YAE MAEDAÁ°ÅÄȬ½Å¡¡äÛ¡¦¤«¤º¤é¤Î¥Ð¥Ã¥°&¥¢¡¼¥È

HomeInformationGalleryMail FormLinkBlogProfilehttp://www.yae-maeda.com/
Blog : 理想と現実

2015年3月20日(金曜日)

理想と現実

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時07分34秒

新聞社のカルチャースクールの夜の教室は、最近ずっと女性が入会されず男性の生徒さんばかりの教室になっている。
その教室が2月あたりから2度新聞社からの取材を受けた、老後の趣味や男性の趣味についての特集記事で文化面のページに掲載されるはずだけど、掲載時期などは未定の状況。

どんなことを求めて入会されたのか?
なぜ、この教室を選んだか?
何が大変か?
家族の反応は?
どんなことを注意されるのか? 等々、、、質問があったのだが、


やはり私は厳しいらしい・・・・・以前理想主義と揶揄されたこともあるが完全を求めて作品を創るからいいものが出来上がる、どこかの政治家みたいに2位じゃいけないのですか?、、、、ダメなんです、作り手は誰でも1位を目指しているのです。

勿論それ程のレベルを生徒さんに求めてはいないが確かに高いハードルで教えているかもしれない。
生徒さんは弟子ではないので楽しむ程度に教えて出来上がった作品が増えることでOKなのかもしれないが、ある程度きちんと出来上がった作品を持って帰ってほしいし、次へ次へ向上する楽しさを味わってほしいと思っているから解いて直すことが難なくできるように、その目線で教えているから余所の生徒さんと比べると、明らかに出来上がった作品のレベルは高い。


甘く優しく教えてほしい人はそういう先生を選べばいい、先生は生徒さんを選ぶことはできないけど、生徒さんは先生を自由に選べるのですから。

しかし、こんな愛想なしで厳しいばかりの先生の教室に永らく通っていただいている生徒さんには感謝の想いです。


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

10 queries. 0.015 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

籐皮・かずらのバッグ&アート 前田八重
〒732-0827 広島県広島市南区稲荷町1-24新見ビル301号
TEL/FAX 082-263-8707