弁護士や会計士やアシスタントを自分で抱えているし、タレントが事務所の社長に頭を下げるなんてあり得ない。

日本の芸能プロダクションの体質にはチャンバラ映画に出てくる角兵衛獅子に売られた貧しい家の子供と親方の構図が見える。

事務所の力が強大になり、マスコミも事務所に遠慮した報道になっていると思えてならない。

アイドル達には早く自由な結婚もさせてあげたい〜〜


2016年1月17日(日曜日)

今週の1本 vol.3

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時29分03秒

今週はデヴィット・ドプキン監督の「ジャッジ  裁かれる判事」 2014 米作品 を観ました。

主演は、ロバート・ダウニー・ジュニアとロバート・デュバルで、理解しあえない親子が1つの事件を機に和解するストーリーです。
良い作品なのに短期間の劇場公開でしたから見逃していました。


主人公役のロバート・ダウニー・Jrは子役からデビューして、今やハリウッドで一番高額なギャラを貰う俳優になりました。

ですが彼の半生は紆余曲折以上の波乱そのもので、コカインや麻薬の常習者になって何度も捕まり、刑務所にも収監され俳優としての復帰はないと思っていました。
元々は彼の子供時代に映画監督である父親がマリファナを与えたことからジャンキー生活が始まったとのこと・・・どんな親なの!?
10数年前NHKで外国ドラマ「アリー・マイラブ」という番組を放映していて、彼は主人公の恋人ラリーを演じていましたが、その時にもコカイン所持で捕まり、リハビリ施設に入所という判決で番組降板となり、その後恋人が失踪という形で脚本を書き換えた有名な出来事がありました。
人気のドラマだったので、恋人失踪の傷が主人公のトラウマになってしまい・・・・と、上手く辻褄を合わせて商魂たくましくドラマは続きました、ご覧になっていた方も多いと思います・・・・・

今や「アイアンマン」や「アベンジャーズ」などのヒーローものをしているなんて想像もしてなかったけど、ハリウッドで帰り咲いた彼の演技歴は長く自然な演技がいいと思うけど、、あの生活に戻らないでと祈っています。

2人のロバートの共演作品は、オススメです。

ps:現在「アリー・マイラブ」の主人公アリー役のキャリスタ・フロックハートは、ほとんど俳優活動をしないで
    ハリソン・フォードのパートーナーとして公の場にも登場しています。


2016年1月11日(月曜日)

今週の1本 vol.2

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時38分57秒

昨年秋にwowowで録り溜めた映画の中から「今週の1本」を書いたけど、その後忙しくてほとんど映画を観られなかった。

最近の1本は、クリント・イーストウッド監督作品「アメリカン・スナイパー」で、横着をして劇場公開時に見逃した映画です。

深い傷を負った帰還兵が多くて様々な心の病を引き起こす、そして彼らを迎える家族の不幸も・・・・どんな理由にしろ戦争はしてはならない・・・・戦争の悲惨さ訴えた作品です。

アカデミー賞にもノミネートされた作品で、イラク戦線で敵を160名も狙撃した実在のネービーシールズ隊員 クリス・カイルの苦悩を描いた作品でしたが、彼はアメリカでは英雄になったけど、彼の心は誰にも救えなかった。

主演はブラッドリー・クーパーで、彼はピープル誌の「最もセクシーな男性」に選ばれる程だったのに、20K余り増量していて、「これ誰?」最初はちょっと引きました。
10週間で増量し、撮影終了後に短期間で減量に成功していたと聞きましたが、身体には悪そうだけどハリウッドの俳優のプロ根性は凄い・・・・無様に肥った演歌歌手や俳優に見習ってほしい。「ライザップでもなんでもやってよ」と言いたい!

そういえば、広島のローカルタレントの大松しんじ=大ちゃんのライザップは失敗したのだろうか・・・・?


2016年1月10日(日曜日)

今年も宜しく・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時34分48秒

アトリエ教室と新聞社の教室の希望者で、新年会を行いました。
ネットで話題の創作洋風中華のお店で。

                                           前菜9点盛り

アトリエ教室で一番長く通っていただいている生徒さんは今年で20年で、後の方は18年、17年、14年、13年と続きますが、厳しくて、愛想もない教室に長く通っていただいて感謝です。

毎回美味しいお店をセレクトしているつもりですが、今年も元生徒さんで飲み会だけ出席の方々が数人、快く出席してくださいました。

 


2016年1月4日(月曜日)

今年も

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時39分28秒

正月休みも終わって、、、、と言っても普通に生活していたけど、正月恒例「ウィーンフィルニューイヤーコンサート」には、11月にブログにも書いたエリザベート音大でコンサートをしたコンサートマスターのMr.シュトイデも勿論演奏していて、身近な感じで楽しめ、FM/NHKでは「東京JAZZ 2015」を聴き、年越しからずっと音楽三昧の正月を過ごした。

元旦から祝い膳として朝から飲める正月だけど、飲みたければいつでも飲める自由の身なので、敢えて飲みもせず普通に製作仕事をした。

今年もいい仕事をしたいと願うばかりです!!

明朝からレッスンが始まります。


2016年1月1日(金曜日)

元旦

カテゴリー: - 前田八重 @ 00時46分41秒

 

 

BSのクラッシクLIVEでシルヴィ・ギエムが踊るM・ベジャール振付の「ボレロ」を観ながら・・・TV画面隅に出るカウントダウンを横目に捉えながら新年を迎えました。
引退を表明した彼女の最後の舞台でしたが、素敵でした。
60歳とは思えない身体能力の高さ、特に手足が長くて演技が栄えて美しい、さすがです。

  こちらは、後10年は頑張る所存。

 


2015年12月27日(日曜日)

All star cast

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時52分31秒

今年も大変お世話になった、一番大切な道具たちです。

長い年月に使い勝手のいい物をいろいろなところから調達した結果の道具たちですが、来年も大切に使っていきます。

時々レッスン中に生徒さんにお貸しするのですが、それを間違って持って帰られることがあり、仕事がスムースに捗らなくなります、
それ以前に仕事する意欲を削がれてしまいます、使い慣れた道具とはそういうものです。
「弘法筆を選ばず」は??で、良い筆が無いといい仕事はできません。

なぜ間違って持って帰るのか・・・・単にそそっかしいのか? 帰りを急ぐのか? そんなにここから早く立ち去りたいのだろうか?
 


2015年12月22日(火曜日)

冬の陣終わる

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時09分54秒

昨晩の呉教室で、やっと冬の陣が終わった。
今年はギリギリまで終わらなくてイライラが募ったけど、レッスンも後2回で今年のレッスンは終了。

 

これで肩凝りになりながら年賀状を書ける、だけど昔に比べれば枚数は削っているし、手書きにこだわっているけど毛筆でなくボールペン書きなんで大きなことは言えない。


2015年12月21日(月曜日)

大人の塗り絵

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時08分50秒

年賀状を未だ書いていない。

もう自分で作ってプリントする行為が面倒なんで印刷屋さんに頼もうかと思ったけど、使わない部分の脳細胞が灰色になっているのを、たまには起こさなければならないと、、、デスクトップPCで作り、さあプリントしようとしたら久々だから更新プログラムが溜まっていたからか? PCの機嫌が悪い、作り換えようかと思ったがノート型のPCの画像編集ソフトは慣れてないので仕方なく、ストレスを溜めながら待つことに。

待つ間に、最近話題の本があったのを思い出した。

先日M女史からいただいた「大人の塗り絵」 ストレス解消や心と体が元気になると謳い文句の塗り絵を試してみた。
楽しくて没頭したら、リラックスし、呼吸も深くなって自律神経が整うかも・・・・・・・
だけど、私は楽しくなかった。

筋トレ・脳トレとか認知予防のものが流行って、老人の寿命が長くなるのは、どうなの?
健康寿命が長いのはいいけどね。。。。。

矛盾した面倒な世の中になっている。


2015年12月12日(土曜日)

忙中映画あり

カテゴリー: - 前田八重 @ 00時57分01秒

冬の陣で大忙しだけど、ちょっとサボッて先週末封切りの映画、「007 スペクター」に。

今回で、ダニエル・クレイグの主演は最後かと言われていて、ヒュー・ジャックマンのボンド役が観られるのか?だけど、、
毎回のお楽しみオープニングのタイトルバックの映像はイマイチだったのから始まり、内容も前回の「スカイホール」には劣っていた。

主題歌は話題のゲイをカミング・アウトしたイギリスのサム・スミス、スーツはトム・フォードのデザインだし、アクションシーンは迫力あったけど・・・・・
脚本が良くないのか、迫力ある役者も居らず、とにかく残念な作品でした。
世界各地で撮影して製作費もかさんでいるのに、元が取れるのか? サム・メンデス監督・・・・
劇場の興行成績は伸びそうにないな〜

 


2015年12月11日(金曜日)

美は細部に宿る

カテゴリー: - 前田八重 @ 23時20分10秒

この2つの灯り、平和大通りのイルミネーションとバカラのシャンデリア、同じ時期に対照的。。。。

平和大通りは毎年同じようなイルミネーション、はっきり言ってダサイものもあり、せめて色数を少なくするか統一してほしいが、広島市だけでなく各企業協賛でやっているので、そうもいかない事情はわかる、、、
だけど「今年も、これでいいか!」 って感じが随所に見え見え!  
毎年少しずつでも向上させてほしい!


一方、右の写真は19世紀にロシア皇帝ニコライ2世がバカラに造らせたスタンド風のシャンデリア。
この細かい手つくりの美しさは素晴らしい、美へのこだわりが人を惹きつける。
さすが、、、ブランド中のブランドの歴史がここに集約されていて、思わず魅入ってしまった。

バカラとイルミネーションを比べるのは酷なのはよく分かっているが、心構えの問題を論じている。

このバカラはいつまで展示してあるのかは??だけど、是非ご覧になってほしい名品です。
広島sogo本館から新館に続く入口の1Fに展示されています。


2015年12月6日(日曜日)

ピアノの貴公子

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時06分24秒

ショパン国際コンクールで10位以内になったラトビア出身のゲオルギス・オーソキンスのピアノリサイタルが、リーガロイヤルホテル広島 1Fのチャペルで行われました。
若いけど、ショパンコンクールに出場するほどのピアニストなので、素晴らしいのは当たり前でしょうが、丁度私の席からは彼の長く美しい指が見えました、気の毒だったのはピアノが結婚式の入場曲を演奏する小さなピアノだったのです、しかも彼の膝がピアノに当ってしまうほど・・・・
だけど、感動の演奏でした。

アンコールは5曲、主催者の指示なのでしょうが、やり過ぎです。
何の世界も売れるまでは厳しい道のりで、それを気丈夫に乗り切らなければなりません。



余談ですが若くてハンサムなので、それもセールスポイントになります、彼が活躍するのを楽しみにしていましょう。


2015年12月2日(水曜日)

クリムトのアデーレ

カテゴリー: - 前田八重 @ 23時11分29秒

久々の映画、サイモン・カーティス監督、ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ主演の「黄金のアデーレ  名画の帰還」。
昔から大好きな画家 グスタフ・クリムトが描いた絵画に関する映画なので観ないわけにはいかなくて、息抜きの1本に選んだ。



この絵画はクリムトの絵画の中ではかなり有名なもので、この絵画のモデル アデーレ・ブロッホ・バウアーはクリムトの愛人という説もあった、彼女の姪がこの映画の主人公です。
この肖像画は第二次大戦でナチスに略奪された後にオーストリアの至宝とされていたので、返還は困難を極め、
駆け出しの弁護士と82歳だった主人公が数年を掛けて裁判で返還を勝ち取った実話の映画です。

2006年にエスティー・ローダー子息に156億円で落札され、現在はニューヨークのノイエ・ギャラリーに展示されていて、その時は大きく報道された。

戦争での傷ついた経験を持つ主人公の毅然とした姿勢と弁護士の執念が描かれいるが、その弁護士が作曲家 シェーンベルクの孫であったとは。。。。

戦争のもたらす悲惨さを忘れてはいけない。


2015年11月29日(日曜日)

冬の陣

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時32分32秒

難航していた来年の個展用新作の見本作品が大体終わった。

ちょっと一息入れて、冬の陣をこなしながら、作品展開を図ろうと思っています。


奇しくも今日は母の祥月命日。
毎年この頃は冬の陣で大忙し、17年前の今頃は母が実家を永く訪ねない私のことを心配していたのを思い出す。
若い頃から親不孝ばかりだったなと、今更反省しても間に合わないけど、、
親不孝者は何とか元気で孤軍奮闘の毎日を送っていますと、神妙に手を合わせた。

 


2015年11月22日(日曜日)

天を突く

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時17分50秒

広島駅前の建設中、52階建ての シティータワー広島。
マンション・ホテル・店舗の超高層複合ビル。


どんどん空に向かって伸びていて来年の8月完成らしい。 

近辺を通る時は必ずこのビルを見上げながら、同じことを考えている。
高いところは苦手ではないけど、この高さだとどうだろうか?
きっと恐怖!!

駅周辺は今から大きく変わっていくだろうが、、

私は相変わらず、ものをつくり続ける生活をしているのだろう。


2015年11月10日(火曜日)

静謐な時間

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時19分15秒

昨夜は、ウイーンフィルのコンサートマスターの Mr.フォルクハルト・シュトイデのコンサートに。

彼のことは知らなかったけど、友人からウイーンフィルのコンマスのコンサートと聞き出かけましたが、さすがに素晴らしかった。
楽器は1718製のストラディバリウス、名手が弾いているいるのもあるけど音が違うのです。

昨夜の彼のコンサートは音楽大学の小ホールでピアノとの演奏で、今夜の広饗での定期コンサートではコンマスを務めます。
友人は今夜のコンサートにも行くと言っていましたが、羨ましい!


これで、10月から予定がいっぱいだったのを全て済ませたので、製作仕事に戻ります。 

最後が幸せな時間で良かった。  

灰色の脳細胞が洗われた感じ。


2015年11月4日(水曜日)

金魚鉢の中

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時36分11秒

地元放送局 RCCの生放送のラジオ番組「おひるーなー」にゲスト出演しました。
「籐・かずらの魅力」についての内容で15分ほど。

オカマ声なんでラジオは嫌だと思った、だからといってテレビ映りがいいわけでもないけど・・・・

いつもラジオを聞いていて思うのは、ラジオはTVより人間性やその時の精神状態が出ると思っているので尻込みしたのが一因だったけど、デパートで初めて個展をした時にTVのワイドショーで取材に来ていただいたプロデューサーでしたから、ちょっとハードルが低くなったので引き受けたものの、初めてのことはプレッシャーです。
12月からAM波からFM波に変わるためか新しいスタジオで、、
TVドラマで見たことのあるガラス張りのスタジオで、スタジオ外には2〜3名の社員さんが居られるだけだけど、、リスナーにはすっかり心まで透かして見られている感がしてならなかった。

もっと言いたかったこともあったような気もするし、話の内容が伝わったかどうかはわからないけど、とにかく終わってほっとしているところです。

今週も予定はいっぱいだけど、1つ1つ済ませていくしかない。


2015年10月31日(土曜日)

M的生活

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時13分01秒

来年用の新作数点の試作品に振り回されている、この数週間。
趣味の映画さえ観られない程疲れていて、夢に見るのは仕事の夢で・・・
明日から11月、冬の陣ももうすぐ、余裕が無い事態ではあるのも事実ではあるけど、

今日は第5土曜日でレッスンはないので、かなりリラックスして捗った。

神でも降りてきたのか?と、思いたい。

京橋川の左岸でLEDの試験ライトアップを明日まで行っているが、
もう少しキレイにならないのか?  
美の基準が低い!  


2015年10月25日(日曜日)

いにしえの・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時50分23秒

今日は雲一つない秋晴れでしたが、先日アレルギー呼吸科の先生の指摘されたとうりPM2.5が飛んでいるのか?
部屋の模様替えをしているからハウスダストのせいなのか? クシャミが続く、
元々私は秋の雑草がアレルギー源なので、クシャミが出るのは当たり前のシーズンではありますが。。

先日書いたように指の指紋が削れて仕事をすると痛いので、製作仕事を避けてゴソゴソ模様替えをやっています。

模様替えをしたら、捨てるものが出てきて・・・20代で着ていた大好きだったブランド物のスーツを1着未練たらしく置いていたのとか、今回は捨てよう。
体重は変わってないから着られるけど、、着られない。

その他、自分で縫ったワンピースや、ブティックの企画室に居た頃に自分でデザイン・製図したものを工場で縫ってもらったスーツなど、
それらを見ながら昔を思い出したり・・・・・ちょっと楽しんでいます。

必ずしも良い想い出ばかりでもないけど、ここまであっという間だった気もする。


2015年10月22日(木曜日)

指紋認証

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時38分28秒

籐の皮の細かい模様ばかりを編んでいると、指紋や爪も削れ薬指と小指以外は爪切りやヤスリなど必要ない、爪は伸びる暇がない。
指紋が削れてツルツルになっている時は痛い時もあるが、食器を洗っている時などは特に器が滑って壊れることが多くなる。
どれだけ壊したことか〜

 籐の皮

そんな状態なので、スマホのロックを指紋認証で解除できなくなってしまい便利が悪い。
読み取れないくらいに指紋が薄くなっているってこと、、、
科学の力にも限界がある。

 

指紋認証と言えば、不実な男性に評判が悪いのを御存じ?
就寝中の夫の指をスマホにかざせばロックが解除されるので、妻は夫の行動をチェックできる。
笑ってしまうけど、色々な使い方があるものです。


2015年10月18日(日曜日)

END考

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時27分51秒

昨年は本と服を整理して、今年は押し入れでスペースをとっている布団と座布団、いただき物の気に入らない食器やら寝具類、
そして衣装箱や整理ダンスのほとんどを占めていた着物を整理している。

 絞り柄の お揃いの布団と座布団

命の期限を言い渡された訳でもないけど、元気なうちに身辺を少しでも整理しておきたい、先で誰かに迷惑をかけるのは仕方ないにしても、それを最低限にと思っている。

特に着物は親が作ってくれた物と両親の着物のうち状態の良いものが取ってあった、特に母は一時期着物生活していたから数も多い。
いつか洋服にできそうな柄のものでブラウスでも作ろうかと思っていたが、忙しくてそんなことはできないまま何十年も過ぎってしまった。
それに親の想い入れや想い出もあるので、なかなか処分することに踏み切れなかったのだけど、
姪と知り合いの方に各々お気に入りを差し上げ、残りをリサイクル業者に全て持ち帰ってもらった。
二束三文とは聞いていたが、気を失いそうな買い取り価格。

親には「ごめんなさい」だけど、押し入れと整理タンスには余白が生まれた。

荷物を増やさないで、どんどん身軽な生活を志す、私くらいの年齢になるとENDを考えて生きるのが基本だけど、まだまだ先は長い。
長生きは望んでないくせに、神経質に自分の身体を管理しているほうなんで、体力は無いが細々命を繋いで長生きしそうなのは自分が一番解っている。

溜息が出てしまう!


2015年10月14日(水曜日)

たら・れば

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時45分04秒

数年前に自分でも教室を担当している新聞社のカルチャーセンター教室のとある教室へ生徒として短期のコースではあったが通った、その前はヨガ教室にも1年くらい通ったことがある。
そして今も、ある分野の講座を受けている。

ここで感じるのは生徒さんが先生の言うことを聞いていない、私が教える立場だから厳しく傍観しているのもあるが、我が教室でも今行った説明を数回繰り返さなければならない時がある。
なにか他のことを考えているのか?・・・・・

速い習得や進歩の裏にあるのは、よく聞く、これが基本。
器用・不器用の前にそれがある。
だけど、器用だから上達が速いという訳ではない。
その後、テクニックが足りなくて何回も失敗するのはOKなのです。
第一そんなにハイテクニックなことは要求してない。


学生時代にも注意深く先生の説明を聞いていれば、、、、「たら・れば」を言っても仕方ないけど、

今更のように反省と共に考えている。。

 


2015年9月29日(火曜日)

ラテンの乗り

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時54分38秒

前回書いたwowowでアメリカで劇場公開している映画の情報番組を見たら、「トーク・トゥ・ハー」の監督ペドロ・アルモドバルがプロデューサーの映画「人生スイッチ」が好評と知り・・・現在、広島でも劇場公開中。


P・アルモドバルは大好きな監督ですが、今回はどうしてか? この乗りについていけず、
私としてはちょっと疲れた。


2015年9月27日(日曜日)

今週の1本 vol.1

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時57分00秒

映画オタクなので1991年にBSアンテナを設置し、その翌年からWOWOWと契約して映画や演劇やLIVE、たまにはスポーツ番組を楽しんでいる。
wowow開局当初は宝塚のステージが多かったが、最近ではwowow独自のドラマの出来が良くて地上波の民間局は、もっと頑張ってほしい。
そして最近は製作費の高いハリウッド映画のクオリティが下がり、製作費は低いがインディーズ系が幅を利かせ、韓国のドラマと映画の視聴も増えているものと思われ放映本数が多い。

それでブルーレイに映画が溜まっているので週に数本の映画を観ているが、その中の面白かった映画を書いてみようかと。。。。

今回は2013年の韓国映画で、チョ・ウィソク、キム・ビョンソ監督の「監視者たち」、キャストはソル・ギョング、ハン・ヒョジュ、チョン・ウソン。警察内の特別チームが犯人を追うストーリー。
悪役のチョン・ウソンの合理的な犯罪の進め方と、韓国警察の監視カメラの指令を受け数人で行う尾行を使ったスピーディーなテンポに引き込まれた面白い映画でした。韓国映画は元気が漲っている。

映画は原語版でしか観ないので、「ながら鑑賞」はできないから睡眠時間を削っているけど、それでも好きなことには時間を割けるものです。

この映画は香港映画の「天使の眼、野獣の街」のリメイク映画らしいけど、中国映画は観ないので比べることはできなくて残念・・・・


2015年9月13日(日曜日)

今週は・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時43分47秒

もう5年も経ったのかと思うが、今回の国勢調査はネットで終了、私は前回と何も変わっていない。
FBを見ていたら、この利用案内を捨ててしまった人がいたけど、留守が多い人間にはネットでできるのは助かる、私の世代では手書きの人のほうが多いのだろうか?、PCを始めて16年経つができないことはできないままできていて・・・

数日前からハワイの叔母にTELが繋がらずアタフタしたのだが、今年の春に電話会社を変更したから、自ずとかけ方が変わっただけなのに・・・・単純ミスだけど身についていないからに違いない、テクノロジーが進むのはいいことだけど、何にしても年毎についていくのも大変。


2015年9月12日(土曜日)

Good job!

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時30分39秒

昨夜のTBS「Aスタジオ」でゲストの宮沢りえが着ていたのが左側のドレス。
斬新なデザイン。
分量の具合が特に秀逸。

VALENTINOのデザインで、プライスは¥565.000 さすがのお値段!!

 

ps:このモデルより宮沢りえのほうが、余程着こなしが巧かった、女優は変幻自在。


2015年9月3日(木曜日)

Get joy!

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時54分17秒

フランク・シナトラの「ニューヨーク・ニューヨーク」が流れる会場でスタイリッシュなスナップが楽しめます。

15日まで広島SOGOで開催の「ニューヨークマダムのスナップ展」、歳をとってもこんなにキレイに生きられれば楽しいかも。。。。

老齢男性は自分で着るものも選べないくらい感性が無い人が多いのですが、日本でも女性はいつまでもキレイで楽しく生きようとする人が増えていて、そういう方々の街角でのスナップを特集した雑誌も出ています。
ですがNYでは更に大胆なファッションを楽しまれていて、歳をとっても自分の努力次第で楽しめると思わせてくれます。
女性には是非観ていただきたい展示です。

☆  アトリエには招待券が沢山用意してありますので、ご希望の方はご遠慮なく。。。


2015年9月1日(火曜日)

夏の終わりに

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時19分50秒

猛暑の夏から一気に涼しい9月、余りに涼しい日々で気が抜けてしまい、
夏の疲れが出て〜〜倒れそう。

元気を出すために・・・・・肉好きの私としては、やっぱり肉でしょう!
肌にも、頭髪にも、たんぱく質が大切。

 

国産のタン、大好き。
噛めば噛むほど味が出る。

元気出しましょう!!


2015年8月23日(日曜日)

This is ものつくり

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時22分46秒

ものを完成させるためにどのテクニックを使うかは、自分の今までの経験則の中で、
一番最適で美しく仕上がるテクニックを選んでいるが、
35年を超える経験年数をしても未だに気に入らなくて何度もやり直す時もある。

テクニックにしてもデザインにしても、自分の美学を信じてするしかないのだが、
こんな不確かなものもないなと最近つくづく思う。

よくもよくも永きに亘って頑張ったものだと思うが、まだまだ続く。

いつまでも、楽しめる仕事をしていきたいなと思うけど、たまには追い詰められた感じを味わいながら、
悩んで悩んで、
これを乗り越えれば、また一つの達成感を味わう。

こうして未だに迷ったり悩んだり・・・・なさけない私です〜

 

 

 

 

 

 

 

 


 


2015年8月22日(土曜日)

ビールスタンド重富

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時52分06秒

 酒樽がテ−ブルスタンド

なかなか行けなかった銀山町の重富酒店のオーナーが17時〜19時の間だけOPENしているビールスタンドへ・・・

キリットタイプやマイルドタイプの4種類のうち2杯だけ飲めるシステムですが、久々に美味しいビールを味わいました。
同じビールが注ぎ方で大きく味が違う。

一度行ってみる価値あり!

 

 


2015年8月7日(金曜日)

8.6に

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時55分30秒

数年ぶりに8.6に平和公園の慰霊碑にお参りをしました。

  灯篭流し

私は両親共に被爆者の被爆2世で、70年前の原爆で祖父、叔母、姉や沢山の身内を失っていて、その時4歳で被爆した兄を30年前に癌で、被爆はしていないけど被爆2世の姉も癌で15年位前に亡くしています。
原爆と癌の因果関係については、明らかではありませんが、アメリカの核実験場だったネバタなどでも、癌の罹患率は高いと報告されていますし、未だに原爆症で苦しんでいる方も多いようです。

戦争の悲惨さが風化しないように伝えるボランティアをしている同級生のことが先日の新聞に載っていて、彼女には頭が下がる想いですが、若い頃と違い歳とともに慰霊の気持ちや胸に迫るものが大きくなるばかりです。


2015年8月2日(日曜日)

バッグのビフォーアフター

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時27分41秒

10年前に買っていただいたbag(左側)が、お直しに帰ってきました。
本体は何のトラブルもないが皮革のフタやベルトが傷んでいたので、皮革部分を全て取り去って大きなリボン使いの右のbagに化粧直しいたしました。
       

大切に使っていただいていたのは直ぐわかりましたが、籐の皮で編んだ部分は何の傷みも無くて、自分の仕事を少し誇らしく思いました。
皮革の大振りなリボンを表情を出してまとめて、皮ベルトを縫って・・・・・ちょっと手間のかかる仕事になりましたが・・・・ 
これで又10年は使っていただける。

次のbagを買ってもらった方がいいという考え方もあると思いますが、丹精したものは直してでも使っていただきたいのが私のポリシーだし、持ち主の方の想い入れや持ちやすい大きさとかありますから、、、
嬉しい仕事をさせていただきました。

 

 


2015年7月26日(日曜日)

マイ ブーム

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時08分55秒

 ←ミネラルスクラブ

最近、ミネラルたっぷりでデトックス効果の高いスクラブで身体や頭皮をマッサージすることにハマっています。

マッサージ後は肌がツヤツヤになり、いい香りで幸せ気分ですが、どちらかというと身体より頭皮のマッサージを念入りに行っています。
ヘアダイ液やパーマ液で頭皮の毛穴は詰まりやすいので、顔のUPも兼ねて頑張ってマッサージを、
人間は一枚皮でできているので、顔だけ手入れしても仕方ないですから。。。
何度か美容院でヘッドマッサージをしてもらいましたが、時間と料金を考えれば我が家のお風呂でOKなのです。

努力は人を裏切らないと信じているので、頑張っているところですが、私の場合「良いもの」は人に伝えたくて仕方ないので厄介。

余りに熱心に話すので、たまに余程私にメリットがあるのでないかとか・・・・要らぬ誤解を生む場合もあったり、、、
ものつくり同様、探究心が強いのが・・・・厄介な習性です。

 


2015年7月19日(日曜日)

ビールの美味しい季節?

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時34分29秒

お騒がせの台風も行き、暑い夏になるような気配。
身体の厚みのないヤセの私には、とても辛い季節に突入、食欲がどんと下がるのが心配。

ビールの美味しい季節になるが、永らくビールは冷蔵庫に鎮座したままで、他のお酒も減らない。
晩酌をしないと5〜10分で夕食が終わってしまうのがイヤで、ちょっと飲むかって感じで飲んでいたけど、、
酒好きの人間は酒をやめられないと思っていたのに、最近の感じでは意外にも、そうでもなさそう。

健康診断ではいつも問題はないけれど、飲まない翌朝は清々しいのは確か。

特に外飲みの翌日は、脳細胞が灰色になっている。


 

 


2015年7月10日(金曜日)

久々

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時28分32秒

ドイツ在住の元生徒さん、代田さんが帰国されました。

短い期間の里帰りでお忙しい身なのに、少しの時間だったけどお会いできました。

懐かしいメンバー皆さんで食事会でも、、、次回こそ!


2015年7月5日(日曜日)

職業病

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時27分21秒

1か月前位から時々だけど左後頭部の中の方にシビレ感があり、どうも心地悪くて。。。

やっと先日、脳神経科の診察を受けた。

脳内は異常なし、頸椎も若いがっしりした骨で問題ナシと言われ、
頭の中の問題ではないことで、ちょっと安心。

結果、首が長いので肩の凝るタイプだと、もみほぐす・温めるくらいしかないとの診断。
それに、なで肩だから特に肩が凝る・・・・・

仕事は細かい作業ばかり、肩が凝るのは避けられない。
参ったな!
カラスの行水はやめて、湯ぶねで温まり、ストレッチするのか?

要は職業病の肩こりと腰痛とは,宥め好かし付き合うしかないってことですね。

やれやれ。。。。。。


2015年6月28日(日曜日)

夏の陣終了

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時23分11秒

かなり前にできあがっていた作品を先程お客様にお渡ししたので、、、これで今年の個展の注文品は全て済みました。

夏の陣が無事終了、私の中では夏は終わった感じ。

 最後の作品

今月半ばからは、2016向けの作品に取り掛かっていますが、後2日したら7月、今年も後半に入ります。
1年が早い!

休みを取りたいところだけど、旅行でも行かない限り家に居たら仕事をしてしまう自分のM気質には困ったものです。

 


2015年6月21日(日曜日)

良い風

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時37分42秒

 お気に入りの散歩道

木漏れ日の散歩道から買い物に行く途中の地下のスペースで、広饗のチャリティーコンサートのリハーサルをしていて立ち止まって聴いた。
本番まで待てなかったが「音楽」という字は音を楽しむと書く、、、、

本当にそうだなと思いながら良い風が吹いた感じがした。


いつも心柔らかく穏やかでいたいものだが、気の短い私はそうもいかないことが多い。

 


2015年6月20日(土曜日)

乾杯!

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時35分36秒

個展終了から1か月、注文品の製作が終わったので小休止。

どの写真を見てもVサインで映っている人がいる、私は一度もVサインなんかで写真を撮ったことはない。
軽薄に思えて嫌なのですが、要は私の勝手な思い込み・・・

私流は乾杯で、今回は樽入りアイリッシュウイスキーで。。。

個展の結果を総集計したら、昨年をUPした結果でした。

皆様に感謝です。


2015年6月8日(月曜日)

初夏の恵み

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時07分14秒

今年も、お山の巨匠から天然鮎の差し入れ。

6月1日から鮎漁は解禁になりましたが、今年も小さいとのこと。

岩手県の廣田酒造の「廣㐂」と共に。

 


2015年5月31日(日曜日)

八重・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時58分14秒

個展から帰ったパッキンを更に整理・・・・

早く注文品を完成しないといけないのですが、未だ疲れも残っている。

 

 八重のドクダミ草

3年前の個展でかずらのカゴと会場を飾った珍しい八重のドクダミ草、山野草が趣味の方からいただいたのですが、ほとんど枯れかかっていたのを土に差したのが根付いて、ベランダで毎年咲くようになりました。 漢方薬になったり、強い花ですね。

白い花が好きですから、ベランダに座りこんでは見ています、かわいい花です。

こちらの八重は頑張って咲いているのに、八重もしっかりせんかって!!

 


2015年5月30日(土曜日)

Ryu Goto 2015

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時44分10秒

半年前にチケットを手に入れたコンサート、「五島龍 ヴァイオリン コンサート」 に、
演奏テクニックのみならず、、演奏している姿も無駄がなく美しい。
世界で活躍している演奏家は、さすがです。

ヴァイオリンは、1722年製のストラリヴァリウス「ジュピター」だとか・・・・

美しい演奏が頭の中で。。。。


2015年5月29日(金曜日)

心の休養

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時27分08秒

個展終了から1週間、まだまだ疲れています。

先日とある教室で、個展前の私のブログに書かれていたデニムを中裏にしたバッグを見たかったのに無かったと・・・・
デニム裏のバッグは5〜6点あったのですが、初日に売れてしまっていて・・・・・残念ながらご覧になれなかった方が多かったようです。

デニム裏に目新しさを感じられたお客様が多かったのかと、、、、
又、来年はもっと目新しいものを、つくりましょう!

昨晩は「ピアソラ タンゴ ライヴ」に。

大好きなピアソラ・・・・選曲は期待していたものとは違いましたが、LIVEには満足。


2015年5月21日(木曜日)

個展終了

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時09分56秒

        2015 original

どんより疲れています、アリナミンも限度がありますから、、、、

今年facebookに投稿した個展会場の写真が余りに酷かった。
本当は初めての年から感じてはいたのだが、前年までの「て?? ギャラリー」の半分くらいの賃料で、画廊の方々が感じ良くて親切、だから少しは我慢しようと考え見て見ぬふりというか触れないようにしていたが、写真に撮ると一目瞭然だった。
ヨコタ画廊の展示台は脚がスチールの会議机しかないので、中央に置く展示台1台とスチール展示台を覆う布をレンタルしているが暗い色の布しかないので重苦しい。
来年は明るい色の布を買い、展示台の配置も変えなければと考えている。

疲れているけど、もう来年のことを考えているなんて、Mの権化だと自分でも笑える。


2015年5月15日(金曜日)

個展開催中

カテゴリー: - 前田八重 @ 21時22分01秒

個展2日目が終わりました。

初日は雨と雷の中を沢山の方々にご来廊いただき、昼食も獲れない程の予想外の良い結果になりました。

1年に1度しかお会いできない方も多いし、新しい出会いもあるのですから、とても楽しみな6日間です。

無事に良い成果も挙げられるように努めたいと思っています。


2015年5月7日(木曜日)

個展まで1週間

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時18分57秒

後1週間で16回目の個展が始まります。

今年のメインは花結びのバッグですが、カラーが豊富になったバッグと流行のデニムの中裏とのコンビネーションも見ていただきたいと思います。
いままでとは少し違ったイメージを持つバッグになりました。

インテリアものはオリジナルの花かごを是非ご覧いただきたいです。

荷造りは殆ど終わって初日を待つばかりですので、少しゆっくりしたいと思っています。


2015年5月5日(火曜日)

滝を登れ!

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時46分16秒

こいのぼりの季節なのに広島カープの不甲斐ない状況に、興味ない私でも悲しくなります。
応援の気持ちを込めて、こいのぼりをUPしました。

今日は祭日なのに新聞社のカルチャー教室は開講日でした。
連休中に開講というのは新聞社側が利用者の便宜など全く考えていないとしか思えない行為で、
今年から変わった運営方法は如何なものかと。。。。。


2015年5月3日(日曜日)

ゴールデンウィークの妄想

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時44分22秒

このところのいい天気で空を見上げると飛行機雲・・・・
いいな、「どこか遠くに行きたい」 と、個展前には必ずこう思ってしまいます。

製作活動も限がないので今年分は終わりにして、ゴールデンウイークは作品をダンボールに詰める作業で終始すると思われます。
今年は少な目の数量を意図したつもりなのに、今年も例年と同じくらいの数量になってしまいました。

後は台帳作りと印刷物やディスプレイ用品、包装用品などを用意いたします。
着々と個展の準備が進んでいます。


願わくば家事をしてくれる物言わぬ婆やとか爺や、、、イイ男の執事は居ないものかと、妄想は膨らむ!

 


2015年4月28日(火曜日)

This is it!

カテゴリー: - 前田八重 @ 20時16分08秒

数年前に毎度肩こりと疲れ満載の私に友人が差し入れにくれたビタミン剤です。
これだけでなく、貼る湿布剤や筋肉緩和スプレーや貼る磁気治療器とか考えられる全てのものを・・・・・持参してくれた。

勿体ぶりもせず、ぶっきらぼうに渡されたけど、心遣いが嬉しくて忘れられないプレゼントになった。

それを見習って、今年もあと2週間で個展、何とか乗り切る一番端的に効く薬。

自分で買ってきました。

これです!!

後は1年間の想いと気概で、乗り切る所存。。


2015年4月26日(日曜日)

経験年数

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時25分57秒

昨日の中国新聞「くらし」面に数か月前から数度の取材を受けていた新聞社のカルチャー教室が紹介されました。

以前このブログでも書いた内容です。

ニュースや取材記事には人名の下に( )何歳かが必ず書かれる、犯罪人なら仕方ないが、なぜ歳を書かねばならないのか?
以前個展の取材の何度かは年齢を載せないように交渉をして聞き入れていただきましたが、今回は講師と生徒さんが同世代ということも内容から是非必要と言われて渋々了承したのですが、仕事に年齢は関係ないし、年齢で1人の人間を決めつけられるのも迷惑。
その仕事に就いての経験年数なら納得できるが・・・・敢えて年齢を知らせる必要もないと思う。


そんなこともあり、今朝facebookでこの記事のもう1つの教室の先生が写真をUPされているのを見て、自分のブログには書き込んでおくかと・・・・・・

納得していません。。。。経験年数なら37年で、中国新聞文化センターの講師になって30年を超えました。


2015年4月23日(木曜日)

不得意な技

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時41分02秒

インテリアものが済み、DMの発送が全て終わりほっとしていますが、未だ未だ製作は終わっていません。

これから直前までは細かい雑事が重なり外出が増えるために、細切れ時間に適しているアクセサリー製作を始めます。

細かい手のかかる仕事をしているから小さなものを作るのが得意と思われてるけど、
答えはNOなのでアクセサリーのような細かい仕事は特に疲れます。

 


2015年4月16日(木曜日)

仮面と素顔と静謐

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時52分51秒

映画「バベル」のアレハンドロ・G・イニャリトウ監督のアカデミー最優秀作品賞受賞、その他監督・主演男優・女優など9部門ノミネートされた作品「バードマン」。
現在劇場で上映中。

圧倒的な映像と音楽で主人公の仮面と素顔の対比をラテン的な賑やかさとブラツクユーモアで描いた作品で、
最初こそクラシック音楽だけど、その後はベースにずっとドラムソロが流れる独特な描き方に疲れた翌日、

写実画家「礒江毅展」に出かけたが、静謐とはこういうことだと思うくらいの静けさと穏やかさを味わった。





2015年4月12日(日曜日)

花結びのbag

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時48分03秒

1週間が速い。
ちょっと疲れが出て胃にトラブル、、宥めたり好かしたりしながらこの歳まできたが、胃は家系的に弱い。

今年のDMを配り始めたが、一番の人気はこの黒いbag、皆さんお目が高い。
花結びのbag。
このテクニックで創るということは通常のbagの3〜4倍の時間と手間がかかるので、もう1つ黒緑のセカンドバッグを創っただけでヘトヘトでした。

花結びは1個だけでイヤリングにしたり、数個繋げてブローチにするくらいで、このbagは前から挑戦したかったけど時間の関係でなかなか実現しなかっただけに、作者としても想い入れの強い手間のかかる子供でした。

作品は自分の子供と思っているので、大切にしていただける方に嫁いで行くことを願っています。


2015年4月7日(火曜日)

季節は巡る?

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時00分34秒

あっという間に桜も散り、肌寒い日が続く。

次のディスプレイは、かぶと や こいのぼり の時期になりました。

新聞社のカルチャー教室で、10年以上通ってくださっている生徒さんの作品にやり直しが生じだが、それに対しての生徒さんの受け答えは私にとっては嬉しくて、敢えて書きませんが、生徒さんの鏡とでもいうか・・・・・

私の教え方は厳しいと言われながらやってきたが、

この時は、私のポリシーが通じたと思った嬉しい瞬間でした。

 


2015年3月29日(日曜日)

春のかおり

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時54分25秒

インテリアもののデザイン画おこしから製作に入ったが、スローペースで始めている。

その前にワンクションおきたくて、以前から気になっていた個人的なことを済ませて、、、
     内容は書けないけど・・・・歳をとったなと、しみじみ思う。

 

行きつけカフェでオーナーが河原で採った「つくし」で作った佃煮を出してくれたのを わがままを言って持ち帰って日本酒とご飯の時に・・・・

一度にある程度の量が無いと佃煮なんてできないし、はかまを取るのにアクで手は黒くなり大変な作業になるのが「つくし」だけど、
この独特の苦み、大人の味で春先には苦いものや香り高いものが出回って嬉しい!


2015年3月22日(日曜日)

春めいて・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時16分13秒

ピントの合ってない写真でも少し桜の蕾が膨らんでいるのがわかります、寒さで肩に力が入っていた身体を気持ちよく伸ばせそうな季節が来ます。

疲れのピークの今週でしたが、以前生徒さんだった陶芸家Sさんとお会いして、ものつくりの人間のM的感覚を共感しつつ ぼやいて気分転換と楽しい時間を過ごしました。

本日、今回の新作数十点のbagが予定通り全て完成しました。
既に個展のDMも出来上がり、ギリギリまで力を出しきる。

予定通りは気持ちいい!!

一段落、今夜はワインでも開けよう。。。。。



 


2015年3月20日(金曜日)

理想と現実

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時07分34秒

新聞社のカルチャースクールの夜の教室は、最近ずっと女性が入会されず男性の生徒さんばかりの教室になっている。
その教室が2月あたりから2度新聞社からの取材を受けた、老後の趣味や男性の趣味についての特集記事で文化面のページに掲載されるはずだけど、掲載時期などは未定の状況。

どんなことを求めて入会されたのか?
なぜ、この教室を選んだか?
何が大変か?
家族の反応は?
どんなことを注意されるのか? 等々、、、質問があったのだが、


やはり私は厳しいらしい・・・・・以前理想主義と揶揄されたこともあるが完全を求めて作品を創るからいいものが出来上がる、どこかの政治家みたいに2位じゃいけないのですか?、、、、ダメなんです、作り手は誰でも1位を目指しているのです。

勿論それ程のレベルを生徒さんに求めてはいないが確かに高いハードルで教えているかもしれない。
生徒さんは弟子ではないので楽しむ程度に教えて出来上がった作品が増えることでOKなのかもしれないが、ある程度きちんと出来上がった作品を持って帰ってほしいし、次へ次へ向上する楽しさを味わってほしいと思っているから解いて直すことが難なくできるように、その目線で教えているから余所の生徒さんと比べると、明らかに出来上がった作品のレベルは高い。


甘く優しく教えてほしい人はそういう先生を選べばいい、先生は生徒さんを選ぶことはできないけど、生徒さんは先生を自由に選べるのですから。

しかし、こんな愛想なしで厳しいばかりの先生の教室に永らく通っていただいている生徒さんには感謝の想いです。


2015年3月12日(木曜日)

ものつくりの国

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時18分06秒

永くしている仕事なのに、編むのと縫うこととは異質なモードなのですが、
やっと 編む⇒縫うのモードに慣れてきたのか、スムースに運んでいます、いたのですが・・・

今日は糸で苦労しました、写真右はUSA製の皮革用の糸ですが、外の透明なパッケージを取り除くと糸の端が見つからない、写真左の日本製だと糸巻の端に切れ目が入っている所があって、そこに糸が引掛けてあり、直ぐに糸の端が見つかるのに・・・・
老眼メガネをかけて探しても見つからない、、、ラップの端が見つからない時にセロハンテープでくっつけて見つける、あのやり方でもダメ!
とうとう、糸を1本引出して解いて解いて・・・・やっと見つかった。
何分浪費したことか。

やはり日本製品は消費者目線で作っていると、改めて強く思いました。

YKKファスナーも世界で認められている素晴らしく機能性が高くて丈夫な製品です。

ものつくり国家、JAPAN を誇らしく思いました。


2015年3月6日(金曜日)

啓蟄に・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 21時30分54秒

3月に入り今日は啓蟄で陽射しは春だが、未だ寒い。
毎年、啓蟄は縮景園の松の弧を外す日です。 

春は直ぐだし、私も個展の仕事に追われている。

昨年よりも早く個展のDMの発注が済み・・・・と言っても、今年はDM写真の撮り直しがあり焦った、
これで仕事に打ち込めるか・・・・

たまには息抜きをしないと深い息もできなくなるし・・・・・こうして毎年追われながら仕事をしているけど、
目的に向かって仕事ができるのは幸せだと思った春の陽射しの1日でした。

 


2015年3月1日(日曜日)

脚力?

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時22分43秒

今週は「アカデミー授賞式」をライヴで楽しみました。
最近はリメイクものやシリーズものが多くて劇場に足を運ぼうと思う映画が少なかったのですが、私なりに力ある監督・俳優と思っている人の映画が数本あるので、ちょっと楽しみです。

毎年言ってるように、痩せたり・肥ったり、障害者の役などで演技賞を貰うのは、どうしても反対! 

 

仕事の進捗具合いは◎ではありませんが、今は中厚の皮革の持ち手や木の持ち手を繋ぐ薄い皮革を縫っています。
職業用のミシンなのに厚い皮革を縫おうとするとミシンが重くて、足踏みミシンでは脚力に頼るところが多くて?、最近はちょっと辛い。
元々厚手の皮革は切る段階で私の力では無理なので、バッグ職人の方にお願いしていますが、中厚の皮革のものは自分で厚みを剝く道具で薄くしたものに(この作業が大変) 接着剤を塗ってたたんで叩いて、乾いたらミシンをかけるのですが、最後のステッチが上手くかかるまでは息を詰める感じです。

こういう細かい仕事が時間を食ってしまい、スムースに運ばない原因ですね。

そういえば最近足がよく攣る、寒い時期の運動不足で元々無かった筋力も落ちているに違いない。
筋力はなかなかつかないが、無くなるのは直ぐですね・・・・・・


2015年2月27日(金曜日)

猩々会

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時17分42秒

やっと、確定申告を提出して一息ついたところに、タイミングよく久々の猩々会。

以前、発酵仮面という仇名の発酵学の権威・小泉武夫さんの講演会で色々な発酵食品の話を聞きましたが、その中の一つ「ふぐの糠漬け」で日本酒を飲みました。

毒のある卵巣を2年位漬けこんで毒素を抜いたものですが、どうやら30%位の塩を投入しているらしく、塩辛くて、辛くて、、ご飯が欲しいくらいの感じでした。
本当に珍味ですね、日本酒とはとても良く合います。


              

楽しくて、有り難い息抜きの機会になりました。

 


2015年2月22日(日曜日)

忙中スープあり

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時30分04秒

確定申告の帳簿つけは予定通り2日で済んだのですが、予定がいっぱいで未だ申告は終わっていない状態で、なんだか忙しい。

陽射しは春めいてきているけど寒いし花粉症には辛い時期になってしまいました。

食材の買い物もままならず時間もないので、ストーブの上で「テールスープ」を煮込みました、いつもは圧力鍋ですが仕事をしながらアクを取りながらコトコトと・・・・・気分転換になって、なかなかいい。

やはり、ねぎは白髪ねぎにすべきでしたが挽きたて黒コショウをパラリとかけて・・・温まります。
テール自体少し高めの値段はしますが放っておいても骨から良いスープが出てコラーゲンもたっぷり。。

残りのスープに緑豆春雨を入れて卵でとじる、最後まで飲み干して満足。


2015年2月15日(日曜日)

申告の時期だよ〜

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時11分50秒

あっという間に1年が過ぎて、またまた申告の時期となりました。

昨年の1月からを一気に。。。。。。毎年溜め息が出ます。

15年くらい前に地質調査の会社にお勤めだった生徒さんが、数十分で私のPC上に帳簿を作ってくださり、それからはかなり楽になったのに、その後個展を始めたので自分が忙しくなり、、、つい溜め込んでしまいます・・・・って、言い訳です。

同じ座り仕事でも、何かを生み出す作業は楽しいのに、、、、腰痛に耐えながら国民の義務を果たしまする。

予定では2日で全てを終るつもりでいます。

ああ、ストレス溜る!!


2015年2月13日(金曜日)

今週は・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時48分01秒

今週からbagの中裏作業に入りました。

数十個のbagを並べ、偏らないように持ち手と裏を決める作業が済みました。

デザインした時から持ち手と裏を決めているものもありますが、全体の雰囲気をみて変えることも多々あり、ここでボツになって捨てるbagもでてきます。

定番商品もありますが毎年の流行をベースに目新しいものをデザインするのですが、持ち手と中裏でかなり表情が変わってきますから、この作業が一番楽しみでちょっと悩ましい時間で、エネルギーを要します。


今から1か月半くらいはミシンとアイロンを屈指して、どんどん完成品を生み出していきます。


2015年2月5日(木曜日)

心に訊く

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時20分02秒

先日とあるお店に貼ってありました。

確かに・・・・・



皆様は如何ですか?


2015年1月25日(日曜日)

忙中一杯あり

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時27分04秒

決定力に欠ける日本のサッカーでイライラが募ったが、錦織でドキドキ・ワクワクの1週間。

オバテニアンだった頃はよくテニス中継を観ていたのに、今の方が断然分かり易いのは松岡修三の解説のお陰だけど、大きく躍進を続けている教え子を育てたことの嬉しさ、、、彼への愛情がウザイくらいに端々に感じられて、ものを教える端くれの私には羨ましい!

昨晩は大阪から里帰りした友人に突然に呼び出され、おみやの日本酒で一杯・いっぱい飲りながら、他愛ない話、スポーツの話〜最後は久々に映画の話で盛り上がった酒宴は楽しくて、いっぱい呑んだけどスッキリの目覚め、、楽しい時間を作ってくれた友人に感謝です。


2015年1月22日(木曜日)

幸せTIME

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時36分31秒

本川町の洋裁材料のお店「きぬや」さんで明日まで「手つくりPARTY 2015」を開催しています。

昨年は出店という形で参加させていただきましたが、今日は気分転換に遊びに行き、体験ワークショップでがま口型のポーチを作りました。

助けていただきながら、職業用の電動ミシンにアップアップしながら、楽しい時間でした。
だいたいの製作過程が解りましたので、もう一つ作ってみたいと思っています。


やはり、ものつくりは楽しい!


2015年1月15日(木曜日)

新しい展開

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時40分09秒

昨年の個展の時に手下げ袋のアドバイスをさせていただいた0さんのご紹介・カジュアル着物を世界に発信しているOさんの会社で(ややこしいけど、この方もOさん)、福山市神辺町の中村金襴と坂本デニムの生地を分けていただきました。

中村金襴の金襴を織り込む技術は世界一と言われて様々な番組で取り上げられました、元々壁用クロスが主製品だった会社が海外に輸出する洋服生地を製造するまでに成長したのです。
生地を仕入れるのはロット数が決まっているので、今回は袋帯用の生地をOさんから少量分けていただきました。

そして坂本デニムのインディゴ染めは上質なイギリス綿を使っているので、柔らかくてキレイな艶が特徴です。

  

生地を見ているだけで世界が広がります、早くbagの中裏作業を始めたいくらいですが、、、、
今年のbagは、新しい展開をお見せできると思います。

創る本人が楽しんでこそ、いいものができると確信しています。

楽しみです。

PS: 先日BSの番組で中村金襴の中村さんが出演された時に、着物姿のOさんがパリの街を闊歩されているのを観たばかりです。


2015年1月12日(月曜日)

達磨の蕎麦

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時47分44秒

 NHKプロフェショナルでも取り上げられた豊平町の高橋邦弘さんの蕎麦が、近くのデパートの食の催事に出店していると新聞の折り込みチラシで知っていたけれど、初日に客が長蛇の列になっているのをニュースで見たし、この春に彼の店は九州に転居するので、とうとう食べずで終わると諦めていました。
ところがfacebookの卒業生Nさんの投稿で夕方なら並ばず入れると知り、夕方の時間帯に並ぶこともなく食べられました。                                   

          

蕎麦好きなので結構あちこちで食べていますが、さすがの蕎麦でした、行列ができるはずです。
敢えて表現しませんが、つゆを付けず一口食べた時に納得します。

高橋さんは腰が曲がっていて、懸命に蕎麦打ちをした結果と思われ、彼の研鑚に頭が下がります。

最期の晩餐は何?って聞かれたら、白身のにぎり鮨と思っていましたが、この蕎麦なら変えてもOKです。

13日 火曜日まで 福屋駅前店で、、、並んだとしても価値ありです。


2015年1月6日(火曜日)

新教室

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時10分57秒

レッスン休みが12日間。

今朝が初レッスンでしたが、休み中のゆるい生活に馴染んでいたのでシャキシャキ動けなくて、しんどい朝の出かけでした。

新年から新聞社のカルチャー教室が引っ越ししたので、スタッフは案内に走り廻っていて当分大変です。

 

(この教室は講義専門の教室なので特に狭い教室ですが、だいたいがこれくらいの広さ)

金魚鉢みたいなシースルーな教室ばかりです、落ち着きません。

荷物スットクが小さくて、生徒さんは毎回材料の持ち帰りをしなければならないし、慣れるまで時間がかかりそうです。

 

教室の引っ越しで体制が替わることは実質上の値上げに繋がるので、、、ほとんどの講師が反対でした。
結果、新聞社は押し切りました。
身を削る努力をしたのかどうか? 
日本の政府と同じで足りないものは国民から徴収する、その図式です。

 


2015年1月1日(木曜日)

2015 元旦

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時07分05秒

(2015 yae original)

雪の新年です。
交通量の多い交差点付近の我が家ですが早朝から静かなので、心静かに寛いでいます。

私の場合毎年個展を開催するようになって個展が1年の区切りで、正月は中間地点と捉えているので特に今年は・・・・ということもないのですが、昨年の秋口からの不調は個展の疲れが出たものと思われ、今年は同じ轍は踏まないつもりですがどうしても無理する、そうしなければできませんから、そのあたりを今年はクリアしたいと考えています。
元気で仕事ができるのが一番の幸せですから。

そして新作のまとめをどうするか、今年は早めにDMを発注したいので、それに合わせての作業効率を上げるのが最大の注目ポイントです。

 

毎回、年末・年始のくだらないバラエティーには閉口していて、溜まった映画でも観ようかと考えていますが、映画オタクも昨年は劇場に足を運ぶほどの秀作が少なかったとも思うが、自分自身が元気もなくて悲しい。
その中にキラリと光る作品 「チョコレート・ドーナツ」という映画が感動的でした、総製作費が$いくらというような映画でなく独立系作品ですが、チャンスがあれば又観たいと思っていますし、オススメです。

 


2014年12月31日(水曜日)

大晦日な1日

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時31分21秒

先程デパ地下に行ったら、カートを押している人や大きな荷物に買い物カゴを持った人で溢れ、通路は狭くレジは長蛇の列でした。
まさしく大晦日な出来事を横目に見ながら、ちゃちゃっと買い物を済ませ帰ってきました。


この1年は特に秋口からは体調が悪くて、元気で仕事ができる幸せを、、解ってはいたはずが・・・
強く意識した日々でしたがレッスンを休むこともなく、生徒さんに迷惑を掛けなかったのが救いでした。

体重は戻っていませんが、余り丈夫ではない私はこんな感じで生きていくのだと思っていますから・・・・
来年も倒れない程度に無理しないで無理するかなと性懲りもなく考えています。

 

今年も多くの方々に助けていただいて過ごしてきました、ありがとうございました。
又来年もヤセ我慢の私を宜しくお願いいたします。

 

 


2014年12月24日(水曜日)

断捨離?

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時06分25秒

今日で今年のレッスンは全て終わりました。
これでやっと夏の陣の仕事にどっぷり浸かれます。

早くに兄弟・姉妹を癌で亡くした私は否応なく2人の分もプラスしてきっと長生きに違いないと思っているが、
現在重篤な病気に罹っているわけでもないのに、夏頃から身の回りの物の整理を始めている。

私の場合は個人的なものだけでなく仕事関係の材料などがあり、突然のことでもあったら(ないと思うけど・・・)後が大変、シングルの者の心得として元気なうちに整理できるものはしようと・・・そして、これからは物を増やさないが一番大切。
先日ブログに書いたカルチャーセンターの引っ越しも想定外の荷物の多さで大変だったので、尚更である。

整理するとは捨てることなので、溜まった文庫本やファッション雑誌、インテリア雑誌、美術雑誌、帳簿などをまとめているが、紙類は重い・・・・・資源ゴミの日に下まで持って降りるだけで腰を悪くしそうなので、文庫本と最近の雑誌とCDをBOOKーOFFの出張買い取りにお願いした。

意外にもほとんど買ってくれて、これでゴミの日に慌てなくても済むと思うと、私の方が深々頭を下げた程ありがたかった。
しかも買い取り金額は夜の食事代が(食べて飲めるくらい)賄えるくらいあったのが意外。

後はゴミに出すしかない雑誌や書類をこの正月休みに無理しない程度に整理するつもりだけど、つい頑張ってしまう性格なので、、、、
腰が、腰が問題です〜

 

 


2014年12月23日(火曜日)

そこの貴男!

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時04分31秒

年末になると店はざわつき買い物客でごったがえす中で、荷物持ちなどの目的や、家から出かけないので妻に散歩がてら連れ出されたシニア男性をよく見かける。
気持ちが入ってない上に柔軟性など失くしているので、カートを持ったまま通路の中ほどで、ボーッと突っ立っていて邪魔で仕方ない。

「どいてよ!」って心の中で思う。

同じように荷物持ちに来ていても若い男性なら、動作も機敏で邪魔な存在にはならない。

そこの貴男、、、貴男のことかも・・・・・・

 


2014年12月18日(木曜日)

年末の作業

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時41分38秒

広島でも9年ぶりに8cの積雪、あちこちで交通機関は終日乱れ、アトリエでは朝のレッスンが心配でしたが、三次から通われている生徒さんは何事もなかったように出席されて、雪に慣れてない我々の方があたふたしたようです。

さて、新聞社のカルチャー教室が移転することになり引っ越し作業、、、要は一旦教室に置いてあった見本や材料を自宅に持って帰らなければならなくなり、想定外の荷物の多さに驚いた。
一般的になぜだか家の荷物が増えるのと同じで、かなりの量の古い材料を捨てたが、自分の材料を残したまま来られなくなった生徒さんの物らしい・持ち人知れずの材料などが多くて閉口した。

来年からははスットク置き場が小さい教室になるので、朝と夜の教室の生徒さんが編みかけの作品を置いて帰れるのかどうか、始まってみないと判らない、材料の要る手工芸教室の悩みの種です。


年賀状用の写真を撮り、今からハガキを印刷して宛名を手書きする・・・・
毎年のことながら溜息が出ます。

大掃除もありますね〜

当分夏の陣向けの仕事ができないのがストレスになります。


2014年12月14日(日曜日)

忘年会

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時10分28秒

 

数年ぶりに生徒さんとの忘年会をしました。
二つの教室の現役生徒さんと卒業生の出席で、毎回お約束の生徒さんによるマジックもあり、賑やかに楽しく美味しい会になりました。

アトリエ教室には20年くらい通っていただいている生徒さんもいらして、感謝の一言です。


2014年12月10日(水曜日)

インスパイヤーされて

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時29分48秒

以前にNHKの教育放送での「ニコライ・バーグマンのフラワーアレンジメント」の番組のことを書きましたが、8回のレッスンを見ました。
それにインスパイヤーされ、見よう見まねでクリスマスアレンジをしてみました、とても楽しい経験でした。

直径15cの器にあしらったアレンジはテーブルのセンターに飾るのをイメージして作りましたが、いい加減な自分流なので恥ずかしくて全体をお見せする勇気はありませんので、一部だけのUPです。

所詮素人の自己満足の世界ですから、ちゃんと基本を習って楽しむことを広げていきたい、ものを知るということは楽しいですから、、、

しかも教えるより習うほうが楽しいに決まっています・・・・・


2014年12月7日(日曜日)

目と心に・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時11分40秒

今週は新聞社のカルチャーセンター教室の1dayクリスマス講座、運悪く雨と急な寒さでしたが無事終わりました。

少し肩が軽くなったので、広島出身の工業デザイナーの「栄久庵憲司の世界展」を美術館で、、、
キッコーマンの醤油瓶や、広島のアストラムラインの車両やバスカード・・・・あれもこれも沢山のものが彼のデザインだったのを知りましたが、デザイン界の巨匠と呼ばれるのも納得です。
洗練された美しいものを観るのは目にも心にも栄養になる楽しいことですね。

12月23日まで広島県立美術館で開催中

 栄久庵氏のデザイン・四輪のオートバイ


2014年12月3日(水曜日)

燈台下暗し

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時07分49秒

大掃除のつもりで押しれの物を整理していたら大昔にガラスのシェードを壊して使えなくなっていた電気スタンドが出てきたので、籐の皮と竹で作ったランプシェードと組み合わせて、新しい灯りができました。

まず接合部が合わないと思い込んでいましたが・・・・・まさに燈台下暗し !!

こんなに網目が綺麗に出ます、貴方も再利用できる物が押し入れや物置に入っていませんか?


2014年11月30日(日曜日)

冬の陣終了

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時26分10秒

個展を夏の陣、生徒さん用のクリスマスと正月作品のデザイン・製作・オーナメントの確保までを冬の陣と呼んでいる。

生徒さんは来年の正月作品を作り始めていて、私の年賀状用の正月飾りも完成したので、これで冬の陣が終了したので少し安心。
未だお見せできませんので、生徒さん用の作品UPしました。

オーナメント確保の為にあちこちを探し回り、、、出かける機会が増えて夏の陣に向けての仕事が進んでいませんが、急ぎ足で歩くと特に朝は呼吸が乱れ肩で息をする感じで、まだまだ喘息は尾を引いています。

カルチャーセンター教室のクリスマス1day講習会が済むまでは落ち着きませんが、もう明日からは12月です、あっという間の・・・・

 


2014年11月29日(土曜日)

近所のから揚げ屋

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時47分49秒

    

我がアトリエから1分もかからない処に今年の春にオープンした「すうぷからあげ 東京」、先日TBS系の地方局の番組で紹介された後に大きい通りに立看板を置いてようやくやる気を出したかと思ったのですが、こんなに近くなのに行ったことがなかったので、、、、先日いいタイミングで昼に店前を通りかかったので食べてみました。
スープに漬けて下味を付けてから揚げるのだそうで、カリカリに揚げたのが好きな人には中身が生っぽいと感じる、ジューシーが好きな人にはOKの、、、、賛否分かれますね。

感想: 嫌いじゃないけど一度試したのでもういいかと・・・・


2014年11月28日(金曜日)

猩々会

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時55分50秒

夏以来の猩々会。

こじゃれたお店で日本酒を、而今・日高見・飛露喜・奈良萬・小左衛門・九平治・亀齢の山など、、、やはり東北のお酒が美味しい。

絶不調で酒の会は無理だったけど、秋の花粉も落ち着き喘息も小康状態、酒が美味しいのは健康のバロメーターだし酒好きが酒が呑めないのは悲しいことだから、なにはともあれ嬉しい。

お酒のラベルには無形文化遺産登録された和紙を使ったものも多いし、きっと有名な書家が書いているのも沢山あるでしょうから各々のラベルを見るのも面白い。

久々の流川で古い建物が撤去されて景色が変わっていて驚いた、、、浦島太郎か?!


2014年11月24日(月曜日)

集大成

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時37分59秒

大好きなフィギアスケート、NHK杯の再放送で真央ちゃんや羽生、高橋の初出場からの映像を楽しんだ。

高橋大輔のスケートは2010年のラテン音楽でのショートとフリーがエキサイティングで大好きだけど、ショートはマンボアレンジの「ある恋の物語」 フリーはピアソラの「ヴェノスアイレスの冬」、何度見ても心躍る。
その頃のマンボ・メドレーのプログラムも彼の良さがでていました。
いままでの日本人選手とは違う演技力やエッジワークは圧巻です。

2013〜ソチオリンピックまで高橋がショートで使った「ヴァイオリンのためのソナチネ」は高橋の演技がいいので、とてもいい曲に感じる。
作曲は佐村河内守でゴーストライター問題になったのがソチの直前で今年の出来事だったのに、、、世の中の流れの速さに驚いてしまう。

真央ちゃんは抱えるものが沢山あって大変だろうけど、引退して青春を楽しんでほしいと勝手に思っている・・・・

 


2014年11月23日(日曜日)

今週は・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時17分51秒

前回のブログで中裏が出来上がっていた財布を完成しました、この艶は籐の皮が元々持っているものでニスの類は施してありません、籐の皮で編んだバッグ類は軽いのが一番の利点でこの財布は100gしかありません、使っているうちに手の脂などでもう少し落ち着いた艶に変わります。
因みにこの皮は私が染めました、お気に入り色です。

ところで今週は友人の「書の」展示会や「織」の方の個展などがあり、久々お会いした方々ですが業種は違うけど他人様の展示会を見せていただくのはいろんな意味で勉強になります、そんなこんなであっという間の1週間でした。



来週は個展の創作をしながら正月飾りをデザインする、半分残った冬の陣、、、、頑張ります。


2014年11月21日(金曜日)

ねずみ色

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時01分36秒

今進行中の仕事は財布の注文をいただき、中裏が出来上がったので本体に止めつける作業です。
編む作業と縫う作業はモードが違うので、編みのシーズンに注文がくると良いペースに乗せるまでが、なかなか困難。



上手くいかない作業をしながら考えていたのは、最近の若い女性はねずみ色だなと。
グレーでも灰色でもなく、ねずみ色と言いたい。
オシャレな人が少ない、きっとファストファッションの影響で猫も杓子も同じようなものを着ているからかも、安いものでもOK若い時はそれを跳ね返す輝きがあるものなのに、、、、個性もない精彩もない全体のイメージ、それに顔にも若い艶がないのはファストフードのせいなのか? 早くにシワにもなると思われますが、、、とにかく汚いな〜

それでM女史のことを思い出していた、私のブログをずっと読んでくださっている方にはM女史はお馴染みかもと思いますが、彼女は仕事に厳しい上に美に対しても厳しい姿勢を貫いておられたので、彼女なら今の状況を何と言われるのか?と。

 

 

 


2014年11月19日(水曜日)

胡子大祭・えびす講

カテゴリー: - 前田八重 @ 23時23分26秒

今夜新聞社のカルチャーセンター教室の帰りに京橋川の水辺のレストランのイルミネーションがキレイでUPしましたが、ここのレストランは話題性は高いのですが、一度行ったら もういいかな・・・・

20日まで広島は胡神社の胡子大祭、先程胡神社付近の写真をfacebookにUPしたら、同級生男子から「昔えびす講では冬物商品の大安売りをしていたね」とコメントをもらって、20代にブティックのオリジナル企画室でパタンナーをしていた頃、社長からマイクを渡され会社の入口で呼び込みをさせられたのを思い出しました。 
私の声は通るとのことで・・・・・社長からだったので断れず、男性陣はお酒を飲んでいたけど私は素面だったから、とっても恥ずかしかった、一種の祭り騒ぎみたいで、夜は寒いから景気付けに社員にはお酒を振舞って賑やかに投げ売りをする、、、、本通りや金座街の店では外にワゴンを出して冬の入口で冬物を売る大昔の販売方式 「大売出し」とか「えびす講セール」と呼んでいました、又それとは別に今のように夏と冬には普通にバーゲンセールもやっていました。
いつの頃からか、冬のバーゲンセールが年末や年明け早々にするようになって、えびす講の安売りはなくなったのだと思います。

懐かしい20代の想い出ですが、大昔過ぎて若い人には想像できないのかもしれません、
そもそも貴女は一体いくつか?って聞かれそう。

 


2014年11月18日(火曜日)

巨星墜つ

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時17分25秒

高倉健の死亡報道には驚いた。悪性リンパ腫で83歳だったのか・・・・静かに逝ってしまって彼らしい最期です。
彼の50代の頃に北方健三原作のハードボイルド小説を映画化して、その主人公を演じてほしいと勝手に願っていたのに、実現叶わずで終わった。
「やせ我慢の男の美学」 彼が演じたら、 最高だったのに。。。。

彼の特別なファンでなくても、彼は男らしくカッコいい俳優として日本人の心の中にずっと存在する人だと思うし、私は彼を最後の銀幕の大スターだと思う。

「幸せの黄色いハンカチ」や「網走番外地」が代表作と報道されるけど、私は彼の「駅」という映画が一番好きで、降旗康男監督 倉本聡の脚本のこの映画 は何度も観た。
彼にはぴったりの役柄だったし、脚本がしっかりしていて映画としても秀作で、映画の中で倍賞千恵子演ずる飲み屋のママ・桐子とTVから流れる八代亜紀の「舟歌」を聴くシーンが印象的で、演歌嫌いの私だけど毎年大晦日には「紅白歌合戦」でこの歌が聴きたい、だけど最近は八代亜紀自体が選に漏れているのが残念で仕方ない、健さん追悼特集でこの映画が放映されたら、又観たい。

♪ お酒はぬるめの癇がいい 肴は炙ったイカでいい 女は無口なひとがいい・・・・♪

男こそ無口がいいに決まっている。
でも健さんは実生活ではお酒は飲まない、コーヒーにチョコレートが好物だと聞いた。


もう1本想い出に残っているのは、やはり降旗康男監督の「冬の華」で、この映画のロケ地になった京都のcafeに行ったことがあり感慨深いものがあった。

「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」 彼らしい座右の銘ですね。


任侠映画で唐傘を差して雨の中を寂しい背中なのにカッコよく去って行くシーンが印象に残っているので、それをイメージしながら合掌いたしましょう。

PS: 先日追悼放映で「冬の華」を観たら、原作は「駅」と同じ倉本聡でした、未だ倉本聡が有名でない頃の作品でした。
    私が好きな作品2本の 「駅」も「冬の華」も降旗康男監督・倉本聡脚本だったのです、好みに拘りが出るものですね。


2014年11月16日(日曜日)

Quality

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時03分41秒

自由業なんでレッスンがある日以外は、気の向くままにいつでも休みにできるが、営業のTELや人の出入りがない日曜日は創作活動が進むので朝から決まったFM放送を聴きながら仕事するのが30年来の習慣だった。

ところがこのところ、土曜日のレッスン終了後〜日曜日は死んでいる、充電時間が前より効かない携帯みたいに寝込んでいることが多い。
人並みに日曜日が休みになったが以前から家にいる限りは仕事をする習性なので、日曜日に家でゆっくりするなんて・・・自分が面喰っている。 

こういう事態の原因は判っているので受け入れなければならない時だと、自分に言い聞かせているが、年々体力が無くなるのは自然の摂理。

昔みたいに夜中2時3時までの仕事は控え、仕事内容も作品もクオリティーを高めることに心を砕く・・・・ですね。


2014年11月6日(木曜日)

今年のクリスマス

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時52分18秒

TOPページにも載せましたが、新聞社のカルチャー教室でクリスマス作品の1日講習会を開催します。

毎回未経験の方でも簡単に出来上がるようにデザインするのは大変ですが、来られた方には創る時間を楽しんでいただければ、、、ラッキーです。

 

グリーンのキャンドルはツリーをイメージして大人チックにデザインしましたが、こうして写真で見ると赤いキャンドルの方が一般受けしたのかな?


2014年11月2日(日曜日)

欠落部分

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時36分59秒

今週は5週目で土曜日だけがレッスンだったので、生徒さん用の数個の見本作りに追われ、スマホを替えたのでスッタモンダが発生したり、転んでケガをしたり、疲れた1週間でしたが、明日は迷惑マンデーの影響で呉教室は開講なので、私には世の中の3連休は関係ありません。

先程FM放送からスティングの「Englishman in New York」が流れ、懐しい・・・・思っていたら、
MCのMayJはこの曲が発売された翌年に生まれたと言っていて、、、驚いた・・・・・そうか彼女は20代後半としても?、ええっ!て感じで、

まっ、子や孫が居る人は彼らの成長で自分の歳や過ぎた年月を自覚しているものでしょうが、私の場合はシングルだからか?その感覚がちょっと欠落、いや、かなり欠落(体力的には充分に歳相応の自覚はあるが・・・)

それが「若さ」と「馬鹿さ」の秘訣かもね。。。。。。

 


2014年10月28日(火曜日)

外ごはん

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時50分21秒

この夏、どうもしんどいと思ったら数kg痩せていた、デブもヤセも体重計には余り乗りたくないもので気付いてなかったけど、
痩せる余地などないのにヤセていた。

しんどい時は頑張って料理しない、割り切って外に食べに行くようにしています。

この店の日替わりランチは野菜がタップリ、いつもお腹いっぱいになります。家では肉が多いので、外では魚を食べるようにしています。
因みにこの日のメインは、サバのソテーのトマトソースかけ・茹でたキャベツのマヨネーズサラダ、お刺身、もやし炒め、納豆の山芋かけ、生野菜のポン酢和え、味噌汁、ごはん、お漬物、デザートはコーヒーとチョコ。

たまには人が作ってくれたものを食べるのって、嬉しい。

肥りたくはないけど、元には戻そうか・・・・・


2014年10月26日(日曜日)

新幹線から飛行機?

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時31分02秒

1週間が早く経つけど、今年もあと2か月で終わります。

充実している いないに限らず歳と共に時間が早く過ぎると感じるものらしいが、以前は歩き、走り、自転車、バイク、自動車、列車、新幹線くらいで進んできたのが、最近は飛行機の速さになって、そのうちジェット機の速さに感じるようになるのかも・・・・
そんな速さで老けるのはゴメンだけど。


今週は初っ端の月曜日に呉教室からの帰り、沿線の火事で電車の中に監禁、3時間
家に辿り着いたら、23時、勿論夕食はそれからで・・・・ガックリ疲れた。

待っている時間はなかなか過ぎない、イライラも募るので、ビールかお弁当を売りに来てほしいくらいの気持ち。
迎えを頼む足男も足子も居ないのでじっと耐え、読みかけだった文庫本を最後まで読み終えた。
恒常的に呉線は遅れていいる、単線だからは理由にならない。
呉教室の日は無事に行けて帰れるかドキドキしている、勿論監禁状態は何度も経験している。
今回はJRの不手際ではないけど、
JRは民間企業になったとはいえ、親方日の丸の体制が残っていると思えてならない。

代替の交通機関が無い場所での無駄な時間の浪費、、、
呉教室を辞めようかと考える瞬間です。

呉教室だけではなく、レッスンをやめて創作活動のみに力を入れたいのが本心だけど、

なんだかんだ抱えながらやっていくのかな〜

 


2014年10月24日(金曜日)

映画に行こう!

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時59分20秒

シネコンでなく単館系の映画館「サロンシネマ 1・2」が場所を変えてリニューアルされ広島の中心部にオープン、シネコンに挑戦、日本中から注目の運営会社「序破急」が頑張っている。
この新装館で上映の映画「誰よりも狙われた男」 名優、フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作となった作品ですから、封切りを待っていました。

いつも私は映画を観る時は夕方の時間帯を選んでいますが、、封切って1週間経たないのに10人位の観客で心配になります。
この会社の系列で昨年末に閉館した「シネツイン新天地」で、夕方の時間帯の回に観客が私1人の貸切状態だったことがあった、この映画館はデジタル映写でなかったので、ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」を良いスピーカーで臨場感溢れる状態で鑑賞したのですが、たった一人の為に映写機を回しているなんて・・・・・観ている間も何か申し訳ない気がしてならなかったけど、、、、
クリスマスだったので、長年の映画オタクにクリスマス・プレゼントなんだと感謝したのですが、経営サイドから考えるとこんな状態だったから閉館せざるを得なかったわけで、、、、
なのにリニュ−アルされたばかりの映画館で、封切ったばかりの映画で、この人数しか入っていないのは問題・・・・・

映画好きだった同級生のS君が楽しみにしていた3年前秋の「八丁座」のオープン、その時には彼は既に入院中で一度も行くこともなくガンで亡くなってしまったのが悔やまれますが、彼や私のような映画好きが好む興業的にはマイナーだけど秀作を選んでくれる映画館なので難しいけど長く存続してほしいのですが、最近はDVDもあればTVでも早くに放映するので、劇場に行かなくなっているのも分かる・・・・・

だけど、とにかく声を大にして伝えたい、劇場で映画を観ましょう!

 

☆ 序破急の経営者は蔵本順子さんという方で、どうやら私と同い年らしい。彼女にエールを送りたい。
   「シネツイン 本通り」「八丁座 壱・弐」「サロンシネマ 1・2」が、長く広島で根を張っていけるように願っています。


2014年10月13日(月曜日)

忘れることの功罪

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時13分51秒

かなり前からの探し物が、やっと見つかった。

封筒に入っていた書類をクリアファイルに入れ直して、置き場所を変えていたのを忘れていた。
封筒を探していたのだから、見つかるわけがない。

整理したことが、仇になった。。。。。というか、
最近いつも探し物をしている気がする。
忘れるということは人間にとってはいい場合もある、イヤなことはどんどん忘れたい、
だけど必要なことまで忘れるのは困る。

だけど年々歳をとるばかりで、若くなるわけもないし・・・・・

どうしたものでしょう。。。。。

 


2014年10月11日(土曜日)

命を与える

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時38分53秒

 「鉄のささげもの 桑田覚展 」を新聞で知り、どうしても見たくなり出かけました。 

入口正面に漢詩本を広げた感じに造りこまれているオブジェ、
白居易の詩「胡旋女」、漢詩の一文字一文字を細い鉄で造って、、、、、
その奥に鉄のユニクロの紙袋が透けて見えるのは、計算の上のことでしょうが、面白い対比でした。

無機質な鉄が息付く。。。

☆ 天満屋八丁堀店7F画廊、13日まで。


2014年10月8日(水曜日)

感性

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時34分43秒

昨日NHK教育TVの趣味の時間で、デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンに数回にわたって花を習うという番組の初回分を観ました。1回目は、フラワーボックスに花を活けるレッスンです。

お花の雑誌を購読していた頃から彼の感性の素晴らしさを知っていたので、フラワーボックスで注目された時に、自分の目が間違っていなかったと自画自賛したくらいで、、、以前から彼のファンでした。

木佐彩子と武田真二が生徒として習うのですが、私が教える立場にいるからかもしれないけれど、人の感性とかその人の姿勢などが透けて見えてしまって、、ついシニカルな目で見てしまったのか?
二人のどちらがどうかは、敢えて書きますまい。
ただ、感性がないのは悲しい!

先日私の教室に70代の女性が入学されましたが、初回にも関わらずの出来だったので嬉しかったのを思い出しました。

やはり歳にも関係ない、ものつくりは感性です。

★フラワーボックスは、蓋がついているので大量に重ねられて持ち歩きに便利だし、ブーケを持ち歩くのが恥ずかしい男性にもありがたいBOXです。企業のイベントのおみやげとして利用されたり、オシャレな贈り物としてヒットしました。プレゼントされたら、かなり嬉しいかも〜


2014年10月3日(金曜日)

若い力

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時26分33秒

Topページにご案内したように、長いお付き合いの洋裁材料屋さんのイベントで、5人の作家さんと数個のワークショップのイベントですが、いろいろな手芸作品を見せていただき、、個展の緊張感と違って・・・・・それにいい感じの作家さんばかりなので、のびのび・のんきに過ごしました。

刺繍作家・田村恵美さんの作品ですが斬新!
元々が絵画を描いている人で、しっかりした下地があるので作品に力があります。
若くてカワイイ方なので、この先が楽しみです。

カワイイはこんな時に使うもので、なんにでも使うんじゃない!・・・・と言いたい。


2014年10月2日(木曜日)

秋のおとずれ

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時59分09秒

「そうめん瓜」とか「糸瓜」とかの呼び名のウリ科の野菜で、先日いただいて酢の物を作りました。
この瓜は茹で方が大きなポイントですから、茹で時間をしっかり守って、上手く茹でるとボソボソ糸状にほぐれてきます、茹ですぎるとベタベタで食べられないものに、、、、久々でしたが美味しいものができあがりました。

昔我が家では、この酢の物を作るのは父担当だったみたいで、よく父が作ってくれました。
母は料理が余り得意でなかったので、姉も私も早くから手伝いをしていましたから若い頃から料理には困らなかった、逆に感謝しています。
魚の三枚おろしは、母ではなくて、父から習いました。



数か月前から食欲がなくて食後はムカムカする、好きな酒も美味しくない、飲み会の翌日は死んでいる・・・・が長く続いていて、困ったものですが、涼しくなったので回復を期待しています。


2014年9月27日(土曜日)

潤いの水

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時56分56秒

小学校の高学年の頃、遅くに帰宅した父が晩酌をしながら母に、銀行の人と会った際の話をしていて、
相手の歳を判断する時には手と首を見るという話をしていたのを、今でも妙に憶えています。

豊かな時代になってアンチエイジングが叫ばれるようになって、手や首も手入れしましょうと一般化したけど、アトピーやファストフードのせいなのか、若くても首に皺が多く肌の汚い人が多い。

新米みたいに、つやつや・水分たっぷり・・・・・羨ましい!  人間もかくありたいものですが・・・・・

そして、心も。。。。。

 


2014年9月26日(金曜日)

感謝を込めて

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時55分09秒

topページにも載せましたが、この洋裁材料屋さんから縁ある作家さんということでこのイベントのオファーを受けましたが、私は45年も利用させていただいているお店なので、感謝を込めて、喜んで参加することにしました。
しかし、45年も・・・・・歳をとったものです。

洋服の学校時代、オーダーやプレタの時代、籐作品の創り手となった現在まで、いろいろなインスピレーションをいただいたり手助けをしていただいたり、、、私にとっては大切なお店です。

レッスンの都合で3日のみ会場に伺うことにしていますが、楽しそうなワークショップが沢山あるようですので、私も何か作ろうかと楽しみにしています。

お暇でしたら、お出かけください。


2014年9月21日(日曜日)

継続は力

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時29分34秒

スポーツは観るものではなくて、するものだと思っていますが、体力のない私にはなかなか大変。

少し前のブログに大昔にはテニスをしていたと書きましたが、その後はジムに数年通い、その後は山歩きもしていましたが、それもやめて10数年はウォーキング的なことはしていましたが、冬は寒さに負けて歩けない根性なしなんで、悔しいけれどお金を払ってスポーツすることを選びました。

加齢臭を避けて女子専用のジムに入会して6か月。
歩いて7分くらいの位置にあるフィットネススタジオで、たまに土曜日や日曜日に行くと若い女性が多くて、おばさんばかりのウィークデーとは違う雰囲気で、フレシュで気持ちいい。
最近は若いイケメンのインストラクターが2名入られ、女性とは違う指導法が新鮮です。

今のところの私は骨盤矯正のエクササイズ、マシンを使う筋力トレーニング、上の写真のウォーキング・マシンで30分以上歩くのが、いつものコースです。

忙しい時は仕事に追われて行けないに決まっているので、仕事と同じように予定表に書き入れて、頑なに週2回を保ってきましたが、8月は3回しか行けていないほど、体調が悪くてがっかりでした。

元気をgetしようとして通い始めたのに、元気がないと行けない、一度サボるとサボリ癖がつくのもよくわかります。

仕事も「継続は力なり」でやってきたので、この努力は少しは体力に繋がってくれるでしょう。。。。。かな?

 


2014年9月19日(金曜日)

様々な障害

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時53分58秒

今から数年は広島駅の北側が建築ラッシュで地価も上がり、広島以外からの投資も多く集まっているようですが、アトリエ兼住居の南側の稲荷町交差点一角では、マンションの次は労働金庫ビルが建築中で、とうとう我が家のBSアンテナが電波障害を受けBS放送が映らなくなってしまい、やっと1週間経って改善された。 もちろん、建築会社の経費で。

数年後には、電車も稲荷町から左折して駅前に向かうらしいので、騒がしくなる模様。

 

そう、電車つながりで、、、、
先日電停に70歳前後と思しき男性が10人余り鈴なり状態で、
加齢臭盛りの加齢臭の塊が大勢で集まっているなんて、、、、冗談じゃない!
私は鼻が利くので加齢臭に敏感、特にタバコ吸いは臭うと思う。
道を歩いていても、危なそうな人とすれ違う時は息を止める、エレベーター内では限界まで息を止める。
あの臭いを同居している人が注意すればいいのにと思うが、臭いに慣れて気付かなくなるわけでもなく、
妻は夫に無関心なのか? 諦めているのか? 

理解できない!

同居女性にも家の中の臭いが服や髪に染みついていて臭う場合もある。

公害以外の何ものでもない。


2014年9月17日(水曜日)

ビシネスライク

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時35分09秒

1.0m×2.0mで5cの厚さがある木のテーブルで頑丈です。

今は生徒さんのレッスンと私の作業台として使っていますが、以前は私の食事テーブルとして使用していました。

その時には帯をセンターラグにしたり、花を飾ったりして楽しんでいたのですが、今はこの大きなテーブルで仕事をし、その片隅で食事も家事もしていて、本当に我が家は仕事中心の状態になっています。

仕事場と自宅がいっしょというのは、便利なようで便利じゃないのです。
だからと言って仕事場に通うなんて、時間の無駄だし、仕方ないのか・・・・・と?

 


2014年9月15日(月曜日)

座らない椅子

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時19分13秒

かずらの一種 「紅籐」 (べにとう) で編んだロッキングチェアーです。
創った目的は、優雅に本を読みながら「ゆらゆら」するつもりだったのに・・・・・

この椅子は35年くらい前に製作しましたが、我が家は狭いので自分の寝室の隅で物置き家具と化していました。
メジャーデビューの為にレッスンしている部屋に移動させ、同時に私の趣味の模様替えもしました、要はこちらの物をあちらに移さない限り模様替えは無理なスペースしかないのです。

ちょっと新鮮な感じになって、暫くはこのままで過ごせそうだけど、飽きたら又模様替えをすればいい、、、趣味ですから。

これからは座る椅子になれるかも?ですが、なかなか優雅な時間は作れそうにもないのは以前と同じかな・・・・


2014年9月12日(金曜日)

9.11

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時05分32秒

アメリカ同時多発テロから13年、当日の夜10時過ぎのニュース番組を見ていた私は、2機目目がビルに突入するのを映画の1シーンのようにボーと見ていたのですが、、、その数時間前に姉が急性白血病を発症したとの報告を聞いたばかりで、気もそぞろだったのが、一瞬で現実に引き戻されました。

姉は5か月後の翌年の2月には亡くなってしまいました、54歳でした。

あの日の昼にスーツを買いに行き、本当はグレーのものが欲しかったのに気に入ったものが無くて、結果黒いスーツを買ったのが因縁めいていて、そのスーツは余り着ないまま・・・・・


3年前の9.11には、もう20年も通っているお店で一番の常連だったK氏が、お亡くなりになりました。
彼は80歳を過ぎておられましたが、見事な白髪で色白、オシャレでいつも軽くコロンの香りがして、凛とされていて一度お会いしたら必ず記憶に残る方でした。
彼の功績は高く評価されていたので、通夜や葬式などが何度も地元新聞に掲載されました。
今日は彼に近しかった方と追悼の飲み会をして、想い出話に花が咲きました。
 

私の中で9.11は、忘れることのない因縁深い日になりました。


2014年9月10日(水曜日)

奇を衒う?

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時51分57秒

最近はファスナーも軽くて美しいフォルムの新製品が出ていて、好奇心から自分の作品に是非付けてみたくなる。

籐のbagは軽いのが売りでもあるので、来年用の新作に付ける予定です。

最近はわざとファスナーを外に出した付け方の洋服を目にしますが、洋服を学んだ者としては驚きですが、発想の転換というか、斬新さも感じさせます。  

 

固定概念に囚われないということは、一歩間違うと奇を衒うことになりかねませんから、難しいところです。

 


2014年9月9日(火曜日)

次の時代へ

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時17分15秒

錦織は残念だったけど、この試合チリッチがパーペクト過ぎた、パーフェクトにさせてしまった、
結果として第1セットの始めの頃に、この試合は決まったも同然でした・・・・・

メンタル・スポーツと言われているテニス、、ランキングの高い選手なら実力は紙一重の差しかないのでしょうが、
決勝戦ともなると、平常心で居られるのは何のスポーツも同じように難しいのですね。。

悔しかったことが次につながる闘志を産み、次代を背負っていくのでしょう。


この数日、久しぶりに胸が高まった。

スポーツはいいですね。

 

 


2014年9月8日(月曜日)

北街道展

カテゴリー: - 前田八重 @ 21時12分22秒

数年前に三越の北海道展に出店されていた釧路市の前浜食堂のオーナー美人姉妹と、とある処で知り合い、それ以来 年に2度来広される度に三越に吸い寄せられるように行っています。 

肉好きの私が海鮮ちらし寿司を食べる、たまの贅沢で、今回は生もの少な目のちらし寿司を買いました。
北海道展で他には、骨付きハム、うす塩のサケ、フルーツトマトをよく買いますが、他のデパートより三越の北海道展は高品質なものが揃います。
さすが三越です、オススメです。

 

錦織の準決勝、いい試合でした。
どんなボールも食らい付いて拾うのではなく、温存したスタミナで前に出てチャンスを見逃さない。
ポイントを取ったゲーム数はジョコビッチの方が多いのに、セット数では錦織が勝つ、無駄のない戦い方です。

それにしてもユニクロは何人とスポンサー契約しているのか・・・・
マイケル・ジョーダンやブルース・ウイルスが観客の中に居ました。
彼らは誰を応援していたのかな、、、明日は早起きで決勝戦を応援します。


2014年9月7日(日曜日)

おばテニアン

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時12分10秒

テニスの錦織圭が素晴らしい活躍をしていて、全米オープンで決勝に進出が決まった。
マスコミで「日本人としては数十年ぶりの快挙」という表現をされているのは不満、本人は日本の為に戦っているでもないし、あらゆる分野で日本人が世界に進出している時代なのに・・・・マスコミの好みそうな表現です。
錦織は試合後もマスコミの取材攻勢で休めないだろう、マスコミにコメントするのは当たり前のマナーになっているが、少しの時間でも次の試合に集中させてあげたいと思う。

余談ですが以前の伊達公子はテニスを嫌々やっていたわけでもあるまいに、試合後には憮然として引き揚げ、インタビューをキャンセルすることが多くてブーイングだったが、復帰後の彼女は楽しんでテニスをしているのが伝わるので、本人も楽になったろうと想像しています。



不肖ながら私、40歳前後に6年弱ほど硬式テニスをしていた「おばテニアン」でした。
今思えば恥ずかしい、スコートを着用して脚を出しておりました。
体力も素質もなくて全くどうしようもなかったけど、メリットだったのは身体の循環が良くなったのか、毎年夏バテが酷くて死んでいたのが改善された。

今夜は、wowowで今朝のジョコビッチとの準決勝が放映されるので、久々にテニス観戦をしようかと思っています。

 


2014年9月6日(土曜日)

狭間で・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時53分46秒

新作bagに取りかっていた。
1.6c幅の模様を一列編むのに1時間以上かかる、しかも細かいテクニックなので、時々手が攣る。
こんな状態では先が不安になる。

まだ完成に至っていないので写真をUPできないが、こんなに時間がかかると私の体力・気力も必要だし、これにばかり時間を割けないので考えざるを得ないし、この手間は全てが価格に跳ね返ることになるのは避けられないので、、、、躊躇してしまう。
bagは日常品なので余り高価なものは、どうも・・・・

更にバリエーションを創るなんて気を失いそう、、、創りたくないと考えるのは、正直なスタンスで物事を判断しているのであって、、、、

こんなことに囚われず仕事として貫徹すべきか?

悩ましい・・・・・


2014年9月4日(木曜日)

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時21分18秒

家ではなかなか読書ができない。
家に居る限りは仕事をしてしてしまうので、呉教室の往復は読書タイムにしている。
疲れている時は、読みながらうたた寝をすることもたまにはあるが・・・・

呉の教室は、もう30年余り通っている新聞社のカルチャーセンター教室で、片道40分弱のこの時間を楽しみしているのに、、、、、、
先日は、頭がキンキンする高い声で喋っている女子大生風の5人組が居て、その中で一番のオシャベリの声が脳天にカチンとくる。

集中できない!
折角の楽しい時間を邪魔されて、こちらの方がキンキン声で叫んでやりたかった。
仕方ないからイヤホンで音楽を聴いたが、まだ大きな声が聞こえる。

忌々しい!!

再近はアナウンサーや歌手までもこんな声質の人が多くて、神経を逆なでる。



イギリスでは俳優は声が低いのが価値があり、シェクスピアなどを演じる為の最低条件だと聞いたことがあるが、さすが演劇の盛んな国だけのことはある。


2014年8月31日(日曜日)

アナログvsデジタル

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時37分29秒

この夏ノート型のPCを買った、忙しい時だとPCに慣れるまでがストレスになるので個展が終わるのを待っていた。
ノートパソコンは手軽なので仕事の合間に、仕事机の端に置いて気軽に開けるのが魅力で仕事中の気分転換に丁度良い。

以前のデスクトップは廃棄するつもりだったが、中を軽く整えてもらって以前よりサクサク動くようになったので、それも使っている。

ノートPCには、Photoshopに代わって無料の新しい画像ソフトを入れたので、それにも慣れようと最近真面目にブログを書く努力をしているが、無料ソフトでも断然OKだった。  

PCを使い始めて15年も経つのに私は全然進歩してないが、ITの世界はどんどん進んでいて機械に振り回されるのはシャクだけど、
仕事をしているうちは、どうにか頑張って使っていこう〜いくことになりそう。

 今回、この写真にちょっとした処理をしてみました。


2014年8月30日(土曜日)

聞く力

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時54分48秒

籐を編むには、編み始めの組み方、色々な編み方、止め方のテクニックを覚えないといけない。
そうでないと前へ進めないし、本人も楽しくないと思うのだが・・・・・

覚えるまでに結構日にちがかかる、レッスンの間隔にも原因があるが、何事も繰り返しで理解してもらうしかない。
たまには何か他のことを考えている場合もあるだろうし、、、、
要は説明をしっかり聞いていないことが多い、それは歳や性別に関係ない。

これが仕事なので何度も説明をするのは厭わないが、、長く通っている生徒さんにはいちいち手本を示さなくても、「次はこうして・・・」と言うだけでレッスンは進むのが理想で、その分を初歩の生徒さんの指導に時間を割きたいのに、なかなかそうはいかない。

 

他人様にものを教えるとは根気の要る仕事で、まだまだ私の力が欠如しているのかと反省しなければいけないが、阿川佐和子の「聞く力」はベストセラーになり、彼女の場合はインタビュアとしての「聞き出す力」だと思うけど、
人間には人の話を聞くということが大切だから本になるし売れる、などと、、、つらつら考えている。

いつも言っているが、確信を持って言えるのは、教えるより教わる方が楽しいってこと。

 


2014年8月29日(金曜日)

新作に挑戦

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時16分10秒

夏らしくない夏だったからか、今年は体調が悪い。
やっと喘息は治まったが、手を酷使しているツケか?  先ほども手の筋肉が攣って、、、

だけど仕事はしていて、来年用の新作に取り掛かっています。  

どうなるのか楽しみです。


2014年8月25日(月曜日)

様々な人生

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時37分31秒

  カッシーにユッキー

先日行われた皆実高校の同窓会総会に、ゆるキャラのカッシーにユッキーが登場、校章「柏葉に雪の結晶」に因んだ名前が付いているが、、着ぐるみの中はどんなに暑いか、中に入っていた後輩の労を労いたい!

1年以上も前から準備が始まり、プログラムの広告取りやチケット売りの営業、試食会にも自腹で出席し、当日私は会計係だったので、当日券の集計や在校生遠征へのカンパ金や災害の義援金の計算、慣れないお金の勘定でほとんど会場には座っていられなくて疲れましたが、何とか無事に終わりました。 お世話するのもこれで最後なので、肩の荷が下りました。

二次会の同期会の時には既に酔っぱらいになっていた人もいて、、みっともない、
「酒に弱い人間は自覚せよ」・・・・たかが端酒で・・・・


会場には懐かしい顔も見えましたがろくに話もできず残念でした。

今でも遅れてくる人はそうだし、落ち着きの無い人間はそのままだし、しぐさも昔のままというか・・・・人は外見は変わったとしても、
本質は変われないものだなと、今更ながらしみじみ思った同窓会でした。


2014年8月20日(水曜日)

あの頃は・・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時41分29秒

昨年から準備してきた高校の同窓会総会が、この週末に開催されます。
出席者に配られるプログラムができあがり、その中に私の駄文を載せていただきました。

私が先輩から受けたご縁やご恩を感謝し、それを後輩に引き継げるように・・・・・・

 

同窓会総会が無事に終了できますように、当日を待つばかりです。


2014年8月16日(土曜日)

ねじれたハート

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時20分57秒

嶋田さんのアトリエに行った時に鉄と磁のコラボ作品か楽のハートか迷った末に諦めたのを今回GET、ステキです。

 

来生えつこ作詞・来生たかお作曲 「ねじれたハートで」、来生たかお&桃井かおりがデュエットしていたアンニュイな曲で、四半世紀のお付き合いだった友人がいつも歌っていました。

彼女はどうしているのか?  思い出します。

 


2014年8月12日(火曜日)

独り言

カテゴリー: - 前田八重 @ 23時05分06秒

朝レッスンの帰りに三越で今日から始まった嶋田さんの個展に行き、前回迷った陶のハートを予約してきた、又行こうと思っていて・・・・いいものは何度も観たい。

1Fのイベント・スペースに<Isozaki>のバッグが、裂地で創作したバッグ、勿論布製。素敵だったのだけど諦めて帰った、見るだけでも楽しかったけど、お金持ちの彼が居て 「自分で買うには高いから買って 」と、TELしたいくらいだけど、そんな者は居ない。
本当は知り合いがTELをしているところに居合わせ、その会話を聞いてしまって、ちょっと羨ましかったのを思い出した。(その時は高価なアルマーニのTシャツだった)
残念だけどそんな者は要らない、居たら居たで、面倒なだけ・・・・


最近夏バテ気味で料理する意欲が湧かないので、デパ地下で「惣菜盛り合わせ」なるものを買って帰った。
さあ食べようという段階で、5品共ねばねば・ネトネトしていて、老人食みたい。
ネトネト女が嫌いな私はネトネト食べ物も大嫌い・・・・・勿体ないけど、食べられなかった。
例えば私のいもサラダは、塊を残してつぶしたところに、最低限のマヨネーズしか投入しない、マッシュポテトも嫌いなくらいだから。。。。
捨てるくらいならと、、、今日は外でランチした〜美味しくて食べ過ぎて、お腹パンパンでしんどくなって、昼寝をしてしまった。

なんだかね〜悪循環かしら?

 


 


2014年8月11日(月曜日)

嶋田真理さんの作品展

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時42分07秒

以前、生徒さんだった嶋田真理さんの作品展が三越で開催されますので、是非ご覧いただきたく、ご紹介いたします。

嶋田真理 作品展  〜磁ノ花ヲ飾ル。〜
7F 三越ギャラリー 8月12日(火)〜18日(月)

嶋田さんは、ほぼ20年くらい前の中国新聞文化センターの生徒さんで、その頃は彼女は大学生でした。
再会したのは、昨年の個展の時にたまたまギャラリーの前を通りかかられて・・・・・
岩国の彼女のアトリエにもお邪魔しましたが、ステキな作品がいっぱいで、その時には、磁器のブーケと鉄とのコラボ作品を買わせていただきました、私のアトリエに来られている生徒さんは、ご覧になっていると思いますが・・・・・・
素晴らしい感性をお持ちの方です。


2014年8月10日(日曜日)

ロット

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時30分26秒

個展期間中に昔からの知り合い0氏が何度も会場に足を運ばれ 「ひと味違うゴージャスな手提げ袋」を作るプロジェクトにアドバイスというか、bag創りの立場から意見を言わせていただいたのが出来上がり、、、律儀にも持参された。

シックな色合いで古典柄の上品な袋になりましたが、ロット数が少ないので高価な袋になったようです。

ロット数は印刷の関係で大きい数字になり、私が包装用に使用しているシールの最低ロット数は5000枚だったので、死ぬまで仕事しなければ使い切れないほどあるのも疲れます。シールのことだけ考えても頑張らねばなりませんね。


2014年8月7日(木曜日)

Lillian

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時09分25秒

毎年盆前には、ハワイの叔母 リリアンに、父方のお墓に供えるお花代を送って、日本にいる身内の代わりにお墓参りを頼んでいます。

Lillianは父の妹で、日本名は「サカエ」で70代後半、ハワイ生まれの2世で日本語は話せるけど日本の字は読めない・書けないから、彼女への手紙は翻訳サイトを利用していたけど、翻訳サイトが凄く変な翻訳をするときがあるし、、、深い話をするわけではないので、最近は自分で拙い英文を書く。

ハワイの日系人社会では、日本の行事が律儀に行われていて、お盆にはお寺で盆踊りをするらしい、Bon danceです。

いつか、お金のことを「銭」と言っていて、大笑いをしたことがありましたが・・・・古い広島弁が生きていて、ある部分日本より日本らしいというか、時代が止まっている。

2世でも英語ばかり使っていると日本語を忘れてしまうし、今は4世の時代でしょうから、ハワイの日本人社会も変化していることでしょう、だけどTVでは日本と同じように韓流ドラマを放映していて、Lillianはイケメン好みらしい。いつか金城武のファンと言っていたけど、彼が日本人だと判っているのかどうか?  
彼女のことを叔母さんとは呼ばなくて、アメリカ式でLillianと呼んでいるけど、どうも落ち着きが悪い。

 

今年も「遠くに行きたい」は実現しません。


2014年8月4日(月曜日)

遺品たちとの会話

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時45分21秒

今朝は右翼の街宣車の軍歌で起こされ、すぐその後に団扇太鼓の群れが広島駅から平和公園へと行くらしく我が家の傍を通過して行った。

原爆記念日が近いので、この辺りは騒々しくなる。

 

何年か前に 石内都が撮った原爆資料館の遺品を自然光で写した写真展を美術館で観た。

女性の服ばかりの写真で、物が不足していたであろう戦前のものなのに、木綿や麻の生地で丁寧に縫われた衣服の豊かさに驚いた、今みたいな大量消費のペラペラの化学繊維ではない、ほとんどのものは母が娘の為に縫ったであろうと想像するに、洋服を生業にしていた者としては、そのオシャレさに様々なことを想像して感動が増した気がする。

家族の絆がしっかりあった時代の愛情豊かな洋服たち、この服を着ていた人はどんな人生を送っていたのだろうか?  どういう状況で8蒔15分を迎えたのだろうか?  ずっと、そんなことを考えた。

 

夏になると、あの遺品たちとの会話を思い出す。

 


2014年8月2日(土曜日)

心は折れない!!

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時40分51秒

以前、奥さんに蹴られて肋骨が折れたという同級生が居ましたが、何か悪いことでもしたのでしょうね・・・・・・

蹴られなくても酷い咳が続く時や、連続クシャミなどでも肋骨が折れることがあると聞きました。肋骨は折れやすいというか?、、、治療としては特になくてサポーターベルトで固定するか、自然治癒に任せるかだったと認識していましたが、

どうやら、私も喘息が酷くて肋骨が折れたもよう・・・・・CTならはっきり分かるのでしょうが、レントゲンでは分かりにくいらしいけど、症状的に疲労骨折のようです。

ずっと咳の度にうずくまる程で、肩で息をする感じでしたから。

こんな経験したくはなかったけど、仕方ない! 

若くないので骨が脆くなっているでしょうが、日にち薬です。。。。

 


2014年7月28日(月曜日)

里帰りの我が子

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時08分50秒

10数年前に同級生Oさんに買っていただいたBAGが、中裏変更のために里帰りしました。彼女には数個買ってもらっていていますが、大事に使っていただいているのが伝わってきて、作者としては嬉しいことです。 

使い方には性格が出るのも面白いところで、色々と勝手な想像を誘う場合もあります。

 

毎回個展の後は数点の注文品を作ります。注文品の中には寸法指定のものがありますが、私の感覚のバランスではないので、私としてはしっくりこない場合もあります。
あるいは会場にあるBAGを見て、このBAGと同じ大きさで別の色で作ってくださいという注文もありますが、色によっては大きさが同じでもイメージが違うものになる場合もあるので、本当は会場にある作品の中から選んでいただくのがベストです。 

こういう注文品の時は、お気に召すかどうか? ドキドキしながら製作しています。


2014年7月24日(木曜日)

元気の元

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時42分21秒

前回書いた配達日がまちまちの「ふぇにっくす」の私の記事を見て、毎日のように「見たよ」とmailやら電話やら、いただいています、ありがたいことです。

 

最近食欲がなくて料理する元気も出なくて、肉好きの私が麺類ばかり口にしていて、、、、

きっと夏バテ状態だったところに、風邪もひいていないのに喘息発作が出てしまい、咳込んで夜は寝つけないでいました、、、、どうやら体力の落ちたところにPM2.5の影響を受けたようで、私のような患者が多いと呼吸器科の先生から聞きました。

やはり年齢に関係なく肉が食べたいと思えるのは、元気なしるしですね。。。。


2014年7月20日(日曜日)

ふぇにっくす

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時23分25秒

中国新聞が出している小冊子「ふぇにっくす」の取材をゴールデンウィークの頃に受けたのが、8.9月号としてできあがりました。

中国新聞文化センターの講師の仕事場訪問の記事で、「先生の仕事場 3」 と題するコーナーで「籐皮」についてのお話しましたが、かなりのカット数仕事中の様子も撮っていただきました。  こちらもインタビュアやカメラマンのプロの姿を見せていただきました。

この小冊子は販売所によって配達日はまちまちですが、大体月末までには購読者のお手元に届きます。

中国新聞のカルチャースクールで講師をするようになって30数年経ちました、現在の発行部数は60万部くらいと記憶していますが、この記事を読んでいただいて、籐のことに興味を持っていただければラッキーです。


2014年7月15日(火曜日)

大きなお世話

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時59分48秒

先日、昨年12月に再結成ライヴをしたザ・タイガーズの再放送をしていて、たまたま最後の20分くらいを観ました。

全員が揃うのは解散後は初めてだったそうですが、、、、最近は国会議員でさえ白髪を染めて若さを売りにしている時代なのに、、彼らは60代後半だと思うのですがほとんどのメンバーが100%くらいの白髪、、、岸部一徳は俳優として活躍してるので見慣れているけど、、、、 一番キレイだった・色っぽかった沢田研二は、お腹がせり出し、垂れ下がった口ヒゲにあごヒゲ(勿論、ヒゲも白い)、緊張感のない姿にショックを受けました。

「えぇ!プロダクションは何してる?」 アドバイスするとか〜  

声もろくに出てないのに見場も・・・プロとしてどうなの?

 

誰でも歳はとるけど、アイドルとしての歳のとり方は2通りあって、郷ひろみみたいに自分に厳しく身体を鍛え若さを保つか?(まあ、彼の場合は整形もしているので、ちょっと極端だけど〜)、沢田研二みたいに老いに任せて生きるか?  意見の分かれるところですが・・・・?    

同窓会などで憧れだった人とは再会しない方が幸せと言いますが、一般人でないアイドルや俳優・スポーツ選手などは夢を与える存在なので、 我々は勝手な期待をしてしまいますから辛いところです。

 

ジムでウォーキングマシンで30分歩いても、消費カロリーは200Kcal くらいで、ご飯1膳分くらいですから、体型を保つだけでも大変ですけど。

大きなお世話の話を 敢えて。。。。。


2014年7月13日(日曜日)

人生の楽しみ

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時47分49秒

 

夏の陣が終了して人並みに日曜日が休みになったので、「Live Juke」でのLiveに。 素人だけど20名編成のビッグバンド、狭い会場なので耳がガンガンするくらいの音量になってしまうのは仕方ない・・・・好みとしては小さな会場で気張らない演奏が聴きたいけど・・・

5拍子を4拍子に編曲した「テイク 5」 なかなかgoodな演奏だった。素人なので個になると粗も見えるけど、彼らの真剣さが伝わってきて、いいLiveでした。

今回 甥がこのバンドに参加していた、演奏できる楽器があるって退職後にも趣味として続けられるので (彼には、ほぼ20年後くらいの話だけど・・・・) 、趣味を楽しみながら人生を豊かに過ごしてほしいと願っています。


2014年7月12日(土曜日)

乾杯!

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時41分57秒

鴨

夏の陣の打ち上げ会。

ワインが何本空いたかは、言わぬが花!

 


2014年7月9日(水曜日)

夏の陣終了

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時10分16秒

この3点で個展でいただいた注文品が、全て終わりました。6月中に仕上げるつもりが、とうとう今日のことになっていしまいました。

少しゆっくりして溜まった私事を済ませたら、個展直前に思いついたデザインの作品を創ることから始めて、来年用の仕事に向かいます。

ps: 妄想していた、遠くに行きたいは実現するのかな・・・・・・??


2014年7月6日(日曜日)

創作のドア

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時47分53秒

何の写真か分からない方も多いかもしれませんが、今回は縁止めが今までよりキレイに仕上がるテクニックを考えつき、気分はハイに。昔使っていたテクニックはほとんど使っていないくらい、あらゆる部分が変革しています、何年やっていてもまだまだ発展途上ですが、こんな時は思わず笑みが。。。。

これだから、ものつくりは止められない! 

 

今までに単発講習会などを入れれば、1000人以上の方にレッスンをしてきました、私は弟子と生徒さんは違うと思っているので、偉そうに聞こえるかもしれないけど、「のれん分け」をした人は残念ながら居ないのですが、既に辞められた生徒さんの中で何名かが教室をしたり、作品を売ったりしているらしい、、、彼女達が教わった作品を作るのでなく自分の力で進化し、自分にしかできない分野の作品を早く確立して 私を超えてほしいと願っています。 

ドアはいつでも、開いています。


2014年7月2日(水曜日)

夏の賜りもの

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時03分51秒

今日いただいた「朝もぎきゅうり」、毎年この時期一番の贅沢品、採れたて夏野菜。

曲がっていようが虫食いがあろうが、そのことが新鮮さの証明で、スーパーの野菜と全く違うシャキシャキ感と瑞々しさが人を幸せな気分にします。

食べ物が人間をつくる、、、、遺伝子操作などしていない身体にいい旬のものを食べて筋力も蓄え、健やかに過ごしたい。

 


2014年6月28日(土曜日)

プロとしての気概

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時57分01秒

同窓会の料理試食会。

HOTELの料理なんて期待してないけど、こんなもんかというメニュー。

ぬるま湯のプロよりも最近では素人の方が、あちこちで外食して美味しいものを知っているものです。機嫌よく飲んでいた同級生男子は、只飲んでただけで初めから期待してないけど・・・・

 

後のメニューは、写真を撮るのさえ忘れていた。

少しでも美味しいものにしたいけど、4年前の同期会でも試食会があったのに改善のあとを窺えなかったから、又してもこちらの努力は徒労に終わるのか・・・・プロとしてのプライドを疑いたくなることが最近の世の中には多々ある〜

 


2014年6月23日(月曜日)

赤 あか RED

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時53分35秒

大好きな果物、さくらんぼの季節がきました。

今年の個展では、珍しく赤色のBAGを作りましたら、とても目新しく感じましたが、染める時は赤い色は染めにくい色で、なかなか思い通りの色になりません。 

夕暮れの茜色も大好きですが、赤い色は元気が出る色です。

 

 

レッドカードを出したい都議会でのセクハラ発言、、、

私の世代の男性は男尊女卑の傾向が強い、そういう意味ではシングルの私は散々嫌な思いをしてきている。  人前では体裁を保っていても、差別意識を持っている人間は言葉の端々に出るもので、いつか露見してしまう。しかも公の場での発言なので、世界でも報道され日本人はこのレベルかと思われるに違いない。 問題意識の無さに哀しくなる。

先程謝罪会見を見たが、反省しているようにも感じないし、謝罪にもなっていない。 

いままでも色々な謝罪会見を見たが、うわべだけの会見は伝わってこない、「心がない」としか思われない。

 

 


2014年6月22日(日曜日)

妄想で乗り切る

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時18分20秒

 

忙しい現実から逃げたい衝動にかられ、 どこか遠くに行きたい と思いながら、想いは膨らんでいて・・・・・・

昔の写真を探し出して妄想にハマル。  

 

山口県の角島へのアプローチ、海に長い道路が、、、、かなりの絶景で素敵な処です。

BS NHK「こころ旅」の高所恐怖症・火野正平なら怖くて渡れない。 

 


2014年6月19日(木曜日)

こぴっと・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 23時22分10秒

 

最近、dancyuのレシピで「豚角煮」を作った。この本では「ねぎ豚」と呼ぶ。

昔は何日もじわじわ煮た、圧力鍋購入後は楽勝と思っていたが、どちらにしても砂糖が入ると肉が縮む、このレシピだと砂糖は入らないので、肉も縮まず柔らかく仕上がるが、私にはちょっと醤油辛い。

なかなか、いいレシピが載っているので他の料理にもチャレンジしたいけど、今は個展でいただいた注文品に追われているので、「こぴっと」頑張らねば・・・・・・・・・・ってとこで暇がなくて残念。

 

山梨の方言 「こぴっと」  この方言が頻繁に使われている朝ドラで主人公を演じている吉高由里子には、襟足がほとんど無い!

着物を着て髪をupにしたらキレイな襟足が魅力的なのに、要らぬお世話だが、気になって仕方ない。。。。。。

 


2014年6月6日(金曜日)

楽しみ !?

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時07分20秒

 

  ヤマボウシ

個展終了後もなかなか疲れが取れず・・・・・なのにフィットネス・ジムには通っていて、これはきっとM的クリエーター症候群とでもいうか、笑えます。
最近のジムでは身体の代謝が良くなったのか、汗の量が増えてきました。
体重は増えてないのに脂肪量が5%増えていたのは、筋肉量が5%減ったということですから、ヤセの私でもお腹周りがダブついていて、
それを引き締め体幹を鍛える、先は長いのです。 でも、スゴク楽しい!

ジムに通うようになって比治山歩きをしなくなり、気付いたら京橋川岸のヤマボウシの一番キレイな時期を見逃してしまいました。
花が終って秋になると大きな赤い実ができ、すごく甘くて美味しいらしく、鳥達が競って食べると聞きました。
秋に楽しみができました。


2014年5月30日(金曜日)

箸が転ぶ?

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時21分33秒

アトリエの隣は、スポーツ関係のインストラクターなどを養成する各種学校で、よく楽しそうな若者の笑い声が聞こえてくる。

若者の笑い声はいい、おばさん達のガハハ笑いはうるさいだけ・・・・・(私を含めてである)

何がそんなに楽しいの? 箸が転んでも可笑しいの?
楽しいことがあって羨ましい。

人間って歳と共に笑わなくなるというか、表情が乏しくなる、特に老年期の男性は余り笑わなくなるように思う。

 

私は暗い性格でもないが、スゴク明るくい方でもない、要は愛嬌が無いので気を付けないといけないと、いつも思ってはいるのだが、、、

若い娘の笑い声はいいな~と、いつも思う。


2014年5月27日(火曜日)

現実逃避を妄想する

カテゴリー: - 前田八重 @ 23時10分49秒

多くの方々にご来廊いただき、無事6日間の個展を終了いたしました。
ありがとうございました。

作品搬出後に神社の境内での野外ライヴに。

日が暮れ、☆が瞬き、爽やかで肌寒いくらいの風が、かがり火のマキの香を運んできて・・・・・
東に西に光を点滅しながら飛行機が何機も飛んでいきました。
暫く、仕事のことを考えたくない。
どこか、遠くに行きたいと思った瞬間でした。

 

帰ったら、玄関からpcルームまで、個展から持ち帰ったパッキンや荷物が何個も・・・・・
明日は、この荷物を解いて整理しなければなりません、、、、

一機に現実に。。。


2014年5月22日(木曜日)

個展初日

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時13分32秒

会場の写真を映す暇がないくらいに忙しくて、、お昼も食べ損ね、
まるで1日立ち放しだったので、足が痛いの一言ですが、無事初日を終えました。

皆様に感謝!

後5日頑張ります。


2014年5月19日(月曜日)

リラックス

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時41分00秒

 空飛ぶトンボとブローチのトンボ 

私の個展では籐の皮の可能性を観ていただくのが目的ですから、
一般的な「かずらのかご」や「籐の丸芯」の作品は他の人が作ればいい、
私にしか創れないもので個展を開催したいと思っていますから、
籐の丸芯の作品は出さないのですが、遊びシリーズとして数年前から鳥・亀・カエルや昆虫を創ってきました、
今年はトンボを創りました、以前のトンボは籐の皮でしたが、今回は珍しく細い丸芯です。

 

作品のパッキングも済ませ、まあまあ準備完了なのですが、ギリギリまで新聞社のカルチャーセンターの教室があります、
休めないので、他の時間はできるだけ休養するつもりです。

 

 


2014年5月15日(木曜日)

搬入5日前

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時09分52秒

最後のDMを出した後は、細々の時間しかなくて、アクセサリーを製作中。
今日も一歩もアトリエからは出ずに、ちまちま作っていますが、丸カンと呼ばれている丸いリングを繋げて、、、、
この仕事も30数年ですから左右の手は同じように動くようにはなりましたが、歳とともに手の動きは悪くなるのか? 
この細かい仕事をしている限りボケないのか? それは分からないけど、
直径3mmの丸カンを繋げられる限りは、毎年個展は出来そう。。。。。

体調も整え、作品の台帳を作り、値札も付け、パッキングも整えたら初日を待つばかりですが、
それまではすることが未だいっぱい!!

 

そうそう、広島市文化財団が出している 「to you」 に私の個展のことを載せていただきました。

 


2014年5月6日(火曜日)

ちょっとだけGW

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時27分36秒

 肝心の甥は映ってない・・・・

 

フラワー・フェスティバル最終日に、甥のJAZZバンドのLIVEに気分転換を兼ねて出掛けましたが、人出に疲れてしまいました。

一体どれくらいの人出だったのか?  三日間で172万人だったそうです。。。。。
家族サービスの方々は大変です。

 

家で仕事をしている方が私には合っているようですが、、なぜか気に入らないbagが3点あり、結局、持ち手やら中裏を取替え、、、
 

そんなこんなで、私のGWは終りました。

 

 


2014年5月4日(日曜日)

世の中はGW

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時33分59秒

 今年の新色bag

長くPC前に座っていなくて400通余りのmailを消去、落ち着かない日々が続いていますが、
先日、中国新聞に隔月で入る小冊子「フェニックス」8.9月の取材を受けました。

個展前の掲載でなくて残念ですが、中国新聞文化センターの講師の仕事場を訪問するページに掲載されます。

散らかったアトリエで恥ずかしいですが、所詮仕事場が整理・整頓されていたら、逆に仕事はしにくいのでは・・・・
言い訳です。
半日かかりましたが丁寧なインタビューでしたし、カメラマンの方の良いショット狙いの飽くなき姿勢に、
ものつくりの人間のM的姿勢を垣間見、ちょっと嬉しくなりました。

個展まであと少しになりましたが、、、今からは小さいもの・・・・コマ切れの時間でもOKなもの、アクセサリー類を作ります。

 


2014年4月24日(木曜日)

2014個展のDM 

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時38分54秒

2014 Yae Maeda

個展まで1ヶ月になりましたので、TOPページにもDMをupいたしました。

本年も個展を開催できることは(終るまで、たぶん元気で)、幸せですが、
GWは製作もしながら、DMの宛名書きに追われることになりそうです。

今年のBAGは、カラーバリエーションを楽しんでいただけるかと思いますが、個展の大きな目的の1つ、
籐の皮の利点や(軽くて、年間を通して使用でき、修理も可能)、籐の皮の可能性を観ていただければ幸いです。


2014年4月22日(火曜日)

デザインの極み

カテゴリー: - 前田八重 @ 20時33分59秒

久々、私の大好きなデザイナー  Ken Okuyama のHPを拝見。

http://www.kenokuyamadesign.com

 

皆様も、どうぞご覧になってください、実用性も兼ね備えながら、究極のシンプルで美しいデザイン。
さすがHPもスタイリシュでステキ!

帰国前はフェラーリのデザイナーでしたが、車だけでなくオールマイティーに仕事をこなして、、、

憧れです。
クリエーターとして・・・・・しかも好みのタイプです。

 


2014年4月20日(日曜日)

浦島・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時38分37秒

  比治山の芝桜

あっという間に4月も下旬。
bagが終ってインテリア物を作っているところですが、フィットネスクラブに通い始めたり、健康診断とか、色々ヤボ用もありで、、、
長く更新してなかったのですね。
秘書と物言わぬ婆やか執事がほしいところですが、、、何でも自分でこなす・・・・

DMも既に届いているのですが、(来月に入ったらUPしようと思っていますが)今回で15回目の個展なので、
少し緩急の付け方もわかってきたのかなというところなのに、今頃になってもbagの新しいデザインを思いついたりしています。
個展までの予定はビッシリなんで、来年回しにしなければなりませんが、気持ち的には冷静と情熱の間でせめぎあっているかな・・・(笑)

ところで、健康診断で背丈が166.7cで1c低くなっていると言われたけど、私の身長は昔から166.7cだったし、、、、
前回の測り方が間違っていたのに違いないと打ち消してますが、、、、、実は脊椎側湾症なんで縮まってきたのかと焦りました。。。。
それ故に筋力を付けねばなりませんが、、
ジムは10年以上振りなんで、マシンが進んでいて浦島太郎状態です。

 

 

 


2014年4月1日(火曜日)

心浮き立つ季節

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時42分30秒

つい何日か前までは寒さの中を猫背で歩いていたような気がしますが、
一気に眩しい輝きのある季節になり、あらゆるものの力が漲る感じがします。

余りの良い天気につられて京橋河畔の「桜、さくら、サクラ」を見に行きました。
私は満開より散り際が好きですが、、、、、

満開はあでやかで、、、、♪♪ 心ウキウキ、ワクワク ♪♪ 歌いたくなる感じ。

元気を貰って、仕事が捗りそうです。


2014年3月29日(土曜日)

究極のシンプル

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時05分58秒

日本画のようなタッチの熊谷守一の油彩画、観ていて笑顔になるくらい暖かさが伝わってきて、
シンプルなモリカズ様式の絵画がとても好きになりました。

文化勲章も薫三等叙勲も辞退するほどの芸術家気質で、貧乏生活を送り「画壇の仙人」と呼ばれていたと聞き、納得。

 

無欲だからこそ肩の力が抜けていて、万物に対しての暖かな眼差しを感じます。 

良い出会いをしました。

  熊谷守一作 「 水滴」

 

オススメの展示は、ひろしま美術館で〜4月20日

 


2014年3月20日(木曜日)

Do it myself

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時59分12秒

  

5月の個展に向けて 「そろそろDMの手配を」する時期です。
と言っても、自分で作品の写真を撮らなければ何も始まらないのだけれど、まず天気の良い日を選んでとか、沢山のハードルが・・・・

昨年までお願いしていた印刷屋さんがクローズ、どこの印刷屋さんも家庭用プリンターの影響で、注文が激減しているのは簡単に予想できるが、
今回は印刷屋も探さねばならず、データも揃え、、、、まだまだ製作もしたいし、仕事以外では同窓会の広告取りもせねばならず、
すること山積み・・・・・

Oh my god!

 春色の前菜。

ちょっとだけ忘れて、馬ニンジン的行為・・・・・春気分味わいました。

 


2014年3月16日(日曜日)

ミステイク

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時30分45秒

 たまに、寸法を測り間違えて、bagの中裏が大きかったり、小さかったり、、、、

昨日からの仕事が無駄に、、、、、久々にやってしまった。
まっ、仕方ない!
小さかった場合は裏地にミシン目痕が残るので、新しく取り替えて縫うしかありません。

疲れているのか、うっかりか?

こんな日もありますね。

 

 


2014年3月13日(木曜日)

春の陽射し

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時42分13秒

春めいてきましたね、ベランダのイワヤツデに花が咲き始めました。

 

我が家の前のお寺の門前に貼ってあった ありがたいお言葉を

 

肩書き 財産 学識
みな仮の着物
ぬいだところに
その人がいる

 

 


2014年3月5日(水曜日)

忙中アカデミー賞

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時26分28秒

毎年恒例のお楽しみ 「アカデミー授賞式」をライヴで観ましたが、今までみたいに即upする元気がなくて、今頃PC前です。

今年はアットホームな感じでショーを楽しむというコンセプトで、MCのコメディアン女性の格式ばらない進行により、余り感動の波もなく終った感じ。
相変わらず、ライヴの同時通訳者のたどたどしい日本語には閉口する、日本語になってない!
再放送の字幕版で確認したら、やはり誤解を生む表現をしている部分があり、たまたま先日NHKの「プロフェショナル」で観た国際会議などでの同時通訳者の爪の垢でも煎じて飲ませたい、、、要は勉強不足のなにものでもない。

なぜだかアカデミー賞では、役作りの為に痩せたり・肥ったりした俳優やちょっと変わった役に点が甘い。
市井の隅で生きる普通の人々を演じて感動を与えることこそ、賞に値するのに・・・・・ちょっと、納得いかない人選もある。

今年もノミニー4回目のレオ様は無冠でしたね。。。。
ケイト・ブランシェットの最優秀主演女優賞は、納得のいくものでした、今の映画界での若手〜中堅の中では彼女が一番の演技者でしょう。

最優秀作品賞 「それでも夜は明ける」は、スティーブ・マックイーンという名前の黒人監督の作品です、これからBIGになりそうな監督ですが、
困った! 
名前だけを聞いた時には、あの「大脱走」の 私の大好きなマックイーン様と、どう区別したらいいのかと・・・・・

いろいろ観たい映画も公開されていますが、ちょっと元気がありそうにないな〜ってところです。

 毎年美しい時期にGETするのが難しい、大好きなミモザ


2014年3月1日(土曜日)

猫の手、貸して

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時44分41秒

150通余りのメールを削除、久々にPC前です。

1年分の帳簿を一気に、、、、、確定申告が終わりました。

毎年の恒例、伝統工芸展 に。

格調高い作品を見せていただきました。

 

ああ、忙しい。

Help me!


2014年2月16日(日曜日)

寝不足と肩凝りの日々

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時45分35秒

今週はミシン前に釘付け、男子フィギュアでTV前に釘付け・・・・寝不足の毎日でした。
スポーツ観戦は余りしないのですが、フィギュアは昔から大好きで、かつてロシアのアレクセイ・ヤグディンのファンでした。
最近では、今までの日本人選手と違う才能を持っていると思う高橋大輔を密かに応援していました。
彼の流れるようなステップと演技力の高さが楽しみでした。
怪我から立ち直り?精一杯の演技で、感動しました。このオリンピックが見納めになるのでしょう。

 

 

ミシン前の仕事ですが、これがbagの中裏の各ピースと材料です。

 一番下が持ち手用の皮革で、後は裏布、ファスナー、強化の為の芯地です。

これより、裏地(ワイン色)を更に細かく切るので裏布だけで7枚、芯地が5枚になり、持ち手用の皮革は2枚になり各々ミシンで縫います。

出来上がった中裏は手作業で縫い止めます。

暫くは、寝不足と肩凝りの毎日が続きます。


2014年2月8日(土曜日)

道具シリーズ VOL.13

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時31分24秒

アトリエではBAGの中裏作業に入りました。

BAGの持ち手と裏の仕様を決める・・・・気力・体力・感性の要る、少し辛くて、チョー楽しい時間でした。

 

 

数年前から、道具シリーズを書いてきましたが、一番大切なもの・道具と言えば、です。 (ちょっと恥ずかしいので、今回写真はナシです。)

人並み以上に手は酷使しているのでたまに軽い腱鞘炎になったりしますが、中年以上の女性に多い指の第一関節から曲がったり痛いなんて、、、
有難いことに私には無縁です。
レッスンの時には人前に手を出すので、外見も含めとても大切にしています。

 

友人の中には既にリタイアした人も居ますが、生涯できる好きな仕事があるなんて・・・・幸せ。

 

 


2014年2月7日(金曜日)

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時01分15秒

 佐村河内守氏の「交響曲Hiroshima」のCD、売れ行きが良過ぎて品切れになっていた時期から買えないままだった、、、
18万枚売れたと聞いたような?  クラッシックの世界では、ビッグな枚数。

NHKスペシャルで取り上げられたり、彼が被爆2世で現代のベートーベンと言われていたから感動したわけでなく、
作品は素晴らしかったので、この詐欺紛いの事件によってもうコンサートでも聴くことができなくなるのが?残念で仕方ない。

1つ嘘をつけば、それをカバーするために嘘を重ねなくてはならなくなる・・・・・・ショックな報道でした。

                           

 

ものを創る人間は完全主義者になるべきで、嘘のない仕事で、
佳いものを創るためのギリギリの努力をするものだと思っています。
と言うか、それが楽しくて、 好きな仕事でものを創っているのですから・・・・・・

創っている瞬間の悦びやいい作品ができた時の達成感だけで生きているようなもので、
他人と比べたり、他人の事など気にしていない、要は自分に恥じない仕事をすることだと思っています。

 

 

 


2014年2月1日(土曜日)

ステキでしょう!?

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時05分37秒

嶋田真理さんの作品を 他の鉄のオブジェと共にディスプレイしてみました。

       鉄の作家とコラボした作品

磁器の白い花のブーケを鉄の箱で囲っていて、私の好きな異素材との組み合わせになっています。
この作品のイメージを人によっては、「守られている」「閉じ込めれれている」、、、、、、色々な感じ方ができる作品で、
芸術は自分の感性で感じればよいので、現代アートは解らないなんて思うことはないのです・・・・・

昨日若い作家さんを応援していますと書きましたが、彼女は既に工芸展で入賞も果たしていますし、
きっと感性豊かな作品をこれからも創って、どんどんBIGになっていかれると期待していますが、
私など日常品のつくりてと違う楽しみがありそうです。

 

岩国には昨年秋にもコンサートで行きましたが、ほぼ20〜30年前に新聞社のカルチャースクール教室を持っていたので、数年間に亘り月2回のペースで通っていましたし、数年後には公民館からのお呼びだしで短期のレッスンも担当していましたが、街をバスで通過してみても大きなスーパーが目立つくらいで、余り変ってないのが不思議です。
どこの地方都市も悩みを抱えているのですね。

 


2014年1月31日(金曜日)

嶋田真理さんの作陶展のお知らせ

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時30分19秒

 

岩国で開催している作品展に出掛けました、電車の中でうとうとするくらい今日は暖かい1日でした・・・初めて行くギャラリーでしたが、
観光案内所の方が親切で助かりました。  
              

嶋田真理作陶展 2014

1/31(金)〜2/2(日)   2/7(金)〜2/9(日)
岩国市車町 1−5−8−3   tel 090−9410−6484
http://kuu-plus.com

磁器や楽のオブジェや壁掛けがメインの作品展で、白い磁器の花たちの繊細さや、楽の色合いと風合いを観ていただきたいと思います。
嶋田さんは学生時代に私のカルチャーセンター教室の生徒さんでした。ものつくりの若い方を応援しています。
取り急ぎお知らせいたしますが、私が買い求めた作品を明日にでもUPいたします、ステキなんです。


2014年1月29日(水曜日)

This is 柚子こしょう

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時40分41秒

s「柚子こしょう」

以前久留米在住の友人宅を訪問した時に近くの道の駅で見つけた、美しい色合いで香り豊かな「柚子こしょう」
とても美味しそうで買って帰りました。

この柚子コショウを食べたら、他の柚子こしょうは もう食べられません。
今まで辛味だけの柚子こしょうは何だったのかと・・・・・大人の味を知ったと言えるくらいの味と香りです。

お土産に差し上げた方々が、首を長くして待っておられましたので、久々に里帰りした友人に頼みました。
しかも、近隣の農家の主婦が作っておられるのか、ビックリするほど安い!

辛い物が苦手な私も、これは大丈夫。

鍋もいいけど、今夜は白菜や大根の煮物に入れたり、お肉に載せて一杯いきますかね?!

 

まだまだ地方には、知られざる美味しい物が隠れていますね。

 

 


2014年1月26日(日曜日)

自分と向き合う

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時11分45秒

1月も出かける機会が多くて仕事が捗らなくて困っているのに、
作っている作品がどうも自分の合格点出せるものでなくて、3日を無駄にしてボツにした、要するに捨てました。
仕方ない、このまま続けるわけにはいかない、自分に嘘はつけない、、、

人には判らないくらいの不具合かもしれないけど、自分を誤魔化したくないから、この作品も捨てざるを得なくなってしまう。

材料が勿体ないと思うところが、ちょっと恥ずかしいけど・・・・・

で、一息入れようと、PC前に座っているわけです。

 

先日落胆した・・・・
人と自分を比べて、、、人のことを「羨んだり、妬いたりする」人間も多い  〜特に女性には多いかも〜

私は仕事も生活も自分と向き合って生きているので、人の事なんかどうでもいい。
人と自分を比べたり、人にイヤな想いをさせるのが楽しいのか、そういう輩のことが理解できない。

 

 

 

 


2014年1月20日(月曜日)

心の支え

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時46分27秒

TVがデジタルになった年の個展前にTBS系地元TV局の取材を受けました。

個展2週間前あたりの疲れのピークだったのに斜めのアングルで映されたので、
やつれた顔をTV画面は正直に伝えた、誤魔化せませんでしたね。

実に落ち込み、二度と取材は受けられないとまで思いました。

個展中も目の下くま子ではいけない、佳い作品と元気な姿をお見せしたいので、個展前ギリギリまで仕事をしないことに決め、
年間計画を立てて仕事をしていますが、その方が仕事もスムースになりました。

 

若い時は誰でもキレイだけど、歳を取ったら、精神状態が良いか・どれだけ努力したかで、顔つきは変わってくると思いますから、
3年前位から、肌に悪いファンデーションを止めて従来の化粧法も変えました。
防腐剤や脂の入ったものを顔に塗らなくなって、肌は瑞々しさを取り戻し、素肌にはツヤもでてきます。
皆さんにもオススメしたいと思いますが、この前の取材の時は以前のように悲惨ではなくて、徐々に甦るというか・・・・
これだけで、女性の心は明るくなります。

長生きの時代ですから仕事を心の支えに、アンチエイジングを心掛けて、若くて心明るく生活したいと願っています。

 

 

 


2014年1月17日(金曜日)

かしまし娘???

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時29分44秒

新年が明けて、もう1月も下旬。
早い、なぜか慌しくて・・・・10日以上PCを開いていなかった。

忙中、面白いコンサートに、昔のお嬢3人で。
その後の食事の際、お店の方に三人三様が面白いと、、、かみ合ってないのに、何となくしっくりしているらしい。

皆それぞれが自分を通していて、、、この歳になれば、人の言うことなんか聞きませんからねって。。。。。

有難い仲間です。
せいぜい元気で、又集まろうね。

 


2014年1月6日(月曜日)

お家見

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時01分06秒

友人宅のビルの大掛かりな改装が終わり、お家見に行かせていただきました。
エレベーターも付いて生活し易くなった上に、荻須高徳や浜口陽三の絵画や古美術品がさりげなく並んでいて、ステキでした。

写真のミッキーのマーク、何だか判りますか?

明かり取りの窓から光が当たりマークが浮き出ていますが、これはトイレのドアなのです。
ウォシュレットのフタにも、ミッキーが・・・・・
楽しくて、嬉しくて、UPしてみました。

 


2014年1月1日(水曜日)

今年も・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時57分57秒

                 


健康を保ち、
いつも通り自分に恥じない「ものつくり」をしていこうと思っています。
どうぞ本年も宜しくお願いいたします。

 


2013年12月31日(火曜日)

2013大晦日に

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時26分51秒

今年は春の花粉症を発症して、ストレスを抱えてのスタートでしたが、周囲の方々に支えられて1年を終えることができ、
皆様に感謝です。

交差点直近のアトリエ兼自宅も年末・年始は静かで、いつものビル工事現場の騒音もなく、
ゆったりと音楽を聴きながら過していて、他所に居るみたいな気がしています。

 

毎年初詣をするベランダから見える稲生神社で、以前見かけたアルバイトの巫女さん募集のチラシには
「髪を染めてない人、ショートカットでない人、メガネを掛けてない人」との募集要項が書いてあり、なるほど今時な条件ですが、
茶髪のイケイケ女子が、あの装束でお神酒を注いでいるシーンを妄想すると笑えます。

 

 

 

 


2013年12月29日(日曜日)

別の楽しみ方

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時51分29秒

ユズが出回る時期から特に正月前後あたりは、キッチン周りにユズの皮や種が捨ててあるだけでも、良い香りがする。
正月には欠かすことのできない物だし柑橘の香りはいいですね、、、

そうして思い出すのが、野菜サラダのドレッシングに柑橘類を搾って入れたり、切ってみたら熟れてないメロンや洋ナシ、
柿やリンゴを野菜と共に食べるようになったのは、ある映画がきっかけでした。

その映画はほぼ20年位前に、カッコ良かった頃のニコラス・ケイジ、メグ・ライアンが主演の「シティー・オブ・エンジェル」で、、
この映画は、ビム・ヴェンダース監督の「ベルリン天使の歌」のリメイク版でした。
メグがサラダを作る場面で洋ナシをカットしてオレンジを手で絞るのです、あれから果物好きでない私がラ・フランスを好きになり、、
単純にも自分なりに取り入れて楽しんでいます。
その映画を昨晩放映していたのですが、残念ながら日本語吹き替え版だったので、チラチラしか見なかったけど、
N・ケイジも30代で若いし、メグのアヒル歩きも久々見られ、色々思い出して楽しんだ。

 

余談ですがアヒル歩きと言えば、マイノリティー系の俳優・アンディー・ガルシアのO脚歩きを(がに股歩き)、
しかもバック・ショットで見た時には一機に熱が冷めてしまったけど・・・・メグの歩き方も今度確認してみてくだい。
1本の映画を何度も観ると面白いことに気付いて、映画オタクは別の楽しさを知ってしまいます。

今年は百田尚樹の「永遠の0」 と 「海賊と呼ばれた男」を読みましたが、映画「永遠のO」は満員御礼が出そうな勢いらしく、
又原作本が売れますね。

来年はリメイク物やシリーズものでない、佳い映画を創ってと願っています。

 

 

 


2013年12月27日(金曜日)

God Hand

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時41分31秒

Galleryのコーナーを更新したかったのに、
やっとのことで写真を送り更新していただきました。
年内に終ってよかった、ずっと後ろ髪を引かれ状態でした。

25日の夜がレッスン納めで、

本当に1年が早い!とかなんとか・・・・・・・・・・

今年もまあまあ元気で過せて、個展も成功して幸せでした。

 

年内に今年の疲れを取りに、God Handの治療を受けに参ります。

本当に God Handなのです、この方を知った時には、先に光が見えて、、、
救われています。

 


2013年12月24日(火曜日)

年末の習慣

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時20分31秒

年賀状やDMの宛名書きは自筆でと決めていますが、自分の字が下手なことを痛感しながら毎年書いていて、
書道教室に通いたいくらいですが、そんなに自由になる時間もないし、結局はゆったり書く時間もないのも原因だけど。。。。
本当に時間に追われて生きています。

年末に買い物に行くと、いつもと違うざわついた感じがする。
毎年思うけど、正月も開いている店は増えているのに、冬眠する勢いで皆さん買いに走る、そろそろ止めませんか?
飽食の時代でいつも美味しいものを食べているのに、正月だからと買い込んだりしなくてもいいでしょうに、一向に変わらない習慣ですね。

最近、私の肉好きは知れ渡ってしまって、、、、昨晩も何回目かの忘年会。
大好きな 「シャブシャブ 」 行きました。  

飽食、飽食。

 

 

 

 


2013年12月22日(日曜日)

忘年会?

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時34分02秒

今年何回目かの忘年会に参加者の1人が「オーパスワン 2005」を持参されて、
「神の雫」に出てくる高名なワインを飲ませていただきました。

「さすが、香りも高く・深い味わい」と言っておきますが、とにかく美味しかった。
安いワインが飲めなくなったら、どうしよう。。。
さもしくネットでビックなお値段を見て、又 ビックな驚き。

はい、本当に身分不相応でございました。

 


2013年12月12日(木曜日)

渡辺貞夫の笑顔

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時24分16秒

誰かのことを思い出す時にいつも脳裏に笑顔で現れる人も居るけど、愛嬌の悪い私の場合は他人様にはどんな顔でイメージされるのだろうか?

先日来TVで、  ジャズサックス奏者の渡辺貞夫が80歳を迎えましたと、話題になっていた。いつもながらの良い笑顔で。

40年ぐらい前に洋服の学校の夏期講習会に上京した際に、赤坂のニューオータニに宿泊した。
友人と2人でエレベーターで部屋に帰る時、ドアが開いてラフなシャツ姿の渡辺貞夫が乗ってきて、びっくりしたことがあった。
凄く印象に残っているのは、彼が本当にいい笑顔でエレベーターに乗ってきた場面で、
勿論そこいら辺のおじさんと違って、カッコよかった。 
資生堂のコマーシャル「カルフォルニア・シャワー」で一躍世間に認知される前ではあったが、ジャズ好きだったので、
勿論彼のことは知っていた。

当時、20歳そこそこの人間が贅沢にも宿泊できるホテルでもなかったが、同伴した同級生が予約してくれたので、
まあ人生経験としていいか・・・・と、、、世間知らずだったからできた話ではあるが、
さすが一流ホテル、、、、芸能人に会うなんてなどと、暢気に考えていたあの頃が懐かしいと言えば懐かしい。

部屋からは、赤坂の迎賓館が正面に見えた。
その後に角川映画「人間の証明」で、ニューオータニの帽子型の建物を何度も目にすることになるのだが、、

 

 

 


2013年12月3日(火曜日)

疲れモード

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時38分36秒

広島交響楽団は創立50年を迎え、記念定期演奏会では 
チェロの「ミシャ・マイスキー」の演奏を楽しみました。
素晴らしかった! さすが世界でTOPクラスのレベル。  
ずっと楽しみにしていたことが済んで、祭りの後のような気分。

 

週末は朝のレッスン後に同窓会の世話人会に駆けつけ (その時点でXさんに、「何か変よ」と言われたけれど)
昔のご近所さんの通夜やら、その他書けないことなど色々あって、、、、
目まぐるしい展開で疲れきっていて、心ここに在らずで、どうもしっくりこない、
「ぼーっ」としている状態で、仕事もしたくなくて、なぜだかPC前に。

 

大丈夫かい、、、私。

 

 

 


2013年11月23日(土曜日)

京都の紅葉

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時42分19秒

  京都 永観堂の紅葉

自由業の気ままさで、ウィークデーに今年も京都の紅葉を観に行きました。
さすが観光都市ですから、商魂たくましい部分も見せつけられますが、毎年スゴい観光客です。

古都の雅、キレイですが、今年は台風の影響やら寒暖の関係で昨年の比でなくて、物足りない色合いでした。

まあ、昨年が美し過ぎたのでしょうが。。。。

 


2013年11月20日(水曜日)

冷や汗の日々

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時48分50秒

個展での注文を失念していた作品があるのが判明。

気の長い友人から「まだ?」とメールで、思い出し、、、、 冷や汗がたらり。
注文を受けた時にお客様が立て込んでいて、メモってなかったのです、最悪。

「紅籐のインテリアかご」  紅籐は、つる性のかずらで、ほとんど家具類に用いますが最近柔らかいものがなくて、、、水に浸すこと10日。
それでも硬くて、腰を痛めそうなくらいの肉体労働のような作業になりました。  

         

無事に出来上がって安堵いたしましたが、こんなこと初めてで、プロにあるまじきこと。

反省なら猿でもできる、もしや他に忘れ物はないかと。。。。。?? 


2013年11月15日(金曜日)

新蕎麦

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時13分00秒

先日NHKの「プロフェッショナル」では、広島の豊平町「翁達磨」で蕎麦打ちをしている、高橋邦弘名人を取り上げていた。
彼は特に広島ではチョー有名人。

蕎麦好きだけど彼の打った蕎麦を食べる機会には恵まれそうにもない、、、歩いて行ける距離 「蕎麦切り 吟」 に。

この店では暖かい蕎麦の時は、薬味が ねぎと黒七味・・・・・
京都の原了郭の黒七味、以前この店で知り、ネットで取り寄せたほど気に入って使っています。

だけど今日は冷たいお蕎麦で、緑色の新蕎麦、、、この時期だけのものだから、さすがに香り高い。

 


2013年11月12日(火曜日)

シャガールの赤

カテゴリー: - 前田八重 @ 23時45分16秒

多彩な色使いで宙を漂うカップルや動物を描いたシャガール。

 

250点余りの作品で、パリ・オペラ座の天井画やオペラやバレエの衣装デザインや舞台の背景画、教会のステンド・グラスなど、多方面に精力的に仕事をしていたなんて不覚にも知りませんでした、職人的なマインドを感じます。 特に習作の点数はかなりの量です。

本当に 「こんなシャガール見たことない」 なのです。

多彩な色に魅了されます、特に赤に。

元気をもらいました、、とにかくご覧ください、オススメです。


2013年11月10日(日曜日)

Autumn in 比治山

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時05分52秒

 

比治山は来週末くらいが見ごろかな? 今日も歩きました。

 

今日は、県知事選挙投票日。
投票ハガキを出したら、いつもなら生年月日を聞かれるかれるのに、今日は「お誕生日の日にちを」と言われた、
思わず確かめたけど、聞き間違いではなかった。
これも、個人情報保護法のせいなのか?

以前の個展で新聞の取材を受けた時に、年齢を載せられるのが判っているので、載せないでと交渉したことがある。
歳を隠したいのではなくて、仕事に年齢なんて関係ないと思っている。
経験年数が知りたければ、そう書けばいい。

個人的には選挙の件も含めて、世の中かくあるべしと思っています。

 


2013年11月3日(日曜日)

音楽の力

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時04分56秒

 

1ヶ月くらい前に岩国のシンフォニアホールに 「辻井伸行とウラジミール・アシュケナージ」のコンサートに出かけた。

やはり、彼のピアノの音は清らかで魅了された、楽章間に拍手も沸いた。

灰色の脳細胞を清らかな流れで洗われた感じで、清新さに包まれたコンサートだった。

 

今月末はチェロの「ミシャ・マイスキー」のコンサート、これも楽しみにしています。

 

 

 


2013年10月28日(月曜日)

シンボリック・ツリー

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時26分49秒

先週末は高校の定期総会の実行委員会で母校へ。
入口にあるクスノキの大木、原爆にも耐えたであろうこのシンボリックな木の樹齢は100年を超えていると推測できますが、
在学中はこの木の下を足取り重く通った思い出の方が強い。

高校生活自体に余り楽しい思い出がないのです。
特別な恩師の存在も無いし、こうして忙しい時期に時間を作って、
お世話させていただいているのも、妙な心地です。

 

 


2013年10月22日(火曜日)

冬の陣、終わりの始まり

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時02分08秒

先週末は、生徒さん用のクリスマス・正月作品のデザインと創作で明け暮れ、この月曜日の呉教室の行き帰りが身に堪えたこと、、、
多分にその疲れが残っていたようです。

今年は早くから頭の中でスケッチしていたけど、いざ創るとイメージが違っていたり、必要とするオーナメントが無かったりのM的作業の連続、、
それを同時に両方を済ませてしまったので、意外にも疲れていたようです。

 

生徒さんに、順次に製作していただいて、、、

今年も後2ヶ月。 すぐ終わります。

 

 

 


2013年10月19日(土曜日)

密やかな楽しみ

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時32分00秒

少し前ですが、散歩コースにメルヘンチックなキノコが・・・・・余りにカワイイので。

個展で会場を飾った Tさんのお庭からいただいた 「八重のどくだみ草」の根を水栽培で育てて、プランターに植え替えました。
可憐な八重の花が咲くのを楽しみにしています。


2013年10月14日(月曜日)

M女史と〜

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時26分58秒

M女史からのお誘いで、広島護国神社の献茶会に。

買茶流の会で、この写真だと分かりにくいですが、神様へお香、お菓子、お茶を家元がお供えされる一連の所作を見させていただきました。

今年は伊勢神宮の式年遷宮の年にあたり、色々な行事をTV特集などで見る機会に恵まれ、日本人と神との関わりに興味を惹かれていますので、良い経験になりました。

M女史は美に対して厳しい方なので、お会いする時は毎回ドキドキしながら出かけますが(時々、ヘアスタイルやメイクにご意見をいただきまする)、
毎回実のある会話を楽しめます。
30年のお付き合いで多くの良い影響を受けてきました、大切にしたい方です。

ps: M女史はアンチエイジングの見本のように、お綺麗な方です。
    努力の大切さを無言で教えてくださっています。
   

  

 


2013年10月13日(日曜日)

チョイスする作業

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時33分40秒

籐の表皮=籐皮の厚みを削っています。
メーカーから送られてきた素材の厚みが一定でない時や、より薄いもの(0.3mm〜0.6mm位)が必要な時は、とても時間と手間がかかるのですが、自分で挽いていますが、 この作業の後は肩がパンパンになります。
竹を学んだ時に別注して造った削り専用の工具がとても役立っていて、時間を遣り繰りして5年も6年も通ったことが、
今となっては自分を助けています。

優れた映画はキャスティングと言われているように、佳い作品を創るのも同じことが要求されます。


2013年10月9日(水曜日)

芸?

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時05分39秒

24号台風は大したことはないと、高を括ってベレンダのよしずを倒すのを忘れて寝てしまった。
買った時からいい加減な作り方の中国産だったのが、もう数年を経ていたので (ちょっと端の辺りがほつれていた)、風で部分的にバラバラ崩れてしまった。

参ったな、本領発揮か、、、、
いつでも直せたのに、とうとう重い腰を上げて、梱包ひもで直すことに。。。。

籐を習った人なら知っている、二本縄で編み直しました、
生徒の皆さん、習ったテクニックは何にでも応用できるのです。

芸は身を助く?  

 

 


2013年10月7日(月曜日)

保湿の時代

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時04分51秒

最近では男性にも美肌の時代が来ている。

イケメンブームもそれを助長していると思われるが、例えば福山雅治のスベスベ肌を見て、とても彼が40代半ばとは思えない。
肌の美しさは若々しさの証明みたいなものだし、見ている方も心地いい。

どこの化粧品メーカーも保湿の大切さを訴えている。
水分量が減少すると、日にも焼け易いしシミ・ソバカスが増え、果てはシワに繋がるって解っているのに・・・・・・
昔はシワの多い人を見て苦労したのねと思っていたが、最近では手入れを怠ったと思われる時代になってきた。

アンチ・エイジングの時代・・・しんどいけど、確実にそういう時代が直ぐそこです。

 

そして一番忘れてはならないのは、心の保湿かも。

 

 


2013年9月20日(金曜日)

彼岸花

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時07分54秒

 

あでやかな赤。 

秋らしくなり、今年もこの花の時期になりました。


2013年9月19日(木曜日)

比治山の狸ばやし

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時06分01秒

下手な写真で恐縮ですが、狸が連なっているのですが、、、、?

 

今日は中秋の名月、美しい月でした。

 

 


2013年9月12日(木曜日)

フランシス・アルバート

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時30分31秒

フランシス・アルバート、誰だか判りますか?

不思議女将のやっている日本酒の店では、女将が 「私のことをフランシスと、お呼び!」と、、、、、酔っているのか? いないのか? いつも分からない。 そのフランシスさんではなくて。。。。。。

 

フランシス・アルバートとは、タンブラーで供される薄い琥珀色のカクテルの名前です。
ワイルド・ターキーとタンカレー・ドライ・ジンを1対1で混ぜたもので、通常カクテルをつくる時にベースとなるべき酒を2つ混ぜるのですから、凄く強そう、しかも他社の銘柄ではいけないらしい。

昔から、ヘミングウェイ、チャーリー・チャップリン、ブリジット・バルドーなど人名の付いたカクテルは聞いたことがあるけど、、、、
実はこのフランシス・アルバートって、フランク・シナトラの本名なのです。  らしくない名前で。

確かに強いが悪酔いはしないと聞いたが、最近アルコールに弱くなった私には試す元気などない。
いつか体調の良い時に、カッコいい初老のマスターと若いボーイさんとでやっているバーカウンターのお店で、試したいなと思っているけど??

きっとシナトラの歌のように、癖は強いが圧倒的な魅力のあるカクテルに違いないと・・・・妄想は膨らむ。

 

 


2013年9月8日(日曜日)

水の国日本

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時32分31秒

             

福島、大七酒造の古酒 「妙花蘭曲」 なかなか手に入らない、マニアには喉から手のお酒。
身分不相応なお酒を、とあるお店でサービスしていただいた、ワインのような端麗な味わい。

東北のお酒は無条件に美味しい、水が良いからに違いない、ずっと造り続けてほしい。

 

だけど豊かな水が原発の地下にも流れていて海に流れ出している。こんなこと、始めから判っていたことなのに、、、、
オリンピック招致に成功はしたものの、あの放射能をいっぱい含んだ水はどうなる???

 


2013年9月5日(木曜日)

平和への長い道のり

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時14分28秒

広島市の3館の美術館と数箇所の会場で、「アート・アーチひろしま 2013」と題して、「平和」をテーマにイベントを開催中〜10.14。

                                                                                            

  「迷宮」  山本基 作   塩を2トンも使っています

県立美術館            ピース・ミーツ・アート!
ひろしま美術館          イサム・ノグチ〜その創造の源流
広島現代美術館         サイト 場所の記憶、場所の力      3館共通チケットあり、循環バス めいぷるーぷ も運行中。

 

関連イベントとして、すでに終わりましたが「尊厳の芸術展」という展示は、 米・スミソニアン美術館で2010に開催された70年前に日米開戦を受け強制収容所に隔離された日系人達が、粗末な道具と拾ったり地中から掘り出した素材で製作した作品の展示で、人間らしく生きるために厳しい環境の中でも「ものつくり」で心の慰めを求め、失うまいとした不屈の精神を想像するに、在米日系人の子孫としては一際胸に迫るものがありました。
戦争中には日系2世の中にはアメリカ兵として出兵を志願した若者や、日本の学校に留学中だったりで日本軍兵士として徴兵され、兄弟で敵味方となって戦った家族も多かったと聞いています。 

ちなみに日系人の442部隊はヨーロッパ戦線の一番厳しい戦地に行った・行かされた、、、、
戦後、働きを認められてアメリカ社会で受け入れられるきっかけとなりましたが、彼らは特に2世達は、2つの祖国の間で翻弄され続ける人生を生きてきたのです。 アメリカ人でもなく、日本人でもない自分の立場に悩みつつ。


2013年8月29日(木曜日)

寝たきり老人予備軍?

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時13分43秒

定期的に血液検査を受けている。
今回は、少し疲れ気味だったので、、、、、

結果・・・・・今回もOK。

先生曰く 「強いて言えば今回も白血球が少し低い数値くらいで(昔から)、悪いところはないけど、基本的に虚弱体質なんで。。。。」

そう、病院通いを繰り返しながら、細々長生きするタイプ。 医療費のかかる面倒な年寄りになる。

 

長生きしそうなのも、余り嬉しくない。

 


2013年8月26日(月曜日)

立場の違い

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時54分59秒

「自分の都合で いい雨 悪い雨」

 

この週末、広島には久々の雨だったが、各地では被害が出るほどの豪雨。

冒頭の言葉は、直ぐ側のお寺に貼ってあった標語。

 

人間とは勝手なものです。

 


2013年8月14日(水曜日)

オレンジ赤

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時39分59秒

  

このところ頑張っているウォーキングで毛皮の面々と会った後に目にする、平和大通りの日没。

夕焼けを見ることで、人の心が落ち着くと云われているのは、一般には茜色と言われる色のせいかと…
濃くて暗めの赤、茜色は「あかね」という植物から染めた色ですが、
私は夕焼けに自分の好きなオレンジ系の赤を強く感じます、、、、夏だからかしら?

 

それにしても、この暑さは彼岸まで続きそうな気配・・・・・

 


2013年8月8日(木曜日)

夏でも毛皮の面々

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時01分42秒

この春は花粉に苦しんだので、怖くて比治山の散歩コースに足を踏み入れることもできなかった。
かなりの運動不足になってしまったらしく、どっと筋力が落ちた。

少し前から、この暑さの中でウォーキングを再開しているが、朝弱い私は夕方の時間を選ぶしかなくて、、、、本当に暑い。

だけど、もっと暑い方々が・・・・・・

    

飼い主から捨てられた、この毛皮の面々を憐れに思う人達がエサを持って来る時間に合わせて、涼しい日陰の石畳の上でくつろいでいて、かなり近寄っても逃げません。

ところで、この写真に何匹の猫ちゃんが居るか、判りますか?
よ〜く、見てください。4匹じゃないですよ。

 

 

 

 

 


2013年8月6日(火曜日)

食欲低下?

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時42分53秒

                   

最近、新顔野菜を多く目にしますが、写真はコースの最後あたりに出てきた冷菓で、
上に載っているのは食用「ほおずき」です。甘くてしっかりした味でした。

 

この暑さでも食欲はそんなに落ちていないが、調理意欲の低下が怖い。
たまには、こうして外の美味しいものも良いですね。

もの言わぬ婆やが欲しい。

 


2013年7月27日(土曜日)

試作錯誤

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時58分06秒

来年用の試作品ができ上がりました。

もう既に改善点が見つかっていますが、少しでもBESTになるよう、自分で使ってみて更に改善していきます。               

              なぜか、シルバーの金具がゴールドに写っています

 


2013年7月25日(木曜日)

夏の楽しみ

カテゴリー: - 前田八重 @ 20時56分09秒

今日・明日と近所の稲生神社の「越祭り」で、建築途中のマンションの隣の空き地(労働金庫のビル建設用地)を開放して、
俄か屋台みたいな店とテーブルと椅子が並んで、子供達のはしゃいだ声が聞こえてきます。
こちらはベランダの水遣りをしながら、チラと見るだけで。。。

このところ暑さの中雑事が押し寄せ、外出が増えていてウンザリしている毎日ですが・・・・・
来年8月の皆実高校同窓会総会は、私の期が世話人年で、もう今頃から準備に入る為の会合があったり、、、、しかも1週間前に召集がかかり、レッスンを振り替えてもらったりと、今頃から人を振り回す。
我がクラスは動く人数が少ないので、かなり不安。
だけど何もしない面々に限って世話人に対して目立ちたがりのやることだの、暇人がやることだの色々言うのが常。
世の中はこうしたものと諦めているけど、総会となると600人以上の参加者になるので、することも多そうで、何ができるのか?
多分同期会よりも会合も多くなると観念せざるを得ない。

自分の個展の準備に差し障っては困る・・・・・仕事させて!!

             

           の楽しみは友人宅から届く、朝採り野菜。
           この瑞々しさったら、至福の想い。
           肉食人種の私も、このところ野菜を食べるのに忙しい。


2013年7月21日(日曜日)

いろいろな出会い

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時34分39秒

今回の個展では、朝日新聞の記事を見て20年くらい前の生徒さんが訪ねて来てくださったり、たまたまギャラリーの前を通りかかった昔の生徒さんがお声を掛けてくださったり・・・・・・今回も色々な再会や出会いがありました。

偶然の再会をした生徒さん、20年くらい前に新聞社のカルチャー教室に通っていただいた時は学生さんでした。
聞けば、結婚後岩国市でアトリエを持ち陶芸家をされていて、今回広島市古江町のギャラリーで個展をされているので、先日お訪ねしました。

嶋田 真理さんの   「Raku + Ji 」  楽と磁によるオブジェとウォールデコール という作品展です。
〜7/28日まで  古江東町9−24 スーリヴェール  tel082−507−1860

大胆な楽のオブジェや、白くて薄い肌の磁器で造ったパーツをブーケ状にして、それを額に飾ったウォールデコールなどの作品でした。
とても心華やぐ作品で、気に入りました。 実物はDMより、もっと素敵です。

              

彼女がこんなに、ものつくりがお好きだったのなら、私の後を継いでもらいたかったなと、勝手なことを考えたりしましたが、
ものつくりで生きて行くのは辛いので、誘う方も誘われる方も勇気が要るから、どうだったろうか・・・・・・・・??

だけど始めた限りは、この陶芸の道で最後まで頑張ってほしいし、応援したい。

彼女にお願いした作品が、出来上がってくるのが楽しみですが、また ご紹介いたします。

 

 


2013年7月11日(木曜日)

八重の夏の陣

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時50分42秒

NHKの大河ドラマでは、このところ八重が会津を守るために激しく戦っていますが、
こちらの八重の夏の陣は、昨日最後の作品を発送して、全て終わりました。

無事に終わり安堵しています。

               
最後のbagは昔からのお客様で、有難くも4個目のお買い上げです。
多くの方々が一度お持ちになって使い易さを実感されると、又買ってくださり、お知り合いにもコマーシャルしてくださる。
有難いことです。

今年で14回目の個展でしたので、製作過程ではまあまあ年間計画に沿ってきてはいますが、書けませんがその他色々避けて通れぬことが沢山あって、年毎に精神的に強くないとやっていけないと感じます。 特に個展期間中に色々あるんです。。。。。
 

来年への申し送りを自分の中に何点か、、、これをクリアすべく、そろそろ来年用の試作品に取り掛かります。

心は来年に向っていて、猛暑の毎日だけど私の夏は終わった気でいます。。。。。

 


2013年7月3日(水曜日)

おばさん度

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時03分15秒

先日「ばら寿司」をしようと思って、アナゴを買いに行った。
私はいつでも「ばら寿司」ができるように、ごぼうを買った時などに一人では使いきれないし、
ささがきごぼうと冷蔵庫の野菜を入れて寿司用の具を煮て、小分けで冷凍している。
要は寿司好き、思い立った時に食べたいので、いつも自分で焼いたアナゴも冷凍しているのに、その日は切らしていた。

それで、魚売り場でアナゴを見ていたら、突然どこかの知らないおばさまに、
「ちょっと、見てや!  こんだけで、900円もするんよぉ!」 と、広島弁丸出しで話しかけられた。

見ると、蒲焼のうなぎの1切れが (1匹の4分の1位の大きさで、それも細目)パックに入って、確か¥.1000近くした。

この方、とにかく自分の驚きを誰かに伝えたかったのでしょうね。

「わっ!、本当に」と、お答えしたら、
おばさまは、「びっくりじゃ!」と、言いながら、パックを元に戻された。。。。。
しかし、確かに高い。
そう言えば以前、うなぎの捕獲量が少ないから値上がっていると、ニュースで見たのだった。

おばさまの理不尽な驚きを誰かに伝えたいは、とっても解る。

私もそのうち、見ず知らずの人に向ってさえ、自分の驚きや想いを訴えるのだろうか。。。。。

未だ、私は恥ずかしいが先にたつが、スーパーではものを言わずに買い物できるので、
何日も誰とも話さず仕事をする私がたまに買い物に出かけても、一言も発することもなく帰って来るのに、
ちょっと、面白いドラマ的出来事だった。

 

 

 

 


2013年6月28日(金曜日)

癒しの入口

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時49分23秒

ステキなホルム。                    

         

      2年前からお世話になっている癒しの場所のドア。

         皆さんにも見ていただきたくて〜〜

 

PS:  この写真、スマホの待ちうけにしています。

 


2013年6月27日(木曜日)

Wha’s new

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時37分36秒

個展終了から1ヶ月余り、生活が通常に戻った感じ。
悔しいけれど歳と共に、なかなか取れない疲れ、それも身体よりも精神的なものが〜〜そんな気がする。

 

昨晩の夢に見たのか? 
目覚めてから、早速に模様替えをしようって思い立って。。。

昔は仕事に詰まると模様替えをしていたが、何度もぎっくり腰を経験しているので最近では諦めて・・・・ほとんどしなくなっていた。
今回は腰をガードするベルトを付けて、万全な態勢で。

大昔から母の実家にあった「押入れ箪笥」を、PCルームから寝室に移動させた。

                            

写真で見ると立派に見えるけど、かなり傷んでいる。素材は桐で、最近よく見かけるコッテリ漆が塗ってあるような物ではなくて、
押入れ用の家具なので素朴な造りで、そっけないくらいな感じが気に入っている。 それに軽い。

なんでも what’s new はいいものなので、、気分が変わってより良いリラックスに繋がってくれるなかな・・・・??

 

 


2013年6月18日(火曜日)

懐かしいお客様

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時35分16秒

先日生徒さんの住所録の中に、ドイツに行かれたDさんのドイツの住所やTEL番号が書かれたメモがあり、彼女の事を思い出しているところに、
以前の生徒さん・Nさんから「バスの中でDさんご夫妻に偶然会いました」と、メールが来て、、、、
思わず「エ〜!」って、、、

                 レッスンが一緒だった生徒さんは、懐かしいでしょう?

今回は、彼女のお母様の80歳の誕生日祝いの為に2年半振りの帰国でした。
デビット・ボウイ似のご主人Tさんは、あんなに日本語がお上手だったのに、ほとんどお忘れになったようで、どうも居心地が悪かったらしく、一足先に帰国されていました。 
結婚されて6年以上経ちましたから、彼にとっては外国語なので、使わなければ忘れても不思議はありませんね。

おしゃべりに花が咲き、楽しい時間を過しました。

忙しい帰国日程の中で、お心に掛けていただき、嬉しいことです。


2013年6月15日(土曜日)

Amazing

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時49分51秒

友人のお誘いでオーケストラ・アンサンブル金沢弦楽四重奏の演奏会に。
ナビゲーターは俳優の西村雅彦。
ちょっと気軽な演奏会というか、肩の張らないコンサートだった。

               

         

私の隣は60代後半〜70代と思しき女性だったが、座って直ぐからガサゴソとバッグを開けたり閉めたり、演奏が始まってもバッグのファスナーの音が耳につく・・・・携帯も出したり入れたり。。。。。
皆が静かに聴き入っている会場なのに、この方は全然演奏に集中していない。
私も、スゴく迷惑。

過日「森山開次」のダンス・ワークショップでも同じような人が居て、皆の視線を集めたが、ご本人は我関せず・・・・・全然通じていない。

ほんの少しの時間さえ、静かにじっとしていられない落ち着きの無い人、
こういう空気が読めないというか、無神経な人間、どこにでも居るのよね。

 


2013年6月4日(火曜日)

個展終了

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時49分03秒

個展の搬出を30分で終了、さすが慣れておられる方々が上手く動いてくださいました。

お陰さまで今年の個展は、昨年を上回る成績で終了いたしましたので、持ち帰りは軽くて済みました。
皆様に感謝です。

明日からはレッスンが始まり、注文品の製作も始めねばなりませんが、取り敢えずは身体を休めます。

 


2013年6月2日(日曜日)

後、2日

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時12分52秒

昨日・今日と雨模様でしたが、どっと固まってお客様が押し寄せず、ゆったりの波でありながら、おしゃべりも楽しみつつ、
昨年よりupペースで推移・・・・・毎年、前の年を超えられればOKなので。

ギャラリーの薄いカーペットの下はコンクリートなので疲れますが、やっと足の腫れは引き、
1日8時間の立ち放しに、慣れてきました。 
やっと!

後2日良い出会いがあり、楽しく過せますように。。。。。


2013年5月31日(金曜日)

個展2日目

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時47分24秒

今日も1日ほとんど立ち放し、足がパンパンに腫れていて、クタクタ。

毎年個展初日には写真入りで書き込むのに、、、昨日は早めに休んでしまい、
今日はカメラをギャラリーに置き忘れ、写真もUPできませんが、とても順調に進んでいます。

休憩できないほど忙しくて、思わぬ出逢いやら思わぬご来廊の方もあり、世の中は狭い・・・・・って出来事もあったけど、
又いつか書くことにして〜〜

とにかく、GOODなオープニングです。

明日はどうやら雨らしいけど、雨にも負けず頑張りまする。

 


2013年5月29日(水曜日)

明日から個展

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時41分55秒

昨晩個展の作品をギャラリーに搬入しました。
昨日まで展示されていたのは、「ステンドグラス」作家の方でしたが、お手伝いの方が来られないので、ギャラリーの方々と共に搬出の梱包をお手伝いしました。
私は毎年、お手伝いの生徒さんが数名おられるので、有難くも早い時間で完了いたしました。感謝。

今日はギャラリーの定休日なので1日の猶予をもらい、ちょっとゆったりして、明日から6日間がんばります。

1年間の自分なりの努力に対するジャジを受けることになります。
嬉しいような、怖いような・・・・・・・ドキドキしています。

    直前に楽しんで作ったカエル(見えるかな?)、会場にはカエルと亀が居ますので、ご覧ください。

 

早くも梅雨入りしてしまい、私がいくら晴れ女でも天候が心配。
多くの方においでいただき、良い出逢いを期待したいと思います。

 

珍しく今年はTVの取材が今のところ入ってないけど、朝日新聞広島版に写真入りの囲み記事を載せていただきました、中国新聞のカルチャーセンター講師であり、中国新聞社が協賛のDMを出したのに、、、、、朝日新聞の懐は大きい?! 、とにかく有難いことでした。
永らく縁ある中国新聞は、どうなのよ・・・・・・??


2013年5月26日(日曜日)

本物もののパホーマンス

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時13分15秒

C・ルルーシュ監督作品、ジョルジュ・ドンが凱旋門の上で圧巻のダンス・パホーマンスをする映画  「愛と哀しみのボレロ」を観て以来、
ダンスに興味を持つようになり、TVでも映画でも機会さえあれば観ています。

それで今回、ダンサー&振付家の「森山開次のダンスワークショップ in ひろしま 2013」に参加しました。
勿論 森山氏と一緒にダンスしたのではなく、ファンとして見学して来ました。

森山氏とは帰りのcafeでも一緒になり、170cちょっとくらいの身長で大きな人ではないのですが、踊ると大きく見え、その身体能力の高さと洗練された感じはさすがでした。

         http://www.kaijimoriyama.com

             

              本物は一味違います。

 

 


2013年5月21日(火曜日)

美味しい季節

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時46分39秒

ベランダに日除けのアンブレラを出した。 
昨年は元気がなくて一度も出番がなかったけど、この下で作業したり、お茶を飲んだり、たまには食事もする。

こんな街中でも吹き抜ける風が心地いい!                                            

               

この季節は過し易いし、美味しいものが出回る時期なので、それも楽しみ。
最近は毎日新タマネギの甘酢漬けやスライス・サラダで新タマネギのオンパレード、きっと血液がサラサラ、そしてソラマメや葉物類、
もう直ぐ鮎の季節だし・・・・・大好きサクランボも出回ってきた。

元気を取り戻せそう。

 

 

 

 


2013年5月17日(金曜日)

自分のペース

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時09分39秒

 

DMも全て出し終わり、個展まで2週間を切ったのだが、包装関係のものや展示に必要な備品の準備も始まっているので外出も多くなっているから、今している仕事はアクセサリー関係の小さいものや、定番品の補充などで、コマ切れの時間でもできるものをしている。
泥縄式に今頃大きな作品や新作を作っている方がおかしいし、そういうものは余裕を持って創らなければ佳いものはできない。

それでも昔はギリギリまで仕事をして、目の下くま子になりながら初日を迎えていたが、長い間に余裕を持つことを学んだ。
元気な状態でも6〜7日も会場に立ち放しはヘトヘトになるのに、体力を回復していないと耐えられない。
元々愛嬌がよい方でもないのに、笑顔も出なくなる。

たまには息抜きをしたいし人が作った食事をしたくて、行き着けの店に行ったりすると 「個展前なのに・・・・・大丈夫か?」と心配される。
私もゆったりしたい日もあるし、敢えてそうしているに理解されない。  

「見くびるんじゃない! もう14回目の個展なのだから、自分のペースで動いておるわ」 と言うのも面倒だし、、、、、

 なんだかな・・・・・って感じ。

 

 

 

 

 


2013年5月11日(土曜日)

灰色の脳細胞

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時19分08秒

 

ベランダの「姫ヒオウギ」が咲き始めました。   ささやかだけど、元気をもらいます。

              

イベント前には自分の体調も、展示に必要な物品も含め準備を整えます。
去年みたいに個展直前に「ぎっくり腰」ならないように、
重いものは極力持たないように注意しますが、スタッフが居るわけでもないので、どうしても無理してしまう。

少し休みたいし、私の気分転換には劇場に映画を観に行くことくらいしかないけど、連休明けで夏休み前の映画業界は谷なのか、
観たい映画もなくて・・・・・疲れた灰色の脳細胞を高揚させるような作品には巡り合えそうにもない。


2013年5月3日(金曜日)

恐縮の日々

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時43分03秒

GW後半、お隣さん家族は(小学1年生と幼稚園児の4人家族)、フラワーフェスティバルに行かれたのか、先程女の子のはしゃぐ声が聞こえていた。
家族サービスも大変、若い時しかできないな〜

さて、DMの宛名書きがほぼ終わった、1000枚分のうち半分くらいを手書きする。
あとは、数十枚ずつを配っていただく方に封書で送らせていただいたり、お届けする。
それが私にとっては凄くプレッシャーで、こちらの勝手で面倒なことをお頼みするのが、どうも気が引ける。
何事も出会いなので、多くの方にお知らせしたいのだが、柄にもなく恐縮してしまう。

それに、毎年何人か出し忘れがあるのが悲しい、アドレス帳をきちんと作ってないのも問題だけど、順に書いているのに飛ばしたりしている。

そして製作仕事とはモードが違うので、又製作に戻った時が能率が上がらなくて困る。

 

                      「遠くにいきたい」と思う毎日です。

 


2013年4月29日(月曜日)

デブとヤセ

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時23分43秒

家の中より外の方が暖かい。
ずっと引きこもって仕事をしていると、わからない。

 

永遠のヒット曲「メリー・ジェーン」でお馴染みの つのだひろ が彼のDJ番組で語っていた。
最近、20K痩せました、夜のご飯が一番楽しみだけど、どうしても食卓にあるものは食べ尽くしてしまうし、食べる速度が速いので、
奥さんに頼んで「弁当」を作ってもらい、それに入る量だけしか食べないようにしたら、、、、、痩せたと。
20Kも痩せて身体が軽いと、お腹や顔や首は明らかに違ってくる。
そして、8時までに食事が終わるが理想的だと。

TV企画で、森公美子も痩せていましたね。

要は、いい歳になって若い時と同じ量を食べていたのでは × だということです。

わがクラスにも、肥って困るとおっしゃる心臓に持病を抱えた方が、お酒は弱く甘いものが好きな方で、食べる量が多いのと運動不足もあるのかと察します。
次回レッスンで「つのだひろ」のことをお伝えしようと思いますが、

肥りたいのに肥れない人も居れば、大嘘ですが水を飲んでも肥ると?言われる方も居て。。。

 

 


2013年4月25日(木曜日)

若沖の屏風

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時42分10秒

長い間花粉が怖くて洗濯物も部屋干しにしているので、今日の天気につられて、久々に窓を開け放し、、、気持いい!

 

出掛ける機会が多くて仕事が停滞、、、暫くレッスン休みが続くので取り返せるとは思うけど、世の中はゴールデン・ウィークに突入。
毎年私のゴールデン・ウィークは仕事をして、勿論息抜きもするけど、追い込みの時期に入る。

いつもの事、息が詰まると 「遠くに行きたい」と思う。
仙台での「プライス・コレクション」、伊藤若冲や江戸時代の絵師の作品が観たい、特に若冲の「鳥獣花木図屏風」が観たい。
あの象を・・・

広島空港からは仙台行きの便があるはずだから・・・・・・と、妄想は果てない。


2013年4月20日(土曜日)

菓子博に

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時57分49秒

                      菓子博ポスター

全国菓子大博覧会・広島が昨日より開催され、友人と彼女のOL時代の同僚の方々と早速に行ってきました。
菓子業界・関連産業の振興と開催地域の活性化が目的のお菓子の祭典ですが、今時デパートの地下売り場には厳選された全国各地の銘菓が並んでいる、こんな時代にこんな博覧会が必要かどうかと。。。。。??

テーマ館には、15分の1大の宮島をお菓子で再現した展示や、全国の和菓子職人やパティシエが製作した工芸菓子が展示してありました、細かい技術の集大成ですが、徒弟制度の中で習得した技術なので同じような作品が多くて、オリジナリティ溢れる作品が余りに少なくて、ちょっと疲れた。

 

一緒に行った友人とは今回35年ぶりの再会でした。
2年前にNHKの「釣瓶の家族に乾杯」で、その日のゲストの高橋英樹がアポ無しで飛び込んだ大洲市の老舗菓子屋の女将が音信不通になっていた小学校時代の同級生で、それ以後お付き合いが再開しました。 メディアの力は多大です。
彼女のお友達も楽しい方々で、菓子博はどうでも・・・・楽しい集いになりました。


2013年4月15日(月曜日)

久々の宮島

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時59分18秒

仕事が一段落したので、上下町の指し物師・岡田君の作品展を観に宮島のギャラリーに。

             

I さんからのオススメの「あなご飯」のお店に。

                                上品で美味。

いつものメージャーな道でなく、大昔から神官の住居が並ぶ格式ある裏通りを散策。いつもと違う宮島を体験。

                   1日で10km余り歩き、帰りには足が攣った〜


2013年4月14日(日曜日)

バンザイ!

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時45分07秒

                   

仕事机(1m×2m)に全体が載らないくらい大きい牛の皮革、これが牛1頭分の皮革です。
牛の皮革も人間と同じで、個体でそれぞれ違いがありますが、私はツヤがあり張りのある皮革が好きです。
この皮革を裁断・縫製してバッグの付属品を完成させて、今回の個展に出すバッグ数十個が全て完成しました。

思わず独りでバンザイ!

悩みながらも、1個1個完成品を見るのは楽しい作業でした。
来年の改善点にも既に考えが及び、やはりどんどん進化していきます。

明日からは、インテリアものに取り掛かります。


2013年4月6日(土曜日)

能率アップ

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時46分47秒

桜も今日の雨で散ってしまうのでしょうが、日本人は桜が好き〜

私は満開の時もあでやかで美しいと思うけど、桜の散り際が好きです。
ハラハラと静かにフェイドアウトしていく様が潔くて好き ・・・・私もこうありたい。
 

         

先週初にDMの写真を撮影を済ませ、数年前からのお付き合い・熊本の印刷屋さんから、DMが出来上がってきた。
もう、個展まで逆算で仕事を進めなければならない時期になってしまいましたが、仕事が楽しい!

最近は脳科学者の茂木健一郎方式で、時間目標を立てている。
週単位でプライベートと折り合いをつけながら、目標の作品数を決めて仕上げているのが、かなり能率を上げています。
目標に合わせて緩急もつけられるし、週単位で達成していくので、ダラダラもしなくなったし、集中力もアップします。

外出をせず、面倒なことは避けて仕事ばかりできたら幸せだけど、、、、、そうもいきません。

特に人任せの仕事が気に入らない私は全部背負い込まなければならず、これは仕方ないことです。

 

                 映りが悪いけど、ベランダでは、岩ヤツデが満開

                          

 


2013年3月25日(月曜日)

忙中遠出あり

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時20分17秒

久しぶりに25年くらい前からのお付き合い、お隣の県に在るカフェ・ラストランに、毎年ここの桜は見事なのですが、ちょっと早かったようです。 
道中で満開の桜は堪能したものの・・・・

 

                 

此処では、ゆったり時間が流れていて〜

私と同い年のオーナー夫妻は、いつも清清しく肌ツヤもいい、どこにもぶつからずのマイ・ペースで生きておられて、羨ましい。


2013年3月21日(木曜日)

重い気持

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時34分18秒

                 

三次の奥田元宋・小由女美術館で開催中の「篠山紀信展・写真力」に。
篠山紀信が有名人を撮った写真よりインパクトがあったのは、東日本大震災で被災された一般人を撮った写真で、
どの人も哀しい目をして何かを訴えているのです、直視できないほど切なくて、泣いてしまいました。
これこそが写真力!、この方達を忘れてはいけませんね。
                 (奥田元宋・小由女美術館)

一緒に行った洋服の学校時代の友人は同級生だけど、4月2日生まれの私と彼女が同い年なのはたった2日だけ・・・・・・
彼女は次の年の3月31日生まれ、誰よりも一番に歳をとる私は複雑な想い。

思い出せば、洋服の学校では各種学校賞を毎年いただいていたので、先生として学校に勤めるように誘われましたが、人にものを教えるなんて嫌だとか、女ばかりの世界は嫌だと断って〜〜紆余曲折の後、こうして教えることも稼業にしているなんて、驚きです。

最近は特に教えることに疲れを感じることが多くて、永くできそうにありません。
教えることで使うエネルギーを創作に費やしたい、、、、長い間にかなり磨り減ってしまいました。
指導することをどうしようかと、、、、考えているところです。  

面倒なこと、今も色々抱えています。


2013年3月20日(水曜日)

ベランダの春

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時56分32秒

 春が来た。                    

               野生のビオラ

                                             けなげに咲いています。 

先日東京農大の小泉武夫さん・TVなどでは発酵学のコメンテーターとしても有名ですが、
「酒・伝統的なものつくりに学ぶ」という内容の講演会に行きました。
好きな研究をされているご本人が一番楽しんでいるのが伝わってきて、聴く方も楽しい時間を過しました。

好きなことが仕事になっているって、幸せですね。


2013年3月14日(木曜日)

Thinking of you

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時16分36秒

今年も「伝統工芸展」を観に行き、帰りに静かな美術館の図書館で2時間余り美術書のページをめくりながら、、、、、心休まる大好きな時間です。
きっと何か・いつか創作の助けとなってくれる?かもしれませんね。

最近はミシンと手で縫う仕事が続いているので、ちょっと頭の中は余裕で、勿論仕事のことも考えるけど、、、永らく会っていない友人達のことを思い出したりしています。

どうしているのかな・・・・?
元気なのかな・・・・?


2013年3月8日(金曜日)

連鎖

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時49分41秒

見逃したアカデミー賞最優秀作品賞の「アルゴ」が私の目論み通り、劇場で再演されているので仕事の合間に駆けつけた。

出掛けるギリギリまでアイロンを使っていた、外出の際は必ずコードを抜くのを習慣にしているのに、急いで出掛けたので・・・・本体でのスイッチはOFFになっているが、コードを抜いていない・・・・・古いアイロンなのでコードからの漏電だとか色々考えられ、急に心配になってしまい映画に入り込めなくて、惜しいことをした。  
出掛ける時は、特に映画を観る時は万全を期して行くのが通常なのに・・・・いけませんね、忙しいと、こうなります。

考えてみれば昨年の夏から、クーラー、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器を買い替えて、ほんの1週間前には加湿空気清浄機を購入、次はアイロンか?
使い始めも全部違うのに、どうして連続するのだろう。。。。。。

 


2013年2月28日(木曜日)

手仕事の極み

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時27分09秒

バッグの持ち手と中裏付け作業に入りました。

バッグは編み上がったら持ち手と中裏を付けて完成ですが、趣味でやっている人なら1個ずつ完成させるのでしょうが、そんな能率の悪いことはできませんし、イベントに出すにあたっては、偏りのないようにする為に、数十個のバッグが完成するまで溜めて、、、、全てをジャンル別に並べ・・・・・
創り手の気力を使う楽しくて辛い作業=持ち手と中裏の色と仕様を一気に決めて・・・・ミシンと手作業に頼る作業に入っていきます。

          中裏が縫えた状態、これをバッグの中に手作業で縫いつけます。                                                       

肩の凝る作業が今週から始まりましたが、編みのモードと縫いのモードは違うのです、毎回暫くは手際が悪くて・・・・1歩進んで2歩下がったり、プロといえどもこういう状態に陥ります。


2013年2月25日(月曜日)

Oscar goes to ・・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時20分09秒

今年もアカデミー賞授賞式を朝からライヴで楽しんだ。

最優秀作品賞受賞の「アルゴ」は悔しくも観逃したし、アン・リー監督のCGだらけの「ライフ・オブ・パイ」が最優秀監督賞を受賞するなんて、、、信じられないが、これも観ていないけど観ようとは思わない。
未だ日本で封切ってない作品が多く、今回ノミネされていた中て観たのは「ゼロ・ダーク・サーティー」と作年クリスマスに貸切状態で観た「レ・ミゼラブル」だけで、、何とも言えないが、「アルゴ」はこの受賞を機にどこかの劇場で再映してくれるのを待つか、wowowが早いか?

最優秀外国語映画賞の「愛、アムール」 は、ミヒャエル・ハネケ監督で、主演があの 「ジャン・ルイ・トランティニアン」様。 
仏人嫌いの私が唯一憧れのフランス人俳優、 映画「男と女」で世に出て、「暗殺の森」 のクールなイメージが大好きでした。
トランティニアンが扮装をしているとしても、こんなに歳を召したお姿で・・・・と、先日劇場での予告篇でショックを受けて帰ったあの映画が、、、、どうやら、身につまされる感動作らしい。  もう直ぐ、広島でも公開されます。
共演のエマニュエル・リヴァは主演女優賞ノミネされていて、彼女は確か岡田英次と共演で広島で撮影した仏映画「ヒロシマ モナムール」という映画で来広し、彼女がプライベートに撮影した戦後間もない広島の写真が、数年前に写真展として公開され話題になった女優さんのはずだけど、彼女は今日が誕生日で85歳になると聞いた。

ショーの中で楽曲賞のコーナーで今年50周年を迎えた007シリーズを記念して、シャーリー・バッシーが登場しての007のテーマ曲は凄い迫力だったし、レ・ミゼラブルの主演キャスト勢ぞろいでの合唱シーンはゴージャスでした。

レベルの違いをひしひしと・・・・制作費だけの違いではないでしょう。


2013年2月23日(土曜日)

カモガヤ?

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時39分03秒

絶不調から1週間、体調は少し戻ったものの、アレルギーの血液検査では スギ、ヒノキは勿論、カモガヤという初めて知った植物にまで反応が出てしまい、5月いっぱいくらいまで長引くであろうと、言われた。 
カモガヤって、何?
写真を見せてもらったが、そこら辺の雑草みたいで区別がつかない・・・・・

レッスンも休むわけにもいかず、病院通いもあるので出掛けているが、当分マスクは離せない。

                                                                  
                                  

                  いい香り、、、好きな花です                                                          

 


2013年2月19日(火曜日)

絶不調

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時28分00秒

期限を決めての仕事は、とても頑張れていたのに、
先週中頃から背中と腰の痛みがあるところに、花粉症が強く出て頭痛はするし、顔はアレルギー症状で「おてもやん」みたいに真っ赤だし、内臓のあちこちも不調に陥り絶不調の週末で、やっと普通の生活と普通食に戻たところです。

かかりつけの病院で、「前田さんは、虚弱体質だから・・・・」って言われたが、確かに子供時代から病気のオン・パレード。
私は一人世帯でありながら、昨年分の申告でも軽く医療費控除を受けられる金額を大きくオーバーしている。 
歯のインプラント治療で大金を払ったとか、ではない。 
数多くの病院通いで、この先医療費控除は毎年のことになりそうな勢い。

歳をとって元気で居るって、私には相当大変そう。
知り合いに「起きたきり老人」候補が居るが、私は「寝たきり老人」候補に間違いない、特別に悪いところは無いけれど、血圧も低めで体力が無いだけなので、養生しながら長生きするに違いない、長生きは若い世代に迷惑を掛けるので、老人は早死にしなければならい旨のことをどこかの大臣が言っていたけれど、今の医療はなかなか死なせてはもらえないし、、、唸ってしまう!

今年はPM2.5の影響もあり、喘息持ちの私は外に出るのも怖い、最近頻繁コマーシャル中の花粉を取る加湿空気清浄機、
本当に花粉を取る効果があるのだろうか?
無いより在った方が良いくらいの効果では困るのだが、とりあえず、これにでも頼ってみようかと考えているところです。


2013年2月10日(日曜日)

感性を養う

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時16分01秒

歳と共に集中力が無くなりますが、憂いていても仕方ないので、最近は目標の期限を切って仕事を進めています、とても頑張れています。 

             

今週行ったチェロのコンサート「チェロ・アンサンブル カンティレーヌ」vol.2
広響の主席チェリストのマーティン・スタンツエライト率いる12名の国内外で活躍するメンバーによる、ジャンルにとらわれない楽曲でのコンサートで素晴らしかった、  感動した・・・・小泉首相みたいでイヤだな。。。。

昔、友人に「八重さんは、感動し易い」と言われた、私には嫌味に聞こえた、彼女が何を指して言ったかは知らないが、心に余裕が無い状態の時は何も心に響かないと思っている、いつも心が柔らかく感動する心を持たないと、ものは創れないと思っている。
だから美しく感動できるものを探して生きている。

      心を閉ざしている人には、他人の厚意さえも有難く感じないでしょう?・・・・

                                 オープン・ハート 大切です。


2013年2月3日(日曜日)

如月

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時59分49秒

2月は、まだまだ寒い日が続き、衣を更に重ねて着ていたことから、「着更着」「衣更着」との呼び方が転じたものと・・・聞いたことがありますが、このところ暖かくて体調を崩しそうだし、花粉も心配。                                                                                                                                       

 

                 暖かい陽射しに、気持よさそうなベランダの一葉

先日は同級生の女史3名の楽しいおしゃべりの会、楽しかった。
何日も誰とも話さず仕事をすることの多い私には、肩肘張らない仲間との会話は癒されます。 テンション上がった瞬間でした。

さて、もう直ぐ申告の時期ですから、済ませるものは済ませて、、、、バッグの持ち手・中裏決めのM的作業が待っています。  
楽しくて、一番気力の要る時間です。

 


2013年1月27日(日曜日)

プロの技

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時04分26秒

容院では顔の産毛剃りはしてもらえない。(理容師の資格がある人でないとできない)
容院で男の人に剃ってもらうのも抵抗があるので、自分でいつもいいかげんに剃っていたけど、一度ちゃんと容院で剃ってもらおうと、女性の理容師さんの居る店を探した。

中央で畳めて小指を引っ掛けて使える金具の付いたナイフ、昔父が愛用していたのと同じような〜あの髭剃りナイフでエステのように蒸気を当てながら、2度剃り、、、耳の産毛まで剃ってもらって、顔はピカピカ、1トーン明るくなった。 さすがプロのワザ!
顔のエステやヘッド・マッサージなどと同様、とても気持よくて寝そうだった。

昔我が家には、父の愛用のプロ仕様の髭剃りナイフとそれを研ぐ皮革があった。
その研ぎ皮は、皮革と厚い布のものなどと数枚が綴じられていて、シュッシュッと音を立てて父が研いでいたのを覚えているが、きっと砥石でいうと荒砥から仕上げ砥の役目だったのだろう。
父は月1度には、散髪屋や理髪店などと言っていた理容院で散髪と髭剃りをして、日々電気カミソリで髭を剃り、日曜日には風呂上りに蒸しタオルの後に泡を顔に塗りながら、プロ仕様のナイフで丹念に逆剃りまでしていた。
きっと父は髭が濃かったので、電気カミソリだけでは用を成さなかったのでしょう。。。父は全てにおいて、拘りの強い人だったから、、、
ここを受け継いだかも。
そんなことを思い出しながらの顔の際剃り体験でした。

昔は髭の濃い男性が多かったのか、最近は髭が薄くてゴミみたいな髭しか生えない男性が多くなっているし、濃い髭は恥ずかしいと思う人まで居て永久脱毛する人も居ると聞きました、イケメンブームのせいでしょうか?
髭の生えない男性もどうかと思うけど、私は髭の男が大キライ!  おしゃれで生やしてるのもイヤ!  全てむさ苦しく見える。
髭の許せる男性は、S・コネリーくらいで、平たい顔の日本人に似合うわけないと思っている。

ブサイクでむさ苦しいのが束になってるなんて、ガマンできないから、「EXILE」がTVに出てくるとチャンネルを替える。

 

 


2013年1月25日(金曜日)

独り祝杯

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時44分20秒

 

懸案だったことを昨日クリアして、安堵したところですが、
たまたま昨晩は食事会の予定があったので、自分の中では「お祝いの会」になりました。
ああ、しんどかった、それで忙しい目に遭っていました。

説明するのが面倒なので誰にも話さず、大好きな鴨のメニューで独り祝杯でした。

 

                                    

 


2013年1月20日(日曜日)

癒しキャラのSちゃん

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時54分39秒

 

気付いたらPCの前にさえ座れないくらい忙しくて・・・・・「今年からブログ頑張りまする」が嘘になるところでした。
ああ、何か忙しい!

元生徒さんのSちゃんがアトリエに来てくれました。
トイレに行くのに、トイレのドアを開けるのじゃなくて、座敷の引き戸を開けて、、、
    (昭和初期の平屋じゃあるまいし、今時引き戸のトイレなんかないでしょうに・・・・・)
「あっ、 違うわ!」  と、のたまわった。
2〜3度目の訪問なのに・・・・・・・・ね?

Sちゃんらしいと、、、思い出すたび笑える。 癒しキャラなんです。
ちょっと能天気で明るい! 
キレイで明るくて、いい性格だけど、時々想像もしてないことを言ったり、したり、とにかく面白い。

こんなこと書いていいの?  って思うけど「書いたよ」って言えば、
「ひどい!」と言って笑って許してくれると想像できる。  

どこかに彼女に合う男性は居ませんかね??

 


2013年1月9日(水曜日)

私の習性

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時21分07秒

 

私のブログを読まれて、「えっ! お正月から仕事してるの?」と、思われている方もおいでかもしれませんが、
自分の体調や仕事の段取りに合わせて作業を進めているので、捗らない時などは突然休日にしたり、さっさと仕事を切り上げて出掛けたり・・・・いい気分の時には、いい仕事ができますから、正月だからとか関係ないのです。

たまにゆったりしようとしても、間が持たなくて、、、、仕事に戻ってしまうことが度々あり、とにかく家に居ると仕事をする習性になっているみたいなので、基本的には仕事しないと決めた時は、出掛けてしまうことにしています。

今日は昼からレッスン0ff日なのですが、昨日から仕事が捗らず、編んだり、ほどいたり、気に入らない出来になってしまうので、仕事は止めて、、、
普段は即 映画に行くけど 、観たい映画もないので、家でちょっと凝った料理でもしようかと思っています。

そんな感じで、ウィーク・デイに遊んでいたり、日曜に頑張っていたりしています。

 


2013年1月4日(金曜日)

もう4日・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時40分39秒

 

                     

甥と姪の子供たち、8歳男子、5歳男子、3歳女子、1歳男子と新年会。
子育てをしたことがない私には、子育ては若い時にしかできない大事業だと思われ、みんな頑張れとエールを送ります。

 

あっいう間に新年も4日、今年も1年が早く過ぎそう。

 

 


2013年1月1日(火曜日)

おめでとうございます

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時04分03秒

                     オリジナル・唐辛子で作った正月飾り

 

睦月は 「仲睦まじく」過す月と書きますが、今も昔も人々にっとって大きな楽しみだったのですね。

暖かいお正月です、こんな街中でも今日は静かに時が流れ、時折電車のコトン・コトンという音が聞こえるだけです。

今朝は軽くお祝いの膳をいただき、いつもと変わらぬ生活で、、、仕事をしています。
年々集中力が無くなり、仕事が巧く捗どらない時もありますが、今年も宥め好しながら繰り返し繰り返し、忍耐強く仕事をしていきます。

きっと仕事をしないとウツになりそうなほど、生活=仕事になっていて、同時に心の穴ができた時も仕事で埋められる時もあり、
元気で仕事ができるうちが花だと、有難く思っています。

元気で1年過せますように。。。初詣でお賽銭をはずんでみようかな !?

 

PS : 今年はブログをサボらず、コンスタントに頑張りまする、ある生徒さんから、ブログ頑張れと!・・・励ましていただきました。

 


2012年12月31日(月曜日)

この1年

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時01分03秒

今朝は雪が積もっていて、静かな大晦日です。
本当に早い1年で・・・・と、毎年言っていますが、10月くらいからは、あっと言う間でした。

充実しているとか忙しいだけでなく、沢山の出来事に追われていて、今年の10大ニュースを見ても、もっと前の出来事のように感じます。
時代のスピ−ドも早くなっているのでしょう。  人の噂も75日じゃなくて49日くらいになっている感じですね。

今年は初めての画廊での個展でしたが、前年を上回って終わることができ、皆様に感謝です。

病院通いが増えた1年間でしたが、特に寝付くほどでもなくて、有難かったです。

 

多くのお客様、生徒さん、友人に支えられての1年間、ありがとうございました。

 


2012年12月30日(日曜日)

今年やり残した事

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時41分10秒

早い・・・・・・・あっと言う間の30日。
大掃除の途中、息抜きにPC前に座ったところです。

年毎に1年が早くて、毎年やり残したことが沢山ありながら生きています。
私にだけ少しでいいので時間を貰えないかと勝手なことを思いつつ、1例を挙げれば、季節物・例えば新しいお雛様とか端午の節句の作品をデザインしたいとか、ずっと先送りにしていることが沢山あって、この年末・年始の間には完成したいと思っていますが、、、、
大掃除なんてしいてる暇はないのだけど。。。。。

 

私的には年末に肉好きの友人と 「おっとり」癒し系の若い夫婦のお店で、大いに語り、呑むのを楽しみにしていたのに実現できず心残り、、
その店のカワイイ女将は1月2日が出産予定日ですから、彼女とも暫く会えなくなります。。。。 

 

 

 

 

 

 

 

 


2012年12月25日(火曜日)

クリスマスの贈り物

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時54分14秒

                                 

本日、150席のシアターを私一人で貸切って、封切り直後のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」を贅沢に鑑賞いたしました。
なんて幸せなクリスマスでしょう。

本当は、その時間帯に私のほかに観客が居なかっただけで、、、、それでもフィルムを回してもらって、申し訳ないような気持ちがしましたが、長年の映画好きへのクリスマス・プレゼントだと考えて、有難く楽しませていただきました。

市内の6館で公開されていますが、このシアターのは35mmフィルムでスピーカーも他の劇場よりハイレベルと聞きました。

ミュージカル映画は、前もってレコーディングしたものを流しながら口パクで演技するのが普通ですが、この映画では実際にキャストが歌いながら撮影したらしくライヴみたいな映画になっていて、さすが一流の俳優は歌わせてもパーフェクトでした。

主演のヒュー・ジャックマンは数年前のアカデミー賞授賞式で司会をした時に素晴らしい歌を披露しました、その時にアン・ハサウェイと共演していたので、この2人がかなりのエンターティナーとは判っていましたが、ラッセル・クロウの歌もさすがでした、なかなかの完成度です。
オススメいたします。


2012年12月24日(月曜日)

Wの悲劇

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時51分38秒

クリスマス・イヴになると、いつも思い出す人が居ます。
彼女の誕生日は12月24日 イヴなのですが、彼も居なくてデートも無いし、友人達はそれぞれデートで忙しくて誰も気遣ってくれないし、仕方なくご両親と過すのだけど、クリスマス・ケーキで誤魔化されて、なにもプレゼントを貰えないと、、、、バブルの頃のことでした。

その Wの悲劇 の彼女は今どうしているのでしょう〜

今の世の中は、男女共にそんな人が多いと思いますけど、、、私も似たようなもので・・・・・・・


2012年12月21日(金曜日)

今年のクリスマス作品

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時20分30秒

   いいこと、悪いこと、色々あるけど、 、、メゲテいて、ブログをさぼっておりました。

                                   今年のレッスンも、後3回で終わります。

            クリスマスのスワッグ、ブリザーブド・フラワーが付いています。

  


2012年11月27日(火曜日)

あでやかな美

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時35分56秒

晴れ女、大雨の予報を覆し、、、、秋の京都を歩く

                  龍安寺                        源光院                 光悦寺

              雨に濡れ、ひときわ艶めいた紅葉が風に舞って、あでやかな散り際を満喫。


2012年11月19日(月曜日)

冬の陣、ラストスパート

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時53分18秒

冬の陣のうちクリスマスの作品は全て終わり、正月作品のデザインが完成して材料調達も完了しそうで、やっと今年も一安心。
12月中旬には生徒さんへのレッスンが完了して、自分の中では今年が終わったことになります。
そして年末・年始は永いレッスン休みがありますが、関係なく仕事をするのが私の恒例です。

毎年11月は体調が悪くて病院通い〜それも数軒に及びますが、こんな時は仕事も芳しく進まないので、
気分転換に旅行でもしたかったのですが、、、、
月末までに京都に仕事絡みで行かなければならないので、諦めました。

ここからは年末まで、あっと言う間です。

 

 

 


2012年11月8日(木曜日)

紅葉

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時24分16秒

                      

何年も前からある直径8cくらいしかない植木鉢の盆栽の紅葉、今年はひときわ色鮮やか。

                            


 

 

ベランダで文字通り、紅葉狩りを楽しんでいます。


2012年11月4日(日曜日)

もの創りのへんくう者?!

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時01分55秒

趣味のグループが毎年開催している作品展示会のレセプション・パーティーに今年も伺った。
紙粘土細工、水彩画、木版画、焼き物、ガラス絵、木工細工、カバン・ミニチュア・洋服、木工、アクリル・パステル画、家具、カービングなどで楽しんで創作されているのが伝わってきて、こちらも楽しくなる。
そして皆さんグルメの酒好きで呑んで語り、持ち寄りの手作り料理も魅力的で、チャンドンの会の方の賑やかな音楽に踊る人も居たり・・・・・

何か主張したいからこその「もの創りなので」勿論私も含めて、、、主義・主張の強いへんくう者の集まりかもしれないけど、理解しあえる部分も大きいから繋がっている〜〜趣味での「もの創り」は楽しい。
プロになるとそうはいかなくなるが、それが可能なのは羨ましい。

これで3回目の参加だけど、私の顔も覚えていただいて、、、、しかも狭い広島なので、予想もしなかった知り合いに遭遇する。
昨日は幼馴染の奥様に(同級生だったご主人はもう亡くなった)、彼女とは親ぐるみの付き合いだったけど、長らく音信不通だったのに2、3日前にスーパーでバッタリ出会ってから、、、又してもの再会で驚いた。

石蹴りゃ誰か知り合いに当たる・・・・・・・広島は狭い!

 


2012年10月28日(日曜日)

我が家の秋

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時32分00秒

朝晩が冷える時期となり、すっかり秋色になったベランダのコバナズイナです。

                  

必死に行くまいとしていたアレルギーの病院だけど、喘息が出ても困るので先日とうとう受診し、処方された数種の薬でクシャミも収まり落ち着いた。
アレルギーの病院とはこの先も縁が切れない、そして緑内障の治療も死ぬまでしなければならない・・・・・
きっと長生きの私なので気が遠くなる。
強いて長生きはしたくないが、血圧は低め血液検査はOKとなると・・・どうやら長生きしそう。。。。

今頃からなんだけど、もしや死後数日経過して発見さたとしても同情してほしくない、独り暮らしの人間には覚悟の上のこと、、、、などと、
秋の夜長は色々なことを考えさせる。


2012年10月21日(日曜日)

BAG・bag・バック

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時42分25秒

      

          フリーのデザイナー「和井内京子の仕事展」に布バッグを見に、やはりディティールに神宿るでした。
           楽しい時間を過しました、素敵な作品展です。 

                                

                      オリエンタル・ホテル広島 デザインギャラリーで開催中  〜 11.6

  

                                

 


2012年10月19日(金曜日)

DO HO SUH in between

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時27分07秒

レッスンoff日に駆け込みで散歩コースの現代美術館で開催中の「ス・ドホ」展に。

韓国人アーティストのス・ドホの作品のスケールは大きいのに、繊細なディティールに東洋人らしさを感じますが、とても個人的な繋がりから世界の文化や社会まで繋がっていることを視覚化していて、中でも「カルマ」と「サム ワン」の発想が素晴らしい。
メイキングのフィルムは、とても興味深かった。
やはり 「ディティールに神宿る」 なのです。

こうしてオススメしても、21日(日曜日)で閉幕です。

                                      

秋晴れの気持ちの良い日に佳いものを観た後、 ビア・ランチしてしまいました。
ビールと言っても発泡酒で、、、       昼ビール、 好きです。


2012年10月17日(水曜日)

秋なのに

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時25分28秒

  今日は久々の雨だけど、このところドライブ日和だし 「何処か遠くに行きたい」 唄の文句じゃなくて、
    誰か誘って・・・・・
                                     散歩コースの鶴見橋から〜 

       

 

     今、冬の陣でクリスマスの作品にトライ中、、、、毎年、毎年 悩ましいことです。

                     散歩コースの被爆柳、痛々しく鉄の棒で支えられています


2012年10月10日(水曜日)

花粉

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時24分35秒

確実に花粉が飛んでいる時期で、何やら頭痛もするし、連続クシャミでカシミア・ティッシュが山積みになる。
自分に合った市販の鼻炎用カプセルを常備しているが、喉が乾くし肌もカサカサするので、いざという時 にしか飲まないし、今のところはアレルギーの病院も拒否している。 

秋の雑草に強く反応するので、ぐっと寒くなって雑草 が枯れるのを待つしかないのか?、受診するか?
                      ある日突然に花粉症になるらしいけど、私のは永い。    

                              花粉症には、散歩もままにならない季節の到来です。


2012年10月8日(月曜日)

幸多かれと・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時15分52秒

                                    

     既に銀杏の葉が黄色くなっていて、確実に季節は進んでいるのですね。

                               

           昨日は親戚の結婚式 (仏前結婚式)に出席致しました。  沢山の季節を重ね、幸多かれと祈るばかりです。。。。


2012年9月30日(日曜日)

進化する「こだわり」

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時26分30秒

12年前に買っていただいたBAGがお直しで帰ってきた。
数年前にも一度お直しをした、その時は裏がほつれていたので替え、色も褪せてきていたので独断で色のリメイクをして、美しいBAGにしてお返したが、今回は「今年買ったBAGの皮革の持ち手が手に優しいので、このBAGも持ち手を皮革に」 というご要望で里帰りしている。               

               

この方のように修理して更に使おうという方は、大事に使っていただいている、ちょっとした不具合で使わなくなた方も多いと予想するのだが、何度でも修理して使えるのに、勿体ない。
お買い上げの時にお伝えしているのに・・・・・・

普通の皮革のバッグだって3年〜5年も使えれば寿命だという考え方もあるけど、私はもっと永く使っていただきたいと心から願い、
そのこだわりはどんどん進化している。 それで今年の個展のDMには、進化するバッグと銘打った。


2012年9月28日(金曜日)

達郎ワールド

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時47分39秒

唄の入ったCDはジャズ・ボーカル以外は自分で買ったことはなかったけど、今週「山下達郎 OPUS」 ベスト・アルバム初回盤(3枚+ボーナス・トラック盤)を買い、昨日から仕事をしながら聴いていて良い気分転換になっている。

             

彼がNHKラジオでDJ番組をしていた頃から聴いて、民間局になってからは毎週日曜日には福山雅治の番組とセットみたいに聴いている。
彼の こだわりの高さ が伝わる曲を聴くだけだったけど、今回なぜか買おうと思い立ち1ヶ月くらい前に予約した。

歌はせつないのがいい、、、などと思いながら聞き惚れたり、アップテンポの曲は昔を懐かしんだり楽しい。

あの草間弥生が次に生まれ代わったら歌手になりたいとのこと・・・・・どんな唄を唄うのか興味あるけど、声を出すことは歌っている本人をも癒すのでカラオケするとストレス解消になるし、音楽は聴くだけで心癒される。
当分、達郎ワールドに浸りそう。

 


2012年9月17日(月曜日)

無口な私?

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時40分14秒

レッスンの無い日が4、5日続くとアトリエでカンズメ状態で仕事をしてしまうことが多い、その間に食料品の買い物に出掛けたとしても、スーパーなどではものを言わなくても買い物は可能なので、何日も一言も発しないことが多い。

そういう時に限って、面倒な営業のTELさえかかってこないし、知り合いとも最近はメールでほとんど済ませるので、TELの長話など無い。
顔の筋肉が固まりそう・・・・それで時々笑顔を作って口角を上げてみたりする。

その反動でレッスンでは、要ることから要らぬことまで、よく喋る。
どうやら、どこかでバランスをとろうとするものらしい。

          

このところPCの前にさえ座っていないくらい、なんだか忙しいけど、家で製作をしているのが一番幸せなのは間違いない。

         


2012年8月25日(土曜日)

夏バテ?

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時39分20秒

                            

20年近く通っている和食のお店のトイレのブタ君が可愛いのでUPしましたが、このお店はマスコミの取材NGのお店なので、店内の写真も遠慮したのもありますが、要は余り人に教えたくない。  

この夏は飲み会が少ないので体調が良い。夏バテと縁がない珍しい夏です。
日中冷たい飲み物を沢山摂り、夜は飲酒をして、食欲が低下する夏の生活は身体に良いわけないですから。

                                

この日本酒がいっぱい並んでいる店は不思議ママがやっているお店です、かなり日本酒が強い人でないと×なお店なので、
一緒に行く人が見つからなくて・・・・・・秋には誰かを見つけて。。。。。。


2012年8月19日(日曜日)

What’s new

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時48分04秒

TVニュースや新聞の記事を見て興味を惹かれ、広島市出身の若手現代アート作家・小平篤乃生(こひら あつのぶ)さんの
「City Sound 街の音」展 に。

ピンホールカメラでパリの街をモノクロ撮影し、録音した街の音のスピーカーの上にその写真をに乗せ、その振動で墨の粉を散らした風景画です。
モノクロの風合いと墨の軌跡が日本画や水墨画のようで、私には肌馴染みの良い、心地良い作品でした。長く書道を習っていたからかな?
とにかく、斬新な作品でした。 20日まで広島三越画廊、観る価値あり。

 

2004年に、P・アルモドバル監督の映画「トーク・トゥ・ハー」で、ピナ・バウシュの振り付けのダンスを知って以来、彼女のファンになってしまい色々な手段で彼女のバレエを観ましたが、残念ながら数年前に亡くなってしまったので、今回彼女の後を継ぐバレエ団メンバーとヴィム・ヴェンダース監督で「Pino 3D」を作品化したので劇場に観に行きました。
勿論彼女のインタビュー映像や踊っているシーンも沢山あり、3Dで観ると益々迫力あるダンス・シーンでしたが、こんなオタッキーな映画に多くの観客が居たのも驚きで、映画が終わって明るくなるまで1人として立ち上がる人が居なかった、、、、、なんてマナーの良い観客かと・・・・映画オタクとしても大満足でした。


2012年8月17日(金曜日)

来年用の1パターン

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時47分17秒

来年用の新作バッグの試作品を数個製作したうちに見本となるものが完成し、自分用のバッグとして使用してみて、不都合な箇所がないか点検する段階になりました。

暫く使用した後に問題点を改良して再度製作し直して、出来上がった作品が初めての完成品となり、やっと来年用のバッグの1つ目のデザインが完成したことになります。
そのデザインを元に色々なバリエーションを作り出すので、先は永い。

一部だけお見せします。 今のところ2ウェイバッグになっています。

                        


2012年8月16日(木曜日)

クールでクレバーに

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時21分04秒

数日涼しい日が続きましたが、日本を取り巻く情勢は熱くなっています。

品格のない言動と行動に驚きますが、日本の政府に未来を見据えた冷静で毅然とした対処ができるのか、
数年前のような幕引きで終るのはどうかと思うけど・・・・・凄く不安になります。

弱い政権の足許を見られた上に、日本の下手な外交のツケが一挙にきた感じですね、
ムカムカしますが、ここは国民も冷静で居なければいけないのでしょう。


2012年8月11日(土曜日)

夾竹桃の花

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時31分47秒

我が社の近所のお寺からも線香の香りが漂う季節となり、今朝の雨の後少し涼しいので、寺町界隈は墓参り客が多くて・・・
せみ時雨の中を墓参りに行ってきましたが、広島市の花・夾竹桃の花が咲いていて、この花は私に原爆を思い起こさせる花です。
歳と共に被爆者の原爆で受けた心の傷や苦しみを身近に感じるようになりました。
戦争を知らない世代ですが両親共に被爆者ですし、父が書いた8.6の日の手記を真剣に読むようになって、特にそう感じるようになったようです。

我々は幸せな時代に生きています。

 

なのに! 横着や贅沢を言ってはいけませんね、、、  
食にうるさい私が前号に書いたような横着な食生活をいつまでもできるわけもなくて、
その上 「もの言わぬ婆や」や「Iロボット」でも欲しいとか。。。。


2012年8月3日(金曜日)

南国の暑さ・熱さ

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時28分24秒

     暑中お見舞い申しあげます 。

                                   

ビームのような陽射しの毎日。。。。
食欲はあるのですが、料理する元気が出ません。
1人暮らしは、こういう時は外食かデパ地下惣菜で過せるので助かります、誰も文句を言う者は居ない!
とにかく、夏を乗り切りましょう。

古くは「冬のソナタ」から始まった韓流ドラマや韓国映画、かなりの本数観ました。
久々にハマッている韓流ドラマがあるのですが(題名は内緒です)、もう直ぐラストなので、楽しみが無くなってしまうかと思うと寂しくなります。
日本のドラマのが面白くないのも事実で、大人が観るに耐えるドラマが少なくなっている、それで韓流派に。。。。?
高岡蒼佑の言うフジだけでなく、各局共努力が足りないのでは?  

韓国のドラマ・映画は決まりきったストーリーのもの多いけど、人を惹き付けるパワーもあるのだと思います。笑いあり、愛憎ありで、、、
やはり韓国はアジアのラテンで、熱い国民性なのでしょう〜〜


2012年7月30日(月曜日)

夏の陣終わる

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時29分02秒

このところブログを連日書き込んでいるので、余裕あるじゃない?と思われるでしょう〜〜

少し前に今年の個展でいただいた注文品を全て納め終わったので、、、正確に言うと本当は後2個のバッグ注文があるのですが、「皮革使いのものなので、もう少し技術を上げて再度製作したい」と、お客様に来年の個展まで待ってもらうことを、お願いしたのです。
又、皮革の先生を訪ね・・・・教えを請います。

それで少しの間休息していたのですが、木のバッグのK先生と久しぶりにお会いでき、近況やら愚痴やら今後の進み方やら、
「もの作りの人間同士」で短い時間だったけど、何か通じ合えるもので、なんだかスッキリして心強くなって帰ってきた・・・・有難い時間でした。

来年のテーマも決まったので、そろそろ来年用に取り掛かろうと考えていて、どんなものが出来上がるか楽しみです。
きっと何個も何個も、、、、試行錯誤の毎日になります。
とにかく暑いので無理しないで、無理しようと思っています。


2012年7月29日(日曜日)

つる性植物

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時54分12秒

                

下手な写真で恐縮ですが、オオツヅラフジの盆栽に花が咲きました。5mmにも満たない小さな花で、初めて観ました。
                         オオツヅラフジのつるで編んだカゴです。

このつるは和歌山の方に採集していただいた高品質のものですが、広島の山にも探せばあると思います。
アオツヅラフジという種類もあり、綺麗なものは青ぽくて、昔から日本で編まれている かずらで(つる性植物を指して、かずらと呼びます)
あけび」と並んで扱い易い素材でもあります。


2012年7月28日(土曜日)

心はロンドン?

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時37分16秒

余りに暑くて眠れなくて、朝早くからオリンピックの開会式を観ることになってしまった。
選手入場は半分寝ていたらしく、日本チームの入場シーンは観ていないけど、映画で007を演じているダニエル・クレイグがエリザベス女王のお供をして執務室からヘリコプターで競技場へパラシュートでは・・・・・・観た。(勿論ヘリに乗ったのはスタントマン)

数ヶ月前に、このD・クレイグが雑誌記者役で主演した映画 「ドラゴンタトゥーの女」を劇場で観た。いいテンポのストーリー展開だった。
スウェーデンのスティーグ・ラーソンの処女作で遺作になってしまった「ミレニアム」3シリーズは、スウェーデンでも映画化やドラマ化された大人気作になった。その1作をハリウッドでリメイクしたのが第1シリーズの「ドラゴン・・・・・・」だった。
少し前から原作本の3シリーズを読んでいるけど、第2シリーズからはスパイが登場して、益々興味深い内容になっている。
文庫本で読んでいるけど、600ページくらいなので、かなりの厚さで3シリーズ共上下巻があるので、6冊もあることになるけど、ひき込まれ、、楽しんでいる。

イアン・フレミング原作の007シリーズはタキシード姿の素敵な男性がアクション・シーンを繰り広げ、ボンド・ガールも派手だったけど、
対照的に、つい先週に劇場で観た英国諜報部の元スパイを描いた 「裏切りのサーカス」の地味なこと、
ゲイリー・オールドマンの渋い演技が光ったけど、人間関係と場面転換が複雑で観客の方が頭脳戦で疲れた。

子供の頃から「007シリーズ」を観ていたので、今のD・クレイグも素敵だけど、やはりショーン・コネリーが印象深い。
ジョージ・レイゼンビーという1作だけ出演の俳優も居たとか、あのシリ−ズはスタイリシュでゴージャスな
オープニングのタイトル・バックが毎回楽しみだったなどと、色々思い出しながら半分寝ながらの開会式だった。





2012年7月25日(水曜日)

贅肉と下垂

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時21分48秒

太陽ビームを除け日焼けしないように、できるだけ午後4時を回ってからの外出を心掛けていますが、そうもいかないのが現実で。。。。

このところの暑さでビールが手放せない季節ですが、外で飲む機会は減りました。
家では夜中に製作が控えているので、1週間に1〜2度くらいしか飲みませんが、1人ではビール350mmが限度で、私は肉好きですから多少の肉類の惣菜をつまんだら、米・麺・デザートの類は食べません。 もう、昔ほどカロリーは必要ない歳ですし。
20代から体重は変わっていなくて、「胃下垂で肥れない」と言っていますが、、、歳と共に要らぬところに贅肉が付くので、気を付けています。 
体力は欲しいけど、体重も贅肉も要らないのです。
この背丈で肥ったら、ただの大女になるだけ・・・・・

特に中年以後は、誰でも全身の肉がたるむので、肥ると贅肉の分ごと加速して下垂するので、顔にもハッキリと出てしまうと思います。
勿論、ウエスト・ヒップあたりは惨憺たる状態に。。。。。

自民党の片山さつきの「大きな顔」を見る度に、ぞっとします、しかも若い時のヘアスタイル・洋服・色が今でも似合うと思ったら、大間違い。
夏の暑い時期には特に暑苦しい。
誰か教えてあげて!


私の下垂は胃下垂だけにしたいので、努力いたしまする。
しかし歳をとる程、努力することが増える気がする。

PS: 片山さんは公人ですので、、、、敢えて名前を出しました。 お許しを。


2012年7月8日(日曜日)

リタイア?

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時28分13秒

 久しぶりの青空。

                                   ベランダのギボシ  苔が美しい

M女史からの注文bagの色に悩んでいるところですが、
彼女には10数個のbagを買っていただいている上に、美意識が高く厳しい方なので、いつも自分磨きになります。

彼女は59歳で自営の仕事を他人に譲り、その後10年余り家業を取り仕切った後に完全に引退され、今は96歳の母上のお世話をされながらの生活をされています。

自営業の同級生のYちゃんも今月いっぱいで引退することになり、自営業の人間には定年とか引退なんて遠いことのように考えていましたので、
もう? って感じですが・・・・
昔から生涯現役を目指している私は1日でも長く仕事をしたいと考えてきたし、好きなことが仕事になっているので、仕事をしていないとウツに陥りそうで不安なのもありますが、、
いつか自分にもそんな日が来るのかと考えると、複雑な想いです。


2012年7月5日(木曜日)

マイナスの美学

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時18分04秒

2年ぶりくらいに、M女史に会った。
未だに色白でシワも少なくてゴージャス、私の憧れであり目標で、とても11歳も年上とは思えない。
歳をとって綺麗と言われることは、勲章ものです。

どんなに若い時に綺麗でも、放っておけばどんどん汚くなるのは当たり前、、中年以後に美しくいるのは努力次第と言われています。
歳と共に増えるシワは水分量が不足しているということで、干上がった水田のひび割れ状態ということですね。
そしてファンデーションが、シワに入り込めば、ひび割れがもっと深く見えて汚くなり肌色もくすむ。
だから歳をとると、顔が濃くなり清清しさが無くなる。
そんな残骸みたいな人が多いのも現実で、以前から歳と共に薄化粧にしていくべきだと考えていたので、
思い切って1年前からファンデーションをつけるのを止めました。
故にシミ・ソバカスを隠すことはできないけれど、「化粧してないの?」とも言われないので、今までの化粧品代は何だったんだろう?と
思う1年間でした。
カバー力の強いファンデーションほど、肌に負担のかかる良くない成分が多量に含まれているに違いないので、結果的には肌に悪いことを毎日繰り返していたわけで、、、、、

基礎的な手入れをしっかりすれば、どんどん肌力が甦ってくるし、手入れした分結果が出る楽しみもあり、まず軽くなった感じで快適です。

ファンデーションで隠すのを止めること、水分を中から外から与えること、オススメです。

 

 


2012年6月30日(土曜日)

帰れぬ年月

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時28分29秒

以前住んでいた町を数十年ぶりに訪ねました。
それも意図して訪ねたわけでなく、偶然の成り行きで・・・・・

昔あった商店街は無くなり、大きな道路が通るので立ち退きになった住居も沢山あるらしく、
まるで浦島太郎でした。

永い年月が経っているのは解っているのですが、同じ市内に居ながらこんなに変わっていたなんて、
驚きと懐かしさの間を行ったり来たりで、

軽い疲れを感じながらの帰宅でした。

 


2012年6月28日(木曜日)

ささやかな幸せ

カテゴリー: - 前田八重 @ 09時40分58秒

クーラーを使用する寸前の、涼やかな風が吹くこの季節には楽しみが・・・・・

果物を余り食べない私が毎年とても楽しみにしているのが、さくらんぼ で、
絶対、佐藤錦です。 
この赤い色が気持ちまで元気にしてくれる。  サンンキュー!!

                          

リンゴや柑橘系や、メロン(熟れる寸前の固いものだけ)などは、葉物サラダに入れて自家製ドレッシングで食べるので、
単体で食べるものとしては、この時期の さくらんぼ、秋の ラ・フランス が、私のお気に入りです。

ああ、ささやか!
 


2012年6月21日(木曜日)

前に・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時59分54秒

                                   

今年の個展作品用に、A4が入る大きさの文箱に挑戦しました。
底箱に対して丁度良い大きさの蓋箱にするのが、意外に難しくて〜
最初は少し大きく蓋を作ればよいと考えて創ったのですが、自分で美しいと感じる大きさにならなくて、何度も編み直して、、、、
何個も試作品を捨てましたが、未だ納得のいく作品になってはいませんので、又挑戦しようと思っています。


このところ、バッグの持ち手に問題が発生したり・・・・・
ミシンの操作を誤って動かなくなり、数日間使えなかったり・・・
落ち込んでしまいますが、どうにか解決しなければ前に進めませんので、、、、



2012年6月12日(火曜日)

水の月

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時45分57秒

                  

梅雨に入ってしまいましたね〜〜

                         やっと1つ目の注文品の製作完了。

                                

ベレンダに珍しいお客様。 久しぶりに見た。

                          やっと、やっと元の体調と仕事のペースに戻ったかも、、、 歳かな!?

 


2012年6月3日(日曜日)

初夏の便り

カテゴリー: - 前田八重 @ 09時57分00秒

夏の陣が終わって数日が経つのに、、なかなか疲れが取れません。



今年も、お山の巨匠から鮎が届きました。
今年の寒さが影響して水温が低く、エサも少ないのか小さくて、、釣れないそうです。
初物を塩焼きと鮎ご飯にして冷酒を一杯、又しても寿命が延びたかも〜〜

採れたての野菜や釣りたての美味しいものを頂くのは嬉しいのですが、
贅沢を知ってしまうのが困ったものです。


2012年6月2日(土曜日)

高貴な香り

カテゴリー: - 前田八重 @ 09時43分33秒

         製薬会社の所有する大庭園へ    

                                   

                                      

                              バラも今年の寒さで咲き遅れたようで、今が見頃。
                                           
                                              鮮やかな色の美しい花々と香りに、疲れも癒されるかも。。。


2012年5月30日(水曜日)

個展終了

カテゴリー: - 前田八重 @ 09時42分59秒

昨日で14回目の個展が、無事に終わりました。
会場においでいただいた方、お手伝いしていただいた方や全ての方々に感謝です。

今回は搬入の2日前に、ぎっくり腰になってしまって、、、、、慌てました。
腕の良い医師や周りの方々に支えられて、なんとか乗り切った 1日8時間×6日間でした。
ほとんど立ち放しで本当はヨタヨタで、よく耐えられたものです。

ニュースで取り上げていただいたことで、籐の皮がもっと世の中の認知度を高めていけたら嬉しいのですが、
沢山の来廊者に恵まれたことは、ラッキーでした。

ほんの少しだけ〜〜ゆったりして、今回いただいた別注品の製作を始めます。
余り休めませんが、創っている瞬間が一番幸せですから。。。

ps:
今回画廊を ギャラリー ヨコタ に変えたのは、以前の画廊に色々問題があり(スゴく書きたいけど、止めておきますが・・・)
中心部だけど裏通理りの立地と画材屋の画廊で絵画専門の画廊というイメージが強かったので躊躇したのですが、
スタッフ一同気持ちの良い方々で、私の身体はガタガタでも心は軽く〜6日間を過ごしました。
この画廊がもっと普通の貸しギャラリーとして認知されるよう応援したいと思っています。


2012年5月24日(木曜日)

個展開催中

カテゴリー: - 前田八重 @ 20時25分28秒

個展初日が無事に終わりました。

なんだか、忙しくて会場の写真を撮り忘れてしまいましたが、いいタイミングで何回も波がきた感じでした。

さすがに今日は疲れましたが、後5日いい出会いができますように・・・・・

花結びの花入れ


2012年5月23日(水曜日)

戦の前の静けさ

カテゴリー: - 前田八重 @ 09時42分48秒

個展会場の関係で、昨晩のうちに搬入を終えましたので、1年間で製作した作品を保管しているダンボールや、
いつも運び込んで展示台として使用している飾り棚などがなくなり、
部屋が広々・・・・・ すっきり!

初めての会場なので、展示台をどのように置くかに時間がかかってしまいました。
慣れている会場なら半分の時間で済むのですが、これも経験です。
今回もスタッフのように手伝っていただいている方々が手早く動いてくださり、助けられました。
一人では無理ですね。

今日1日は、「夏の陣」の前の休息日です〜〜


2012年5月18日(金曜日)

今年も・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時50分08秒

 

ヤマボウシが咲き始めました、かずらのカゴと相性がいいので、
昨年も個展会場を華やかにしてくれました。              

アトリエで地元TV局の取材を受け、来週の個展会場での収録と共に編集してニュース番組で流れます。

幸運にも毎年どこかのメディアに取材していただきますが、大きな力を発揮します。

ps: 予定では、25日 18時台のRCCニュースにて放映


2012年5月13日(日曜日)

シダ籠

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時42分00秒

ずっと前から大野町の工芸品の「しだ籠」のことを知りたくて、、、やっと機会を得て廿日市市まで観に出かけました。
昔は「茶碗めご」と呼んで陶器を洗った後に、水切りに使用していたのを憶えています。

                             

ゴシダ(ウラジロ科)を採取後、湯で煮た後よく揉んで柔らかくして籠を編むのですが、直ぐ硬くなるので茹で上がった時に編まないといけなくて、しかも晩秋だけが採取時期なので昔は農家の副業で作っていたようで、常時シダを手に入れることは不可能。

もう少し自然ぽい素材だと思っていたのですが、細くてワイヤーとかプラスチックぽく、ツヤもあり水には強いもので、編むのは籐を編むのと同じですが、とにかく硬いので直角に立ち上がったりは無理で制約が多い素材です。 丸いものしか製作できません。

どの素材も一長一短がありますね。

よその生徒さんにもの申すのもなんですが、もう少しきちんと編んで、裏の始末もしたほうがよいのでは?・・・・
うちの生徒さんは優秀です。スパルタですから!?


2012年5月12日(土曜日)

忙中ライヴあり

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時14分43秒

前からずっと行ってみたかったのに、いつもレッスンなどで機会を逃していた、「ブルーライヴ 広島」 のライヴに出かけました。
去年くらいに広島のウォーター・フロントにできたライヴ・ハウスで、今回は広島出身・在住のミュージシャンによるジャズ・ポップス・フュージョンの夕べで、シアター形式で400席弱の会場になっていましたが、レストラン形式だと150席らしいので、けっこう広い会場でステージも広い。
「ブルーノート」には及ばないでしょうが、こんなライヴ会場がやっと広島にもできて有名なプロが来広し、彼らの演奏が身近に聴けるのは嬉しいことです。 http://www.bluelive.jp/

今回アマチュアながら、趣味でドラムをやっている甥のバンドがトップ・ステージで演奏しました。
仕事の合間に大変でしょうが、楽しんでいる様子で、羨ましい。

 

そして帰りに前田八重、回転寿司のお店にデビューいたしました。
長く〜生きてるのに初めでした、「へーっ、これか・・・・」て感じで、とにかく安い!


2012年5月10日(木曜日)

今年こそ

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時22分08秒

個展のDM、個人宛の投函が済みました。
やっと、一息。。。。

個展まで後2週間余りですが、毎年ギリギリまで製作をしてしまい、
会期中は疲れ果てボロボロで会場に居る状況なので、
今年こそ〜早めに仕事を止めて元気な姿で、来られる方々とお会いしたいと願っていますが、
もの創りの人間の性というか業というか、M的気質を抑えきれるかどうか・・・・・・・?

厄介です。

 


2012年5月5日(土曜日)

道具シリーズ VOL.12

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時14分39秒

                         

ご覧の通り「ハンダコテ」です。
何に使うのかは企業秘密ですが、この手元スイッチが甘くて、OFFにしたはずなのに・・・・・又しても焼け焦げを作ってしまいました。
学びたまえ!

 


2012年5月2日(水曜日)

アクセサリー

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時16分50秒

                              


畳んでも折れない品質の良い1mm〜4mm幅の籐の皮を(厚さ0.3mm)削って色染めし、
ブローチやイヤリングなどアクセサリーを編んでいきますが、
両手が同じように動かないと難しいのです。

目や肩が疲れる細かい作業です。

  

 


2012年4月28日(土曜日)

緑の風

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時03分28秒

                          

            暖かくなったら一気にグリーン・グリーンになって、ベランダに出るのが楽しみになります。

 

ずっと寒かったので、薄いセーターなど着ないままクリーニングの時期になってしまって、クリーニング屋通いが頻繁になり、洗濯女になった数日でしたが、何でもクリーニング屋に出せば綺麗になるわけでもなく、デリケートな素材のものはドライクリーニングだと傷んだり・ハンガー掛けにされて伸びたりするので手洗いで干し方に拘ります。
洋服時代に繊維には少々詳しくなったものの、最近は多種多様な繊維が出回っているのと、エアコンの中の生活になり、冬の素材なども薄い素材が主流ですから、ファション業界も様変わりしています。

年2回の衣替え、結構労力が要ります。

 


2012年4月18日(水曜日)

鬼になる?

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時59分57秒

                           

爽やかな季節になり、遅れていた草木がどんどん成長してきて、なんて幸せでしょう・・・笑顔になります。
昨年いただいた寄せ植えの鉢のか細い茎に花が咲きました。「タイワンカラマツ」か「ツクシカラマツ」だと思うのですが?

もう直ぐ 5.24〜の個展のDMが出来上がってきます、まずはマスコミ関係の配送から始めて、、、
直前の個人宛の宛名書きまで、全て手書きで・・・・・・落ち着かぬ日々が始まります。
気候も良くなって、私にも長いレッスン休みがありますが、毎年縁がありません。
ひたすら  仕事の虫か鬼か?  正にM的生活の連続です。  

 


2012年4月11日(水曜日)

sakura

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時05分10秒

 比治山                 比治山

 

 

                           京橋川           


2012年4月9日(月曜日)

桜・さくら・サクラ

カテゴリー: - 前田八重 @ 08時40分30秒

                       満開の比治山サクラ

ふと気付くと、浅い呼吸しかしていない。。。
忙しいと、こうなってしまいがちです。 ストレスも溜っているのに違いないので、ちょっと一休み、
ウォーキング・コースの美術館で満開の桜を見ながら、ゆったり過した昨日でした。

あっと言う間に満開になっていて、
短い命のこの花は、なぜか人の心に華やぎを与えてくれます。


2012年4月1日(日曜日)

DM考

カテゴリー: - 前田八重 @ 09時46分36秒

 

            4月になりました、ベランダのイワヤツデが満開になりましたが、桜便りは遅れていますね。

                              

そろそろ個展のDMの発注をする時期になってしまいました。
デパートの個展の時は、デパート側がDMを作るのが原則だったので、私の気に入る入らないは別問題でしたが、
貸しギャラリーでの個展では自分で写真撮影も含めデザインしなければならないので、毎回悩んで悩んで・・・・・
以前プロに頼みましたが、ダメ出しを何度もする勇気もなくて、、妥協するくらいなら自分で悩んだ方がいい。

よくある玄人好みのカッコいいDM、何の展示会かさえ分からない場合や、画廊の地図さえなくて探し廻るみたいなDMも多い、
如何に来られる方々の立場になるか? 配慮をすべきだと考えています、 来ていただくのですから。。。

玄人好みのDMは縦横を間違えられたり、、だけど平凡なDMは、おもしろくないし・・・・

                                         ああ、悩みは尽きない。。。。。


2012年3月25日(日曜日)

春への憧れ

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時47分07秒

                      

イワヤツデの花

 

ベランダのイワヤツデに花が咲きました。     
陽射しは春だけど、まだ寒い。


2012年3月3日(土曜日)

アナログvsデジタル

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時01分07秒

今年のアカデミー授賞式の司会者は9回目のビリー・クリスタルでしたが、人を楽しませようという彼の職人的意識が随所に出ていて、スマートに司会をこなしました。 楽しかった!
世界で数億人が観たショウですが、ブラックユーモアばかりで外国人には理解不能の品のない司会者と違い、
彼は今回も楽しくて品位ある司会ぶりでした。
受賞者のスピーチなどを聞いていてもそうですが、緊張した場面では隠そうとしても人間性が出るものですね。
  以前、K・スペーシーが受賞した時、、、うそぅ!って感じで、、、それまでは、赤丸急上昇でしたのに、黒丸急降下に・・・

珍しく、M・スコセシ監督がCG作品を作っていましたが、、数年前の「アバター」同様に最優秀作品賞は逃し、レトロチックで低予算の白黒の無声映画が受賞しました。
どうやらアカデミー協会は年寄りが多いせいか、CGや3D作品を評価していません。

外出の際は腕時計が無いと落ち着かない私も、多くのアカデミー協会員と同じくアナログ人間のようです。


2012年2月26日(日曜日)

馬ニンジン

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時21分50秒

1月から始まった数十個のbagの中裏を付ける作業、ミシン作業と針仕事に励んでいますが、後少しで終了します。
仕事柄、爪は削れ伸びる暇など無くて、爪を切るなんてほとんどありませんが、この2カ月余りの間で斜めに削れた爪がやっと真直ぐに揃ったのに、これが終わるとインテリアものの製作に入りますので、また元に戻ってしまいます。
今だけマニキアの塗り甲斐がありますが、、、苦髪、楽爪とは、よく言ったものです。

 

2、3日前に今年初めて、劇場に映画を観にいきました。
アカデミーの対象になるような映画ではない娯楽作品でしたが、テンポが速くて引き込まれて、いい気分転換になりました。
明日は、映画オタクの楽しみ「アカデミー賞授賞式」です。毎年リアルタイムに観るのを楽しみにしています。
今年の司会者は、芸達者な俳優 ビリー・クリスタルですから、きっとショーとしても楽しませてくれると期待しています。
映画の話がいっぱいしたいな・・・・

明日は朝から仕事もせずに衛星放送に釘付けです。 その分を今日のうちに・・・・


2012年2月24日(金曜日)

メディアの力

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時50分35秒

昨年の個展の前にはTVの取材を受けていて、その番組を観て高校時代の先輩が訪ねて来てくださり、嬉しい再会となりましたが、
昨年末にはNHKの「釣瓶の家族に乾杯」で、連絡の途絶えていた小学校の同級生を見つけて、30数年ぶりに連絡をとり、
懐かしい話をいたしました。 いつか再会したいと思っています。
メディアの力は強力です。

彼女の嫁ぎ先は大洲市にある「志ぐれ餅」を製造・販売している老舗の和菓子屋さんです。

 

                 

送っていただきました。 お米の粉と小豆をセイロで蒸し上げたもっちりした上品な甘さの餅菓子です。


2012年2月21日(火曜日)

葛藤です

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時32分28秒

どうでもいいことが
どうでもよくなると
人間
きっと楽になる

 

前のお寺の有難い今月の標語ですが、、、、きっと、そうでしょうね。

えっ!、、この標語の貼ってあったお寺の門が無くなっています、お寺も工事、この周りはあっちもこっちも工事だらけで・・・・・

 

 

 


2012年2月11日(土曜日)

ボレロ

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時49分02秒

ローザンヌのバレエ・コンクールで日本の高校生が優勝し、世界で活躍する若手が育って嬉しいですが、「手足の短い日本人には演技を大きく見せることが課題」といわれています。
身体能力が高く、顔も体つきも美しい世界中から集まった精鋭の中で生き残ってほしいですね。
彼女は少し太めに見えたのですが、どうなんでしょう・・・・?

少し前にBS局で、振り付けの革命家と言われたモーリス・ベジャールの亡き後、彼のバレエ団の存続を懸けた公演とその舞台裏に迫ったドキュメンタリーを放映していました。

M・ベジャールといえば、ラヴェル作曲の「ボレロ」に振り付けしたバレエをヌレエフやS・ギエムが踊っているのを、よく目にしました。

元々はクロード・ルルーシュ監督の映画「愛と哀しみのボレロ」のラストを飾るダンスで、パリの凱旋門の上で踊る印象的な場面で観たのが最初でした。
この映画は途中でインターミッションがある程の長い映画ですが5回を軽く超えるほど観てしまい、バレエに興味を持つようになりました。

 

「ボレロ」という曲の空気感と圧倒的な潔い終わり方が特に気に入っていますが、初めて聴いたのは、小学校低学年の頃でした。
当時、高校生だった兄がよく聴いていて、彼が曲について解説してくれた時の映像が今でも脳裏に残っていますが、
44歳で亡くなった兄との数少ない思い出に重なる曲です。

 

 


2012年2月2日(木曜日)

M的探求者たち

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時41分21秒

毎年寒い時期に広島で公開される「日本伝統工芸展」、運動不足解消に徒歩で出掛けたら寒さで肩に力が入り、   
益々肩凝りになってしまったけれど、今回も品格のある作品に魅了されました。
竹工芸作品が11点も展示されていて、その細かい仕事に、久々に竹の先生を訪ねたくなりますが、時間がとれるのか?  
どちらにしても個展が終わらなければどうにもなりません。

NHK 「日曜美術館」で紹介された「シャルロット・ペリアン」展、早々にチケットを入手して待っていましたが、
またまた寒い中、サボっている散歩コースにある美術館に足を運びました。
ル・コルビジェの弟子にあたる彼女が、来日した折に日本文化にインスパイヤーされたと思しき作品が沢山あって嬉しい。
違い棚のコンセプトや、背もたれが竹のシェーズ・ロング(チラシの椅子)など、しっかり観てきました。
見る工芸から使う工芸への転換のきっかけを作った人々の一人です。

 

先日、NHK 「美の饗宴」で観た酒井抱一や 「たけしのアート・ビート」で帯デザイナー山口源兵衛と織り職人との戦いにも似た美を追求する姿を見せられ、彼らの美を追求する姿勢に拍手を送りたいと思います。

 

 

 


2012年1月26日(木曜日)

ほっこり

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時49分53秒

新聞社のレッスン日、地下街から地上に出る階段を上がる時に妙に脚が重い、
そこで、1週間全く外出していなかったことに気付いた。
声は出るようになったものの、未だカラ咳が出る、緑内障の治療が始まり以前のようにステロイド系の薬が使えないので、
喘息を早くガツンと抑えられないのかと思うけど、かなり肺の機能が低下していたらしい、
特に寒い時期だから無理をしないように過している。

こんなに寒い日は音楽も流さず、ストーブの上のヤカンの音を聞くのも、なかなかいいものです。
ほっこりします。


2012年1月22日(日曜日)

妻たちへ

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時47分19秒

幼馴染のNちゃん、定年後に子会社に何年間か勤務して、この3月で任期が終わるので、やっとゆっくりできると思っていたら、
妻から次の就職先を探してくれと言われ、ガックリしたと愚痴をこぼされた。

一度だけお会いしたことのある優しそうな奥さんだったけど、、、、
もう子供達も独立しているし経済的なことより、夫が毎日家に居るってことが嫌なんだと思う。

それも分かるけど、「長い間家族の為に働いてくれたのだから、優しくしてあげなさいよ」 ??

世の妻族は夫君に対しての敬意が無さ過ぎる、いかに守られてきたかお分かりになっていない。
失ってみないと分からないのでしょう。
ちょっと一度経験させてみたい・・・・

だけど、男も歳をとると頑固になって自分の考えが一番正しくて、異論など唱えようなものには・・・・・って殿方も多くて、
柔軟性が無くなるのは女性より男性の方だし、趣味もなく、家でゴロゴロされるのも妻としては邪魔くさい!  

          う〜ん、何ともねぇ。。。。。。

                    ♪♪ 男と女の間には、深くて暗い川がある〜〜♪♪


2012年1月19日(木曜日)

風邪?

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時42分34秒

久々に、5年ぶりに風邪をひいた、と思っていた。
風邪をこじらせたのでなく一足飛びに喘息が出て、 肩で息をしていて、おまけに喉を傷めて声も出なかった。

あれから1週間、ちょっと症状が治まり、久しぶりにPC前に座っています。

昨年末からずっと、あちらこちら体調が悪くて、気の強さだけでは乗り切れそうにありません。
節目なのかな? 

 

 

 


2012年1月10日(火曜日)

1月は行く・・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時16分39秒

年が明けて10日、早いですね。
昨年末から2週間以上あった休みも昨日で終わり、今朝の新聞社のカルチャースクールから仕事始めで、本日は夜もレッスンです。

長いレッスン休み中に予定の作品数をクリアできず不満です。 

                  幸せの白い鳥?

年間計画を見ながら昨年の手帳を見たら、昨年より遅れています。 うそぉ〜って感じです。
今年の個展は昨年より数週間早いのですから。
又、今日から「頑張ります」

 


2012年1月2日(月曜日)

今年も宜しく

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時16分10秒

                                今年の手帳

新しい年になり、いつもなら除夜の鐘の頃に目と鼻の先の稲生神社に初詣をするのが恒例ですが元気がなくて、やっと今朝、
しかも気晴らしに出掛けたデパートのついでというか、帰りがけのお参りになってしまいました。 

良く言えば几帳面、きちんとしないとイヤっていうのは、ストレスの原因になることも多々あるので、その辺をしんどい時は頑張らないでよい、、、、と。 横着でなく、例えば大掃除しなくても、死なないって思えば気楽になれますから。
仕事の面では変われないと思いますが、去年あたりからプライベートや雑事は、ちょっと、ずぼらになっても良いかなって・・・・
考えるようにしようとしています、
というか、あれやこれや頑張れなくなってきているので、そのエネルギーは仕事に注ぎたいと思って。

今年も新聞社のカルチャーセンターのレッスン以外は流動的なレッスンもありますので、全ての予定を憶えきれませんから、今年も手帳のカレンダー通りにレッスンをし、個展までの細かい予定を立てたりプライベートの予定も書き込んだ手帳が活躍します。
携帯TELよりこれが無い方が私には不安ですので、「1年お世話になります」って念を込めながら、使い始めました。
この手帳も年の終わりには、色々なものが挟み込まれてパンパンになって、今の面影はなくなります。

 


2011年12月31日(土曜日)

本年も有難うございました

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時27分35秒

早起きをして3箇所の墓参りを済ませ、ちょっと安心というか、清清しい気持ちです。
いつもは騒々しい交差点の直ぐ側の部屋に居ますが、毎年大晦日と元旦は静かで、ゆったりした時間が流れていきます。

今年を振り返り、作品的には、まだまだ力不足ではありますが、今の精一杯で自分に恥じないものは残せたと思いつつ、
時間が足りなくて出来なかったものも沢山あるので、そこは不満が残っています。
レッスンでは生徒さんに満足してもらえたか? 楽しい時間を過していただいたか?気になるところです。

健康でいなければ、いい仕事は出来ないと強く思っていますので、
今年も、健康の為の食に拘って、神経質に身体のメンテナンスを欠かさず、
皆さんに助けられ、寝付く程のことにならず過ごすことができました。
感謝です。

 


2011年12月30日(金曜日)

もう幾つ寝ると・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時40分39秒

毎年正月飾りをプレゼントしている店にお届けをし、押し付けているのに日本酒をいただき恐縮しながら帰ったところです。
12月は体調が悪くて飲む回数を抑えていたので、美味しく飲めそうです。

飽食の時代になって久しいし正月も早くから営業している店も多いのに、食料品売り場では買いこんでいる、毎年同じ、、、
この習慣は変わらない。。。。

                   

と言いつつ、亡くなった姉の娘達に、ちょっとだけ「おせち」らしき物を昨日あたりから作っています。

大掃除もPCルームを除いて完了、今年も暮れます。

 


2011年12月29日(木曜日)

責任の所在

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時24分11秒

本当に今年は色々な事故・事件が相次ぎ、激動の1年でした。
不甲斐なき日本政府と政治家には不満と不信感を禁じ得ませんが、企業のエゴにもウンザリしてしまいました。
ここで私如きが論じても益々虚しくなるだけで、、、、
一体どうなるのか、わが日本。


2011年12月25日(日曜日)

迷子の大人たち

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時22分26秒

 

                     クリスマス・キャンドル

クリスマスと縁が無くなって久しいけれど、昔は友人が経営していたお店で常連が毎年集まって飲んでいた。
特にクリスマスに縁の無い独身男女や家庭はあるけど所在ないのか参加していた人も含め、年齢も仕事も全く違う人達で、持ち寄った食べ物や経営者の作る煮しめは秀逸で、とても懐かしいけれど、春夏秋冬なんだかんだと理由を付けては飲んでいた仲間が居ました。
お店が閉店した後、Mちゃんは郷里に帰ってから癌で亡くなったし、Yちゃんも退社した後は付き合いもできなくなって・・・・色々な事情でちりじりになってしまったけれど、楽しかったあの頃が懐かしい。
あの頃は世間的には体裁を保ってはいたけど、迷子の大人たちだったのかもしれない。

起きたきり老人になるって自他共に認めていたTちゃんにも凄く会いたい・・・・・などと考えながら過したイヴの夜でした。

 


2011年12月18日(日曜日)

大掃除

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時57分32秒

大掃除のシーズンなので、TVでは近藤麻理恵さんの片づけ方の番組をよく見かけますね。
ときめかない物は捨てて、タンスには畳んだ物を立てるように収納するっていう・・・・・

今年の私流は、書き出して、
例えば
キッチン関係  レンジ         
          シンク周り
          冷蔵庫
          ・・・・・・・・ 

などとメモに書いて、キッチンなら全部を一度にしようとしないで1つづつ済ませ、時間が無かったりしんどい時は次に回して無理しない、済んだ時点でメモを消していくことにしたら、イヤになりませんし捗るような気がしています。
今日は、各部屋の電気の傘やフードの掃除とベッドを起こして、特にベッドの下を中心に寝室を掃除しました。模様替えと同時に。

昔は模様替えが気分転換の最たるもので、趣味みたいに頻繁にしていましたが、腰を悪くしてからは以前のように簡単に出来なくなっていて、楽しみが半減してしまいました。
夜中でも1人で食器棚を動かしたりを嬉々としてやっていましたのに。。。。

さて、今年は最後までやりきれるのかな???
腰・腰・腰しだいですね〜

 


2011年12月16日(金曜日)

初雪?

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時00分44秒

初雪が降った? らしい、 朝遅い私は見ていませんが、  冬らしくなりました。              

           
                       クリスマス・キャンドル

昨日は我が家で姪の誕生日(12.21)ということで、食事というか飲み会でした。  もう27歳・・・・早い!
彼女は大のワイン党で毎回数本のワインが空きます、今回は数日前から煮込んだビーフ・シチューがメインディシュでした。

このところ雑用が重なり落ち着かず、仕事が出来ないというか、したくなくて、、、、、困ったものです。
まだ年賀状も出来上がっていませんが、プリントが済めば、数百枚の宛名書きが・・・・肩が凝りまする。

12月に入って、時間が益々早く過ぎていくようです。


 


2011年12月13日(火曜日)

ダイオードの美

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時51分23秒

                                                       

平和大通り ドリミネーション

毎年のお楽しみ広島平和大通りのドリミネーションを、今年は車中からシャッター・オン。


2011年12月12日(月曜日)

師走なのに・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時55分26秒

                                             ベランダのブーゲンビリア

南の国の花なのに、今頃になって ブーゲンビリアが咲きました。
何日もPCの前にも座ってなかったけど、ベランダの水遣りもいいかげんにしていて、、、今日気付いてビックリ。

雑事が重なり外出が増えているけど、今年は忘年会の予定はナシ。

やはり師走なので、デパートも街もザワザワしているけど、関係なく今年もマイ・ペースを通しています。


2011年11月29日(火曜日)

講習会終了

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時50分56秒

                                                  終了後の雑談

インデアン・サマーの本日、新聞社カルチャーセンターでの「チャリティー講習会・羽子板の正月飾り」の講習が無事終わりました。
10名余りの参加者に楽しんでいただいていたと?思うのですが、皆さん初めてなのに、1時間もかからず完成いたしました。  
これで興味が湧いて入会という運びになれば、センターも私も嬉しいのですが、どうでしょう???


2011年11月27日(日曜日)

今週は・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時52分47秒

                                   ローズマリーの花

5日ぶりにPCを開きました。 こんなことも珍しい、日に一度はPCを開くのが日課でしたのに。。。。

個人的に調べたいことがあり、日頃のペースが乱れてしまいました。

少し寒くなりました、直ぐ12月ですね。 
冬の陣も、未だ完了しておりませんで、落ち着きません。

年末・年始の私の予定はレッスン休みが早くから始まりますので、個展向けの仕事が捗るのを期待していますが、毎年そうはいかないのが悩みの種です。

ps:
何回か前に「オリジナル柄を間違って編んだbagをボツにした」と書きましたら、ボツって?と 質問がありました。
捨てるのです。 頑張って編んだ我が子のbagですが、一度編んだ籐の皮はちぢれラーメンみたいになっていて、クセがついていますから、それを解いて編み直すことなどありえませんから、bagに切り込みを入れてゴミの日に。。。。
完成していても、気に入らなければ、ボツにすることもあります。


2011年11月14日(月曜日)

インデアン・サマー

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時52分05秒

                   コバナズイナ

年末に寒くなってからでは大変なので、ベランダの掃除と物置の整理を頑張った先週末ですが、寄せ植えのコバナズイナがこんなに紅葉しているので、今頃県北では美しい紅葉が見られるのでしょう。


外出を控えていて、今日は足慣らしに散歩しましたが、暖かでインデアン・サマーの陽気でした。

アトリエの中では生徒さんにも言わない限り気付かれていませんが、足の小指の怪我で、足を引いて歩いておりました。
骨折は免れましたが、ヒビが入ったようで、、、ほんの少しのことで、まともに歩けないなんて参りました。
こんなことでもなければ、日頃の健康というか、普通であることに感謝するのさえ忘れて生きています。
びっくりはしたものの、大きなことにならずラッキーでした。


2011年11月13日(日曜日)

努力と感動

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時49分07秒

スポーツ観戦は余りしない、アラフォーの頃にオバテニアンだった時期はテニスの試合を熱心に見ていたものの、、、スポーツ嫌いではないが、観戦好きでない。
先日バレーボールのワールドカップ女子で、日本vsドミニカが、広島会場最後の試合だったので、なかなか手に入らない良い席でと〜誘われましたがレッスンで行けなかった、 、ちょっと安堵した位で。。。。

だけど、昔からフィギュアスケートだけは例外で、できる限り見ている。 美しい競技だから。。。
真央ちゃんのファンなので、今回は特に楽しみにしていた。
長い不調を乗り越えて、ここまでよくぞ! と、涙が出そうだった。
「シエラザード」のコスチュームも素敵だったし、フリーの演技はエレガントで流れるようにスムースで美しかった。

高橋の表現力には毎回魅せられてしまう、今までの日本人選手が持ち合わせていなかったものを彼の中に感じる。
素晴らしい。

孤独の中での彼らの努力を考える度に、感動と元気を貰う。
                     

 

              

 


2011年11月10日(木曜日)

思い込みが強くて・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時45分47秒

                                    見上げる秋空

                                最近はよく空を見上げています。 特に秋の空は高くて気持ちいいですね。

籐の皮bagの柄は従来からある柄を編んだり、刺繍や編み物のように方眼紙に柄を書いて創作する場合もあります。
自分のオリジナル柄のbagを編んでいて、、、、いつの間にか柄を変えて編んでいるのに気付きました、まあ自分のオリジナルですから、そのバリエーションの柄と考えれば良いのですが、思い込みをした自分にうろたえてしまって・・・・2個のbagをボツにしたところです。
作り手のプライドですとでも言いたいけど、ただ歳のせいで思い込みが強くなって・・・・・かもしれません。

そんなこんなで余り仕事が捗っていませんが、今年12本目の映画に行ってきました。

 


2011年11月3日(木曜日)

オタクの楽しみ

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時31分45秒

最近の外国映画はリメイクものやシリーズものが多くて、面白い映画がなくて、、、でも今年は前半に、しかも個展前の忙しい時をぬって
 11本も観に行っていて驚くけど、特に夏以降は観たいと思う映画がない。

以前から日本映画に¥1800は払いたくないと思っていて〜それほどの価値を認めていないので、日本映画はwowowか他のBS局で観るものと決めている。
その中で最近面白かったのは、三池嵩史監督の「13人の刺客」で、彼の作品で数年前に観た「クローズZERO」も単純に面白かった。
2本共に暴力的で、暗殺を目指す男達の殺陣と片や不良の殴り合いがメインの映画です、だけど出来の悪いストーリーを見せられるよりは余程潔くて気持ち良いと、女性らしくない見方と言われればそうで・そういう見方で楽しんだ。 
三池監督のアクション映画は、俳優達が相当大変そうで、怪我が絶えないと思われる。

韓国映画では話題だった「冬の小鳥」を観ましたが、主人公役のキム・セロン・・・・・・10歳未満の女の子だけど、大人も顔負けの演技、
ストーリーとしては、何の変哲も無い映画なのだけど、とにかく彼女の演技が巧くて圧倒された。
日本では可愛くてCMにも引っ張りだこの芦田愛菜だった? 歳は同じくらいだけど、あんな演技なんか、比べものにならない。  

劇場に足を運ばせる映画を待っているところです。

 


2011年10月28日(金曜日)

チャリティー講座

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時42分45秒

TOPページにも書き込みましたが、11月の末に震災支援のチャリティー講座を開催することになりました。
微力ですが、長いスタンスで被災された方々を支援できれば幸いです。

                            スタンド付きのお正月飾り

                                   多くの方々に参加していただきたいので、宜しくお願いいたします。


2011年10月25日(火曜日)

猩々会

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時12分58秒

                                          燭台今年のクリスマス作品出来上がりました

日本全国の日本酒が数多く揃っている面白いママさんのお店で、昨日は「猩々会」でした。
意外な所のお酒が美味しかったりして。。。。

震災以来、少しでも東北を支援したい気持ちで東北のお酒を求める方が多くて、今は地元のお酒が売れないそうですが、人の優しさが嬉しいですね。

しかし、なんで酔うと声が大きくなるのでしょうか??  私も、そのひとりですが。


2011年10月21日(金曜日)

忙中展示会あり

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時25分36秒

      5連休中で冬の陣に葛藤していますが、DMをいただいたので、ちょっと気分転換に。

                                組みひもを結んで壁掛けタイプに

                              組みひもの展示会に。
                              10月23日まで、ギャラリーG 「坂田恭子展 組んで・織って・結んで」

 

                                    織り機

県立美術館での「ウクライナの至宝  スキタイ黄金美術の煌き」 にも足を運び、繊細な細工技術にも魅せられました。


2011年10月19日(水曜日)

馬ニンジン

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時40分21秒

クリエーターズ・ハイになっている時は、サイドから目隠しされた競馬馬みたいに脇目も振らず完成に向って走り、他の事はどうでも良くなって、食べる物には拘りが強い人間なのに、いい加減な食生活でもOKだし、家事も放り出して仕事をするのがいつもの事で、、、
まっ、ひとり暮らしだからできることですが。。

時には鍵を掛け忘れていたのを翌朝知って、青くなったり〜先日もそうでした。。。注意力散漫になって、参ってしまいます。
でも、いい仕事ができれば、万々歳! 

                      レース編みみたい

                              一区切りがついたので、冬の陣に逆戻りしてクリエーターズ・ハイを楽しみます。。。


2011年10月18日(火曜日)

私の幸せ

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時33分09秒

 

                         二重かご

生徒さん用の新作見本4個をほぼ1週間くらいに亘って製作しましたが、最後の作品は悪戦苦闘でした。
どうやら考え過ぎたようで、単純なテクニックで編めると判明したのが何度も編み直した末のことで、、、、それからも凡ミスを繰り返して、
イライラもしたけど、やっと完成しました。

今朝は起きれず指輪も入らない程に指が腫れていたけど、新作に集中した幸せな1週間でした。


2011年10月13日(木曜日)

人は見た目が9割

カテゴリー: - 前田八重 @ 21時32分13秒

以前新聞の取材を受けた時に、名前の下に(?歳)と記載されることが判っていたので、歳を載せないことを交渉しました、隠したいという事ではなくて、敢えて明かす必要も無いと考えていると取材記者に主張して、そうしてもらいました。 
女性に歳を聞く・明かすなど、差別的で興味本位な行為は人として恥ずかしいと思わないところがおかしい。 
そんな考えなので、友人の歳すら憶えてなかったりしますが、生徒さんにも言ってません、、、、仕事に歳は関係ないですから。

家族でも居れば その成長を見るにつけ自分の歳を意識するのでしょうが、私はずっと昔から環境が変わっていませんから、ちょっとその辺の意識が違うのかも。  生活観を漂よわせるのも避けたいし。      
  

そう考えていても、誰でも歳と共に目は悪くなります。
大昔に作った遠近両用メガネは度が合わなくなり、手元用メガネは乱視の私がその辺で売っている+1などの老眼鏡を使っていたのだから、双方限界という状況になり、緑内障で通っている眼科の処方箋を持ち遠近両用と手元用=老眼は初めて作りました。
なんて快適、満月が満月に見えるし、手元も。。。

                          どう見えるのかしら?

洋服業界に居た頃からシックな色のコスチュームを選んでいたので、小物は派手な物が好みですが、やはりフレームは洋服とのコーディネイトで選んでしまい、この写真だけみると女性ぽくなくて〜 〜ちょっと、ショック!
だけど、いかにも私らしくて笑えます。


2011年10月9日(日曜日)

秋晴れ

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時23分04秒

                                         極小ミニばら

オリンピックが開催された季節ですから、とても良い天気に恵まれていてるこの数日です。
ベランダのミニばらが2cにも満たない小さな花を咲かせ、健気にしっかり生きていて励まされます。


昨晩は友人の参加する素人オーケストラのコンサートに出掛け、「田園」「展覧会の絵」を鑑賞しました。
色々な趣味がありますが、楽器が弾けるなんて羨ましい。自分だけでなく人をも癒すことができるなんて。。。。
音楽って本当にいいですね。

レッスンは5連休中で今日は工事も休みで静かだし、のびのびゆったりしていて、レッスンで使う見本を作っています、
後2〜3個作る予定で、夕方はウォーキングでもしようかと、、、、ちょっと余裕の日曜日です。


2011年10月6日(木曜日)

冬の陣始まる

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時03分05秒

そろそろ今年も、生徒さんが毎年楽しみにしてくれているクリスマス・正月もののデザインをする時期になりました。

材料やオーナメントの確保をし、誰でも短時間に作れるようアレンジし直して生徒さんにレッスンするのですが、最近はオーナメントにしても製造元が最小限の数で製造し、店も少なめの仕入れをしているので、数が揃わなかったり既に在庫切れになっていることも多くて、その度にデザイン変更を余儀なくされて、ストレスを溜め込みながら探し回るのが毎年のことです。

まあ、ものつくりは多分にM的な仕事ですから、グチリながら、意外に楽しんでいるのかも・・・・・・

私の場合、こんな繰り返しで今年も年末まで、あっという間に過ぎていくと思われます。

 


2011年10月3日(月曜日)

秋に憩う

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時04分46秒

     海面に陽が射して美しい

                                         何て読むか分かりますか?

                                                   こっとい                   角島大橋

                     この橋を一度見たかった、、、渡りたかった・・・・・望みが叶いました。


2011年9月29日(木曜日)

頑張る?

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時54分58秒

今週のビル工事は打ち込んだコンクリート柱をドリルで低く削る作業で、叫びたくなる騒音です。
削るのなら、初めから低くしておけばいいじゃない?って、素人は思うのですが、、、、、何か理由があるのでしょう。。。。

あまりの騒音にウォークマンをして、PCと作品入りのダンボールを置いているベランダ側のタコ部屋に追いやられて、不便ですが仕事をしています。 
昨日4Fの住人がエレベーターの中で、「騒音に負けず、頑張りましょう!」と仰っていた、、「えっ?」 私はこんな事で頑張りたくない!


昨晩BSプレミアムで「Out of Africa」 (愛と哀しみの果て) を放映していて、何度も観ていたので初めは仕事をしながらチラチラ観ていましたが、とうとう仕事を放り出して最後まで観てしまった。
騒音まみれで遅れた仕事を、静かな夜時間に取り戻さねばならないのに・・・・・・
若いメリル・ストリ−プとロバート・レッドフォード、さすが演技派の抑えた演技。
この映画の題名を聞く度に複葉機の前後の席に乗っている2人が、手を伸ばして空で手をとり合う場面を思い出します。いい場面です。

1つの映画でも観る度・歳と共に違う感じ方をします。 だから何回も観る。
人生経験をしてきたということでしょうか、見えなかったものが見えてくる・・・・・
良いような、辛いような。。。。

 


2011年9月28日(水曜日)

秋の味

カテゴリー: - 前田八重 @ 21時50分00秒

「さつまいものつる」を頂きました。
若い方はご存知ないでしょうが、戦時中の食糧難時代に、いものつるを食べて飢えを凌いだと聞いた、あの「いものつる」です。

かなり昔、とあるお店で 「いものつるのきんぴら」を食べて以来、シャキシャキ感と素朴な味が気に入って、手に入れば自分でも作っています。

                   手間がかかる・・・・

今回のは特に細くて手間がかかりました。
左側にあるのが剥いた皮で、灰汁が強くて指が染まりますが、無事にきんぴらを完成。つまみにもご飯のお供にも最高!

どこかで手に入ったら、是非トライしてください、手間を掛けただけの価値があります。


2011年9月25日(日曜日)

秋に考う

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時31分07秒

数年前、県北に生徒さん達とかずらツアーに行った時に、前谷さんの田の畦から頂いてきた「水引草」が花盛りです。
毎年ちゃんと咲いて楽しませてくれます。

                        小さな赤い花が鈴なりに・・・

                    涼しくなり、もう9月も終わりですが、余り仕事は捗っていなくて、、、、、、
                

            歳と共に集中力が低下してきて、だけど死ぬまで仕事をしていたいと願っているけど、どうなんだろう。
              宥め好かしながらやっていくのか・・・・などと考えたりの秋の夜長です。。。。


2011年9月20日(火曜日)

ちょい旅

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時30分20秒

       晴れ女が九州へ・・・・

                     ♪長崎から船に乗って・・・・

           意外と小さかった中華街〜〜〜グラバー亭〜〜〜めがね橋

                                こんなところに・・・・

                     中州の夜 ・・・・・暑い日と雨をうまく交わして・・・・・陶の里へ

                            あんみつ姫でプロ意識を魅せられ、アウトレットで目の色を変え、陶の美に酔いしれて。


2011年9月11日(日曜日)

秋風・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時38分45秒

日曜日は工事も休みで静かな朝を迎え、いずれはマンションが建設される南側の電車通側のべランダにパラソルとテーブルを出して仕事をしています、、今は広い交差点から良い風が吹いてきます。 ここでランチもしようかと。。。

                         現在は広い空き地の電車通側
今週は夜のレッスンが4日続きました。3日間は私が教える籐教室で、4日目は籐と関係のない私のスキルアップの為に通っているレッスンですが、日中仕事もして夜8時9時までのレッスンが続き、疲れモードな今週でした。

BSプレミアムの「たけし ビート☆アート」に、憧れのカー・デザイナー 奥山清行 が出演していました、久々に見ましたがカッコいい。
ものつくりの人間のいい目を見られて、励みになります。
http://www.kenokuyamadesign.com/

 

 


2011年9月8日(木曜日)

Oh my・・・・!

カテゴリー: - 前田八重 @ 23時24分10秒

我がアトリエ兼住まいの北側に建設されるビルの工事がこの夏から始まり、今は地中深くに (聞いたところに拠ると27M位の深さ) 基礎を打ち込むらしいので、私の居るビルより高いキャタピラーの付いた重機が2台、朝8時〜夕方5時・6時まで機械音を響かせ、ちょっと涼しくなったのに、音と臭いで戸を開けて風を通すこともできない。

                                  我が社のドア前からの撮った・・・

このビルは我が社の玄関エントランスにギリギリに建てられる7階の各種学校で、光を遮断して圧迫感を感じさせるでしょう。
そして南側の電車道側には、108世帯のマンションビルが・・・・・何階建てか忘れたけど、その工事もやがて始まりますので、田舎にでも引越そうかって・・・・・この秋から一体???

集中力を欠きまする。

PS: 電車側のマンションは19階の建物で、 2013.3.31完成らしい。。。


2011年9月1日(木曜日)

9月です

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時59分33秒

昨晩新聞社の教室終了後、徒歩で帰宅中、向こうからイヤホンをした女性が短パン・スニーカー姿でかなりのスピ−ド歩いて来ている。
何やら見たことのあるような、、、、麻里ちゃん。。。。。たった1人しか居ない従姉の娘。
こんな時間に競歩みたいなスピードで歩いていて、声を掛けたらビックリしている。
夜なので明るい処を選んで歩いているのでしょうが、とてもあんな時間に歩く元気はないし、あのスピードにびっくり!  
皆さん、人知れず頑張っているのね。

私はこの夏ずっとサボっていますが、涼しくなるので、そろそろ始めなさいってことでしょうか。 ひいては老後の為に。。。。


2011年8月28日(日曜日)

道具シリーズ VOL.12

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時25分05秒

                 寸胴鍋でラーメン・・?

道具と言えば道具ですが、直径40cと32cの鍋が2つあります。
籐を煮染めするのに使います。

籐の丸い芯も籐の皮も、染料を入れて1時間くらい、途中でひっくり返しながら・・・・・確認の為に覗き込んで科学染料の蒸気を浴びるので、額の生え際が毛切れするし吸い込んで舌が染まった経験もあり、ヘアバンドかスカーフを頭に巻きマスクで重装備します。
そして、翌日乾かして色目を陽光の下で点検して、更に染める時もあり。

以前、ガスレンジの上のこの寸胴鍋を見て 「ラーメン作るの?」と、のたまわった人が・・・・・
「バカ言うんじゃない!」  勿論、心の中で叫んだ。 ここは籐のアトリエなんじゃ、なんて想像力のない!!!

 


2011年8月23日(火曜日)

道具シリーズ VOL.11

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時30分55秒

籐の皮には背引きという種類があります、籐の皮の断面はカマボコ型なので上部を挽くことで(削る)厚みをなくし、台型になった籐の皮の表部分は染め色が入りやすくなり、両端にツヤ部分が残り、厚みが少ない分扱いやすい利点もあります。

背挽きの皮を作るのはデリケートな作業で時間を要するので、以前はメーカーさんにお願いしていましたが、職人さんも少なくなり一定の厚みの籐の皮が手に入らないので、竹教室でget した「線引き」という道具で、自分で作ることになってしまいました。
私は気が短いので苦手な作業ですが、納得の素材が欲しいので努力しています。

            正面からの線引き

写真は正面からですが、挽く人は向こう側に座ることになり、鋭利な片刃が向こうに向いています。
4つのネジのうち上のネジは刃の角度を固定するネジで、この刃はいいバランスを保っていないと籐の皮がプツプツ切れます、元々籐の皮は籐の表皮部分ですから、枝別れしていた部分が凹んでいてガサガサしていますから、切れやすいのです。
前のネジは厚みを固定するネジで、写真では挽きかけの皮が左側に見えますが、伝わるかな?
私の場合はbagの縁やアクセサリーに用いるのですが、元は幅2mm〜3mmで厚み1mm〜2mmくらいの籐の皮を2〜3回に分け裏から厚みを削って薄くしていき、最後に上から挽いて 厚さ0.4mm前後のものに・・・・何度もノギスで確かめながらの作業で、最初の量の2割位になってしまって、手間と琲棄量を考えると、高価になるのも納得ですね。


2011年8月19日(金曜日)

No.550

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時11分18秒

先日の京都では、14000歩、10km弱歩きましたが、ふだんは10時〜4時までの紫外線の強い時間は
レッスン以外は出来るだけ出掛けず家に居て、ほとんど歩いていない。
今日は昼から雨で,午前中は曇りの予報だったので、久しぶりに8時〜12時まで出掛けた。                                         no.550

夏は嫌いです。 

個展終了後に少しのんびりしたら・・・・・勿論疲れもあったものの・・・・・「貧乏暇無しの生活」に慣れ親しんでいるらしく体調が崩れ、
やっと戻したところです。
やはり、仕事をしているのが一番落ち着きます。
それで、No.550が出来上がりました、誰が持つのかな?

秋口からの来年用の仕事を開始するまでに済ませる雑用は山積みですが、余り捗っていない。  


2011年8月14日(日曜日)

Peace for World

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時05分55秒

          震災支援コンサートで、ブーニンのピアノを聴きました。
                                 スタニスラフ・ブーニン

       千住真理子や広島出身で昨年ジュネーブ国際コンクールで優勝した萩原麻未らが演奏する
                                               4時間を超えるコンサートになりました。

             

                    

 


2011年8月12日(金曜日)

京都の1日

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時55分17秒

京都にしては余り暑くもなく、太陽ビームも受けず、雨も巧く交して「フェルメール」を鑑賞し、哲学の小径を散策いたしました。
修復されたフェルメール・ブルーが観られて幸せ・・・・・心のシャッターを切りました。

                        法然院の山門 大好きな法然院の「天国の入口」

                                                                                                                                                      疏水橋のアーチ   ローマの遺跡みたいな南禅寺の疏水橋アーチ

                             


2011年8月1日(月曜日)

念願の・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時47分28秒

        念願の石正美術館へ。
               スゴく可愛いイルカちゃんにも癒され、石本正の描く大好きな女の顔を観ました、願いが叶って嬉しかった。       

             親子の白イルカ                          

                                        ユーモア溢れるおじさんって感じ情念溢れた女の顔


2011年7月29日(金曜日)

夏の陣終わる

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時05分23秒

                           大人かわいいbagになりました

小ぶりの黒いポシェットにかわいいリボンが付いて完成して、、、個展でいただいた注文品が全て済み、これで名実共に6月初旬に行った個展が終了したことになります。

少しゆっくりして、気になっていたこと、個展の為に後回しになっていたことを片付けて、京都の「フェルメール展」を観に行くつもりです。

来年の会場は初めてのギャラリーで、予約済みですので、秋口からは来年に向けて創作を開始します。

私の1年は夏の陣とも言える個展を中心に回っていると、今更ながら思っています。


2011年7月26日(火曜日)

夏を乗り切る

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時15分49秒

まだPCの不具合が続き、何度か書き込んだものが消えてしまい、横着を決め込んでブログを休んでおりました。

私は睡眠中にトイレに起きることもなく朝を迎えるタイプですが、今朝は暑くて早くに目覚めてしまい、久しぶりに6時台にウォーキングをしましたが、やはり朝とはいえ暑い! 夕方などは、とても暑くて歩けませんとか何とか言ってサボっていますが・・・暑いですね。
この暑さを元気で乗り越えねばなりませんね。。。。

昔、熊本の水俣に親戚が居た頃は、九州独特の味醂や出汁の入ったような濃い醤油とその醤油で作った新生姜の佃煮を送ってもらって、真似て自分でも作っていましたが、何年も醤油が手に入らなくて、あの味が出せませんでした。
先日、久留米に在住の友人からいただいた醤油で作ったら、あの懐かしい味が再現できました。やはり、醤油で決まるのです。
新生姜の出回っている時期しかできませんので、大量に作って、小分けにして冷凍いたします。
生姜は身体を温め、食欲のない時の強い味方になってくれます。

                         新生姜の佃煮

PS:ウォーキング・コースの下草刈りがされたようで、又しても「アケビ」が刈り取られていて、悔しい!  
   2〜3年放っておいてくれれば、カゴが編めるのにね〜〜

 


2011年7月19日(火曜日)

発展途上

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時23分08秒

2001年の個展の時に買っていただいたbagが修理に帰ってきました、あれから10年・・・・・
縁が2箇所ほつれて、少し色も褪せて、、、でも大切に使っていただいたのが伝わってきます、作り手としては有り難いことです。

                      10年前製作の・・

毎年、より良いテクニックに変えているので、昔作ったものは直したいという葛藤に駆られてしまいます。
まあ、進歩しているってことですが・・・・・
勝手にあちこち直してしまい、「気になったので、サービスで直してしまいました」と、お渡しすることも多いのですが、例えばbagの色褪せも化粧直しが可能だし、持ち手の交換や中裏を巾着袋状のもからファスナー使いにもできるし、ファスナー使いのものも3通りありますが、とにかく雰囲気を変えることも、もっと使い易くすることも可能です。
人からは新しいbagを買って貰ったほうが得じゃないかと言われますが、自分自身が1つのものを大切に使う主義だからかもしれませんが、好きだったり使い勝手の良いものは手離せませんから。。

私のbagたちは自分で言うのもなんですが、年々確実にテクニックが上がり丈夫で美しくなっていいると実感していますが、
まだまだ発展途上です。 
今年の新作bagも数年後には、取り返して直したくなるのかも。。。。。そうなるべきですね。


2011年7月17日(日曜日)

フェルメール・ブルー

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時08分57秒

6.25〜10.26に京都市美術館で 「フェルメールからのラブレター 17世紀オランダ絵画から」 が開催されていて、手紙繋がりの3点の  フェルメール作品が展示されています。「手紙を読む青衣の女」「手紙を書く女」「手紙を書く女と召使い」の3点です。

映画「英国王のスピーチ」でメジャーになった、コリン・ファースが2002年にフェルメールを演じ、スカーレット・ヨハンソンが召使いのモデルを演じたハリウッド映画「真珠の耳飾の少女」で、貴石ラピスラズリを砕いて顔料ウルトラマリン・ブルーを作る場面もあるのですが、そのブルーを観たいとずっと 思っていました。 
彼の作品には、必ずブルーがベースに塗ってあったり、光を受けて輝くブルーが素晴らしいのです。

                            来日しない「真珠の耳飾りの少女」
10年くらい前に、Iさんがご主人の転勤でヨーロッパに行かれた時に、マウリッツハイス美術館でフェルメール作品を観て、その感動を国際電話で聞いたのを懐かしく思い出しますが、残念ながらマウリッツハイスからは1点も来ていないので、「真珠の耳飾りの少女」や「デルフトの眺望」が観られませんが、フェルメール・ブルーは観られますので楽しみにしています。 


2011年7月10日(日曜日)

よしずのカーテン

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時47分40秒

                                緑のカーテン→茶のカーテン

今年は数年来失敗続きのベランダの「緑のカーテン」作りを諦めて、「よしず」を立てかけることにしました。 
茶のカーテンですが、朝晩は涼しい風が入り、日中は新しいクーラーと相まって涼しくて快適。
節電しなければなりませんが、日当たり良好の我アトリエでは日中はクーラーなしでは過せませんし、仕事のペースも上がりませんので、後ろめたく思いつつ点けておりますが、1人だと28℃でも結構冷えます。

この中国産のよしず、籐やかずらを編んでいる者としては許せないいい加減な作り方で悲しくなるのですが、直す気にもなれず、、、
何しろ安かったので諦めていますが、かの国の国民性が現れておりまする。

                         ほたる                                                                         いい加減な作りでなくて、この国の田舎に代々伝わった手仕事 「ほたるかご」を先日習いに行きました。            
農家のおじさんや町おこしのグループの方々から教わりました。  素材は大麦のワラです。
テクニックとしては、籐で編む花のめしべや穂を作るテクニックと同じですが、大麦のわらは滅多に手に入りませんし、何かのヒントになるかもと、興味深々で出掛け楽しい時間になりました。  やはり、習うほうが楽しい!

こうして時々生徒になって、教えることを反省するのも良い機会です。

 


2011年7月7日(木曜日)

やっと。。。。

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時36分58秒

色々トラブル続きで仕事が捗らず、とりあえず3つ目でやっと巧くいった試行錯誤のバッグが仕上がりました。

              試行錯誤した3つのバッグ

1つ目は編めば編むほど色のイメージが違うのでボツにして、2つ目は籐の皮をほんの少し濃く染め直して編みましたが、柄の指定を満たせないので又もボツにして、3つ目は写真に映っている方眼紙に1から柄を考え直して編み進みました (それでbag3つを重ねて映しましたが) これでスムースにいくはずが、中裏作業に入った頃にクーラーが故障した後にミシンが故障して・・・・・・・双方の取替えの為に数日を無駄にして・・・・・しかもPCの調子も最悪でストレスばかりが溜り、ブログを書く意欲すらない数週間でした。

こんな事も珍しい。
妥協出来ないので仕方ないとはいえ、こんなにアクシデントが重なるなんて、、、、、疲れました。


2011年6月27日(月曜日)

This is it !

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時08分54秒

昨日、急ぎのハガキと書類のプリントだけを済ませましたが、心配するほどのことも無くスムースに出来上がりました。
さすが・・・・・進んでいます、古い機器を早く替えれば良かったと反省しましたが、他の機能は、又暇な時に。。。。。。

                                ☆☆ ☆☆

                     憧れの油滴天目茶碗

       5月の末にブログに書きました、私の大好きな安宅コレクションの中の国宝 「油滴天目茶碗」 です。
                               素敵でしょう?

個展の時に40数年ぶりに再会した先輩に先日お会いして懐かしい話をした時に、彼女が私のブログを読まれていて、資料を見せて下さいました。
豊臣秀次が所有していたものが、西本願寺→江戸の三井家→若狭の酒井家に家宝として伝わったものを安宅英一氏が買取り、安宅コレクションの1つになったようですが、油滴の現れ方が豪華で鮮やか、これ程の華やぎがある器は他の追従を許さないと批評されているようで、やはり力あるものは品格に満ち、人を感動させるのですね。 


2011年6月26日(日曜日)

振り回されて・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時21分57秒

                                             籐皮の掛け花入れにあけびを生ける

長年愛用のプリンターを買い替えたが、色々な機能が付いていて取説を読むのさえ辛い。
急ぎでプリントしたいものがあるが、仕事も捗っていないので、PCの前に座ってもいられず、、、、誰か教えて! ってところ。

携帯も年寄り携帯なので、もう少しだけ機能が付いているものに替えたいが、当分のアタフタがストレスになるので、それもガマンしている。
年毎に機械に振り回されている日々が多くなり、ストレスばかりが溜る。


2011年6月20日(月曜日)

幸せの瞬間

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時49分04秒

仕事をしている時は、クラッシクかジャズを聴くことが多くて、思考をジャマしないものを選んで聴いていますが、チェロの音色に魅かれるようになってからは、アトリエではよくチェロの曲が流れています。                           

              2枚のCD

先日の「お庭コンサート」での演奏者・秋津智承先生の「バッハ・無伴奏チェロ組曲」のCDを、いつかブログにも書いたアマチュア楽団でチェロを弾いている友人からプレゼントされました。
ヨーヨー・マのCDはバロック〜タンゴまで数枚持っていて、この無伴奏のCDも持っていますが、彼のチェロ自体の重い音色に耳が馴染んでいるのか、同じ楽曲でも弾き手が違うとイメージが変わる、今は秋津ワールドにどっぷり。

好きな音楽を聴きながら、イヤな出来事や雑事を忘れて仕事している瞬間が最高の幸せで、
他のものでは替え難い。

 


2011年6月19日(日曜日)

雨・雨

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時51分28秒

             久々にウォーキングしたくて雨中を出掛け、脚の疲れは回復と思っていましたが、
              靴を脱ぐ時に脚が攣りました。
                      

                            雨の花

        未だ疲れが尾を引いているのか? 久々だったからか? 歳のせいなのか?  ガックリ!!

                             天気予報だと月曜日からずっと雨〜曇りですね。
                                  なんか、気が晴れませんね・・・・・・


2011年6月16日(木曜日)

1人力

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時06分08秒

            ツクシカラマツの可憐な花

                                   寄せ植えの山野草に繊細な花が咲きました。ツクシカラマツの花です。

今日も雨です、個展中では1日8時間を6日間立ち放しだったので脚がパンパンになって、どんより梅雨のような疲れが身体中に溜っていましたが、少し回復してきました。
bagやアクセサリーの直しが済み、いよいよ注文品のbagの製作を始められるところまでになりました。
夏・夏・・・そこまで来ていますから、急ぎます。

おっと! お客様への有難うハガキの印刷・宛名書きがまだでした。こういう時に1人力は辛い。
何でも1人。。。。


2011年6月13日(月曜日)

水の月の贈り物

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時24分01秒

                       雨の休息

                梅雨だから仕方ないけど、よく降りました。
                雨に濡れた山の木々は美しくて、雨のお出掛けはなかなかロマンチックで気分転換になりました。
                車も人も少なくて結構OKかも。。。      

                                            今年の鮎

                       今年は鮎が釣れないそうですが、先ほどお山の巨匠から届きました。
                              鮎の塩焼きに鮎ごはんで、辛口の冷酒を飲もうかと・・・・・・うふっ!    

個展前には特に摂生していたので、この辺りで・・・・・・気を緩めようかと思っているけど。。。。
どうも世間では、毎晩のように外でも家でも飲んでいると思われているらしい。 無理!
お酒は好きだけど、楽しい会話があってこそのお酒で、家で1人だと350mmのビール缶が飲み干せない、しかも1週間に5〜6日は休肝日である、夜は製作活動が待っていて夜中の2時3時まで仕事しているのだから。。。。まず、飲まない、飲めない。  
まっ、飲む時にはガッツリ飲むので、そう思われるのかもしれないが・・・・・・私の不徳の致すところか?  

だけど、私の人生、どうのこうの言われようが、美味しくお酒が飲めるうちが花・花である。
                                         


2011年6月8日(水曜日)

出会い

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時39分43秒

いつもながら、搬入・搬出、会場での手伝い、花カゴなどに飾る山野草の調達など、皆様のお力添えで昨日最終日を迎えることができました。 遠くからのご来場者も多数ありました。
311の影響を心配しておりましたが、天気にも恵まれ良い結果を出すことができ、皆様に感謝です。今年は表年だったのかも・・ 
 「目の下くま子」になり、特に今年はクタクタです。
今年から画廊の持ち主の宝石屋が隣に引越し、トイレや流しが共同で、彼らが画廊の一部を通路にしていて、落ち着かない状況でした。 

                                                                                                 一つ葉 ( 会場を飾った山野草たち )

今回、個展直前のTV放映を観て、高校時代のバスケット部の先輩が訪ねてくださいました。バスケット部には、数ヶ月位しか在籍していなかったし、40数年(敢えてぼかして・・・)も経って歳もとったし、ペンネームを使っているし、TV画面でよく判ったものです。。。。
彼女には悩み事の相談をしたり、優しい方だったので特に思い出深くて、以前同窓会名簿で探したのですが、記載がなくて連絡さえ取れないと諦めていました。 すごく嬉しい再会で、又お会いするのが楽しみです。

人生は人や物との出会い・出逢い・出合いで大きく変わりますが、歳と共に色々なことが見えてきて、豊かなような辛いような、、、、
でも今回は個展初日に「いい出会いをしたい」と、願った通りになりました

                         ベニツルギ・タイワンカラマツ・つくしカラマツ等 今朝からレッスンを再開いたしました。


2011年6月4日(土曜日)

後、3日。

カテゴリー: - 前田八重 @ 20時52分35秒

                       

明日から後半。
3.11の後の景気低迷で心配していましたが、沢山の入場者に恵まれています。 感謝!

でも、ヘトヘトです。。。。。


2011年6月2日(木曜日)

個展初日

カテゴリー: - 前田八重 @ 19時43分27秒

                 会場

本日より個展を開催しております。
毎年のことながら、皆様のお力添えでオープンできました。

                                     会場内

                      6日間が晴れとはいかない予報ですが、良い出会いが沢山できますよう心掛けてまいります。

                             


2011年6月1日(水曜日)

水の月

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時00分31秒

平年よりも早い梅雨入りをしたので、明日からの天気が気になりますが、個展期間中には大きく崩れませんようにと、祈るばかりです。
広島のゆかた祭り「とうかさん」も今週末からですので、どうか降りませんように。。。。

 

昨日のTV放映は楽しかった雰囲気が良く出ていて、まずまずでした。巧くまとめたコーナーになり、ありがたい機会をいただきました。
習おうか、個展に足を運ぼうかと思っていただければ、成功です。 
自分が人目にどう映っているか?は、自分では分かりませんので、こうして客観的に自分をチェックするのも良いかもしれませんが、毎回直前ですから、今回も疲れモードは隠せませんでした。
                                              ベテラン組のカルチャーセンター教室

明日から6日間、いい風が吹きますように。。。。。。


2011年5月30日(月曜日)

風の贈り物

カテゴリー: - 前田八重 @ 09時30分15秒

                         ヤマボウシ

夕べの風で折れたヤマボウシの枝をウォーキングの途中で見つけて持ち帰りました、綺麗ですね。

PCと出来上がった作品を置く部屋が一所なのですが、個展用の作品の荷造りが始まり、そのパッキンを出してしまったら広々していて、他所の部屋みたいになって、今が掃除のチャンスなので昨日から荷造りしながら掃除に励んでいます。
                                    こんなに溜ったプログラム・ガイド                         

そしたら、WOWOWのプログラム・ガイドがこんなに、、、、開局2年目くらいからの契約なので、ほぼ20年くらいになりますが、
1ヶ月毎の冊子で、A4大で2〜3mmの厚さしかないのに、持ち上げられないくらいに溜っていました。
たまに調べ物に利用していますので、1冊も捨てずにここにあります。
WOWOWと契約した1年目は、映画を250本位観ました、勿論2回目、3回目の映画だって映画好きはチェックしますが、年数を経ると違った感じ方ができるようになって、それはそれで楽しめるのです。 
今はそんな本数を観る元気も暇もありませんので、ハードディスクに数十本の映画が出番を待っていますが、いつ観られるのやら。。。。

PS:更に掃除を進めたところ、ひもで括ったプログラム・ガイドが写真の量くらい出てきて、どうしたものかと。。。。。


2011年5月28日(土曜日)

苦と楽

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時37分31秒

                                 清楚

すずらんの花言葉は、幸福の再来・意識しない美しさ・純粋だそうで、清楚で清清しい香りがします。
ああ、癒される・・・・・と思いつつ   「癒されたい」願望の強い世の中になっています。
勿論、私も、今は特に!

 

「人間は楽を求めて、苦しむ動物である」 近所のお寺の門前に貼ってある有り難い今月の標語です。


2011年5月25日(水曜日)

一区切り

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時58分41秒

                                   撮影風景

テレビ朝日系ローカル・広島ホームテレビの夕方のニュースワイドショー「 jステーション」で、31日放送予定で5分位のコーナーの取材を受けました。
「大ちゃんの興味しんしん」というコーナーで、レポーターの大松しんじさんがレッスン中の教室に訪れ、かご作りを体験し、最後に個展の案内をしてくださるという流れで収録しました。彼の軽妙なおしゃべりで、こちらもテンションが上がって楽しい取材でした。 
レポーターによっては乗れなくて、強張ったまま終わったりする悲惨な時もあります、今までの経験では男性レポーターの方が楽です。

生徒さんと大ちゃん・スタッフさん皆で写真を撮ってUPするつもりだったのに、おしゃべりに夢中で忘れてしまったので、カメラマンをカメラしました。 右側の照明さんは高校の後輩でした。

昨年同様、疲れた顔で映っていたら・・・・・ショックだな!  
写真なら一瞬なので歳や疲れを誤魔化せますが、TV画面では誤魔化せませんね。
特にデジタル・ハイビジョンになってからは。。。。 
観るのが怖い!

 


2011年5月23日(月曜日)

長い間の疑問

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時48分02秒

陶磁器の美術館に行くと、必ず「天目茶碗」を探してしまうのですが、要は天目茶碗が好きで、それがいつ頃からか? 何がきっかけなのか? 長い間の疑問でした。 大体は、好きなものに理由など無いのですけど・・・・・ 好きな人にもね?

「日曜美術館」の「安宅英一・狂気と礼節のコレクター」という番組で、そのきっかけになった茶碗が20代前半に美術館で観た「安宅コレクション」の中の国宝「油滴天目茶碗」だったと判りました。 

安宅産業が倒産した際に国宝級の美術品の散逸を防ぐために文化庁が大阪市に寄贈し、その後「大阪市立陶磁器美術館」が造られ収納・展示されていると判りましたが、数年前にその美術館に「古伊万里」だけの企画展を観に行きましたのに、、、、、知らなかった。
ちょっと心のつかえが下りた感じですが、常設展の時なら観られるのかもしれませんので、又いつか機会があれば行きたいと思います。

NHKの番組では、「日曜美術館」のMCが姜尚中と中條誠子アナウンサーのコンビから千住明と森田美由紀アナに替わり、姜尚中のあの低い声での的を射たコメントが楽しみだったので残念ですが、その内慣れるのでしょうか?
そして先日 「週間ブックレビュー」のMCを18年間も務めた児玉清が77歳で亡くなりました、彼の読み込み方は並でなくて、読書家としても有名でしたが、語り口が優しくて冷静、スマートで好ましい存在でした。
一般人とは違うけど、老年を迎えても、あんなにステキな歳の重ね方ができたら最高です。


2011年5月22日(日曜日)

直前の・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時46分50秒

                                            三つ葉あけび

中国地方に多い三つ葉あけびの1年物(薄緑の三枚葉)です。
ウォーキング・コースの山の道路脇に自生しているのですが、1年に数回の草刈の度に刈り取られ大きくなる間も無いのですが、これは今年春頃からの新芽で大きくなったものです。
3年くらいこのままにしていてくれれば、かごが編めるのにと、いつもチラ見しながら側を歩いています。

イベントまで10日余りになりましたので、4月には胃の調子を崩したのもあり、特に飲むもの・食べるものに気を付け睡眠時間を長くするように心掛けて、サラ〜と流して生活するように(通じるかな?)しています。
子供時代から病気がちだったし、一人暮らしで寝込むのは最悪ですので、ほんの少しの異常でも病院へ駆け込む癖がついていますが、病院に行けない時は、例えば・・・・鼻風邪の時はこの薬、喉からの風邪はこの薬という風に、自分の身体に合った薬を常備しています。
ここまでするのが私の自己管理で、これでやっと元気を保っています。

なにしろ、個展会場に6日間私が元気で居ないと始りません。。。。。このイベントの為に1年間、生きてきたのですから。
でも今は、疲れとストレスのピークです。


2011年5月15日(日曜日)

忙中音楽あり

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時39分44秒

昨日は仙台フィルメンバーによる震災チャリティーコンサートで木管5重奏、今日は郊外のお寺での震災チャリティーの「お庭コンサート」に行きました。 
音楽の力による心の復興を願っていて、長期間にわたり震災の援助をできたらと考えています。

とても忙しい時期ですが、自分も癒される機会になりました。

PS: 
お庭コンサートで秋津先生が弾かれたチェロの弓は、バロック弓と説明されたが、屋外で弾いていると思えぬくらいの響き          で一味違うバッハの無伴奏チェロ組曲だった。

PS 2:  名弓と呼ばれている先生の弓は 「トルテ」 という名前の弓だそうです。

 


2011年5月9日(月曜日)

長い習慣

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時04分13秒

                           万古渓

今日で長いようで、短かった連休が終わります。
いつもの年と違い、ちょっと気分転換いたしました。 マイナスイオンをいっぱい取り込みました。
 

                                            盆景みたい

何とか朝型にしようと、目覚めたらウォーキングをして・・・・・と、意気込んでいましたが、長年の夜型を朝型に変更するのは、至難な行為です。取りあえずは、5:30起きの日もありましたが、元のモクアミ状態。

個展を前に注文をいただき、有り難いのですが予定が狂って焦っています。

                                            


2011年5月3日(火曜日)

違うモード

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時54分10秒

                     2011 個展DM

個展まで丁度1ヶ月になりました。
マスコミ関係やお店等に置いていただくDMは、個人向けのDMよりも早く出さなければなりませんので、その宛名書きと一筆を添えての作業が済み、と言ってもいつもの年より大きく遅れての発送となりストレスの原因でしたが。。。。。
私自身でお持ちするDMの仕分け、2週間前くらいに発送する個人向けの宛名書きが終わったところです。
DMは手書きでなければ失礼ですから、以前は字の上手な方にお願いしていたのですが、私事で迷惑をお掛けするのも申し訳ないので自分で書くようになって、お客様が数年に亘って来廊されていて、小さな物から買っていただき、そのうちバッグまで買っていただいたとか、いろいろな顧客情報が判るようになり、やはり人任せにはできない事と、改めて感謝の気持ちと恥じない仕事をしなければという想いが強まりました。
連休明けからは数十軒ほど自分でDMをお持ちする予定が、まだ残っています。

早く、創作の仕事に戻りたい。
やはり、ものを作っているワクワクする瞬間が一番幸せです。

 


2011年4月30日(土曜日)

みどりの日→昭和の日?

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時12分57秒

爽やかな季節になりました。
昨日は昭和の日?  いつから?
私の体調も、ほぼ回復いたしました。
世の中では連休を楽しんでおられるのでしょうか?
自粛はやめて消費に。。。。。

個展まで後1ヶ月で、まだ製作途中ですが一旦作品をチェックして色や形に偏りがないか、出すか出さないか点検していて、完成していても気に入らなければボツにすることもあります。 
何とか修正を試みても、そういう作品には勢いが感じられないものですから、潔く捨てまする。
それを聞いて捨てる時は拾いにいくので教えてくれと、よく冗談を言われますが、はさみを入れて使えない状態にして捨てています、以前ゴミとして出した作品が、他人の家で使われていたのを目撃して以来、そうしています。 
あの時は、驚きました!


2011年4月25日(月曜日)

連休?

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時32分40秒

                                               新緑の季節だな・・・

ベランダから見る街路樹の緑がだんだんと濃く生き生きとしてきて、もう新緑の季節ですね。
もう直ぐゴールデン・ウィークですから、、、

私も新聞社のカルチャーセンターはレッスンのない日が多いので少し余裕ですが、毎年連休は個展用の最後の仕事やDMの宛名書きなどに忙殺されますから、この期間を楽しむなんてことはありえません。
まず、人出の多い時期に旅行するのも嫌だし、自営業ですからウィーク・デーにどうにでもなるので、その辺は割り切っています。
何しろ直前ですから遊ぶ暇などないのが現実です・・・・・

だからなのか? 疲れからなのか? 週末から胃が痛んで夜も寝付けない程で、今朝胃腸科で超音波検査や数年ぶりでバリウムを飲む羽目に陥りました。何年経ってもバリウムの飲み難さは、変わりませんね。 苦行のような。
血液検査も受けましたが、特に悪いところはナシ。
きっと疲れやストレスからくる胃酸過多と座り放しの仕事のせいか、胃腸の動きが悪いので運動でもしなさいと言われ、胃酸を抑える薬をいただいて帰り、判然としない状況ですが寝ているわけにもいかず、代わってくれる人は居ませんからレッスンにも行かねばなりません。
だから日頃から人一倍健康に留意してはいるものの・・・・まっ! こんな事もありますよね。

ps: 胃腸科の待合室に、ベルナール・ビッフェのリトグラフが大小4枚も掛けてあり(本物)、、、ちょっと、嬉しかった瞬間でした。


2011年4月17日(日曜日)

エコで気分転換

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時50分23秒

                                                  新聞BAG ステキでしょう?

先日、四万十川新聞バッグの公認インストラクターの方から、エコの代表のような新聞バッグを習って来ました。

これは英字新聞ですが、日本の新聞でも広告などのページを使ったり、ミニコミ誌などで作っても面白いものが出来上がると思いますし、それをプレゼント袋に使えばステキでしょう?  結構丈夫です。
ゴミを減らすことに多大の貢献です、広島市もゴミ減少を掲げていますが、これもエコに繋がりますね。

とても良い気分転換になりましたし、教えるより 習うほうが楽しい!


2011年4月15日(金曜日)

リニューアル

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時29分29秒

                                                      細かい仕事の積み重ね

HP、数年ぶりにリニューアル致しました、、、、していただきました。

シンプルなイメージにしたかったのですが、如何でしょうか?

PS:ブログにコメントは書き込めませんので、ご意見はMail Formにお願いいたします。


2011年4月10日(日曜日)

今週は

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時19分02秒

                                         畳む作業

このところ惣菜屋になったような日々を送っているのですが、1人暮らしで出るゴミの量とは格段の違いのゴミの量に驚いていますが、誰かの役に立てるのは嬉しいことです。
赤ちゃんの肌の柔らかくて・みずみずしいこと・・・・・・・羨ましい、 失って久しい!

そんなこんなで、6月2日からの個展用のDM用写真撮影が遅れてしまいました。
自粛ムードの中での開催は不安ですが、昨年から準備してきたことですし、このイベントを毎年行うことでモチベーションもテクニックも上がっていることも事実ですから、ギリギリまで「今の自分の持てる力を出し切るだけ」と、言い聞かせています。
仕事的には、インテリア物や小物の製作に入りました。

明日からHPの工事に入りますので、brogは暫くお休みになります。


2011年4月3日(日曜日)

4.2

カテゴリー: - 前田八重 @ 21時54分00秒

                       ビルの谷間のしだれ桜

北海道の前田八重子さん、お元気ですか?
私達、昨日が誕生日でした。
私と同姓同名・生年月日も全く同じの看護のお仕事をされていた方なんですが、勿論顔も存じませんが、昨年年金のことからこの方の存在を知ることとなり、勝手に親近感を感じています。

偶然ですが亡くなった姉の長女に、昨日長男が誕生いたしました。
予定日は、4.14だったのですが、何の因果か、私の誕生日に。。。
まっ!  いろんな意味で、女の子でなくて良かった。
経験のない私は不安ですが、姉の代わりに多少の手助けをせねばなりません。

その見舞いの帰りに見つけたビルの谷間の立派なしだれ桜、
祝ってくれているような気がして、、、UPしました。

 


2011年3月31日(木曜日)

咲いた

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時58分51秒

                              咲いた、咲いた、桜の花が

京橋川の桜が咲きました。
まだ広島の開花宣言を聞いていませんが、今年も寒い冬が終わったことを認識させ、日本人の大好きな心浮き立つ季節が来ました。

このご時勢でも、どんちゃん騒ぎにならぬ程度のお花見ならば、石原知事も許して下さるでしょうし、西日本の人間は消費して景気の落ち込みを支えねばなりませんから、自粛ばかりも良くないので、ささやかに花見でもいたそうかと考えておりまする。


2011年3月28日(月曜日)

なんとなく・・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時53分07秒

                        ペーパーカスケイド

桜のたよりも届き始めましたが、なんとなくブルーな気分ですね。
日本全体が。。。。。  

                             クレマチスの品種 カルトマニージョー

先週末から6連休中ですので、同級生の園芸店にお邪魔しました。
沢山の花々を見られて、有り難くも心華やぐ時間でした。
個展の時には、かずらと調和する山野草を多くディスプレーしますが、ベレンダでも育てるようになってからは派手な花でなく、庭先に咲いているような花に心慰められます、中でも白い花が好きです。


2011年3月23日(水曜日)

春が・・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時03分22秒

                             イワヤツデorヤグルマソウ?

        ベレンダの山野草に新芽が伸びて、可憐な花が咲きました。
        たぶん、これはイワヤツデだと思うのですが??
        野生のビオラも5mmくらいの紫色の花を咲かせています。
        まだ寒い日もありますが、春がそこまで来ています。

 


2011年3月20日(日曜日)

祈り

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時18分25秒

10年くらい前に1年間、電力会社のモニターをいたしました。
内容は何度かのミーティングに参加、アンケートに答え、ほとんどは原子力発電についての一般人の意識調査で、最後は島根原発の見学ツアーでした。

将来に亘ってのエナルギー確保には、原子力発電に頼るしかないのか?
反対運動もあり、安全性など様々に興味があり、原発見学が目的で務めました。

原発で我々は薄い白衣のようなものを着て、不織布製のキャップを被っただけの軽装で、ちょっと不安になったのですが、制御室の作業員も同じような薄いウェアでしたので、重装備のウェアは炉心付近での作業のみらしく、想定外でした。

今問題になっている冷却放水の行われたプールの中の使い済み燃料棒も上側から見ました。TVの資料映像で観るあの映像です。

何とか外部電力接続が成功して、冷却作業が成功するのを祈るばかりですが、
作業に従事されている方々の安全も祈りつつ、彼らには感謝の気持ちでいっぱいです。


2011年3月13日(日曜日)

激震

カテゴリー: - 前田八重 @ 15時00分48秒

3.11の大激震は今日マグニチュード9.0と変更され、TVの画面に釘付けですが、自然の力に驚くばかりで言葉もありません。

地震国なのに、原子力施設などの管理や広報体制の緩さにも驚いている。
しかも、あのリーダーシップの執れない首相の下で一体これからどうなるのか。。。。。

私には、一体何ができるのだろう?と、自問しているところです。

 


2011年3月10日(木曜日)

道具シリーズ vol.10

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時46分46秒

今日は、肩の痛みで仕事にならないので、ちょっと一息です。右手が上がりません。
昨日は皮革を縫っていたので、それが原因と思われます。

皮革はカットして重ね合わせば直ぐに縫えるものではなくて、縫い代を薄く削り取らねばなりませんって、正式に習うようになって知ったことですが。。。
この作業や縫い代を折り込む作業が手間です。
昨日はbagに取り付けるベルトやフタを作ったので、本人が意識する以上に肩を酷使していたのでしょう。未だ不慣れで、要らぬ力が入っているのも原因の1つですが。

             皮革の道具たち

以前よりも又、道具が増えました。 増やしたくなかったのに、やはり必要な物がどんどん。。。。
籐の家具を作る時用の大工道具・籐を編む時の道具・竹ヒゴを作る道具・bagの中裏作業の洋裁道具や材料・皮革の道具、、、、、どんどん増えていきます。


2011年3月6日(日曜日)

今週は・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時08分38秒

春到来と思えば、寒い日々に逆戻りしたり、この温度差は堪えます。

申告も済ませ、今年の生徒さん用のbag見本も出来上がり、個展用のbagの中裏付けに追われて肩凝りと戦っている毎日で、1週間があっという間に過ぎ去りました。

気分転換に、「ソーシャル・ネットワーク」を観ました。
セリフが速く、感情のやり取りが薄く、やはりネットをしない人には解らぬ部分も多くて、ドキュメンタリーみたいな印象を受けるので伝わりにくいかな。
一方、感情のやり取りだらけの「英国王のスピーチ」は、先週のアメリカの劇場売り上げでは少し下がったものの、未だトップ・テンの中に君臨し、広島でも3日先まで予約可能の劇場が満員御礼で、コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュとくれば、演技ではこの上ないキャストですから、出来レースみたいなものですね。
しかし、いつ観られるのやら??


2011年2月28日(月曜日)

will win or should win

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時45分09秒

映画オタクの1年1度の楽しみ「アカデミー賞 授賞式」、朝から4時間のライヴに釘付けでした。
ショーとして観ていますが、プレゼンター役のハリウッドスターのユーモアとウイットに溢れた発言と、人間性までも垣間見れるのが楽しい。  

賞の行方はについては、昨年日本公開された「インセプション」以外観ていないので何とも分かりませんが、余りに一般受けする解りやすいものを狙った選考に思えて、作品賞・監督賞・主演男優賞・脚本賞などを受賞したレースの本命「英国王のスピーチ」が総なめ感を与えて、先週のアメリカ国内劇場売り上げも高いランクで、、、ちょっと気に入らない、「英国王のスピーチ」と「ソーシャルネットワーク」の争いとの予想をしていたのに、大きく裏切ってしまったのは、アカデミー協会員がネットに弱い世代が多くて伝わらなかったのも原因でしょうか。

それに 「インセプション」が映像効果賞など4部門も受賞したのに、監督賞にクリストファー・ノーランがノミネートさえされてなくてビックリです、将来の映画の映像を変革するくらい能力のある監督のセンシビティーな映画だったのに、、、、、ノミネートされてないなんて、知らなかった。
誰もwillとshouldは違うけど、納得いかないな。。。。。

「英国王の・・・」を今週観に行く予定でしたが、観る気が無くて公開から数週間経ってしまった「ソーシャル・・・」を観ようかと、へそ曲がりの反骨精神が芽生えています。


2011年2月26日(土曜日)

春の兆し

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時35分03秒

                                      桃が満開

前回は「寒い」と書いたのに、このところ暖かい日が続きます、桃も満開。
おひなさまも近い。

私のアトリエのレッスンは、かなり生徒さんの都合を優先しています、3日前までなら振り替え可能、突然の休みに合わせてレッスンをしたり、滅多に来られない人はマンツーマンのレッスンをしたり・・・・・・結局私が大変なのですが、何とか継続して佳い作品を創ってほしい一心で。
今も遅れている生徒さんを待っているところです。

 

今週は、C・イーストウッド監督作品 「ヒアアフター」を観に行きました。霊能力者が主人公で、彼の作品としては珍しいフィクションで・・・・・・・


2011年2月14日(月曜日)

今と昔

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時45分38秒

                            東大寺二月堂

寒い日が続き、今日は雪が降っています。

東大寺二月堂の「お水取り」が、近づいてきました。 
数年前の秋に二月堂に行った時には、いつも映像で観ていた夜の闇に浮かび上がる松明と飛び散る火の粉の赤々とした場面が脳裏を掠めて、妙に高揚しました。
そして、ずっと昔から行きたくてたまらなかった正倉院も、シックで何て美しい建物かと思いました。  
日本の美です。

京都の雅とは対照的な奈良の街自体にも、心安らぐものを感じました。

修学旅行でも奈良に行ったのに、何の感動もなく何も考えてなくて、ただ大仏さんの大きさに驚いていたあの頃も懐かしい。 
それはそれで、幸せだったのかも・・・


2011年2月12日(土曜日)

言葉にできない

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時55分18秒

                 フィンセント・ファン・ゴッホ自画像
福岡の九州国立博物館の「ゴッホ展」に行きました。  九州国立博物館

人気の絵画展なので並ぶのを覚悟で行きましたが、ディズニー・ランド方式にできた列は、ずっと動いていたので70分の待ち時間も気にならず、単に美への道のりに過ぎなかったと思わせる程の作品ばかりでした。

彼の短くも激しい人生を感じ取れる展示になっていて、37歳で亡くなるまでに1枚の絵画しか売れなかったのが嘘のように、ゴッホの絵画は力溢れるものでした。 
凄く感動しましたが、、、、言葉では伝えきない気がします。

グッズ・ショップで絵ハガキなどを買いましたが、本物の感動を伝えることはできていない。
やはり実物を観なければ感じ取ることはできないものがあるのです。だから遠方から足を運ぶ、、、、入館者は昨日で26万人を超えていました。

                       大宰府の梅 

                隣接している大宰府の梅もちらほら咲いていて、目を楽しませてくれました。

    
 


2011年2月10日(木曜日)

アジアのラテン

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時17分37秒

今日から5連休なので、映画オタクは話題の韓国映画「息もできない」を観てきました。
汚い言葉が飛び交い、息もできない程に暴力的だけど、圧巻!  
描いているものは深い。未だに反芻しています。
製作・監督・脚本・編集・主演のヤン・イクチョン、凄い人が出てきた!

以前観た韓国映画で、猟奇殺人犯を追い詰めるストーリーの「チェイサー」は、実話だっただけに、観た後寝付けなかった程に怖かった。

やはり徴兵制度のある国だからか? 
男性は身体を鍛えていながら、男らしい優しさしさが売りで(日本の若者にも見習ってほしい)、 銃を使う映画も多いような気がするが、コメディーチックな映画も巧い。
感情表現が豊かな国民性なのでしょう。

やはり、韓国はアジアのラテンかも。。。。


2011年2月4日(金曜日)

忙中帳簿あり

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時57分50秒

又しても確定申告の時期がきます。
慌てて1年分を・・・・・
数日は、PCの前です。

昨日、ホームページを作ってくれたW君が来られ、迷惑メールにやっと歯止めがかかりました。 
有り難い。
昨年は一度も会ってないし、きっと2年ぶりくらいの再会ですが、彼はいつのまにか40歳に、子供さんも今年から小学生になるなんて、月日の経つのは早い。
彼が起業をした翌年くらいからのお付き合いなので、10年くらい前からの知り合いですが、数年前から東京で仕事をされるようになり、どんどん活躍の幅を広げられて、こちらも嬉しい。 
だから、ちょっと来てと簡単には頼めなくなり、それはそれで困ってしまいますが、閉鎖的な地方都市に留まらず、成長してほしい。。。。  まるで、母みたい。
久しぶりの会話は楽しかった。

 


2011年1月18日(火曜日)

若い感性

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時11分27秒

よく、定年が無い仕事で羨ましいと言われますが、分業作業の職人ならそうかもしれませんが、、時代のトレンドを掴みながら、それをどのように自分の作品に取り入れて創作するか、籐の皮やかずらで作るものには明らかに形にも限界があり、いつもアンテナを高く、柔軟な感性を失わず仕事に取り込むことがいつまで可能なのか、手先の仕事なので脳に良いと言われていますが、徐々に色々な機能が低下してくるのを止めることも不可能で、ゴールの無い仕事には、何時どうやって線を引くか、幕を下ろすか、悩ましいことです。
直観力も必要ですから五感を磨く努力も欠かせません(ちょっとオーバーですが、その為に様々な拘りを捨てられません)

籐の皮のbagの製作で、最初から最後の裏の始末までを下請けに出したりしないで、一人で作り上げているのは私くらいらしく(プロの仕事として)、それは洋服業界でのスキルがあったので出来ることですが、試行錯誤の末に掴んだテクニックが沢山あるので、これを全て伝えて、もっと高めてもらいたいのですが、、、、、、
残念ながら、今はそういう人が居ません。 世に言う、弟子というか・・・・
以前レッスン助手をしてくださった方が居られました、この方には1つの教室を任せておりました、控え目だけど手の切れる方(この言い方、伝わるかな?)でしたので、期待していたのですが、お家の事情で辞められましたから、それ以後そういう方に巡り会っておりません。 
向上心も高く、性格も良い方だったので助けられ、心強かった。

誰かに伝えたいと、強く考える今日この頃ですが、どうなんでしょう。。。。。